開胸手術後7日間の入院から退院へ、やっと帰宅しました (開胸手術体験談その1)

先日お話した開胸手術ですが、おかげ様で手術を無事終え数時間の入院を経て先日やっと帰宅しました。色々ご心配をおかけしました。

さて、アメリカ生活40余年、至って健康で手術だの入院だのという経験がなかった私だが、今回の手術は大手術であったこともあり、読者の皆様にアメリカで手術をし入院するということはどのようなことなのか自分の体験談をお話したいと思う。

手術決定までの検査経緯:

結論からお話すると、私が主治医のおなご先生のところで心臓専門医を紹介されてから、すべて検査を終了させ、いざ手術という段取りになるまで六か月近くかかった。そしてその間に行った検査はCTスキャン、MRI、エコー、カーディオなど8つ近くあり、それぞれにかかった費用は保険負担を引いた後でも一回150ドルから400ドルくらいだった。

アメリカには検査専門の医療機関が多くあり、検査の内容によって全く別の施設に行かなければならないことが多い。だから検査が8つあれば8つの予約をそれぞれの施設で取って、その度に出向かなければならない。それにコロナ禍で検査二日前の陰性証明が必要とあって、これも一回$35ドルでの度手間であった。

手術二日前の手続きの際に手術代と入院費の推定額合計$5000ドルを払った。これは保険が下りた後の自腹負担分である。まだそれぞれの医者からの請求書が来ていないので、この金額はさらに高まるものと思われる。

この先はどのようにして開胸手術をするに至ったかという詳細なので、興味のないかたは飛ばし読みしていただいて結構。

以前もお話したように、私の心臓には心雑音の奇形があることが若い頃から解っていた。特に問題を起こすようなことがなければ定期的な健康診断を通じて監視していればいいとずっと言われていた。

しかし、今年初期の健康診断の時に主治医のおなご先生が、コレステロールの値が上がりすぎてる、しかも急激に。これは危険かもしれないから一度心臓専門医で診てもらったほうがいいという。おなご先生と私とは20年来の付き合いである。彼女の言うことはもっともだし、私も最近なんとなく息切れがひどかったり、胸の痛みを感じるなどしていたこともあり、ちゃんと見てもらった方がいいだろうと専門医へ向かった。

専門医の先生は、実はアニメのキャラの名前そのままなのだが、それを言うと個人が特定されてしまうのでここでは控えておこう。アニメ先生の元で、CTスキャン、MRI、エコーなど色々な検査を行ったが、その結果が出る度にアニメ先生の顔が曇った。それでもっとはっきりした結論を出すためにはカメラを飲みこんで内部から様子を見る必要があると言われた。

これは全身麻酔を使った検査なので自分で運転していきてはいけない。きちんと信用できる人に送り迎えを頼めと言われた。こういう時にいつも思うのだが、付き添ってくれる家族や知人が傍にいない人はいったいどうするのだろう?

さて、この最後の検査の結果、アニメ先生は「弁を取り替える必要がありますな」とおっしゃった。動脈の血の流れを制限する弁が老化してほとんど機能を果たしていない状態にあるということだった。このままにしておくと数年以内に発作でぽっくりなんてことになりかねない。しかし現在でこの弁の取り換えは大がかりな手術をしなくても出来るので、そちらの専門医に診てもらいなさいとのことだった。幸いこの新技術手術専門医はアニメ先生の医療院と同じ。そこでアニメ先生の推薦する「砂丘」と同じ発音に聞こえるインド系の砂丘先生と新しく予約を取って。

砂丘先生「いやあ、あなたの場合、私の専門技術では治せません。私はどちらかというと開胸手術など耐えることの出来ない、後先短いご年配の方々を相手にしていますが、あなたは年もまだ若い。この新しい弁であと20年以上生きようというなら、思い切って開胸手術をすることをお薦めします。専門医をご紹介するのでそちらでお話を聞いてみてください」と言われた。

ロサンゼルスダウンタウンにあるG先生のオフィスでの診断は5分となかった。「患者さんには選ぶ権利があります。何歳だからこちらの手術で何歳以上だからこちらという決定的なラインはありません。ただあなたの場合まだ若い。どちらかというと開胸手術の方が適切でしょう。でもどうしても嫌だというなら別のやり方もあります。砂丘先生とは今日会うので相談してみましょう」と言われた。

どちらの手術を受けるにしろ、術前にはさらに4つから5つの検査が必要だそうで、全部終わるまでにはまる一か月はかかるだろうとのことだった。

最初の女子先生との健康診断があってから6か月が経とうとしていた。

さて、これらの検査は無論無料ではない。しかも検査に言って来いと情報をもらう時は実際いくらくらいかかるのか解らない。私は職場を通じて健康保険に入っているが、健康保険との差額は自前である。検査にもよるが、安くて150ドル高いのは400ドルくらいした。それを検査の当日に「はい、○○検査ですね、保険会社の負担が〇〇ドルですから、残高350ドル頂きます」と毎回払わされるのである。

どうして数々の検査を行うのに、こんなに時間がかかるのかと言うと、病院側から保険会社と交渉し、保険会社が払ってやると了承した時のみ検査が可能となるからで、この許可が下りるのに一週間は裕にかかる。

幸いそのうちの三つの検査はひとつの病院で出来るとのことだったので、最初から一遍に保険会社に要請をし、すべての許可が下り次第一日で終わらせるという強行スケジュールを決行した。

一番最後の検査は、これもまた麻酔の必要な検査であったため、一日がかりで病院へ。麻酔から覚めかけて砂丘先生とG先生の声が聞こえた。「いや、これはダメだな。開胸以外ありえないだろう」私は落胆して目を閉じた。

続く


View comment

ウィークエンド銃による正当防衛ニュース、インディアナショッピングモールで三人を殺した乱射男を合法銃所持者の客が射殺

7月17日日曜日インディアナ州、グリーンウッド。22歳の男性がロングライフルと数個のマガジンを持った男をグリーンウッドパークモールで射殺した

警察によると、三人の買い物客に数発ずつ発砲して殺した犯人は20歳の男で、ライフルを二丁とピストル一丁、数個のマガジンを所持していたという。

男はモールに午後4時54分に入り、すぐさまフードコート内にあったトイレで一時間ほど潜伏していた。犯人の携帯電話がトイレの中で発見されている。

男はトイレから出るとすぐさま乱射し始め、モール中にパニックを引き起こした。目撃者によると、すくなくとも20発が発砲されたという。

男は即座に買い物客三人に発砲し殺害、流れ弾がフードコートに居た22歳の女性の脚や12歳の少女の背中にも当たった。

5時57分3秒、犯人が乱射を初めてたった15分以内に、現場に居たイライジャ・ディッケンさん22歳が40ヤード離れた場所から犯人に10発発砲。男はトイレに逃げ込んだがそのまま倒れて死亡した。

イライジャ・ディッケンさん。

ディッケンさんは合法に銃を携帯していた。ディッケンさんは警察官の訓練を受けたこともなく、軍隊に居たこともない。射撃は祖父から習ったという。

ディッケンさんは銃を構えながら他の客に自分の背後から避難するように指図もしていた。特にピストルでかなりの距離から命中させたことに関しても警察当局は彼の行為は英雄というよりないと語っている。

犯人が重武装をしていたことから考えて、もしディッケンさんの素早い行為がなかったら、もっと多くの人たちが殺されていたところだろう。

銃を持った善人、というはこういう人のことを言うのだ。


Comment

心臓の開胸手術をすることになりました

このブログを始めた当初は、結構自分の仕事のこととか、出張先の出来事とか書いていたのだが、最近はあまり日常生活の話をしてこなかったので、まあ自分としては一大事なので話しておこうと思う。多分暫くブログエントリーが滞ると思うし。

実は生まれつきあった心臓の奇形が原因で、今度心臓手術をすることになった。いずれはこんな日がくるかもとは思っていたが、タイミング的にあまりいい時期とはいえない。もっとも病気をするのにいい時期なんてあるわけないのだが。

実は父も心臓が悪く色々な手術をしている。私の奇形も生まれつきだから、遺伝なんだろうなと思う。はじめは開胸手術は必要ないと言われていたのだが、色々検査を重ねるうちに、やはり開胸手術が必要だということになった。

手術は来週で、その後三日から五日の入院後、自宅療養にかかる日数は8週間とのこと。私はいちおうフルタイムで仕事をしているので、そんな長い休暇は取れない。仕方ないので最初の四週間は有給、後は身体が許す限り在宅勤務ということになった。もし在宅でも仕事ができないとなると、障害者保険が下りるらしい。

自分の身体のことは私はあまり心配していない。問題なのは残される家族である。うちには私以外にも介護の必要な病人がいる。私が入院中誰が彼の面倒を診るのかが問題。

幸運なことに私は今まで至って健康で、毎年やってる健康診断でも特に問題はなかった。それでアメリカに来て40年以上も経つのに、一度も入院したことがない。日本の妹から両親の入院で色々苦労した話を聞いていたので、付き添いしてくれる家族が居ない私としてはどうしたものかと思案していた。

しかしこちらではかなりの大手術でも家族の付き添いは求められない。ただ送り迎えに誰かが来てくれればそれでいいのだ。ただし、迎えに来る人はタクシーなどでは駄目で、自宅までちゃんとついて行ってくれる家族または知人でなければならない。

何時も思うのだが、家族と一緒に住んでない人や頼れる知人が居ない人はいったいこういう時どうしているのだろう?

入院に当たって寝巻だの下着だのが必要なのだろうかと思ったが、そういうものはすべて病院が用意するとのこと。歯磨きや歯ブラシも使い捨てのものを用意してくれるとかで、私は身ひとつで行けばいいのだそうだ。

コロナ禍のご時世なので、見舞は一度に一人だけという制限があるが、短期の入院であるから見舞いなど期待していない。最初の1~2日は口もきけないらしいから、人が来ても意味がないし。

手術費と入院費は一応前払いしてあるが、アメリカの医療というのは非常に複雑で、後から後から専門医から別々の請求書が来るのが普通。なので今の段階では全部でどのくらいかかるのかちょっと解らない。詳しいことが解ったら、アメリカで手術・入院するということがどんなものかという体験談でも書こうと思う。

今日は手術前の特別な洗剤でシャワーを浴び、明日の朝もシャワーを浴びて炎症を防ぐ。手術は午前7時からだが病院へは5時半までに来いといわれている。

では皆さん、今日はこれで。

Wish me luck.


View comments (2)

トランス生徒の女子競技参加禁止法がもたらすトランスアスリートへの影響が心配?元の正常な形に戻るだけでしょうが!

今朝見つけたこの記事を読んでて本当に腹が立った。The Effect Of Transgender Athlete Bans On Youth Sports(トランスジェンダー選手排除の若い選手への影響)

自称女子の男子選手たちによって女子競技が破壊されつつある今、テネシー、インディアナ、サウスダコタなどを含む多くの州で男子学生の女子競技参加を禁止する法律が通った。この記事ではこれらの法律が若いトランスアスリートにどのような影響を与えるかという内容。

トランス選手による女子競技参加を規制する動きは、アメリカ内部だけでなく国際的競技の場でも出始めている。先日もイギリスのトライアスロン競技で女子枠と男子及びその他枠とに分ける方針が発表されたが、国際水泳協会も思春期後にトランスした選手の女子競技参加を禁止するなど、トランス活動家と様々なスポーツ競技運営側との対決が起き始めている。

国際オリンピック協会は、各種目ごとにトランスジェンダー方針を考慮するように指示しているが、この記事によればトランス選手を許容するより排除する傾向に向かいつつあるという。

元来アスリートというのは勝負に勝つことを目指すものではないのか?なのにせっかく男として生まれたという優位性を生かさず、わざわざ女性ホルモンなどという体に害を与えるものを摂取して、自らの運動能力を下げるなどというのはおかしくないか?そこまでして女子競技に参加しなければならない理由は何なのだ?

私から言わせてもらうなら、男子に生まれアスリートを目指す人は、たとえ性違和があってもトランスすべきではない。トップアスリートで居られる時間はそれほど長くない。ブルース・ジェナ―がアスリートを引退して何十年も経ってトランスしたように、トランスは引退後まで待つべきだ。そしてジェナ―が今でもアマチュアゴルフの女子競技には参加しないように、トランス選手の女子競技参加は引退後も控えてもらいたい。

ホルモンセラピーによって男子の運動能力が多少落ちるというのは本当かもしれないが、調査によってはトップレベルのアスリートになると、訓練次第でその程度の減少は、いくらも挽回できるという。

例えばイギリスの自転車競技選手のエミリー・ブリジスはホルモンセラピーを受けながら男子競技に参加し続け、大学生男子記録を出すまでに至った。そうして大学卒業後にホルモンレベルが規定内に下がると、すぐに女子枠に登録して女子の部で競技するようになった。その第一回目は無論優勝。男子として参加していた、ほんの2~3か月後の出来事である。つまり、彼にとってホルモンセラピーはさしたる影響がなかったということになる。ホルモン治療済みのリア・トーマスが何十秒と言う差をつけて女子水泳競技で圧勝したのは記憶に新しい。

IOCがトランスジェンダー選手の女子競技出場を条件付きで許可したのは2013年のことで、大学レベルの競技でも10年以上前からトランス選手参加を許可していた。にもかかわらずこれまでトランスジェンダー選手の活躍がそれほど目立ったものではなかったことから、ほれみろ、トランスジェンダーが女子競技を制覇するとかあり得ないのだと言い張るTRAが居る。この記事でも、リア・トーマスはひとつの競技では優勝したが他の競技では女子に負けているとし、彼がすべて独占したわけではないと語っている。しかしその場に居た女子選手たちの話では、いくつかのレースでトーマスはわざと遅く泳いでいたという。

しかしこういう議論は不誠実だ。いままでそういう選手が出てこなかったから問題がないでは済まされない。今後出て来た時の対策を今のうちに取っておかなければ、女子競技は破壊されてしまう。エリートレベルの男子が一人でも女子競技に参加すれば、女子競技は混乱する。それが10人居たらどうなる?

TRAの卑怯な理屈は、トランスジェンダーなんて人口の1%にも満たない。そのなかでエリート級のアスリートなんて片手で数えるほども居ないだろう。だから彼らが女子競技を制覇するなんて心配は要らないというもの。

しかし考えてもみてほしい。オリンピックでは、1980年代に東圏の国々で国が組織的に男性ホルモンを女子に打たせてメダルをかっさらったという歴史がある。女子選手たちの健康に多大なる害を与えることなど全くおかまいなしの独裁国家が、今度は男子選手に女性ホルモンを打たせて本人の健康などお構いなしに組織的にオリンピックに出場させるなど容易に想像できることだ。本人が本当にトランスジェンダーかどうかなど問題ではない。

またテニスのマティーナ・ナブラチロワも言っていたように、数年間トランスを名乗って女子競技でさんざん賞金をかっさらって、引退後男に戻るなどというけしからん奴が出てくるのも時間の問題だ。すでにスケートボードなど、13歳の少女たちに交じって妻子ある27歳の性違和もない男性が賞金をかっさらった例があるのだ。

この記事では、性違和に悩む少年たちの多くが自殺願望があり、スポーツをすることで精神の健康を取り戻すことがよくあると書かれている。だから「彼女」たちをスポーツに参加させることは非常に大事なことなのだと。心の悩みを持つ青少年がスポーツを通じて健康を取り戻すのは大いに奨励されるべきだ。しかし彼らの問題は異性であるという妄想にある。その妄想からの脱出を図るなら、異性スポーツに参加させて、女生徒たちからの反感を買うのは逆効果だろう。

スポーツが好きなら、ちゃんと男子枠に参加すればいい。そうやって自分の身体にあった方の競技に参加することで、性違和の狂気から解き放たれるかもしれない。女子枠への参加はかえって彼らの妄想を助長するだけでとても治療に役立つとは思えない。

それに私が頭に来るのは、TRAですら認めているように、人口の1%にも満たないトランスジェンダーのそのごく一部のアスリートの精神健康のために、人口の50%を占める女性達のスポーツを破壊してもよいという理屈だ。自称女の男子を女子競技に参加させることで、女子たちが受ける精神的肉体的打撃にかんする考慮が全くされていないということだ。

性同一性障害は今に始まった精神病ではない。しかしこれまで何十年も男女で別れていたスポーツで、女子枠に参加できないのを苦に自殺した少年の話など聞いたことがない。そんなことが問題になったこともない。

スポーツ好きな若者はスポーツをどんどんやればいい。才能が及ばずトップレベルでの参加が出来ないとしても、それはトランスジェンダー選手だけでなく、多くのアスリートが直面する挑戦だ。誰もがトップになれるわけではない。いやほとんどの人がトップにはなれない。それでもみんな自分にあったレベルでスポーツを楽しんでいる。トランスジェンダー選手たちも、そうやって自分に合ったカテゴリーとレベルでスポーツを楽しめばいいのである。


View comments (3)

カトリック教会や妊婦救済センターへの暴力的攻撃が激増、プロライフ団体を潰せと唱える左翼議員たち

2021年1月6日の議事堂乱入事件について、トランプ前大統領が「平和的に行進しよう」と言ったことを、暴力を煽ったといって弾劾裁判にまで持ち込んだ民主党議会は、今起きているカトリック教会やプロライフ施設への暴力的な攻撃に関しては完全無視を決め込んでいる。それどころか民主党議員のエリザベス・ワレンなどは、妊婦救済センターは全部潰す必要があるとさえ言い、それを可能にする法律を発案中である。

最高裁判所がロウ対ウエイドを覆すという判事のメモが漏洩してから、中絶推進派のテロリスト達によるカトリック教会や妊婦センターへの攻撃は激増している。すでに全国で50以上の施設が落書きや器物破損といったものから放火に至るまで様々な被害をうけていることは以前にもお話した通りだ。

こちらのサイトでは教会への数々の攻撃を記録されている。去る7月2日と3日、ウイスコンシン州の四つの教会で器物破損が行われ中絶推進の落書きが残された。6月30日、オハイオ州の教会では放火により100万ドルの損害が出た。

先週も、ワシントン州のセントルイス教会で覆面姿の侵入者がガラスドアを破壊。この日曜日にもメリーランド州の聖ジェインフランシス教会が放火の標的となった。

「昨晩わが教会は破壊被害に遭いました。誰かが侵入したのです。彼らは銅像を倒し、十字架の台をは潰しました。彼らは神殿を冒涜し教会に火をつけようとしました。」とサミュエル・ギース神父は日曜日のマスの生配信で語った。マスは教会の火事による損害が大きかったため近くの体育館で行われた。

そして教会の壁や妊婦救済センターの壁にはジェーンズリベンジ(ジェーンの復讐)という過激派グループからの恐ろしいメッセージが書かれていた。「中絶が安全でないなら、お前たちも安全ではない」

しかし、リベラルメディアのスレートのオルムステッド記者は「これらの攻撃で怪我人も死人もでていない」と取り合わない。死人や怪我人が出てからでは遅いではないか!だいたいこういうことはどんどんエスカレートしていくものなのだ。フォックスニュースのオピニオン記事でアンドレア・ベイヤー記者は、もしこれがイスラム聖廟への攻撃だったら、スレートの記者はここまで無関心でいられるだろうかと語る。

1960年代に公民権運動の際に黒人教会が次々に放火され、中でも1963年、KKKメンバーの四人によるダイナマイト19本を使った爆破攻撃で四人の少女が死亡、22人が怪我を負った事件を上げている。このまま何もされずに攻撃がエスカレートすればいずれこのような悲劇が繰り返されることだろう。

ジョー・バイデン大統領は一応カトリック教徒を自称しているが、これらのおぞましい攻撃に対して本人の口からは何も声明を出していない。

ホワイトハウスからの声明は先週の木曜日副報道官のアンドリュー・ベイツ氏が大統領がサウジアラビアに行っている留守中にフォックスニュースのインタビューで、「大統領はこれらの報告について非常に心配している。宗教の場での放火や器物破損は断固糾弾する」言っただけである。しかもこれは放火があって一週間も経った後であり、大統領は未だに被害にあった教会を訪問していない。

さらなる攻撃に備えて教会や妊婦センターではカメラや警報装置を備えるなど警備を整えている。また、教会メンバーの現及び元警察官や退役軍人などによる警備員も増やして護衛にあたっている。

こうした攻撃をよそに、マサチューセッツ代表民主党エリザベス・ワレン上院議員は、プロライフの慈善団体がプランドペアレントフッドの振りをして偽情報を振りまく場合は、これらの施設を潰すことのできる法律を提案している。

以前にもお話したと思うが、妊婦救済センターは主に宗教団体が経営する慈善組織で、予期せぬ妊娠をした妊婦たちの妊娠中のケアや出産後のおしめやミルクなどの援助をする。場合によっては養子縁組の手配もしてくれる施設である。そんな素晴らしい施設を「国中で閉鎖させろ!」とワレン議員はわめいているのだ。

現在マサチューセッツでは中絶を求めて来る人々を騙す危機妊娠センターが中絶クリニックの三倍もあります。私たちはこれらをマサチューセッツで閉鎖させる必要があります。国中で閉鎖させる必要があります。

ワレンの提案はどのようなものかというと、中絶に関して間違った情報を流した場合10万ドルもしくは経営組織の50%の収入を罰金として支払うべきというもの。しかしどのような発言が禁止されているのかという規定はない。それでワレンは消費者への虚偽情報を監視している連邦政府商工会議所(the Federal Trade Commission)の権限で、中絶に関する偽情報を監視しろというのである。

ナショナルレビューの記者ジョン・マコーマックは、ワレンに禁止されるべき「偽情報」の例を上げてもらえないかと質問した。

ワレン:これらのセンターは最初から中絶を提供する施設ではないことをはっきりさせること。彼らは中絶を阻止するのが目的であり中絶サービスは提供しない。(略)もし彼らがプランドペアレントフッドの振りをしてPPの色やロゴを真似してあたかも中絶サービスを提供するかのようにするのは問題であると考える。

マコーマックはワレンと共著しているハワイのマジー・広野議員にも具体的に禁止されている情報とはなにかという質問をしたが、同議員からは、はっきりした答えを得られなかった。

広野:なんともいえませんね。

こういう、こうした妊娠なんたらセンターでは、中絶ではこんなことが起きるとか、間違ったことを言われたりします。そういったことです。

「妊娠した?助けが要りますか」とか「中絶を考えてますか?」といった広告は中絶を提供しないのであれば誤解を生む言い方です、解りませんが。言うことはそれだけです。

ワレンは救済センターのホームページに中絶はしないと明記してあれば(すでに多くがそう明記している)罰金から逃れられるのかという質問には答えなかった。具体的にどのような情報が偽情報と見なされて禁じられた言葉とされるのかを法律で明記しないのは伝統であり、これは監視する役所の管轄ということになると発案の共著者ブライアン・シュワーツ議員は言う。

しかしこのような言論の自由を迫害するような法律が合憲であるとはとても思えない。それにマコーマックは、よしんばこれが合憲として実際に法律になった場合、困るのは民主党の方なのではないかという。今後政権が共和党に変わって、共和党の役所がこの「偽情報」の判断をすることになった場合、プランドペアレントフッドが妊婦への様々な医療提供をすると広告しているにも関わらず、中絶以外のサービスを提供していないことは誤解を招く偽情報だと判断される可能性がある。PPの収入の50%が罰金として取られるなんてことになって困るのはPPから多額の献金をもらってる民主党たちのほうではないのか?

だいたいプロチョイスという名前からして「ミスリーディング」である。彼らは中絶以外の選択肢など認めないのだから。

それにPPのロゴの色を使うのも禁止などというのも馬鹿げているとマコーマックは言う。なぜならPPが使っている淡いピンクと青色は新生児の男女を表す色だからである。


Comment

10歳の強姦被害者がオハイオで中絶を拒まれインディアナに越境したという事件の実情はいかに?

数日前にバイデン大統領が「10歳の少女が強姦されたのに、中絶を拒まれた。10歳だぞ!」と演技たっぷりに演説をした。多くの保守派は「10歳児が妊娠なんかするのか?」と半信半疑。実際これは真実なのだろうか、単なる捏造ではないのかと話題になった。特にこの話を最初に告発した医師(Dr. Caitlin Bernard)が有名な中絶推進派だったこともあり、医師によるでっちあげではないかとその真偽が疑われたのだ。

私は大昔に日本で9歳の少女が妊娠したという例をきいたことがあったので、10歳でも生理があれば妊娠の可能性はあるだろうと考えていた。事実、保守派議員たちがこの事件の真実性に疑念を持っている間にも、インディアナで中絶手術を受けた少女の身元がわかり、この少女を強姦したとされる27歳の違法移民が逮捕された。

それで中絶推進派は、ほれみろ、実際にこんな悲劇が起きているではないかと鬼の首でもとったようにはしゃいでいるが、どうもこの話はおかしい。

先ず10歳の少女がオハイオで中絶手術を受けられなかったというのは本当なのだろうか?

当初、この少女は妊娠6週間と数日だったため中絶を拒まれたと言われていた。が、オハイオの新しい中絶規制によると胎児独自の心拍音が聞こえた後の中絶は違法ということにはなっているが、それがだいたい妊娠6週間目くらいから起きるというだけであって確たる時間制限があるわけではない。また、心拍音が確認された場合でも例外があり、母体の命にかかわる場合、母体の健康に著しく危害を与える可能性のある場合、子宮外妊娠の場合、はその例外となる。

オハイオの法律家たちの間では、10歳という幼年児の妊娠出産は母体に著しい負担をかけるため、この例外に当てはまる、よって、オハイオでの手術が拒絶されることはなかったはずだと語る。では少女は何故インディアナまで越境したのか。実はこの少女の家族は最初からオハイオの病院へ行かずにインディアナの専門家を頼った。つまり、少女はオハイオで拒絶されたのではなく、自らインディアナへ行ったという話だった。

オハイオ州の司法長官は10歳児が強姦されたという記録はないと主張していたが、被害者の母親は6月22日の段階で児童保護局に通報しており、局のほうから警察にも通報があった。

思うにオハイオの児童保護局の職員はオハイオの法律で10歳児が中絶を受けられるかどうかわからなかったため、大事をとってインディアナの医者を紹介したのではないかと思う。なにせ法律家の間でも実際10歳児の出産が母体に著しい危害を加えるという例外に当てはまるのかどうかという議論がされている状態なので、そんな決断を待っている間にどんどん妊娠は進んでしまう。中絶するなら早い方がいいと判断したとしても責めることは出来ない。

しかしそれとは別に、この事件がおきたのはバイデンにも多大なる責任があると言える。

実際に10歳児がオハイオで中絶出来たかどうかということよりも、もっと重大な問題だ。それは犯人が違法移民だったということだ!

Gershon Fuentes, 27, has been charged with one count of rape. He was given a $2 million bond.
Gerson Fuentes, 27, has been charged with one count of rape. He was given a $2 million bond.

バイデン政権になってからというもの、アメリカの国境警備はまるでざる。トランプ政権の時の何十倍の違法移民がアメリカに乱入している。もしバイデンが10歳の少女が強姦されて妊娠したということを本気で憂いているなら、そんな悪い奴をこの国に招き入れた自分の政策を反省すべきだ。中絶規制法云々なんて話をしている場合ではない!

共和党議員たちも、これを中絶規制の問題にせずに、違法移民の問題だとして議論を薦めるべきだ。


Comment

馬鹿フェミがトランスジェンダーに負ける理由、男が差し伸べる手を受け入れないから

先日歌手のマーシー・グレイが男は女になれないという常識的な発言をしたことで叩かれ、たったの三日で過激派にひれ伏してしまったという話をしたばかりだが、それについて保守派ポッドキャスターのマット・ウォルシが彼女をツイッターで批判したことから、トランスジェンダリズムについては勇気ある批判的な発言をしてきた作家のJ.K.ローリングとちょっとした口論になった。

マット:悪いがトランス活動家からの意地悪なコメントが怖くて「女性」の定義を公の場で放棄するような女性は、どんな批判を受けても仕方ない。こうなったのも、もとはと言えば、こういう骨なしの臆病心こそが原因なのだ。

J.K.ローリング:限りのない命や強姦の脅迫、生きる糧を失う脅迫、雇用主が標的にされ、直接嫌がらせをうけ、家族の住所がオンラインで晒され、爆弾作成のマニュアルが送りつけられてくるのは単なる「意地悪なコメント」なんかじゃない。この問題に立ち向かう女性達がどんな目にあってるか解らないなら、黙らっしゃい!

マット:私はあなたのこの件で見せた勇気には敬意を払います。しかしながら、トランス活動家の要求に簡単に折れて真実や事実を諦めてしてしまう人が多くいすぎます。このような臆病心こそがこの話の悪者なのです。彼らは責任を取るべきです。

ローリング:あなたの映画は性自認連中の意味をなさない理屈や危険な思想をうまく暴露したと思います。私が過去に尊敬していた組織がこの思想を無条件で受け入れてしまっています。しかしながら彼らへの抗議は私のやり方でやります。個々の女性を「臆病者」などと呼ぶのではなく。

マット:たしかに悪いのは彼ら(TRA)のほうです。私も壇上のない若い女性達がトランス暴徒らに攻撃されることには同情しています。しかしマーシー・グレイは有名な歌手です。彼女が折れてしまったことは特に残念だと思います。

とまあこんな具合だ。ツイッター上では多くの保守派がローリング女史に対して、マットはこの件に関して女性達の味方だ、トランスジェンダリズムとはあなたと共闘できる仲間だと告げたが、ローリング女史は断固としてマットの差し伸べた手を拒否した。

ローリング:(前略)私は「ターフを殴って殺せ」軍団にずっと立ち向かってきましたが、一度たりとも、この問題をフェミニズムが西洋文化で最悪の出来事だと思っているような男の手に委ねでようと思ったことはありません。

左翼の多くの女性達のように、私はあまりにも多くの自称リベラルが性自認運動の男尊女卑やそれが醸し出す女性や女児への脅威を黙認していることに絶望しています。ウォルシの映画が多くの左翼が怖がっていえないことを暴露したことは確かです。

しかし生物学的に女性が存在するという考え(加えて水が濡れているとか月がチーズで出来てるわけではないこととか)に同意できるからといって味方であるとは言えません。私は女性は女性特有の脅威に瀕し特異な必要性もあり、フェミニズムこそがその権利を守ることが出来ると信じます。

ウォルシはフェミニズムは腐っていると信じ、自分と同意しない女性を蔑むことを基本としています。彼は淡い色のピンクと青の旗に隠れて「黙れ、さもないとぶっとばすぞ」と言ってる連中と同じように私の仲間などではありません。

私は以前にも書いたと思うが、もともとローリング女史の左翼フェミニズム振りは嫌いだった。彼女は典型的な左翼馬鹿フェミであり、私と意見の合うことなど何一つなかった。しかし、TRAの脅迫に負けず女性の権利を守るという信念を貫き通しているという点に関してだけは敬意を払って来た。

マット・ウォルシもずっとそう言って来た。だがローリング女史はそれを認めることが出来ないのだ。女性の権利と安全を守るという信念よりも、男なんぞにフェミニズムを売り渡してなるものかというプライドの方が勝ってしまうのだ。なんと情けないことだろう。

これに対するマットの返答は右翼保守典型の紳士的なものだった。

私は過激派トランス軍団による女性や子供たちや現実への攻撃に立ち向かう人となら誰とでも一緒に戦う用意はできている。ローリングや多くのフェミニストたちはそれを拒否した。仕方ない。しかし二人の子供本ベストセラーの著者が協力できないのは残念だ。

私はいつかローリングが立ち止まって、彼女が何故この件を除いた全ての件でトランス活動家に同意できるのか考えてほしいと思う。彼らは基本的なところで同じ社会観を持っているのだ。だからこそフェミニズムはジェンダー概念を阻止することができなかったのだ。これは考える価値があると思う。

私は以前にトランスジェンダリズムは過激派フェミニズムの賜物であると書いたことがある。

最近よく耳にする英語にジェンダークリティカルというのがある。これはトランスジェンダリズム思想に批判的な考えを指す。おもしろいのは、これまで左翼リベラルを気取って来た過激派フェミニストたちが多少なりともジェンダークリティカルな意見を述べると、右翼アジェンダの回し者とか、裏切り者とか、右翼保守の人がトランス批判するより叩かれてしまう。だいたいからしてターフなどという侮蔑語もトランス排除的過激派フェミニストという意味だ。しかしながら、私から言わせるとトランスジェンダリズムを生み出したのは、まさに過激派フェミニストなのではないかと思うのだ。なにしろ男女の違いは社会構造だと言い出したのは過激派フェミニストたちなのだから。(略)

ところが過激派フェミニストたちはそうした性的な傾向を無視して、男に出来ることは女にも出来る。男女の能力に差はないと主張してきた。だから、ある種の分野に女性の数が少ないのは女性が差別されているからだと決めつけた。もし男女の能力に全く差がないのであれば、結果の差は差別からくるものだと結論づけられる。男女の差は単に社会構造なのだとすることは過激派フェミニストにとっては非常に都合の良いものだったのだ。

生物学者が男女の脳の働き方には違いがあるなどという話を始めれば、それは男女差別につながるとして、そうした言論を弾圧するフェミニストたちもいた。男女の肉体的能力差を指摘することすらミソジニーだと責め立てていた。

もし男女の差が肉体的能力や適応性の差ではなく単に社会構造によるものだとすれば、男性と女性が入れ替われるという理屈はそれほど非常識なものではない。むしろ自然な成り行きだと思える。男女の差は社会構造だと言い続けて来たフェミニストたちにはその理屈を使って、だから男も女になれる、というトランスジェンダリズムに反論するのは難しい。(2019年 苺畑カカシ)

女性の権利を守るためには、一部の女たちだけが騒いでいてもダメなのだ。多くの男性が女性達の言い分にも一理あると同意し女性を差別するのは不当だと納得しなければ男性が牛耳る社会を変えていくことなどできない。奴隷制度が終ったのも、不公平な黒人差別が公民権運動で撤廃されたのも、多数派の白人たちが、これらの差別は不当だと考えたからこそ実現できたことなのだ。

圧倒的な力を持つ支配階級が弱体な少数派に迎合する必要がどこにある?自分らの権限を守ることだけが目的なら少数派など徹底的に弾圧すれば済むことだ。それなのに何故白人は組織的な黒人差別を止めたのだ?戦争をして貴重な白人の血を流してまで奴隷制度を廃止したのは何故なのだ?男たちは何故女たちを平等に扱おうなどと思ったのだ?

それは多数派の間で少数派を虐待することは道徳的に正しくないと思う人が存在したからだ。

フェミニズムが腐敗して常に失敗する理由は、自分らの作り上げた右翼保守や男たちへの偏見を捨てきれないからだ。それで本来なら力強い味方となってくれるひとたちが差し伸べた手を拒絶するからだ。

一部の過激派フェミニストたちはマットや他の右翼保守たちがTRAに立ち向かい始めると、「私たちの方がずっと前から抗議してたのに、途中から来て運動をのっとらないでよ」とバカなことを言い出す。あんたらこの戦いに勝ちたいの?それとも活動家の間の勢力争いにしか興味がないの?

私もマットと同意見。もしもフェミニストたちがトランスジェンダリズムと本気で戦う気があるなら、協力者として拒否はしない。だが、左翼フェミであることのほうが女性の権利を守ることより大事だというなら、あんたたちとトランスアライたちと大した違いはない。

マットの言う通り、ローリング女史及びジェンダークリティカルの女性達は、女性の権利や安全を守ろうとしない左翼フェミニズムにこそ問題があるのだと、いい加減気が付くべきなのではないか?


View comments (3)

とある著名人のサイコパス的側面

先日安倍晋三元首相が暗殺された数時間後、人々のショックが冷めやらないうちに、テロリストの心理とやらを説明する動画を軽いノリでユーチューブ動画に載せて炎上してしまったメンタリストの話を聞いた。彼は以前にもホームレスや生活保護を受けている人は自分には価値がないというような発言をして涙ながらの謝罪に追い込まれたことがある。その時にも思ったのだが、このメンタリスト氏はサイコパスの傾向があるのではないだろうか?

私は心理学を学んだこともないし医療関係の人間でもないので、今から書くことは私の勝手な見解なので話半分に聞いてもらいたい。これはあくまで私の素人としての憶測にすぎないので。

サイコパスというと、連続殺人犯や強姦魔を想像するが、実はほとんどのサイコパスの人は犯罪者などではなく、きちんと社会に適応し頭脳明晰で経済的に成功している。サイコパス=悪人では決してない。

ではいったいサイコパスとはどんな人のこというのか、ちょっと検索してみたところ、次のような傾向がみられるとあった。

  1. 社会一般の常識とは外れた行為をする
  2. 他人の権利に無頓着もしくは迫害する
  3. 善悪の区別がつかない
  4. 後悔の念や同情心を示すことが苦手
  5. よく嘘をつく傾向にある
  6. 他人を操ったり傷つけたりする
  7. 犯罪をよくおかす
  8. 安全意識や責任感に欠ける
  9. 怒りや驕りを日常的に表現する
  10. 無謀、衝動的、危険を顧みない傾向がある
  11. 他人と深い感情的なつながりをもてない
  12. 表面的に魅力的な面もある
  13. 攻撃的である
  14. 時々激怒する
  15. 自分中心のナルシストの傾向がある

これだけ見ているとなにか恐ろしいモンスターのように感じるが、すべてのサイコパスがこれらの性質を全部備えているというわけでなく、こうした傾向があるというだけの話である。

先ほども述べたようにサイコパスでも頭のいい人は、自分が社会に適応しないことの不便さを理解している。だから反社会的な行動をとることや違法行為は愚かであると判断できる。たとえ善悪の区別がつかなくても何が違法で何が合法かは理解できる。犯罪者として生きるより法を守って生きた方がずっと楽だし安全だ。頭のいいサイコパスはその辺を弁えている。

それに自分の感情をきちんとコントロールすることさえ出来れば、他人から何を言われようと気にせずに自分が信じることを積極的に危険を顧みずにやり通す性格というのは、キャリアやスポーツなどで成功するためには決して悪い要素ではない。いや、かえって好ましい特性だろう。 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  また他人の神経を逆なでる行為や嘘なども、結局は自分のためにならないことも理解しているので、大抵の場合は自分の行動によって相手がどう反応するかをあらかじめ予測して、それなりの行動をとる。これがうまく出来るひとは、例えサイコパスだったとしても他人から嫌われることはない。

同メンタリストさんが、やたらに心理学に興味を示し他人の心理を深く研究するのも、感覚的に自分に理解できないことを情報収集によってデータとして分析して理解するためなのではないかと私は勝手に思っている。

問題なのは、知識として知っているということと、肌で感じられることは違う。

例えば数学の公式や化学式など、その原理をきちんと理解しておけば、すべての公式をいちいち暗記する必要はない。だが、サイコパスにはこの感情の原理が理解できないので非常に多くのデータを暗記しなければならなくなる。だから時々計算違いをしてしまうのではないだろうか?

どうして大事な人が亡くなった数時間後に、犯人の心理推理などを軽いノリでやってしまってはいけないのか、そういう行為がどれだけ他人の気持ちを傷つけるか、何がそう不謹慎なのか、それを理解できていればこんな間違は起こしようがない。

ホームレスや生活保護者の話にしてもそうである。社会問題としてホームレスや生活保護者は居ないほうがいいに決まっている。それはホームレスを多くし生活保護者が増える社会には、経済や治安も問題があるという視点で話せば特に問題はなかった。ところがそれを、「自分にとって価値がないから」と自分だけの視線で発言してしまったことで、自分さえよければ他人はどうなってもいいのか、他人を思いやるという気持ちはないのかというおかしな問題になってしまったのだ。

そして彼は多分謝罪をした今でも、自分のしたことの何がそんなにいけなかったのか理解できていないのではないだろうか?

私はメンタリストさんを責めているのではないのだ。もし彼が私が思うようなサイコパスの傾向のある人だったとしたら、こうした感情を理解できなかったとしても、それは彼の責任ではないからだ。むしろ、そういう傾向がありながら、犯罪にも走らず経済的にも成功し、多額の税金を払って社会に貢献している生産的な市民として生きているということのほうが認められるべきだろう。

彼が本当にサイコバス傾向があるとしたら、これ以後にも時々こういう間違いを犯してしまうだろうが、彼は頭のいい人なので、徐々にそうしたことも理解していくのではないかなと思う。

くだらない素人考えにお付き合いいただいてありがとうございました。


Comment

イギリス、英トライアスロン連盟が23年施行新指針。男性・トランス・出生時男性ノンバイナリを含むオープンカテゴリを設置、出生時女性のみが女性カテゴリに

イギリスのトライアスロン連盟は新しく「オープン」カテゴリーを設けてトランスジェンダー選手がそちらに参加し、女子競技は女子として生まれた選手のみが参加できるようになると新しいトランスジェンダーポリシーを発表

これによって、男子を含むすべての個人、トランスジェンダー及び男子として生まれたノンバイナリがこのカテゴリーに含まれ、生まれつき女子のカテゴリーからは分けられることになる。

この新方針の定義の部分を読んでいてちょっと感激した。それというのも、言葉使いが今まで聞いてきたような「生まれた時に割り当てられた性」などという非科学的なものではなく、トランスジェンダーを「自分の性別(ジェンダー)自認が出生時の性(セックス)と違う人」と定義しており、きちんとセックスとジェンダーを区別していることである。そして新しくオープンカテゴリーを設けるにあたり、新方針はその背景は科学的根拠に基づくものだとしている。強調はカカシ。

イギリストライアスロンは、水泳や自転車や走ることは誰もが楽しく権利を支持し真に許容的克すべての参加者に安全で公平である環境を作るよう規制する。

スポーツにおいて大人の男子は第二次性徴期のテスタストロンの影響を受け、大人の女子に比べ肉体的及び生物学的に顕著な有利性を持つことは科学が証明していることは議論の余地はない。

加えて、科学者の間では思春期で得た男子の肉体的・生物学的優勢は性転換した後でも保持するという意見が多数派である。 (Hilton & Lundberg, 2020
[https://link.springer.com/article/10.1007/s40279-020-01389-3] and Harper et al., 2021
[https://bjsm.bmj.com/content/55/15/865]).

トランスジェンダー女性がもつ優勢がスポーツの上でどの程度影響を及ぼすかという科学的調査は限られているとはいうものの、現在存在する科学は、テスタストロン制御のみではトランス女性がトランス以前に得た優勢な運動能力を十分に制御できないと結論付けている。

英トライスロンはトランスジェンダーコミュニティーが差別や偏見の恐れを持たずに競技に参加すべきであると考える。トランスジェンダーと自認する人々は尊厳と尊敬を持って扱われるべきであり、同連盟はホモフォビア、バイフォビアそしてトランスフォビアを断じて許さない方針である。

やっとスポーツ連盟のなかにも正気な人が出て来たようだ。ところでこれを読んでいて面白いことに気付いた。今後トライアスロン競技主催者は次のカテゴリーを設けなければならないとある。

  • 女子カテゴリー
  • オープンカテゴリー

女子カテゴリー参加資格:出生時の性が女子である人のみ女子カテゴリーに参加することが出来る。出生時の性が女子であるひとのみグレートブリテン、イギリス、スコットランド、ウエールスの国際競技において、女子枠に参加資格を持つ。女子プロ競技者のライセンスは出生時の性が女子の人のみ取得できる。

オープンカテゴリー参加資格:トランスジェンダー及びすべての選手がオープンカテゴリーに参加できる。参加者は皆男子プロ競技者のライセンスを取得できる。

これを読んでいて、ふと気づいたことがある。カテゴリーは女子とオープンの二つだけが義務付けられているが、男子カテゴリーがない!

そっかあ~、男子競技がオープンカテゴリーになるのか!

いや、実は私は前々からトイレにしろお風呂にしろ女子の方はそのままにして、男子の方をオールジェンダーにすればいいと思っていた。そうすれば新しく施設をこしらえる必要もなく、今のままのインフラを保って誰もが使える・参加できるシステムが作れるからである。

最初にこの記事の見出しを読んだ時、私はてっきり男女枠の他に新しくトランスジェンダーカテゴリーを作るものだと早合点していた。しかしなんのことはない、結果的に生まれつきの男子はトランス女性だろうとなんだろうと男子競技に参加しろということになったわけだ。

さてこの新方針を紹介していたこちらの記事なのだが、明らかにトランスジェンダー活動家の立場から書かれており、「トランス男性はどうするんだあ~」と言っているが、出生時が女子のトランスマンは男性ホルモン接種さえしていなければ女子競技参加は可能だ。もし男性ホルモンを摂取しているのであれば、女子競技ではドーピングになってしまうのでオープンカテゴリーに参加するのが理想だろう。まあ勝てないだろうけど。

この新方針は2023年1月1日からイギリスで行われるすべてのトライアスロンイベントで施行される。これは2018年に設立された女子カテゴリーに性別自認が女子であればテスタストロン数値が規定以内なら参加できるという方針と差し替えになる。

同連盟はこの新方針を作成するにあたり、3000人以上の競技参加者からアンケート調査を行ったという。同記事によれば「しかしそのうちのたった16人がトランスジェンダーだった」と不満そうだが、元々トランスジェンダー選手なぞ数が少ないから問題にならないと言っていたのはトランス活動家のほうだからね。

ではトランスジェンダー界隈の反響はというと、マーメイドという悪名高いトランスジェンダー団体に所属する自信もトライアスロン選手であるエイミー・ガッドはピンクニュース(LGBT系ニュースサイト)のインタビューで、

「トランス女性として2016年からトライアスロンに参加している身としては、女子カテゴリーから排除されることに非常に失望しています。「これは単に女性と女児を分けることになるだけで、誰のためにもなりません。私は今後私を女子として認めないスポーツに参加するかどうか決めなければなりません。」とガッドは語った。

男子としての優勢性が失われたので参加したくないのなら、参加しなくてよい。こんな奴がいるからこそ、オープンカテゴリーなんてものを設けることになったのだから。

国際水泳連盟のFINAに続き、トライアスロンも正気の方針を取り入れるようになったので、サイクリングや陸上競技など次々に同じような規則を設けてほしい。もういい加減に正気に戻る時がきたのだ。

トランス界隈はFINAやトライスロン連盟の方針を「非科学的だ」として非難してる。


View comments (2)

歌手マーシー・グレイが学んだこととはなにか、黒人女性BLM戦士ですらトランスジェンダリズムには勝てないこと

先日歌手のマーシー・グレイがピアース・モーガンのインタビュー番組の中で、男がいくら自分が女だと自認したり整形手術したりしても、男は女にはなれないと断言したことで、非常なバックラッシュを受け謝罪に追い込まれるという事件がおきた。きっかけとなった発言はこちら。

「みんなから嫌われるかもしれないけどいうわ。女として、人が生きる道を変えたからと言って、女性になれるというわけじゃないわ。悪いけど」

彼女は自分の代名詞を決めるのは支持すると言いながら、代名詞を変えたからといって自動的に自分が自認する性別のメンバーになれるわけではないと語った。

「彼女と呼んでほしなら呼ぶわ。それをあなたが望むのならね。でも私があなたを彼女と呼んだり、手術を受けたからって、あなたは女にはなれない、」と続けた。

彼女はさらに、女性として若い女性として育ったことは「完全に独特な体験であり」手術からは得られないものだとも語った。

「手術や自分がそう感じるということで変えることはできないわ。小さい女の子であることはひとつの大作本みたいなものよ。わかる?女性になりたいっていうだけでなれるものじゃないのよ。」

グレイは批判されることを予測してか「意見が合わないというだけでトランスフォビックなんてレッテルをはられるべきじゃないと思うわ。」と付け加えた。

その前日にも歌手で女優のベット・ミドラーが女性と言う言葉が消されているという内容のツイートをして叩かれて、釈明に追い込まれたたばかりだった。

“WOMEN OF THE WORLD! We are being stripped of our rights over our bodies, our lives and even of our name!” “They don’t call us “women” anymore; they call us “birthing people” or “menstruators”, and even “people with vaginas”! Don’t let them erase you! Every human on earth owes you!” — Bet Midler

世界の女たちよ!我々の身体の権利が剥奪されようとしている、我々の命がそして我々の名前すらが!「かられは我々を『女性』と呼ばない。彼らは我々を『出産する人』または『生理のある人』もしくは『膣のある人』などという!彼らに我々を消去させるな!地球上のすべての人間があなたがたに借りがあるのだ!ベット・ミドラー*

そんなことがあったので、グレイはよっぽど勇気があるのか、よっぽどクルーレス(空気が読めない)なのかのどちらかなんだろうと思っていたら案の定、二日後には朝のテレビ番組で緊張しながら「いろいろ学ばせてもらった」と平謝りをした。

同じくトランス活動家から何年も責め立てられているJ.K.ローリング女史は、すぐにグレイの擁護に回り、グレイのこれまで出したアルバムをすべて購入したと発表して擁護したが無駄だった。7月発売予定の新アルバムが8月まで延期されたと知るとグレイはすぐに折れてしまったのだ。

モーガンの時にとった椅子に深く腰かけて自信たっぷりな態度と違って、座り心地の悪そうな高椅子に座って背を丸め、始終両手を足の間に挟んで揉むような仕草での謝罪は、あたかも独裁政権下でカメラの横にいる看守の機嫌をうかがいながら「とても良い扱いを受けています」と質問に答える囚人のようであった。

これを通じて色々学ばせてもらいました。(略)これは私にとって非常な学習をする体験でした。誰でも自分がそうだと信じる呼び方をすべきであり、誰もそれを制御したり取り上げたりできないのです。(略)女であることはヴァイブです。それは私は誇りに思っていますし大切にしています。あなたが心で感じることが出来るなら、誰が何と言おうと何と思おうと、それがあなたなのです。私は多くを学びました。そしてそれが出来たことを喜んでいます。なぜなら私にはそれが解ったからです。

グレイが学んだのは、トランスジェンダリズムに逆らったらひどい目に遭うぞということだ。このインタビューを聞いたすべての人々に、グレイが見せしめにされたことは明白だ。

Macy Gray performs at Mighty Hoopla at Brockwell Park on June 04, 2022 in London, England.

若い読者諸氏はご存じないかもしれないが、このミドラーもグレイも歌手として昔は結構人気があった。特にミドラーはヒット映画にも数々出演しており、歌手としてでなく女優としても名の知れた大物芸能人である。しかし多くの芸能人がそうであるように、彼女たちもまた左翼リベラルであり、トランプ政権のこともかなり口汚く罵ってきたひとたちなので、彼女達がどんな目に合おうと私は特に同情はしていない。なぜなら彼女たちもまた、左翼のキャンセルカルチャーに十分貢献してきた人たちだからだ。

ベット・ミドラーはフェミニストを気取り、妊娠中絶に関してはトランプ大統領の娘イバンカが過去に中絶をしたことがあることをツイッターで暴露して蔑んでいたし、マーシー・グレイは2020年のBLM暴動を全面的に支持しており、今回発売予定の新しいアルバムのテーマもBLM活動についてだ。

興味深いのは、そんなバリバリ左翼の彼女達ですら、トランスジェンダリズムの逆鱗に触れたらひとたまりもないということだ。

ほんの2~3年前なら、女性から選ぶ権利を奪うな!とか、黒人の人権を守れ!とか言っていさえすれば左翼社会正義戦士として十分だったはずで、左翼から叩かれるなんてことはなかったはずだ。だから彼女たちは、多少のバックラッシュがあったとしても、ここまで叩かれるとは思っていなかったのだろう。特にベット・ミドラーはデビュー当時ゲイバーを中心に巡業したりして人気を得、今でもLGBTからの支持は厚い。そんな彼女がまさかLGBT界隈から叩かれるなんて予想外だったのだろう。しかしここで私が一応ミドラーの勇気を認めるのは、グレイと違って彼女は釈明はしたものの謝罪はせず、元のツイートも消していない点だ。

私は覚えている限り常に被差別者の人々のために戦って来た。私が60年に及んで証明してきた愛を一回のツイートが偶然誰かを怒らせたということだけで取り消されるっていうならそれでもいいわ。私はずっと彼らを支持し愛してきた(略)でも真実は民主主義が指の間からすり抜けようとしているよ!私はすべての人のために民主主義を救おうとしているの。だから私たちは団結しなきゃいけないのよ。そうでなきゃ、注意を払ってないのかもしれないけど、分断していては絶対に負けるのよ!」

Midler insisted she has always fought for "marginalized people."

ミドラーは正しい。いまやトランスジェンダリズムはフェミニストを分断し、ひいては左翼を分断するカルトと化している。同性愛者や女性や黒人の人権を守ることには同意できた左翼リベラルの間からも、これらの人権よりも自分を異性だと思い込んでいるT=トランスジェンダーや小児性愛を誇ってはばからないQ=クィア連中の横暴にいい加減嫌気がさしてる人々も出て来ているだろう。

JKRをはじめミドラーにしてもグレイにしても、およそ右翼保守とは言えない人たちが、「これはおかしい」と思うようになってきていること、そしてそれを口にすると容赦なく叩かれることで、左翼リベラル達はどんどん分断の憂き目を見ている。

ミドラーの言う通り、左翼がこの問題で分断すれば、彼らに勝ち目はないのだ。左翼中の左翼であるヒラリー・クリントンですら、トランスジェンダリズムを民主党の主題にしてはいけないと警告している。

元民主党大統領候補であるヒラリー・クリントンは民主党は次の選挙に勝つことに集中すべきであり、トランスジェンダリズムを議論の最優先にすべきではないと語った。クリントンはザ・ファイナンシャルタイムスのインタビューにおいて、記者が民主党はほとんどのアメリカ人に不人気な問題に焦点をあてているように思えるがどう思うかと質問すると、、

民主党は活動家の目的を強調することで選挙に故意に負けようとしてるかのようです。特にトランスジェンダー討論ですが、これはごく一部の少数派にとって大事なだけです。JKローリングをファシストに仕立てるあげることになんの意義があるのでしょう?

私たちは今にも民主主義を失おうという境目に立たされているのです。誰もが気にかけていることが窓から投げ出されようとしているのです。(略)一番大事なことは次の選挙に勝つことなのです。負けることの選択肢を考えたら、勝つことの役に立たない問題を最優先させるべきではありません。

トランスジェンダリズムはマスコミやソーシャルメディア(SNS)には力があるかもしれない。多くの大企業に影響を及ぼすことが出来るかもしれない。だがほとんどのアメリカ人はそんな思想に犯されていない。しかも年端もいかない子供たちに子供の前で憚られるような話題を平気で教え、小児性愛思想まで持ち込んで子供を洗脳しようとするやり方には、多くの左翼リベラル父母たちも危険を感じている。そしてそれを口にするだけでここまで叩かれる風潮を好ましくなど思っていない。

左翼リベラルの一般人にしてみたら、大人気の著者であるJKRや往年の歌手で女優のベット・ミドラーやマーシー・グレイらですが軽々しくものを言えない社会を民主党が奨励していることに不安を感じているのではないだろうか。


Comment