この間、アメリカで土曜深夜放送の長期バラエティー番組「サタデーナイトライブ(土曜の夜生放送)」の人気若手芸人ジャスティン・サコーが数年前にラジオポッドキャスト番組中に何気なく話した中国人の発音をおちょくった発言がもとで番組から降ろされるという事件があった。台湾系アメリカ人の同僚Cは、自分はテキサスの片田舎の小中高で学校内唯一の東洋人として育ち、東洋人に関するあらとあらゆる侮蔑語でからかわれたが、それに比べたらサコーの冗談などなんてことない表現だったと語る。あんなんで仕事を首になるなんてあり得ないとCは怒っていた。

はっきり言って最近のアメリカ左翼は、ほんのちょっとした何気ない発言の上げ足を取り、あいつはレイシストだと言って気に入らない人々を陥れるのが普通になっている。

例えこれまでどれだけ敬虔な左翼リベラルでも一歩間違えたら、まっさかさまに奈落の底へ突き落される。左翼ジャーナリスト達はSNSを使ってなんでもないことをあたかも重大事件のように言って風評を煽り人工的に炎上を演出し標的となった人々から生活の糧を奪うのである。

Ian Miles Cheong(イアン・マイルス・チェオング)は、言いがかりをつけて気に入らない人間をテレビ番組やSNSのプラットフォームから締め出す運動をキャンセルキャンペーンと呼びこれは止めなければならないと語る。

自分の番組やSNS口座がキャンセル(凍結)されてしまうのではないかという恐れが左翼ジャーナリスト達に多大なる権力を与えている。なぜならアメリカのSNSはフェイスブックにしろユーチューブにしろツイッターにしろすべて左翼。左翼ジャーナリストたちが、「あいつはファシストだ、レイシストだ、あいつの言論はヘイトだ」と騒ぎ立てれば事実はどうあれ先ず一時凍結、ひどい時には永久凍結となってしまう。

この間もお話したがスティーブン・クラウダーという比較的保守派のユーチューバーに対する左翼ジャーナリストのカルロス・マザのキャンセルキャンペーンはひどいものだった。マーザは常に保守派に対する暴力を煽っていたにも拘わらず、スティーブン・クラウダーがマーザのビデオをなにかとおちょくっていたことに個人的な恨みを持ち、クラウダーにいじめられているとしてユーチューブに告げ口。ユーチューブはクラウダーが規定違反をしているしてないでその判断があっちったりこっちったりしていたが、結果的にクラウダーのすべてのビデオを無収益とすることに落ち着いた。このどさくさに紛れて、ユーチューブは数々の他の零細チャンネルの報酬も取りやめた。

このようなやり方で左翼ジャーナリストたちは自分らは崇高な立場を保ちながら、競争相手を破壊することが出来るようになったのだ。結果右翼保守ではなくてもフリーで活動していた記者たちが多大なる痛手を負うこととなった。

左翼ジャーナリストたちの一番の標的となった有名ユーチューバーといえば、スエーデン出身のピューディーパイ(Felix “PewDiePie” Kjellberg)。人気ゲームアプリの感想ビデオなどで一躍有名になり、世界的な人気者となったピューディーパイだが、年とともにビデオの内容も変わり、彼のファンもだんだんと大人になっていった。

2017年1月、ユーチューブでFiverrというインドのユーチューバー組織が安上がりなコードを作るサービスを提供したことをおちょくって、ピューディーパイは5ドル払うから「ユダヤ人を皆殺しにしろ」というプラカードを掲げて踊ってみろと挑発した。もちろんピューディーパイは相手がそんな悪趣味なビデオを作るはずがないと思ってわざと言ったのだが、何故か相手は本気にしてやってしまった。驚いたピューディーは即座に悪趣味な要求は悪い冗談で本気ではなかったと謝罪したがもう遅い。ウォールストリートジャーナルのジャーナリストたちが、ここぞとばかりにピューディーを攻撃した。そして過去何か月にもさかのぼってピューディーがしたとされる反ユダヤ発言を取り上げて、あたかもピューディーがニオナチか何かであるかのように報道した。

WSJの記者たちはいくつものピューディーのビデオから文脈を無視した編集ビデオを作り、ピューディーが主演していたテレビ番組のスポンサーであるディズニーにそのビデオを送り付けた。驚いたディズニーは即座にピューディーの番組を打ち切り、関係者全員を解雇してしまった。

この時から堰を切ったように、主流大手メディアによるピューディーパイ叩きが猛烈に勢いを増した。エマ・グレイ・エリスはワイアードでピューディーパイは正真正銘の白人至上主義者の英雄と決めつけアルトライト(ネトウヨ)のアイドルと書き上げた。イギリスのガーディアン紙のアーワ・マフダウィは「ピューディーパイは『ユダヤ人皆殺し』が冗談だというが、あなたは笑ってるか?」という記事を掲載、ヴォックスが所有するゲーム関係誌ポリゴンはピューディーパイ叩きの連載までやり、その編集長はピューディーパイはトランプと共に必死にメディアを破壊しようとしていると語った。またポリゴンは、デイリー・ストーマーという白人至上主義ウエッブサイトが ピューディーパイのことを仲間だと書いたことを理由に、ピューディーパイ本人の意思とな無関係に白人至上主義者と深い関係があると印象操作をしたのだ。

しかしピューディーパイはこのような攻撃にはめげずビデオを作りまくった。当時のことを私は多少覚えているが、彼のチャンネルが何回も凍結されては別のチャンネルとしてよみがえるなど、彼もかなり苦労したようだ。その努力の甲斐あって、彼はいまだに健在で登録者も当時の二倍の一億人に増えた。

しかしその後も左翼ジャーナリスト達によるピューディーへの執拗な攻撃は止んでいない。乱射事件の犯人がピューディーのファンだったとか、ピューディーが推薦したブロガーがたまたま反ユダヤ的な発言をしたとか、ユダヤ教市民団体への寄付すら裏目に出て取り止めになったりと、とにかくひどい。

どうして主流メディアはこれほどまでにピューディーを破壊しようとするのか。ピューディーは、やはり左翼から標的とされているクラウダーやポール・ジョセフ・ワトソンのように特に政治的でも右翼保守でもない。ただのゲーマーユーチューバーだ。なのにどうしてそんなにも攻撃されるのか。

それは彼が既存の主流メディアに属さずに自分の力だけで多大なる成功を収めた「個人」だからだ。左翼メディア自身が実はファシストそのものだ。ファシズムは共産主義と同じで全体主義。個人の成功は断固許さない。彼らが独立ジャーナリストたちを目の仇にするのは、左翼が自分たちだけで独占してきたメディアに独立ジャーナリストたちがどんどん割り込んできて強力な競争相手として左翼たちを圧倒し始めたことにある。左翼メディアたちはフリーランス記者たちと正々堂々とその中身で競争しようとせず、その存在を抹消しようと必死なのだ。

すでにユーチューブでは大手メディアのつまらない内容ビデオが推薦ビデオとして押され、個人ユーチューバーは無収益にされたり不適切などと言われてビデオを取り消されたりしている。全く政治とは関係ない中身でもどんどん個人ユーチューバーが規制されていることは皆さんもよくご存知のことだろう。ほんの一部の権力者たちによって内容がどんどん検閲されているのだ。このままではユーチューブやその他のSNSの内容は猫と犬のビデオだらけになってしまうだろう。

こうしたSNSが廃れないためには、いまのような独占主義を解体し、多種多様なプラットフォームを生み出す必要がある。


2 responses to 左翼ファシストジャーナリストたちによる言論弾圧の恐ろしさ

よもぎねこ8 months ago

 政治活動をしているわけでない個人と言うのは、メディアとしては最もたやすく攻撃できる相手でしょう?

 例え個人でも覚悟を決めて政治活動をしている人や、まして政治団体に関係する人なら、当然こうしたメディアの攻撃も覚悟しているし、その対応も考えています。

 法廷に持ち込めば支援してくれる弁護士などもいるでしょう?

 しかしゲームのユーチューバーなら、自分がそんな攻撃をされるなんて、思ってもいないので、攻撃されたらもう驚いてしまって、対応するどころではないでしょう?
 しかもゲームユーチューバーなら、法的手段に訴えて対応しようとしても、それを支援してくれる人を見つけるのも難しでしょう?

 だからメディアからすれば文字通りイジーターゲットなのです。

 そしてこういうイジーターゲットを選んでは狙い撃ちにして、見せしめにする事で、一般人のネットでの発言を躊躇させる事ができます。 
 更に再々見せしめを繰り返す事で「差別発言」や「ヘイトスピーチ」の範囲をドンドン拡大させることができます。

 韓国人による旭日旗狩りも同じようなことをやっているんですよね。
 本当に旭日旗が許せないなら、日本政府や海上自衛隊に抗議すればよいのに、全く関係ない個人が「旭日旗に似た」図柄を使っていると言って集団で攻撃するのです。

 旭日旗が好きでその図柄を使う人なら、そういう攻撃を受けると反論するのですが、でも旭日旗ではない似た図柄を使っていた人たちは、いきなり集団で攻撃されたら驚いて謝罪してしまうのです。

 彼等はそうやって何人ものイジーターゲットを陥落させることで、韓国政府が公式に旭日旗を問題にするところまで持ってきたのです。

 

ReplyEdit
苺畑カカシ8 months ago

よもぎねこさん、

本当にそうですね。我々のように長年政治に関する記事を書いてる人間は、例え個人でも多少の攻撃は覚悟の上ですが、ゲーマーや芸術家はそんなこと自分には関係ないと思ってるし、関係ないことで責められたりするのは割に合わないので、ここはさっさと謝って穏便にすませてしまおうと思うわけですよね。

私には主流メディアのやっていることは、全体主義対個人だと思います。全体主義にとって個人の英雄は許せない存在なのです。なぜなら個人が自分の才能で富や栄光を得られるなら、全体主義の政府なんて必要ないですからね。

今SNSでは全体主義対個人の熾烈な戦いが繰り広げられていると思います。

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *