昨日(2016年3月21日)アメリカ小児科医学大学(American College of Pediatricians)がジェンダー思想は子供を傷つけるという声明文を発表した。この声明は常識ではあるが、最近非常識がまかりとおるようになったこの世の中で、この声明発表は画期的なものである。カカシは何度も子供の性適合治療は幼児虐待だと説いてきた。しかしここにいたって著名な小児科医たちの公式な声明が出されたことは非常に喜ばしいことだ。

アメリカ小児科医学大学は教育者及び立法者らに訴える。こどもたちに薬品や手術による異性模写が普通の生活であると受け入れさせる方針のすべてを拒絶せよ。思想ではなく事実が現実を断定するのである。

同声明文は性やジェンダーについて幾つかの項目を挙げて詳しく述べているので簡単に紹介しよう。

  1. 人間の性は生物学上XYとXXという健康な遺伝子による二種類に分けられる。正常な人間は男子か女子のどちらかとして生まれるように出来ている。人間の性は二種類であるのは種の存続という目的のために出来た自然な形である。時として性器発達に異常のある人間が生まれることはあるが、これは医学的な奇形として認められており、第三の性ではない。
  2. 誰もジェンダー(性別意識)を持って生まれてこない。誰もが生物学的な性を持って生まれてくる。自分が男か女かという意識は社会的及び精神的な概念であり客観的で医学的な概念ではない。誰も自分が男か女かという意識を持って生まれてこない。この意識は発育の段階で叙々に培われるものである。この発育の段階で、どのような工程でもおきうるように、道を外れることはしばしばある。これは子供の主観的な見解や人間関係や子供時代の不幸な体験などに左右される。自分が「異性であるように感じる」とか「(男と女の)間に居るような感じ」という人々は第三の性を持つのではない。これらの人々が生物学的に男子であり女子であることに変わりはない。
  3. 一個人が自分が別のものであるように感じるというのは混乱した思想である。医学的に健康な男児が女児であると信じたり、医学的に健康な女児が男児であると信じたりするのは、客観的にみてこれらの子供たちの心の根底に精神的な問題が存在するものであり、そのように治療されるべきである。これらのこどもたちは性別異常症(GD)もしくは(GID)と言われる精神病でアメリカ精神医療鑑定と統計教本(Diagnostic and Statistical Manual of the American Psychiatric Association (DSM-V))にも記されている。
  4. 思春期は病気ではない。思春期を遅らせるホルモン投与は危険である。元に戻すことが可能であろうとなかろうと、このホルモンは思春期を迎えないことにより再生能力の未発達や他の病気を健康な子供にもたらす弊害がある。
  5. DSM-Vの調査によれば、性適合障害に病む男児の98%女児の88%が思春期を迎えると共に自分の性を受け入れるようになるという統計がある。
  6. 思春期阻止ホルモンによって異性模写をする子供たちは青年期を迎えてから異性ホルモンの摂取が必要とされる。異性ホルモン(テストステロンやエストロゲン)は健康体に高血圧や脳卒中や癌といった非常な危険を及ぼす薬である。
  7. 異性ホルモンを摂取したり性適合手術を受けた大人の自殺率は一般人の20倍にも登る。98%の男児や88%の女児が思春期以後自然に治る精神状態に対してこのような危険な治療を施す必要がどこにあるだろうか?
  8. 一生薬品や手術による異性模写が普通であると子供に信じ込ませることは幼児虐待に他ならない。(強調はカカシ)。性不適合が普通だと教育界や法制度をほどこすことは子供やその保護者たちを混乱させるだけであり、より多くの子供たちが「性適合治療医院」へ足を運び危険な思春期阻止治療を受ける結果を招く。このような治療は子供たちを生涯において癌誘性及び他の毒素を持つ異性ホルモンの摂取や大人になって不必要な整形手術を受ける結果をもたらすのである。

性適合障害は精神病だと主張したフェミニストが講壇の場を失くしたり、トランスジェンダーだといって男子金メダル受賞者がスターとしてもてはやされる狂った時代だが、人間は男子と女子の二つの性で成り立っているという科学的事実は変えることはできない。幼子を持つ親たちが早急にそれに気がついてくれることを祈るものである。


4 responses to 全国小児科医学大学トランスジェンダー思想は幼児虐待声明発表!

アンデルセン3 years ago

「DSM」シリーズが精神分野の問題を扱う上での舞台設定として重要な役割を果たすことは認めますが、それ自体既に批判されていますし、私も目を通しましたが(もちろん和訳)参照以上の重きを置くのは危険だと思います。決定的に、考察に深みが欠けている。
文化圏によっては、致死率の高い男児を「丈夫で健康に育てるために」女児として育てるところもあります。日本でも、私の祖母の世代までそのような育て方をする親御さんがいたそうで……成長するに従い、女の子のお尻を触ったりしはじめたそうな……
一般に、性の問題を取り扱う時、白人文化圏には強迫観念を感じます。一神教の影響か?

ReplyEdit
苺畑カカシ3 years ago

アンデルセンさん、
ちょっと気になるので言わせてもらいます。「白人文化」という言い方はあまりにも単純すぎます。白人にも色々います。何度も言ってますが、欧州とアメリカでは文化は非常に異なります。元ソビエト圏の東欧州や北欧のスカンジナビアや地中海寄りのイタリアとかスペインとか島国の英国とか文化はまるで違います。これにオーストラリアやニュージーランドを比べたら十人十色。とてもひとくちで「白人文化」とか「一神教」とかでは片付けられません。
一神教というならイスラム教もそうですからね。
宗教ひとつとってみても、カトリックなのかプロテスタントなのかユダヤなのか、、、プロテスタントだけでも色々な福音書とかモルモンとか多宗派あります。
また、同じ欧米でも左翼リベラルの思想に侵されている人々と保守派とではまるで考え方が違います。
ひとくちに「白人」といって人種だけの特有な文化があると考えるのはやめてください。
カカシ

ReplyEdit
アンデルセン3 years ago

それについて、「非白人」かつ「非キリスト教徒」文化圏がどう認識しているか、アンケートを取ってみました。
「アジア」という概念も関係するので、まとめてからこのエントリーにコメントとしてあげますね。

ReplyEdit
In the Strawberry Field3 years ago

幼児のトランス治療は幼児虐待という声明文に物申す!

先日紹介したアメリカ小児科医学大学(ACP)の幼児期におけるトランス治療は幼児虐待だという声明文に早くも反論が載ったので紹介しよう。 まずこの反論はACPが小児科医の団体を装った反LGBTのヘイトグループだと断定している。どうして左翼リベラルが議論するときは相手側を単に「意見の違う人々」とせず「憎しみを持つ人々」というふうに表現するのだろうか?幼児の身の安全を守るという立場は同じでも、単にそのやり方が違うだけだという考えはまるで受け入れられないらしい。常に自分らのやり方が最善なのであり、それ以外のや…

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *