日本でも最近はアメリカで流行っているブラックライブスマター(BLM)と呼ばれる黒人運動について報道されているようだ。BLMの主張はアメリカ社会では未だに黒人が差別されて虐げられているというもので、その証拠として黒人層は経済的に貧困であり刑務所の受刑者の数が白人よりずっと多いことなどがあげられている。ソーシャルジャスティスウォーリアー(SJW)という社会正義の戦士と自負する左翼リベラルたちは白人特権とかいう言葉を作り上げて、白人は他の有色人種に比べ生まれつき色々な特権に恵まれて優遇されていると主張する。
しかし、SJWたちが白人特権を口にするとき、彼らの考えは白人と黒人という二進法でしかなく、黒人以外の有色人種はまるで考慮に入れられていない。もし白人特権というものが事実あったとしたら、白人層はすべての人種の中で一番裕福で一番学歴もあるといった結果が出て当然のはずなのだが、実はそうではない。経済力だけでいうならば、東洋人のほうが白人よりもずっと裕福なのである
東洋系アメリカ人は平均して白人アメリカ人より年収が高い。この差は年々広がっており、白人と黒人の収入の差よりも大きいのだ。もし白人と黒人の収入の差が黒人差別によるものだというなら、東洋人と白人の差は白人差別によるものだということになる。
何が何でも白人が悪の枢軸という考えを押し通したい左翼リベラルにとって、白人が差別をされている側になることは認められない。だからアメリカ社会で東洋系アメリカ人が特権階級だなどという考えは絶対に受け入れられない。
しかし、東洋人の成功が東洋人特権ではないというのであれば、東洋人が他の人種より裕福になってしまう現実をどう説明するのか。東洋人の成功が境遇のせいではないとすれば、その理由は東洋人のきわだった頭脳明晰や勤勉のせいだということになる。しかしそうだとすれば、底辺にいる黒人は低脳で怠慢だという結論になってしまうので、これも受け入れられない。
左翼リベラルたちはこの矛盾をどう説明するのか?(無論左翼リベラルの主張は常に矛盾だらけなので、彼らが説明などするはずはないが。)
以前にも書いたが、カカシが大学時代、化学の時間に実験班を組むときに、何故か私の周りに白人生徒たちが集まって困ったことがある。私は化学は大の苦手だったので、自分より頭のいい生徒たちと組みたかったのだが、日本人というだけでかなり誤解を受けたようである。これはブラジル人との混血日本人が自分は下手なのにサッカーがうまいと思われて困ったと話していたのと似ている。完璧なステレオタイプである。
ところで年収が多いというならユダヤ系と非ユダヤ系白人との間にもかなりのギャップがある。ユダヤ系のほうが圧倒的に年収が多いのだ。まさかアメリカでユダヤ系が優遇されているなど反ユダヤ差別者で無い限り言わないだろう。アメリカにおいてユダヤ系ほど弾圧されている集団もないのだから。それについてはまた改めて書こうと思っている。
さて、アメリカでもっとも年収が多いのが、なんと日系アメリカ人なんだそうだ。続いて中国系、次がユダヤ系、そしてイラン系と続く。左翼リベラルはやたらとアメリカはイスラモフォビアだとか言ってるが、それならなんでイラン系アメリカ人がアメリカ社会でこうも成功するのだ?およそ人種差別旺盛な国とは思えない現実がある。
それにしても、人種的にはトップ2になる日系とユダヤ系の夫婦なのに、我々苺畑夫婦が貧乏なのは何故なんだろう?ステレオタイプにあやかりたいなあ。


3 responses to 日系人とユダヤ人は比較的裕福というアメリカ社会の謎

ちび・むぎ・みみ・はな3 years ago

エマニュエル・トッド(Emmanuel Todd)という
フランス人の人類学者の本に
「世界の多様性」(La diversite’ du monde)
と言うのがある.
そこで言っていることは, 家族構造こそ
極めて変化し難い基礎構造であり,
民族間の違いを良く説明するということ.
権威主義, 母系主義, 不定型, など等の形に分けられ,
子供の教育水準は平均的にそれによって決まる.
米国の黒人はアフリカの特定の地域をルーツとするが,
その地域に特有な家族構成は不定型であり,
父親がいない場合が多い. これは父親と家族の
結び付きが極めて弱く, 父親が他所に働きに出かけると
下の家族を捨てて新しい家族を作ることが多い.
このとき, 父親のいない家族は生きることのみが
中心となり, 子供の教育は当然優先度が低くなる.
このため, 地域全体として発展性が弱い.
米国の黒人社会には母子家庭が多いと聞く.
トッドは明確に述べていないが,
それは社会学的に理由のあることであり,
子供は幼少時に十分な訓練が受けられず,
平均して, 成人してからの発展性も少ない.
権威主義的な家族の子供の教育水準は一般に高く,
その中でも, 母親の地位が高い時ほど子供は
優秀になる. 日系米国人の社会的地位は
日本の権威主義的な家族構造と母親の地位の高さから
来るのだろう.
これは改めて強調しなければならないのだが,
日本の女性の地位の高さは歴史的にも驚くべき
水準にある. 江戸時代に日本に来た外国人は
皆驚いて記録に残している.

ReplyEdit
苺畑カカシ3 years ago

ちび・むぎ・みみ・はなさん、
女性の地位が高い文化は他の面でも文明社会として民度が高いといわれています。中世にヨーロッパを訪れたアラブ人がヨーロッパの男性がいかに女性を大事にするかという点で非常な驚きを見せたという記述もあります。
しかし、「日本の女性の地位の高さは歴史的にも驚くべき水準にある. 江戸時代に日本に来た外国人は
皆驚いて記録に残している」というのは信じられません。
私自身が住んでいた30年前の日本という社会ですら女性の地位は高くありませんでした。ま、たしかにアラブ諸国や東南アジアとかに比べればかなりましだというのはそうでしょうけど、西洋社会から比べたらとてもとても水準が高いとは言いがたいですよ。西洋人が驚いたとしたら、それはアラブとかアフリカとかと比べたらという意味なんじゃないかな。

ReplyEdit
苺畑カカシ3 years ago

つけたしです。
黒人社会に母子家庭が多いというのは全くその通りです。なんと黒人層の70%以上の家庭が母子家庭だという統計があります。しかしこれはアフリカ時代から持ち続けた伝統ではありません。1960年代くらまで黒人家庭では両親そろっていることが普通でした。黒人層に母子家庭が増えたのは民主党が始めた生活保護政策の賜物もです。これについては以後お話します。

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *