前回紹介したトランプ大統領のマウントラッシュモアでの演説は、トランプ大統領による左翼化した民主党及び過激派左翼活動家に挑戦状を突き付けるとも思われる内容だった。トランプ大統領は左翼の脅迫や暴力には屈しないと真っ向から立ち向かう姿勢を示したのだ。これに逆鱗したのが左翼メディア。こぞって暗く分裂を生む内容だなどと批判。メディアはどうやらトランプ大統領に本髄をつかれてかなりヒステリー状態になっているようだ。

APは「マウントラッシュモアにおいて、トランプは国家の分裂をさらに深めた」との見出しで、人種問題で正裁を求める活動家たちを「容赦なく我が国の歴史を消し去ろうとする運動」などと責めたと批判する。しかしアメリカ人が愛する建国の父たちや奴隷制度撤廃のために戦った偉人達の銅像を次々になぎ倒している暴徒たちを他にどう表現することが出来るというのか?

APはさらに、偉大なるアメリカの大統領たちのことを「奴隷制度の恩恵を受けた」人々という言い方をして侮辱した。左翼メディアはトランプを憎むあまり、アメリカ人が代々尊敬し愛して止まない偉大なる大統領たちの尊厳につばを吐きかけているのだ。

ちょっと話がずれるが奴隷を持っていた人々すべてを悪者扱いし、それだけが彼らの人格を象徴するものだという考えは単純すぎる。当時のアメリカでは、いやそれをいうなら世界中で、上層階級の家には奴隷がいた。奴隷という名前ではなくても、自分勝手に仕事を辞めたり土地を捨てて別の場所に移動するなど自由にできない人々を管理していた地主や家主などいくらでもいた。社会がそのように機能していた時代に、自分だけ奴隷を持たないということはできない。たとえ個人的にその制度に反対していたとしても、それに反抗するためにはかなりの努力と勇気を必要とする。建国の父たちはそれ以外にもっと差し迫った重要な問題が目の前にあったのだということを忘れてはならない。

ニューヨークタイムスの見出しは「トランプはマウントラッシュモアの演説を使って分裂を生む文化戦争のメッセージを伝えた」とし7月4日の演説を左翼を独裁政権に導くなどと藁人形論を展開させたと責めた。

ワシントンポストは、トランプ大統領は人種問題で分裂している状況を利用し、自分こそが法と秩序の大統領であることを強調したとし、人種の正裁を求めるデモ活動をアメリカの伝統を消し去ろうとする「左翼文化革命」と表現したとして批判。町に繰り出して商店を焼いたり偉人の銅像を破壊する行為が人種問題解決にどう役に立つというのかね。

いつものことだが、左翼メディアのヒステリックな反応はトランプ大統領の思う壺だ。彼らはトランプを嫌うあまり、略奪や放火を繰り返す暴徒らの行為を正当化してしまっているのだ。トランプ大統領の演説が分裂を生むものだったとしたら、それはアメリカを愛しアメリカをよくしていきたいと思う人々と、アメリカを憎みアメリカを破壊してしまいたい、と思っている人々との分裂である。そして左翼メディアはこのアメリカを破壊した側についてしまっているのだ、そのことに彼らは気が付いているのだろうか?

アメリカ人なら民主党だろうと共和党だろうとアメリカを愛しているだろう。アメリカの歴史を抹消し伝統を破壊し、アメリカを共産主義の独裁社会にしたいなどと思っている人はごくごく一部の過激派だけだ。アメリカをよくするためにトランプ大統領の政策には反対だというならわかる。民主党のバイデン候補のほうがアメリカ社会がよくなる政策を持っているというならそれはそれでいい。

だが、今の民主党は、そしてそれを応援する左翼メディアは、アメリカの歴史を抹消しアメリカの伝統を破壊し、全く違う社会をつくりあげ、自分らがその政権の権力を独裁しようとしている過激派の味方をしているのだ。民主党はアメリカの破壊を望んでいるのだ。

もしも、民主党も左翼メディアもそんなことは望んでいないというなら、もしトランプ大統領の表現が誤りであるというなら、暴動を繰り返す暴徒たちの行動を「平和的な抗議デモ」などと言って正当化するのを今すぐやめ、悪いことは悪い、とはっきり断言すべきだ。そして銅像を破壊しまくっているテロリストたちの取り締まりに協力すべきだ。それができないならトランプ大統領に何をいわれても弁解はできない。

アメリカを愛しアメリカをよくしたいトランプ大統領と、アメリカを恥じアメリカを憎みアメリカを破壊したバイデン候補と、アメリカ国民はどちらを選ぶだろうか?

答えはかなり簡単だと思うが。


6 responses to 左翼に挑戦状を突き付けたトランプ大統領に左翼メディアがヒステリーを起こす

Shima55551 month ago

苺畑さん
日本に入ってくるアメリカ関係の報道はトランプ大統領に好意的なものがほとんどないので、実際にどういう状況になっているのか分からないんですよね。

>アメリカの伝統を消し去ろうとする「左翼文化革命」と表現した
文字通りですよね。

ReplyEdit
    苺畑カカシ1 month ago

    Shimaさん、アメリカに居ても普通にテレビのニュースだけ観てたら、トランプ大統領大危機という印象を持つと思いますよ。もっともうちのテレビは地上波もケーブルも映らないので観てないですが。私も気を付けなければならないのは、私の見るメディアは保守系が多いので、それだけで判断すると絶対に見誤るだろうということです。それでハナをつまんでも左翼メディアにも一応目を通すことにしています。

    私がいら立つのは民主党支持の人ではなく、右翼保守エリート層のトランプ大統領をバカにした態度です。彼らは決して左翼リベラルではありませんし、死んでも民主党に投票などしませんが、トランプがプロの政治家ではないことや、弁護士ではなくビジネスマンであることや、テレビのセレブだったことなどで、これだけの功績を残してもまだまだ侮っている人が多いのです。それで左翼と一緒になってトランプのあら捜しをしたり上げ足取りを取ったりするので、そんな味方なら誰が敵なんか必要なんだ、と言いたくなることが多くあります。もっともそういう人でもいざとなるとトランプに投票するんですけどね。

    本当に今左翼がやっているのは、中国の文化革命の時とそっくりですよ。何も悪いことをしていないのに白人を捕まえて「人種差別者だと認めろ、懺悔しろ、膝まづけ!」とやってるわけですから。そんな社会に住みたいアメリカ人がどれだけいるでしょうか。これは絶対逆効果だと思います。

    ReplyEdit
      Shima55551 month ago

      苺畑さん
      中立的な記事ってなかなか見つからないですよね。

      >右翼保守エリート層
      彼らは俳優だったロナルド・レーガン元大統領のことはどう思っているのでしょう。
      同じ名前の空母もありますよね。南シナ海で演習をしているとニュースで聞きましたよ。
      レーガンがOKならトランプだってOKだと私は思っていたのですが。

      >今左翼がやっているのは、中国の文化革命の時とそっくりですよ。
      仰る通りです。
      私はレッドパージといえばアメリカだと思っていました。アメリカ人は国民皆保険(オバマケア)に反対するくらい社会主義/共産主義が嫌いなのにどうしてこういうことが起きるのかが分かりません。BLMだけの話ではなく、近年のアメリカではFat acceptance movement(日本語で何と言えばいいでしょうか?)、男女共同トイレ、文化盗用など変な運動が広がっていて正直怖いです。

      ReplyEdit
        苺畑カカシ1 month ago

        レーガン大統領は保守派にとっては神様みたいな存在ですね。私はトランプは第二のレーガンだと思ってるんですが、保守派エリートはそうは思っていないようです。第二期になってトランプの成果が無視できなくなれば、気持ちも変わるでしょう。

        ReplyEdit
oldman1 month ago

日本の保守系の間ではトランプ大統領の人気は圧倒的なように感じますが、
日本の主要メディアでは、NYTやワシントンポストなどの批判的な記事の引用が多く、世論調査で10%もの差があり、再選は危うい(ない)という情報が多いようです。一方で、それほど心配ないという見方もあります。
カカシさんはどのようにお考えでしょうか?

ReplyEdit
    苺畑カカシ1 month ago

    アメリカの保守派は悲観的な考えをする人が多いので、世論調査で差が付きすぎてるからもうだめだ、とか言ってるひともいますが、私はそうは思いません。前回の選挙でこの時期ヒラリー・クリントンはやはりずっと優勢で、民主党支持はヒラリーが勝つに違いないと確信していました。しかし結果的にトランプさんが勝ちましたからね。バイデン候補のことは有権者はあまり何も知りません。確かに何十年も上院議員をしてきてオバマの副大統領を8年もやっていたという書類上の実績はありますが、では彼がこれまでなにをやってきたのかと聞かれて答えられる人は居ないでしょう。今有権者はトランプのことしか見ていません。それでトランプが好きか嫌いかだけで決めているのであって、バイデンが大統領としてふさわしいかどうかなんて誰も(民主党支持者ですら)考えていないと思います。変な話ですがバイデンはまだ公式に大統領候補として認められているわけではないのです、民主党大会もやってないし。

    ですから選挙運動が本腰に入ってくれば、バイデンはいつまでも地下室に閉じこもって隠れているわけにはいきません。大統領になった暁にはこれをやる、あれをやる、と自分の政策の計画を国民に訴えなければなりません。言っちゃなんですが、バイデンが認知症なのはもう周知の事実。この間トランプ大統領がしたような長々と意味のある演説など絶対にできるわけがありません。ましてやトランプと討論など不可能です。そういうことが明らかになってくれば人々も考え直すでしょう。トランプのバイデン攻撃も激化するはずです。

    だから私は前回以上にトランプ大統領は圧勝すると信じています。

    ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *