この間ちょっと紹介したヨーロッパの若者たちによるDefend Europe(ヨーロッパを守れ)の行動だが、彼らの主張は「捜索と救助」という名目でヨーロッパのNGOがリビアの密輸業者とつるんで人身売買に加担しているというものだ。彼らは事前に打ち合わせ通り密輸業者の連れてくる移民を沖で拾ってイタリアもしくはトルコまで輸送している。
NGOの言い分はリビアや他のアフリカからおよそ長い海の旅にはふさわしくない粗雑なボートで命からがら逃げて来る人々が溺れ死ぬのを防ぐことが目的だとしているが、もしそれが本当ならわざわざヨーロッパへ連れてこなくても、海で拾った時点で元の国へ連れ戻してあげればいいだけの話。違法移民たちはある程度の沖まで出ればNGOの船に拾ってもらえると思うから粗雑なボートでも出かけてくるのだから。
NGOが密輸業者たちと結託しているという記事をイギリスの突撃ジャーナリスト、ケイティ・ホピキンスも書いている。この記事”Katie Hopkins on NGOs colluding with traffickers in Sicily” は7月に一瞬イギリスのデイリーメイル誌に掲載されたが、反ポリコレ過ぎてすぐに取り下げられてしまった。元記事は消えてしまったので一部だけを次ページに残しておく。英語で読みたい読者は参照のこと。
ケイティによるとNGOの船に乗ってシシリーの港についた経済移民たちの態度は、まるで花金でバーミンガムに繰り出した若者が散々どんちゃん騒ぎをした後にタクシーに乗って帰るかのような態度だという。
イタリアのレンズィ前首相が地中海で救助された移民はすべてイタリアの港に連れてきてもいいと同意したおかげで、イタリアは移民対策でなんと負債がGDPの132%、失業率12%。他のヨーロッパ諸国はこれはイタリアだけの問題だとそっぽを向いている。
これに怒っているのが現首相のPaolo Gentiloni 他のヨーロッパ諸国が公平な数の移民を受け入れていないと苦情を述べている。
ケィティはリビア密輸業者とNGO船とイタリアの湾岸警察による移民運搬共同作業は非常に効率的だという。イタリアの港についてからの取り扱いもメディアの目になるべく触れないように十分な考慮がされている。今年だけですでに9万3千人がリビアからシシリーにやってきた。
救援にあたっているNGOの一つ、子供たちを救え船のVos Hestia号の代表者によると、船は湾岸警察からの直接の命令がなければ出航しないという。何時出航しどこで密輸業者の船と待ち合わせるのかという問に関する答えは、いかに湾岸警察とNGO船が協力しあっているかをはっきりさせるものだった。

問:今夜出航することを乗組員はどうやって知ったのですか。誰が移民の船との待ち合わせの段取りをつけているのですか?

答:我々は国際海域においてイタリア湾岸警察と打ち合わせて動きます。領海に近づくのは湾岸警察の指示があった時のみです。

しかし最近になってイタリア政府の移民政策は風向きが変わってきた。
この間(8月2日)、ドイツのNGOの船が違法移民を運搬しているとしてイタリアの湾岸警察に拿捕されるという事件があった。

イタリア警察によると、ドイツのNGOグループは水曜日、リビア海岸で密輸業者の船から直接違法移民を受け取ったとしてNGOの船を拿捕した。

この船はJugend Rettet によって操業されており、シシリーからちょっと先の小さな漁業村であるLampedusaの港で拿捕された。ここは何百何千という移民が海で救助され連れてこられた村である。

イタリア当局は違法行為があったとしても、その動機は極めて人道的なものだなどと言っているので、この船の乗り組員が罰せられるかどうかは不明。
拿捕されたオランダ籍のthe Iuventa船は、去年の6月と9月に三回に渡って怪しげな行動をしていたことが今回の拿捕の理由となった。捜査によると移民たちは救助されたのではなく、NGOと密輸業者らの慈善の打ち合わせ道理、移民をエスコートしてきた密輸業者から海でドイツのNGOの船に乗り換えたというもの。その後移民たちはイタリア軍の船か、もしくは他のNGOの船に引き渡された。
Jugend Rettetというグループはドイツを基盤にしている若いボランティアの集まり。そのホームページでは「地中海において人々の命を救い人道的な状況を向上させることを目的とする。」としている。
グループの言い分は自分らはローマの救援センターからの依頼で捜索と救助の任務に出かけたに過ぎないと主張。グループの代表者は乗り組員が密輸業者から報酬を受けていたという証拠はないとし、密輸業者と親密な関係があるという証拠もないとしている。密輸業者とJugend Rettetが結託しているという疑いは「SFの世界だ(空想科学小説)」と語っている。
しかしイタリア当局はいくつかのNGOの「救助」が結果的に密輸業者への加担と化している事実について語っている。Jugend Rettetはイタリア内務省が最近設立した新しい規則への合意を拒否したNGOグループのひとつである。
2018年の選挙をひかえ、Paolo Gentiloni首相率いる与党は移民対策に厳しい姿勢を見せ始めている。多くのイタリア市民が難民申請手続きを待つ大量の移民の存在に不満を抱いているからだ。
イタリア政府はイタリア軍がリビアの湾岸警察と協力してリビアから密輸船がヨーロッパに向かって出発しないよう援助することを決めた。イタリア防衛庁は海洋封鎖ではないと主張しているが、反移民派の野党は封鎖を要求している。
7月の段階でイタリア政府は20万の移民をヨーロッパに放つと言っていたが、それと同時にイタリア籍以外の船の入港を拒むとも脅迫していた。今回の拿捕はその小手調べといったところだろうか。
もしイタリア政府が選挙前のパフォーマンスだけでなく、本気で移民受け入れを差し止めようと考えているのであれば、かなり遅すぎる観はあるが、それでもやらないよりはずっとましだ。なんにしてもこれ以上の現状維持は不可能なのだから。


Katie Hopkins on NGOs colluding with traffickers in Sicily
These economic migrants having been ferried to the island by charity rescue boats seemingly as responsive and as easy to hail as an Uber taxi after a big night out in Birmingham.
He wanted to stress that the organised trafficking of individuals had been given a stamp of approval by the former prime minister, Renzi, who agreed that the European border and coastguard agency, Frontex, could bring all migrants rescued in the Med to Italian ports.
Renzi’s decision-making has generally proven to be a disaster for the Italian economy. Debt is at 132% of GDP and unemployment remains high at 12%. Critics argue it is Italy alone that must now take accountability for the failures of its former leader.
Others are less than impressed that Europe is happy to make economic migrants an Italian problem.
The current prime minister Paolo Gentiloni is said to be ‘livid’ that other parts of Europe have refused to take a ‘fair share’ of migrants.
Katie sits on a wall daubed with anti migration graffiti spray painted in the city of Catania where migrants are delivered into the port after being collected from just off the Libyan coast
The efficiency is almost clinical. And the protection against prying eyes and the watching world is made perfectly clear. I asked how I might get access to the work of the Port Authority, or join the coastguard on their vessel. The officer told me I needed approval from Rome.
I asked him if the Pope was senior enough to make that decision and he laughed at the truth of the thing. The headquarters of the International Organisation for Migration is based there, as is the authority for interacting with the migrants.
The organisation estimates that 93,000 migrants have arrived in Italy from Libya so far this year. It is a number they can be certain of, given the level of co-ordination between the people traffickers, the rescue vessels and the Italian coastguard teams.
Save The Children’s Vos Hestia: A glorified migrant ferry to Europe?
I spoke with a press officer of Save the Children’s ship Vos Hestia, and she told me their ship does not move without direct authority from the coastguard. When I asked how they knew when to leave port, and where to rendezvous with the people traffickers, the level of authority of the Italian coastguard became clear:
Q: How does your crew know to leave this evening – who is co-ordinating the rendezvous with migrants at sea?
A: We work under the coordination of the Italian coastguard in international waters, moving closer to territorial waters only if instructed by the Italian coastguard.
Q: When does your crew plan to return?
A: We operate
To shock the world into taking notice, some members of the Italian government are beginning to talk tough.
Deputy Foreign Minister Mario Giro has threatened to release 200,000 migrants with Schengen documentation into Europe, a decision described by Mattia Toaldo, a senior analyst at the European Council on Foreign Relations, as the nuclear option.
And in its frustration, the Italian government has threatened to close its port to all non-Italian vessels.
As loud as these things have been shouted, Gefira says they are empty threats: 200,000 migrants are not grouped at the border waiting to surge into neighbouring states, which would anyway stand up their army in response; Austria has already sent 750 troops and armoured vehicles to defend its border with Italy. And, quite simply, the port is not going to close.
Quite the opposite, in fact. It turns out that when you zoom in from the long-range view on this tiny island and come face to face with the facts on the ground, the pictures of huge ships so crammed with migrants that they spill out from every deck and stairway appear monumentally different. Staggeringly so. There is no chaos or confusion.
Instead there are German levels of calm and co-ordination. There is no sign of the marauding migrants I encountered scrambling for the fence under tear gas fire at Calais.
And no forgotten dumping suburbs like those I found in Sweden, where women fear to venture out alone.
I visited the Port Authority and spoke unofficially with a senior officer at Port Augusta.
In his sparkling whites, he made it very clear the process for the transfer of migrants is protected, co-ordinated and impeccably controlled.
All ship shape, clean and tidy. The coastguard decides which port the migrants will be shipped to, the receiving bays are readied – such as these Red Cross ones in Catania – and transfers are arranged to designated migrant zones.
Katie Hopkins investigated people trafficking in Sicily. There, she found that migrants are processed with stunning efficiency. Stations like this port in Catania port, pictured, where migrants are delivered by the NGO ships are deserted as new arrivals are quickly processed and taken to other parts of Italy and into Europe


2 responses to アフリカからの違法移民密輸に加担するNGOに対抗するイタリア

アンデルセン5 years ago

お久しぶりです。
カカシさん、リンクがおかしくなっていて、Twitterや以前「お気に入り」に登録したリンクから閲覧できなくなっています。2006年の記事に飛ばされます。そして、移動できません……ブログ畑の「注目記事」から来ましたよ……
( ;∀;)
ヴァージニア州の事件について詳しい解説をお願いします。
日本ではもっぱら「傲慢な白人vs弱者・黒人」の構図で報道されていますが、あれは本当に白人至上主義から起きたことなんでしょうか。
今までの不満がたまりにたまって解決の糸口が断たれてしまった結果、爆発するための手っ取り早い口実が白人至上主義だったのではないかと疑っています(もちろん、中にはホンモノもいると思いますが……)。

ReplyEdit
苺畑カカシ5 years ago

アンデルセンさん、
Movable Type が修理中だったみたいで、数日間私もアクセスできなくてブログエントリーが出来ませんでした。ご迷惑をおかけして申し訳ないです。
明日からバージニアに出張です。

日本ではもっぱら「傲慢な白人vs弱者・黒人」の構図で報道されていますが、あれは本当に白人至上主義から起きたことなんでしょうか。

今までの不満がたまりにたまって解決の糸口が断たれてしまった結果、爆発するための手っ取り早い口実が白人至上主義だったのではないかと疑っています

では「アンティファ」なる実はファシスト暴力団が最初に暴力をふるったという話も報道されていないんでしょうね。白人至上主義団体もエゲツないグループですが、先に手を出したのはアンチの方ですからね。
それについてはご要望通り後程お話したいと思います。ちょっと出張続きなので来週以降になってしまうかもしれませんが。

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published.