人権擁護法カテゴリーを新しく建設しました。海外における人権擁護法の悪影響や日本が海外から学ぶべき情報を特集しておりますので御覧下さい。*
瀬戸氏のところで、人権擁護法が日本でも浮上しているというお話を読んで、これは由々しき問題だと感じている。私は瀬戸氏の考えには100%同意しているわけではないが、この法律が人権弾圧に悪用される恐ろしい可能性を持つ法律であるという点には全面的に同意する。
日本よりも一足先に人権擁護法を適用したイギリスやカナダでは人権擁護法がイスラムテロリストや犯罪者によって悪用され、善良な一般市民の自由が迫害されているという話を私はこのブログでも何度かしてきたが、今回はイスラム過激派によって生活を台無しにされたイギリスの保守派ブロガー、ライオンハート(Lionheart)の話をしたい。
イギリスといえば、日本やアメリカと同じで自由な国であるはずだ。言論の自由、特に政治的な意見を述べることは国の法律が保証しているはず。誰も命の危険を感じずに思ったことがいえるのが自由主義国の特徴のはず。だが、イスラム過激派に乗っ取られつつあるヨーロッパ諸国では、いまや命の危険を感じずにイスラム批判をすることは出来なくなった。これらの国の政府は人権擁護法を使って命を狙われる市民の身を守るどころか、イスラム批判をする人間を「憎しみや暴力を煽る」という罪でかえって法的に罰するというひどい状況が起きている。日本も今、人権擁護法案が検討されているが、このような法律が適用された場合、これが市民の自由にどのような悪影響を及ぼすか、自由を愛する市民の皆様に肝に銘じていただきたい。
ライオンハートの実名はポール。彼はイギリスのルトン(Luton)の出身だ。このルトンという町は最近パキスタン系イスラム教移民やアルカエダ系の暴力団が多く住み着くようになり、麻薬売買や売春などが蔓延する非常に柄の悪い町と化してしまった。7/7のロンドン地下鉄テロの犯人たちもすべてルトン出身。ルトンには自爆テロを育てるような過激聖廟がいくつかある。
ポールは自分の住む町がイスラム系暴力団に乗っ取られていくのを憂いて、その暴虐の実態を記録し、警察に協力して麻薬販売者を逮捕する手伝いをしたりしていた。しかしポールによると腐敗した警察の内部からポールの本名が情報提供者としてイスラム系暴力団に暴露されてしまったという。
命を狙われはじめたポールは住処を追われ隠れ身となった。そしてポールは自分の身に起きた話を多くの人に読んでもらおうとブログを書きはじめた。これがイギリス警察にいわせると「憎しみと暴力を煽る」行為だというのである。
チェスラークロニクルのフィリスが行ったポール・ライオンハートとのインタビューによると、ポールは現在31歳。逮捕を目前に控えて、友人を通じてイギリスでも指折りの腕のいい弁護士を紹介してもらったという。またアメリカの弁護士も相談に乗ってくれているという。

フィリス: イギリスでは他のブロガーでこういう目にあったひとはいるの?

ポール: いや、ブロガーでは僕が初めてです。
フィリス: いったいあなたは逮捕されるようなどんなことを書いたの?
ポール: 僕は自分が住んでいるルトンとダンスタブル(Dunstable)のなかにある大きなパキスタンイスラム系居住区で起きている現場の様子をこと細かく書きつらねました。ルトンはご存じのように7/7自爆犯人の出発点で、国際イスラムテロリスト非常に多くのつながりがあるのです。僕はそのことについてブログに書きました。
僕は市街を仕切っている麻薬密売暴力団から命を狙われたため逃げなければなりませんでした。知り合いが僕の経験を書き留められるようにとブログを設置してくれました。それ以来僕は住所不定になり図書館や友達のインターネットを借りてブログを書き続けているのです。
フィリス: 「人種差別」の告発の背後にいるのは誰ですか?どうしてイギリス政府がその告発に対処することになったのですか?
ポール: 僕には全くわかりません。でもそのうちに明かになると確信しています。この「人種差別」告発は僕を黙らせるために利用されています。僕は僕をよく知っていてこの告発がどれだけ馬鹿げたものかを反論してくれる多人種の友達をいくらでも紹介することができます。僕の親友の一人は黒人です。僕にはユダヤ人の友達がたくさんいますし、僕はイスラエルのために命をかけることだってできる。オマー・バクリとアム・ハムザ(7/7事件の犯人)事件に関わったグレン・ジェニーも僕を応援してくれてます。
フィリス: ユダヤ人嫌いや反ユダヤ差別が人種差別だと理解しているなんて新鮮だわ。あなたはこの戦いには何がかかっていると思う?
ポール: 僕の自由、僕の命、僕が自分の身に個人的に何が起きているのか、僕の町で、僕の国で、そして文明社会で、西側諸国に仕掛けられたイスラム教聖戦について真実を語る自由です。さらに文明社会全体がかかっています。イスラム世界はユダヤ人種や西側諸国の完全破壊を唱えているのです。

にも関わらず、イギリス警察は西側社会を崩壊せよと唱えるイスラム過激派やイギリス国内の安全を脅かす当のイスラム暴力団を野放しにしてその悪行を暴いているポールを逮捕しようというのだから本末転倒だ。ポールはイスラム過激派が西洋社会を破壊し世界支配をしようとしていることは明らかであり、自分らの世代が戦わなければいったい文明社会の将来はどうなってしまうのだと問いかける。
ところで、ポール自身がニオナチだという噂がアメリカのブログ界でひろがった。その原因はポールが英国ナショナル党(BNP)というニオナチグループに同情的な意見を書いたことが何回かあることだ。確かに過去ログのなかにはBNPを支持するようなエントリーがあるにはある。ポールにいわせるとBNPはニオナチではないという考えらしい。彼自身はナチスを嫌っているし自分のブログにはキリスト教の十字架とユダヤ教のデイビッドの星を並べて「連合!」と書かれているくらいだから、彼自身がニオナチということはないと思う。しかし人種差別を糾弾する立場の人間が人種差別を売り物にしているようなグループと交友関係をもっているというのはちょっと問題だ。誤解を受けるようなエントリーがあったことも十分反省の余地があるだろう。
しかし仮に彼がニオナチでも、だったら彼の言論の自由は迫害されてもいいという理屈にはならない。ポールはイスラム教徒を一斉に狩出して皆殺しにしてしまえ、などと言ったわけではないのだ。実際に自分の住む地元でイスラム系暴力団によってどのような犯罪がおかされているかを暴露しただけなのだ。これがなんで「憎しみや暴力を煽った」などという罪になるのだ?「ニオナチのブロガーの身に起きたことだからどうでもいい」などと考えていると、次の逮捕状は我々に送られてくるかもしれないのだ。
人権擁護法などという法律が、本当に人権擁護になど使われた試しはない。どこの国でもこの法律が取り入れられると人権擁護と称した自由弾圧と人権迫害に悪用されるだけなのだ。イギリスしかり、カナダしかりである。
日本にはイスラム教テロリストなどいないから関係ないなどと考えるならそれはとんでもない思い違いだ。日本にも中国や東南アジアの暴力団関係者がいくらも入ってきているではないか。もし外国人暴力団によって脅かされている地元の日本人が地元の状況をブログに「うちの近所では中国系暴力団の経営する風俗店で麻薬売買が行われている。」とか「中国人らしいやくざな男たちが町を歩き回り、婦女子は恐くて通りをあるけない」などと書いたら、中国人に対する人種差別、「中国人への憎しみと暴力を煽る行為」といわれて告訴されるなどというシナリオは人権擁護法の下では十分にあり得ることなのである。
こうした西側諸国の前例から日本の人々もよく学んでいただきたいと思う。
人権擁護法断じて反対!
関連エントリー:
カナダ:イスラム批判は人権迫害? 
カナダ:イスラム批判は人権迫害? その2
人権保護という名の言論弾圧


12 responses to ここまで来たイギリスの人権擁護法:イスラム批判で保守派ブロガーに逮捕状!

閣下の憂鬱14 years ago

大悪法「人権擁護法案」阻止へ向けて

このところ人権擁護法案成立に向けた古賀・太田らの動きが活発になって来ていますが、その実態はこれまで何度も取り上げた通り「人権弾圧法案」であり、そのバックには悪名高い部落解放同盟が暗躍しています。万に一つでもこの法案が成立するような事が有れば、日本は支那の..

ReplyEdit
アレン14 years ago

カナダと言えばマーク・スタインばかりかかなり前の例のあのカートゥーンをウェスタン・スタンダドという雑誌に掲載したエズラ・レバントという人がスタインと同じ目に遭い、過激なイマムに告訴されて人権裁判所へ行くことになったそうです。彼は自分のブログに成り行きなどについて書いたり吊るし上げ内で撮ったビデオをアップしたりしましたがよければお読み下さい。こちらです:http://ezralevant.com/ 。
万一、エズラ・レバントなどのような人が西洋のDhimmi化を止めることができるでしょうか。

ReplyEdit
アレン14 years ago

あ、もちろんカカシさんも大きな役割を果たしていらっしゃいますよね。

ReplyEdit
scarecrowstrawberryfield14 years ago

アレンさん、
サウジアラビアの富豪の麻薬取り引きについて暴露したアメリカの作家がイギリスの法廷で名誉毀損で訴えられるという事件もありましたね。イギリスでは真実であるということは名誉毀損の弁護にならないそうです。アメリカならこちらのいってることが本当なら名誉毀損としては成り立ちませんよね。
私みたいな零細ブログではたいした影響力はありません。でももし私のブログが人気が出始めたら、身辺の安全には気をつけないといけないかもしれないですね。恐い世の中です。
カカシ

ReplyEdit
In the Strawberry Field14 years ago

人権擁護法の恐ろしさ! 日本人よカナダに学べ!

日本生まれ日本育ちのカカシより日本語が上手なアメリカ人コメンター、アレンさんがカナダで起きている人権擁護法の悪用に関する非常に貴重な事件を紹介してくれた。これをみていて、この法律がどれほど恐ろしいものであるか、是非日本の皆さんにも知っていただきたいと思ったので掲載する。 以前にカナダの政治評論家で作家のマーク・スタイン氏の記事を掲載したマクリーンという雑誌が人権擁護委員会によって起訴されたという事件を紹介した。この委員会によってひどい目にあわされているもう一人のコラムニストがいる。この人はエズラ・レ…

ReplyEdit
scarecrowstrawberryfield14 years ago

カカシが文中で引用したフィリス・チェスラーという人は、例の左翼レズビアンフェミニスト小山エミによると、非常に過激派のフェミニストなのだそうだ。

苺畑カカシさんのブログを読んでいたら、ムスリム批判の文脈でフィリス・チェスラーを好意的に引用していたのでぶっとんでしまいました。チェスラーは70年代に大きな影響力を持ったラディカルフェミニストで、カカシさんの基準で言うと確実に「女性優遇論者で個人主義否定のジェンダーフェミニスト」に含まれるはずです…911事件のあと強硬なイスラム教批判者となった人です。もともと極端な家父長制バッシングをしていたのが、「イスラム教こそ最悪の家父長制的文明だ」とばかりにイスラム教バッシングに置き換わっただけなんですね。…

 つまりカカシさんは、本来なら彼女がもっとも批判する対象であるはずのラディカルフェミニストであるチェスラーを、ただ単に「反イスラム」という共通項のみにおいて好意的に扱っているわけです。

ラディカルフェミニストなら女性にとって一番の敵である過激派イスラム教を糾弾するのは当たり前。自分は女性救済が目的だといいながら女性弾圧の最たる過激派イスラムを全く攻めない「リベラルフェミニスト」のほうこそ偽善者である。
すくなくともチェスラーは自分の信念を貫き通している女性ではないか。左翼レズビアンフェミニストもチェスラーの爪の垢でも煎じて飲むが良い。
私が嫌いなのはラディカルフェミニストではなく、女性救済とは建前だけで自分らの左翼主義促進以外に興味のない偽善者フェミニストたちだ。彼女たちが自分らをリベラルと呼ぼうがどうしようが興味はないね。
カカシ

ReplyEdit
デイリー 注目ニュースは14 years ago

人権擁護法 デモの話題です

ちょっとした雑学になるかな? 結構知らないことってあるものですね。 こんなこと知ってると、話が弾むかもしれませんよ。 そんなあなたには、こちらの話題で>>> それっ。 明日、人権問題等調査会が開催されます–太田誠一会長に意見を!つまり人権擁護法案の推進..

ReplyEdit
たまきの日記14 years ago

人権擁護法案

人権擁護法案についてですが、
この法案が成立すると、
◇銃器を扱う
◇暴力行為
◇生物が死ぬ
◇性的発言、行為
◇同性愛
などが規制ぅ

ReplyEdit
In the Strawberry Field14 years ago

言論の自由とは何か?

私が使った「私生児」という言葉が差別用語なので使わないようにと「警告」するコメントを読んでいて、言論弾圧とはこのようにして始まるのだなと今さらながら実感した。 私はコメントのなかで、『たとえ、この言葉を私が悪意によって他人の気持ちを傷つけるために使ったのだとしても、私にはこの言葉を使う権利があります。それが言論の自由というものです。』と書いたが、これは言論の自由を語るにあたり非常に大切なことなのでもう一度明確にしておこう。 言論の自由とは特定の政府が市民に与える権利ではなく、我々個人が元来持っている…

ReplyEdit
In the Strawberry Field14 years ago

イスラムの横暴に腰抜けなイギリス協会

The English version of this entry can be read here. 最近イギリスにおけるイスラム教徒の暴挙は目に余るものがある。彼等の暴挙は暴力的な犯罪のみならず、彼等がイギリス政府に要求する理不尽な特別扱いにある。しかしこの状況をみるにつけ、私はイギリスの問題はイスラム教徒にあるのではなく、イギリスの国教のイギリス協会そのものにあるのだと考える。 英国には国教というものがある。多くのイギリス人がこの国の協会による教えを道徳的な基準として仰いでいる。イギリス帝国…

ReplyEdit
In the Strawberry Field13 years ago

過激派イスラム教徒に蝕まれる英国警察

先日放送協会へ訴えられていた英国のチャンネル4制作部は、訴えが棄却され、訴えていた英国警察側が制作部に謝罪と慰謝料を要求されるという出来事があった。 訴えられていたのはチャンネル4で、英国内の聖廟における暴力的なお説教を暴露したドキュメンタリー「Undercover Mosque(聖廟覆面捜査)」の制作部のメンバー達で、訴えていたのは聖廟のある地元警察の、 ウエストミッドランド警察とクラウン検察署(West Midlands Police and the Crown Prosecution Serv…

ReplyEdit
In the Strawberry Field6 years ago

イスラム教ギャングに乗っ取られたイギリスの町、何千と言う少女たちが十数年に渡って強姦され続けている!

もう数年前になるが、2008年に私はイギリスに住むライオンハートというブロガーの話をしたことがある。彼は自分の住むイギリスの町がイスラム教徒暴力団に牛耳られて地元の婦女子が無理やり売春させられたり、麻薬売買の巣窟になっていくのを憂いて、それについてブログに書いていたところ、イギリスの人権擁護法という悪法のもとに逮捕されてしまった。 地元の政治家や警察はモスレムギャングによる少女(若い子は12歳くらいから)強姦が普通になっていることをイスラム教有権者の票を失うことを恐れて黙認してきた。警察も暴力団と癒…

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *