ロシアへの経済制裁は得策か、欧州の立場から考える

ツイッターで欧州の立場からロシアへの経済制裁はそう簡単にはいかないという話をしていた人がいたので、こちらに引用する。著者は松尾豪さん。バイオを読むと「国内外電力市場・制度の調査を行っています。コメントは殆ど備忘録。CIGRE会員、電気学会正員、公益事業学会会員 資料・図表引用などのお問合せはgo.matsuo@eesi.co.jpまで。」とある。

私は、拙速な対露制裁について疑問を持っている。米国内の政治状況は不勉強なので言及しない。どちらかというと、私の問題意識は欧州委員会にある。 今回、ストラスブールの欧州議会に対露制裁を提案したのは、フランス・ティメルマンス上級副委員長である。彼は、「European Green Deal」担当、即ち環境政策担当である。

どうも、「再エネ導入」が目的化しすぎているのではないか。何故今日の事態を招いたのか。 社会経済を維持しながら、ロシアに対して最大限の打撃を与える方法は一体何なのかを考えるべきであるが、欧州委員会の再エネの更なる導入は論理的な解決になっているとは思えない(化石燃料大増産による資源価格低下を目標にすべきではないか?)。

再エネ導入を否定しているのではない。 短期・中期・長期の政策を一緒くたにして再エネを絶対視し、肝心のロシアへの打撃を与えることができない、目的不在の政策、戦略の不備を指摘しているのである。

もっとはっきり言いましょう。 エネルギー資源の対露制裁はロシアを利するだけです。資源価格の高騰を呼び、ロシアの販売量が減少したとしても、それを補って余りあるほどの収益を資源価格高騰で埋めることができる。西側諸国は一旦立ち止まって、本当にロシアに対する対応策を真剣に考えるべきだと。

もっと申し上げると、これは本物の戦争です。SDGs的な雰囲気が見受けられ、空気・流れで対露制裁が決まっていく風潮に大変な疑問を感じています。 ロシアが痛みを感じる制裁であるべきで、再エネ導入や資源禁輸が目的化するなど、あってはならないことです。これは人命がかかっている話です。

まったく松尾氏のおっしゃる通りなのだ。ロシアから原油を買えなくなれば、よそから買わなければならなくなるわけで、原油の供給が減る分値段が上がる。結局ロシアから買うしかない国々がその分高くなった原油をロシアから購入するためロシアにとってこの制裁は痛くも痒くもないというわけ。

では一体我々西側諸国はどうすればいいのか。それは松尾氏のいうように長期的な計画を立てて、それぞれの国が自給自足できるようなエネルギー生産に力を入れることである。ドイツにはすでに原発を再稼働させるという手立てがあり、これは今すぐにでも出来ることだ。

アメリカはバイデン耄碌爺が就任する前の、トランプ時代の生産に戻ればいいだけの話。これは明日からでも実現できる。自国でエネルギー生産可能な国はどんどん生産に力を入れるべきなのだ。そうやって原油や自然ガスの供給を増やし市場を溢れさせる。それによってエネルギーの値段は下がり、ロシアからの購入量も減り、ロシアに大きない痛手を負わせることができる。

アメリカやカナダによる原油や自然ガスの生産は、世界中にとっても良いことだ。特に貧しい発展途上国にとってはエネルギーの値段が下がって非常に良い結果を生む。イスラムテロリストを生み出す中東を無駄に肥やす恐れもなくなる。

もし左翼リベラルが本気で世界平和を望んでいるなら、世界各国が原発やパイプラインやフラッキングをすることを奨励すべきである。日本が原発再稼働をすべきなのは言うまでもない。

武漢ウイルスにしろロシアのウクライナ侵攻にしろ、自国のサプライチェーンやエネルギーを他国に依存することの危険性が我々平和ボケ現代人にも良く分かったはずだ。ここはウクライナ可哀そうという同情心だけでなく、頭を使って長期的な戦争に備えよう。


Comment

アメリカ国民を犠牲にして行うロシアへの経済制裁に反対

先日からツイッターで私がロシア人虐めは止めろと言ったことで、ロシアの芸能人やアスリートの活躍を停止させるのはロシアへの経済制裁の一つだから正当だという意見が目立った。私がそんなことしてもプーチンには痛くも痒くもないぞというと、じゃあカカシさんは西側諸国によるロシアへの経済制裁には反対なんですかと聞かれた。

カカシ:ロシアへの経済制裁は歯がない。ロシアからエネルギー買い続けてたら、どれだけロシア市民を苦しめるても意味がない。プーチンを力づけてウクライナ侵攻を招いた欧米が今更聖人面してロシア人を責める資格なんかないと言ってるんだよ。

1ボスミン👍@peacebearjp:国会答弁じゃないんだからさ。まずは、Yes、Noで答えてから理由を述べなよ。あなたの意見は分かりました。
「アスリート等の参加拒否はおかしい。」
「経済制裁もダメ。」
「解決は外交のみ。」
筋は通ってますね。
そんなファンタジーな世界が来るといいですね😂

国会答弁ではないが、この問題はそう簡単にイエスかノーかで決められることではない。しかしそうこうい言っているうちにバイデン大統領はロシアからのエネルギー購入を一切やめると発表した。

私は元々ロシアのパイプライン制裁を続け、国内パイプラインの建造とシェルオイルの生産を継続して、エネルギーに関しては輸出国になっていたトランプ時代に戻るべきだと主張してきた。ロシアに原油や自然ガスを依存するなど愚の骨頂だと言って来た。だからロシアからのエネルギー輸入を一切やめるとう政策には賛成だ。

が、しかし、じゃあ足りなくなったエネルギーをどうするのだ?

バイデンは国内での生産を許可していない。法律上禁止してるわけではないが、国内の石油産業が利益をあげられないような厳しい規制をかけたまだ。では足りない分をどこから買うのか?バイデンはイランやベネズエラから購入するなどとバカなことを言ってる。

ロシアが悪だというなら、イランやベネズエラなんかもっとひどいじゃないか!イランは核兵器を開発中だ。イランに金をもうけさせたら必ずや核兵器を完成させ、その暁にはイスラエル攻撃が始まる。ベネズエラは支配階級の私腹を肥やして国民を餓死させるような国だ。そんな国の政府に金を渡してどうする? ロシアのウクライナ侵攻を辞めさせるためと言って、イランのイスラエル攻撃を奨励してたら全く意味がないではないか?

ジョー・バイデンは自分の悪政でアメリカ国内のガソリンの値段が高騰していることの責任を取りたくない。だからウクライナ・ロシア紛争で騒ぎ立てて、あたかもガソリン高騰やインフレはすべてロシアのせいだと言わんばかりの口ぶりだ。

今日の演説でバイデンはアメリカ国民に犠牲を訴えた。ウクライナの自由を守るために我々は多少犠牲を払わなければならないというのだ。でも何故だ?何故ウクライナのために我々が犠牲になる必要があるのだ?ウクライナがアメリカに何をしてくれた?そりゃバイデン一家はウクライナから莫大な賄賂をもらってるかもしれないが、一般アメリカ人にはウクライナなんて全く無関係な国だ。

ウクライナ人がロシア人に殺されていいと言ってるわけじゃない。だが他所の国の紛争に我々が口をだすべきだというなら、中国が香港を侵略し香港の自由自治を破壊した時にバイデンや民主党議員たちの間から中国を制裁すべきだという意見が全く聞かれなかったのは何故だ?お隣のカナダでフリーダムコンボイの指導者たちが逮捕され銀行口座を凍結され人権を迫害されてるときに、なにひとつ批判しなかったのは何故だ?

今カリフォルニアではガソリンが1ガロン8ドルになろうとしてる。もちろん日本や欧州に比べればまだ安い方ではあるが、トランプ大統領の時代には3ドルそこそこだったことを思うと、たったの一年で二倍半の値上がりだ。カリフォルニアは車社会で車なしでは何処へも行けない。ガソリンの値上がりで一番被害を受けるのは低所得者層だ。それにガソリン代が上がれば輸送量が上がるから物の値段も高騰する。食料の値段が上がって困るのも下級層である。

アメリカはバイデン政権になってから40年来のインフレになり、都市部の犯罪率が何十年ぶりかの高さとなっている。国境はがばがばで違法移民が何百万人と入り込み、周り中の公演がホームレステントでいっぱいだ。こんな時期に東欧の数週間前まで地図のどこにあるかもしらなかった国のために、その背景や歴史や紛争の理由すらわからない国のために、我々アメリカ人が1ガロン8ドルのガソリンを払わされることの理由をちゃんと説明してほしい。どうして我々がそんな犠牲を払わなければならないのかちゃんと教えてほしい。

このままガソリン代が1ガロン10ドルとかになったら、私は今の職場まで通勤することが困難になる。持ち家を売って職場近くにアパートでも借りるしかない。いや、早々に引退して、もっと物価の安い州に引っ越す必要もあるかもしれない。もっとも今の仕事を辞めても、引っ越し先で就職する必要があるだろう。インフレがこれ以上ひどくなるなら、(民主党が政権を握っている限りひどくなるだろうから)年金だけで食べていくのは先ず無理だろう。

だからね、ボスミン君、ロシアへの経済制裁に私が賛成かという質問の答えをはっきり言おう。

否!

経済制裁には反対だ。


Comment

ロシアのウクライナ侵攻で露呈する西側諸国の偽善

当然のことならが独立国家であるウクライナを侵略したロシアに非がある。どんな歴史的な背景があるにしろ、プーチンのウクライナ侵攻を正当化するものはない。しかし私はこのことに関する西側諸国の過度なロシア人差別に腹が立っている。いかにも自分らは正義感に満ちた崇高な国々であるという態度を示すために無関係なロシア人たちを虐待して憚らない姿勢には憤りを感じるのだ。

例えば「ロシア出身ソプラノ歌手のアンナ・ネトレプコ、メトロポリタン・オペラの公演を降板」とか、「北京パラリンピック“除外”ロシア選手ら帰国の途に」なんて記事を読むと、なんでだよと思ってしまうのだ。

それでその旨をツイッターで「ロシア人だというだけでオペラ歌手やバレリーナやアスリートが出場できなくなるってのはおかしくないか?プーチンのやることに彼らは関係ないじゃないか?」とつぶやいたところ、ロシア人は差別されて当然だという反論が殺到して非常に驚いている。

プーチンひとりかやってるんじゃないよ。ロシアという国がやってるんだから。仕方ないよ。(日本政府が悪政を働いたとしたら、日本人が差別されてもいいのか?)当然じゃないか。 日本人としては、日本政府の間違った政策を変えさせるのが先だと思う。 その政策で他国に迷惑をかけてるんだから。当たり前だと思うけど。ー @beautif64133360

国民として連帯責任があるでしょ。独裁者野放し @pico_trillReplying

ロシア人にプーチンの悪行を知ってもらうにはいいと思うし、プーチンを止められるのはロシア人しかいない。曲がりなりにも選挙で選んだんでしょ?ロシア人に責任があるとしなければ誰に責任があるんだよ?プーチンに制裁加えられないから、代わりに誰に、って聞いてるんじゃないのか? お前も重症だな。ー@nRmUwnzk0N9FNa

目的はこの人達を閉め出す事ではなく ロシア国民にいかに世界が怒っているか分かってもらう事ではないでしょうか? 今、ロシア国民だけがこの蛮行を止める力を持っています。 成功するかはおいといて、武力を使って相手を屈服させるより優れた方法だと思います。-安蔵八十吉@AnzoYasokiti

ウクライナ人と言うだけで、幼子が亡くなったり、たくさんの人々が荷物をまとめて家を出て避難しなければならなくなるって、悲惨なことではないか? プーチンが侵略しなからではないのか?ななしのしんちゃん@Ua1qYSI0Fae4kIt

プーチンを選んだ責任を取ってもらうのは当然。本来なら全員捕虜で尋問かけてもいいのに、お情けで解雇に留めているのがわからんのか 山岳poteto@Non_darwinism

プーチンの非道に腹を立てるのは当然ではあるが、ロシア人と言うだけで差別されたり迫害されたりしても当然の報いだと考える精神を現代人が持っているということに私は西側諸国の偽善を感じる。

これまで人種差別はいけない、どこの国の出身者でも同じ人間としてその人権を尊重しなければいけないと言っていたひとたちが、一旦この国は悪者だと決めたら、その国の国民は個人的に国の方針とどうかかわっていようと無関係に差別していいというその精神がおかしい。それに気付かない人が多くて本当に驚いている。

トランプ大統領が、アメリカに敵意をあらわにしてテロ行為をしたこともある国々からの移民を制限すると発表した時、トランプ大統領を「人種差別者!」と言って非難した人々が、ロシア人への差別は構わないと言えるその神経。アメリカの安全を直接脅かしている国々からの移民は無制限に受け入れろといいながら、アメリカに直接危害を加えていない国の人々を差別してもよいという理屈はどこから来るのだ?

武漢研究所からウイルスを垂れ流して全世界で何十万という人々を殺戮し、世界中の経済をハチャメチャにした中国に対して何の制裁もせず、挙句の果てにオリンピックまで開かせて自国の選手団を送り込みお祭り騒ぎをやってた西側諸国が、何故自分らに直接関係ないよその国を攻めたロシアだけ責めるのだ?

それをいうなら、元はと言えば西側諸国が自国のエネルギー生産を環境汚染が怖いからとやめて、ロシアからのエネルギー輸入に依存してロシアの軍事資産を増やし、外交的にも強いことが言えなくなったことが今回のロシアのウクライナ侵攻ではないか!もし責任があるとしたら、一介のロシア市民ではなく、西側諸国の愚策にこそ責任があるのだ。その責任を棚にあげて無関係なロシア人を迫害してどうする?ロシア市民を苦しめることによってプーチンの気が変わるだ?独裁者のプーチンがロシア市民の苦しみなど少しでもきにかけると思っているのか?全くバカバカしい。

こういう風に同じ国出身だからというだけで差別をするという精神が、第二次世界大戦中に日系人が財産を没収されて収容所送りになった原因だ。少なくとも当時は日本はアメリカと戦闘状態にあったので、感情的にも政策的にも同意はできないが理解できないことはない。しかし今のロシアは、直接西側諸国と戦争状態にあるわけではないのだ。やたらにロシアを追い詰めれば、それこそ第三次世界大戦へとつながる危険性がある。

ロシアが悪いには違いないが、ロシアへの圧力は気を付けないと大変な結果を巻き起こすのだということもきちんと考慮すべきである。

こんな時になんでバイデンが大統領なんだ。いや、バイデンだからなのか。


View comments (4)

テキサス州、息子を無理やりトランスジェンダーに洗脳する前妻に親権を奪われた男性がテキサス州下院議員に立候補、大学での講演で暴力的な活動家たちに邪魔される

2019年に当時7歳だったジェームス・ヤンガーという少年が母親に洗脳されて女子として育てられていることに抗議した父親が、共同親権から単独親権を獲得しようと裁判を起こし敗訴した話は拙ブログで何度か紹介した。背景は下記を参照のこと。

7歳の息子のトランス化を強制される父親 - 単独親権を求めていた陪審員裁判で敗訴 – Scarecrow in the Strawberry Field (biglizards.net)

息子はトランス女子だと言い張る母親の意志に反し、男子として学校に行く決意をした7歳児 – Scarecrow in the Strawberry Field (biglizards.net)

最後にこの話を聞いた時、結果的に父親のジェフェリー・ヤンガーは親権を母親に取られたが、息子の性転換治療に関しては父親に拒否権があるということで一応決着がついたことになっている。

しかし未だに息子のジェームスはルナという名前で小学校でもドレスを着せられており、父親が面会の際にも子供を男子として扱うことが禁じられており、キリスト教の教えを説くことも出来ないという。かろうじてジェフェリーに可能なのは、不可逆的な化学的去勢とエストロジェン投与を防ぐことだけだ。

そのジェフェリー・ヤンガーが去年テキサス州の下院議員として共和党から立候補した。彼の一番の目標は児童へのトランス治療を違法とすることだが、家庭裁判所の改正も必要だとしている。テキサス州では先日アボット知事が、子供の化学去勢は児童虐待として扱うと宣言したばかりだが、実際法律上どのようになっているのかはちょっと複雑でわかりにくい。

昨日ヤンガー氏はテキサスのノーステキサス大学で、児童へのトランス治療に反対する講演をするはずだったが、会場に観客として潜入したトランスジェンダー活動家の学生たちが机を叩いたり「くたばれファシスト」と大声で叫んで講演を阻止。警備の警察によって退出したが、会場の外で主催者たちを待ち伏せして暴力行為に及んだ。主催者の一人の女子学生は物置に隠れて暴徒から逃れるという場面すらあった。

ヤンガー氏によれば、息子のジェームスは1歳半の時に女の子のおもちゃを好んだという理由で母親から自分は女の子なのだとずっと言われ続けたのだという。そしてたった一回の精神カウンセラーとの問診でジェンダークリニックを紹介され、そこですぐに性転換治療を始めるように勧められたのだという。

私は最近ユーチューブで2歳半の男の子がお爺ちゃんと夕飯時に話をしているチャンネルをよく観ているのだが、その会話はとてもかわいらしく愛らしい。しかしなにせ2歳半のいうことだから意味をなさないことも多い。この間も去年のクリスマスの時のビデオが上がっていて、お爺ちゃんが「サンタさんに何をお願いしたの?」と聞くと「森林パトロールカーとお、電池とお、、お月様!」と答えていた。そしてまだおむつもとれていない。

サンタさんにお月様をお願いするような子供に自分の「ジェンダー」が何かなど解るはずがない。そんなのは常識で考えれば誰にでも明白なはずだ。だが常識が通じないのがトランスジェンダリズムである。

甲南大学のトランスジェンダー映画

お話変わって日本での出来事。先日甲南大学で女子トイレに入った「トランスジェンダー女子」(女装男子学生)に関して、SNSで多くの苦情が上がったということに監視、同大学の活動家たちが差別をやめさせるという名目で15分ほどの映画を制作発表した。

こちらがNHKの記事。放送ビデオもついている

心と体の性が一致しないトランスジェンダーへの偏見やSNSでの悪質な投稿による人権侵害を防ごうと、県内の大学生が動画を制作しました。

トランスジェンダーに対する偏見をなくそうと、動画を制作したのは甲南大学の学生の有志5人です。
28日は、大学内の会場とオンラインで動画の披露試写会が開かれ、あわせておよそ70人が参加しました。
およそ15分の動画では、大学の女性用トイレを使用したトランスジェンダーの学生が「身体が男なのに女子トイレに入るな」などと投稿をされ、思い悩む様子が描かれています。
その上で、SNSでの誹謗中傷や差別的な書き込みは重大な人権侵害で、投稿前に傷つく人がいないかやどんな影響をもたらすかをよく考えるよう呼びかけています。
脚本などを担当した甲南大学4年の田中優奈さんは「トランスジェンダーの当事者とそうでない方がお互いを理解し合い、本人が望む性別で生きることができる世の中の促進につながればと思います」と話していました。

この映画もそしてそれを報道する記事でも、大学側は本人がトランスジェンダーだと名乗りさえすれば、女装男が女子トイレにはいても良いと言う姿勢なのかについて全く説明がない。

日本の法律では施設経営者の意図と反する理由で建造物を利用した場合には建造物侵入罪に問われることになっているが、もし学校側が女装男の女子トイレ使用を認めているというのであれば、女装男に遭遇した女子たちからの苦情をどのように対処しているのかはっきり学校側に問いただす必要がある。

女子学生から「体が大人のに女子トイレに入るな」と投稿されたということは、この学生は男性だと女子たちには明らかだったということになる。女装男がトランスが痴漢かが解らない以上、女子たちが苦情を言うのはあたりまえで、それをSNSで書いたからといって、それは差別でも誹謗中傷でもない。その女子たちの当たり前の反応を差別と言って、女子たちの言論を弾圧しようとするこの映画は全く非道である。

何が「お互いを理解し合い」だ!映画製作者たちは性被害に遭った女子たちの気持ちなどまるで理解しようとしていないではないか!

今の日本には男子が女子施設に入ってはいけないという法律がない。今後こういうことが起きないように、いまのうちに男子が経営者の許可(清掃、警備、修理など)なく女子専用施設に入ることは性犯罪とみなされるという法律を通した方がいい。今のように経営者の判断に任せておくと、それは差別だといって訴訟を起こす奴らが出てくるのは時間の問題だからだ。


View comments (2)