今週水曜日に一泊二日で出かける予定があったのだが、水と木曜日は大雨警報が出ているため、急遽予定を変えて金土で旅行に行って来た。行先は何度もいったことがある場所なので行き方は解っていた。(一つの高速を200キロ走って降りたらすぐ右に曲がるというだけの道順)。しかし最近は道路状況などをリアルタイムで教えてくれるGPSが便利なので、一応GPSをつけていた。

金曜日の天気は快晴で素晴らしい旅行日和だった。しかしなぜか高速では立て続けに三つの事故。1マイルを通過するのに一時間という酷い状況だった。やっと事故現場を通過してなんとか軌道に乗ったなと思ったら、GPSが下の道へ降りろとうるさく言う。私は事故通過で疲れていたので知らない道を行くのは億劫になり、GPSを無視してそのまま現地へ直行。一時間遅れで無事到着。

行きはよいよい帰りは怖いとはよく言ったもの。帰りは心の余裕があったのでGPSの言うことを聞いてみようと思った。翌日の土曜日も快晴で息が白くなるほど寒い朝だった。こんないい天気なら走ったことのない道を行くのも楽しいかもしれないと思い、高速に乗らずGPSのいう「近道」を通ることにした。これがいけなかった!

GPSが導いた道は対向車と二車線のみで分離帯もないハイウエイ。高速道路から見える景色とは断然に違って美しい景色が広がっていった。左右に広がる野原、緑の木々、素晴らしい、美しい、などと思いながら走っていると、だんだんと道が山の方へと進んだ。そしてだんだん道の傾斜が急になり、道路もくねくね曲がり始めた。これは山を登るんだなと解ったが、登るということは後で降りることになるはずだがと不安になった。

See the source image
左右に広がる野原、緑の木々、素晴らしい、美しい

道はどんどん山を登る。カーブもかなり急になってきた。にも拘わらず対向車はビュンビュン飛ばしてくる。怖くなって私のスピードが落ちてくると、私の後ろに車の列が出来てしまった。こういう場合路肩に寄れれば一旦寄って後ろの車を先に行かせるのだが、いつまで行っても寄れるような路肩はない。それどころか、山が開けて突然崖っぷちの道が開ける。

オーマイガー!

そんなこんなで20kmは走ったと思ったら今度は下りが始まった。GPSによると、高速に合流するまでまだ20キロもあるという!下りは上りよりずっと怖かった。右側は絶壁の峡谷(というほどでもないが、私にはそう見えた)。そしてヘアピンカーブがくねくねと続く。まるで日光のイロハ坂の雰囲気。そして突然目の前に広がった碧い海!美しい、素晴らしい!でも怖い!

もし私がただの乗客として乗っていたなら、この景色を十分楽しめたのだろうけど、運転してる身としてはそんな余裕はなかった。ブレーキを踏みながらの下りは車に良くないとは思ったが、あんまり速く走りたくない。でも下りなのでスピードが出てしまいどうしようもない。手に汗を握らせながら、あと何㎞走ればいいんだあと思いながら走っていると、GPSの若い男性の声が(以前は女性の声じゃなかったっけ?)「あと5km」と言う。え~あと5kmもあるの~!

しかしこの頃には山を下り切って、今度は海岸沿いの平たい道になりホッと一息。そうか、解ったぞ。GPSのいう近道とは山を迂回する高速と違って、山を登って降りる道のことだったのか。そうと知っていれば絶対行かなかったのに。死ぬかと思ったよ。

確かに景色は素晴らしかったけど、あんな怖い思いをするくらいなら景色もなにもない高速をだらだら走った方がずっと良かった。

San Marcos Pass (California Hwy 154)--not one of my favorite places, but  crossed this going to Los Olivos. | Arch bridge, Bridge, California vacation

コールドスプリングブリッジ

ネットで調べたらこんな写真が出て来た!こんな橋を渡った記憶がないなあ。それとも恐怖で記憶がふっとんだのだろうか?(笑)


4 responses to 一泊二日の旅、GPSに躍らされた帰り道

かんぱち5 months ago

>GPSのいう近道とは山を迂回する高速と違って、山を登って降りる道のことだったのか。

Google Mapをカーナビ代わりに使うと、とんでもないケモノ道に誘導されることがあります。もしかしてGPSって、高さの測定は苦手なんですかね?
ちなみに日本では、裁判で 「車にカーナビを付けていると、NHK受信料の支払い義務が生じる」 という判決が出てから、カーナビの売り上げが落ちているようです。

ReplyEdit
    苺畑カカシ5 months ago

    まさしくその通りですね。道順を標高地図上で示すという機能があったらいいと思います。後で地図を見ましたが、恐ろしい道でした。運転に自信があって山道が好きな人以外にはお勧めできません。

    ところでカーナビはNHKがスポンサーなんですか?運転しながらNHKを観るわけでもないのに、なんで受信料を払う義務があるんでしょうか?カーナビ製造の企業はとんだとばっちりを受けましたね。私はカーナビのついてる車は日本の母の車くらいしかみたことないですが、母は使い方が全くわからず宝の持ち腐れでした。

    ReplyEdit
KC5 months ago

うーん、惜しいな!
あと、夜で豪雨で雷で…っていう要素があれば映画化できたのに。

そのへん踏まえて
もっぺん、やり直してみたら?w
(あ、あと助手席にお爺ちゃんもw)

ReplyEdit
    苺畑カカシ5 months ago

    予定通りの日程を保っていればそういうことになったでしょう。昔はよく日帰りで行っていたところで、帰りはいつも夜遅くでした。高速でも多少山道が入るため、夜の運転は避けようと思い一泊二日にしたのですが、それでも怖かった。お爺ちゃんがいたら、かえって気が散って怖くなかったかも?

    ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published.