前々から私は左翼たちのお惚け作戦について何度も書いてきた。彼らは本当のことを明かさない。彼らの真の目的は我々が考えるより、ずっと悪質で陰湿なものだが、我々がそれを暴露すると、あたかも我々の方が被害妄想狂の陰謀論説者のように言って話をそらす。だがそうそういつまでも、彼らのお惚け作戦は通用しない。

本日のワシントンポストに掲載されたこのオピニオンピース、マリー・アメリア・ジョージ著のOpinions | False claims of protecting children are fueling anti-trans legislation(子供を守るという虚偽の訴えで反トランス立法が煽られる)も左翼典型のお惚け議論である。だが、先日のWiSpa事件後、彼女の論説はかなり空しく感じる。

この論文は要するに子供を出汁にして反トランス法律を作るのは止めろという要求だ。常に「子供のことを考えろ」と言って左翼アジェンダを押し付けてくる左翼が今更何を言ってんだといいたいとこだが、一応彼女の言い分を聞いてみよう。

ジョージによると、過去6か月間にわたってなんと250ものトランスジェンダー権利を制限する法律が発案されたという。しかもそのほとんどが若者を対象にしたもので、トランス女子のスポーツ参加や未成年へのホルモン治療を規制するものがほとんどだという。4月にはアーカンサス州で未成年トランスジェンダーへのジェンダーアファーミング治療(本人が言う性別を認めるという治療)が禁止された。同じような法案が他13の州で提案されている。

Schuyler Bailar et al. standing in front of a crowd posing for the camera: Parade marshals line up as they prepare to march during the Brooklyn Liberation's Protect Trans Youth event at the Brooklyn Museum on June 13 in New York City.© Michael M. Santiago/Getty Images Parade marshals line up as they prepare to march during the Brooklyn Liberation’s Protect Trans Youth event at the Brooklyn Museum on June 13 in New York City.

これらの法律は無防備な子供たちを守るために必要だとされているが、実はそうではないとジョージは言う。

医師は子供が思春期になるまで医薬治療は施さないし、その時でも完全に可逆的なホルモンブロッカーを処方するだけだ。トランスジェンダーは普通18歳になるまで手術を受けることはできない。なぜならトランスジェンダーの若者は最低限の治療でも多大なる効果を得られるからで、主流な小児科医や精神科医会では子供への治療を制限することは危険であるとして反対している。しかし法律家たちは子供を守るためという論説に頼っている。なぜならこのやり方は過去にLGBTQの権利を制限することに成功しているからである。

思春期になるまでとジョージは言うが、その年齢は子供によっては10歳から13歳くらいの幼い年齢である。しかもブロッカーは一旦受けたら元に戻すことは出来ない。幼いうちに性違和を感じる子供の90%以上が思春期を過ぎると違和感を持たなくなるのに比べ、第二次性徴期を停止するブロッカーを接種した子供は100%性移行に進み、途中で辞めて元の性に戻ることはない。一旦これを始めたら逆戻りは不可能なのである。またジョージのいう「治療による多大なる効果」とは何なのか?子供が異性であるという思い込みが強まるという意味なら、それが子供にとって良いことだと言えるのだろうか?

ここでジョージは1970年代から現代にいたるまで、いかに保守派が子供たちのためといってLGBTQの権利を制限してきたかを語る。しかしLGBTQ権利を守るという法律が子供に害を与えるという保守派の考えは間違っていたのだろうか?それを一つ一つ吟味するのは大変なので最近のトランスジェンダーに関するものだけ考えてみよう。

LGBTQ権利反対派は子供を守るためという訴えをトランスジェンダー権利と闘うためにも使っている。2000年代に州や市で性自認反差別法が通り始めると、保守派たちは変態が法律を悪用して性別を区分けした空間に入り込んでくると抗議した。フロリダ州のゲインズビル市そしてミシガン州のカラマズー市が性自認保護法を提案した時、保守派はテレビコマーシャルで、長いブロンドの少女が公園の女子トイレに入っていく後ろを怪しげな髭男が就けていく姿を流した。テレビ画面には地元政府の法律がこの男の行動を合法化すると字幕が流れた。しかし、このCMは説得力がなく過半数の市民は反差別法に投票した。

トランスジェンダー権利の波を変えるために、反対派は子供を守る訴えをさらに強めた。2012年、アンカーレッジの性自認保護法を撤回させるために、保守派は漫画でピンクのドレス着て真っ赤なハイヒールを履き、派手な化粧をした男を描き、この男が「キャロルの保育園」での就職を申し込む姿を描いた。この法律によってトランスベスタイド(女装男)が幼児の世話をするのを拒絶することができないとナレーションが入った。

トランスジェンダーと似た言葉である侮辱的なトランスベスタイドという言葉を使うことにより、この件について良く知らない観客にこの二つのカテゴリーを混乱させることが目的だった。アンカーレッジの有権者はこのCMに動かされ、市の州辞任保護法を撤回することに投票した。ヒューストン市や他の郡でもこのやり方は成功した。

ジョージはトランスジェンダー権利の拡大したいと思っているから、保守派のやり方に腹を立てるのは解る。だが、彼女が出したこれらの例で、保守派達の言い分は間違っていたのか?つまり、保守派たちはトランスジェンダーに関する偽りの表現で有権者たちを騙したのだろうか?

髭面男が公園の女子トイレに入るコマーシャルだが、先日のWiSpaの件ではっきりしたように、性自認のみの性別を法律が認めた場合、本人が主張する方の施設への立ち入りが許される。ということは公園で金髪の女児が女子トイレに入った後に、髭面変態男が女子トイレに入るのは合法だ。このコマーシャルに偽りはない。

けばけばしい化粧をしたトランスベスタイドが保育士になるというコマーシャルにしても、すでに全国各地の図書館で幼稚園児相手にケバケバ化粧のトランスベスタイド(ドラアグクィーン)が幼稚園児にポルノまがいの絵本を読むイベントがいくらも繰り広げられているではないか?しかも彼らの中には幼児性愛犯罪者も含まれていたのだ。性自認保護法が合法ならこういう奴らが保育園で働くことを拒否できなくなるという保守派の論説に偽りはない。

保守派活動家の議論はすでにトランスジェンダー権利は抜け穴を悪者が悪用するというものではなく、1970年代と1980年代に使われた反LGBTQ権利の議論の応用となっている。保守派は子供たちが親や友達からトランスジェンダーになるように圧力をかけられているとし、大人が性移行を阻止すれば、トランス自認など自然になくなると主張する。

これはクィアー自認が阻止できるという根強く残った誤った前提からくるものだ。しかし医師たちは、子供たちにとって最善なのは専門家の管理のもとで子供たちに性自認や性移行を自由に探検させることだとしている。子供たちに性移行の可能性を見せないことは子供たちの恐怖症や鬱になったり、自殺の危険性を高めるものだとしている。

保守派には子供を出汁にするなと言って置いて、自分はトランス権利拡大のために、子供へのトランス治療を止めると子供の精神状態を悪化させ自殺に追い込むと脅して十分子供を出汁に使っているではないか。

ジョージのいう「医師たち」が専門家なら別の専門家たちは全く違うことを言っている

前述通り、小児科医専門家が行った調査によれば、小児時代の性違和は放っておけば大人になればなくなるという結果が出ている。トランスジェンダー、特に女子から男子への移行はネットや友人関係の影響がかなり強いことも統計で証明されている。

ジョージは同性愛者とトランスジェンダーを一緒くたにして誤魔化そうとしているが、LGBとTでは、トランスベスタイドとトランスジェンダーの違いよりもずっと大きな違いがある。

確かに昔は同性愛は精神病で、きちんとした治療をすれば同性愛は「治る」と思われていた時代があった。それで今では考えられないような残酷な治療が施されたのも事実である。しかし同性愛志向は治療で治る病気ではない。どんな「治療」を施してみても、同性愛志向は幼児の時代から一生を通じて変わることはほぼない。それが変わる人は同性愛者でも異性愛者でもない、バイセクシャルなだけだ。そしてバイもまたひとつの性志向である。

しかしトランスジェンダーの場合、我々は子供たちに危険な治療を施してトランスジェンダー病から正常に戻せと言っているのではない。いや、むしろその逆だ。不可逆的で危険な治療を施すのではなく、子供たちが自然に成長するのを待つべきだと言っているのである。

性移行治療の先端を行くスエーデンでは、当初言われた性移行を幼いうちに始めないとトランス若者の自殺が増えるという説は全く根拠のない出鱈目であったことがはっきりしている。この説の元を探るジャーナリストのドキュメンタリーを観たが、そのもととなる調査結果はどこにもないのである。

ジョージは保守派が偽りの訴えで自分らの反トランス運動を進めているというが、子供を出汁にして偽りの情報でトランス権利拡大を計っているのはトランスジェンダー活動家たちのほうなのである。


4 responses to トランスジェンダーリズムが子供を傷つけないという嘘

苺畑カカシ2 months ago

俺たちはお前たちの子供を狙っている
https://thepostmillennial.com/were-coming-for-your-children-san-francisco-choir

ReplyEdit
苺畑カカシ2 months ago

フィンランドでブロッカー投与を禁止する動き。
https://www.nationalreview.com/corner/fins-turn-against-puberty-blockers-for-gender-dysphoria/

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *