2001年の911同時多発テロの時もそうだったのだが、左翼リベラルの自称平和主義者たちは、アメリカやヨーロッパでモスレムによるテロが起きる度に責任は欧米、特にアメリカの保守派政権、にあるといい始める。無知な左翼リベラルのなかには近年の歴史すら理解せずに、911事件はブッシュ政権のイラク戦争が原因だとか完全にタイムスリップしている奴らも居る。(911事件2001年、イラク戦争2003年開始)
今度のパリ同時多発テロにしても、これがイスラムテロと解った時点からツイッターなどでは、単純にイスラム教を責めるな、本当のイスラム教徒はテロリストではない、テロリストはイスラム教の邪道だといったハッシュタグが飛び交った。まだパリでは犠牲者の身元すらわかっていないときに、犠牲者の身を慮る気持ちよりも先に、自分らへのバックラッシュしか考えない身勝手な連中。
左翼リベラル雑誌のサローンなんぞはその最たるもので、テロの原因はアメリカの言論の自由にあるというハチャメチャな記事を書いている。
サローンのベン・ノートンなる記者は、911事件後、テロが起きる度に証拠もはっきりしないうちから人種差別的な偏見で、何もかもモスレムのせいにする傾向があると書く。犯人がすべてモスレムで「アラーアックバー!」といいながら乱射してるだけでは、犯人がモスレムかどうか証拠不十分らしい。
ノートンによると、2009年から2013年にかけてヨーロッパ諸国で起きたテロ事件で、宗教が動機となったものはたったの3%の過ぎず、テロ事件の大半は民族主義者によるものだという。はっきり言ってこの統計はかなり怪しいと思うね。きちんとした証拠物件を見ない限り私は信用できない。
さて、ではノートンは昨日127人の死者を出し300人以上の怪我人を出したパリのテロ事件についてはどう説明するのか。

庶民の悲劇に対する反応には多重の偽善が含まれており、このような恐ろしい攻撃の背景にある前後関係をしっかり理解し今後このようなことを防ぐためには、そうしたことをきちんと理解する必要がある、

で、先ず第一にノートンが取り上げる「偽善」とはなにかといえば、「右翼による悲劇の悪用」ときたもんだ。
ノートンは事件の詳細や犯人像がはっきりわからないうちから、右翼はこの事件を絶好の機会とばかりに、イスラム教やイスラム難民を責めるのに悪用し始めたという。
ノートンの記事をさらに読んでみると、あまりの馬鹿らしさに口がふさがらない。ノートンは、アメリカの右翼がパリのテロ事件にかこつけて、国内で起きている重大な問題に目を背けようとしているという。で、その重大な問題とは何かといえば、ブラックライブスマター(黒人の命には意味がある)というありもしない黒人差別を抗議する運動や、低賃金者の最低賃金値上げだの組合入会権利だのといった左翼リベラルのわがまま運動のことだ。
実際に、詳細がはっきりしたら犯人グループはイスラム国の手先で犯人の少なくとも一人はシリアからの難民としてフランスに入国していたという事実がわかっても、ノートンは

右翼たちは、犯人たちが実際にイスラム国の手先であるシリア難民を含むモスレムだと解るとなると、世界中で16億人が信じるイスラム教自体が悪いとし、欧米に流入する難民はテロを目的としているなどといい始めた。

と右翼を責める。ノートンに言わせると、テロを起したのは一部の過激派であり、それを利用して全世界にいる16億人のモスレム全体を悪者扱いし、この事件を悪用して欧州の右翼が欧州在住のモスレムやモスレム移民(ノートンはモスレムが多い国からの難民と注意書きをしている)の排斥をするのは、かえって過激派を奮起付け、過激派に参加しようという欧州モスレム青年らを沸きたててしまうものだと主張する。
この理屈は前にも聞いたな。アメリカのアフガン・イラク戦争が第二、第三のビンラデンを作り上げるという理屈だ。 
笑っちゃうのは、モスレム過激派以外の起したという75%にもおけるテロの例として、ノートンがあげた例は、イスラム国によるベイルート襲撃とサウジによるイエメン空爆だった。どっちもモスレムによる攻撃じゃないのかねこれは?75%もあるという非モスレムテロの欧米過激派によるテロのひとつでも提示するというならともかく、中東で起きているモスレム同士の紛争を例にあげても全く意味がないではないか。
ノートンの主旨の一番の間違いは、欧米諸国が何かあるごとにモスレムを悪者扱いしているという前提だ。これは全くの偽りであるばかりでなく、事実はその正反対である。
アメリカはそれほどでもないが、欧州においては、凶悪犯罪がモスレム移民やモスレム系市民によって起された場合その人種を隠すのが通常となっている。イギリスではモスレムのことを「アジア人」と呼び、ソマリア出身のモスレムがあたかも韓国人か日本人であるかのような言い方をする。スエーデンやフィンランドで若い女性がモスレム男たちに集団暴行を受けても、犯人に白人が含まれていたらその白人の顔だけは新聞に載せても、どうみてもアラブ人やアフリカ人に見えるモスレム男たちの顔は隠すのが普通。犯人の出身国も隠し、現在犯人が住んでいる町の名前だけを掲げて「ストックホルム居住の男」とだけ書いたりする。
それを言うなら、テロの起きたフランスでは、モスレムに関する批判を公の場で言ったり書いたりした場合には刑事犯罪に問われるくらいだ。極右翼前線党のラ・ペン女史がいい例だろう。
ノートンは忘れているようだが、フランスはアメリカ同盟国のなかでもイラク戦争に参加しなかった数少ない国のひとつ。1970年代にはイランで宗教革命を起したホメイニの亡命国だったし、1990年代にはPLOの親玉のアラファトの隠居地だった。イランへの経済制裁を一人で反対していたのもフランス。はっきり言って欧米でフランスほど親イスラムの国もないのだ。
それでいてフランスでは、モスレム移民による暴動がしょっちゅう起きているし、欧米でイスラムテロリストによる攻撃を一番受けているのもフランスなのである。
イスラム過激派に軟弱姿勢をとっていたクリントン政権直後、911事件が起きた。だが強硬政策をとったブッシュ政権下においてアメリカ国内ではイスラムテロはひとつも起きなかった。それが弱腰政策のオバマになったとたん、ボストンマラソンのテロや、フォートフッド基地での乱射事件や、その他アメリカ国内のあちこちでモスラムテロリストによるテロ事件が発生している。
モスレムテロの起きる原因にはどれもこれも共通点がある。それはイスラム過激派への強硬政策どころか、その正反対な軟弱政策である!
イスラム教には「強き馬」という観念がある。意訳すると早馬かな?イスラム教は野蛮な宗教であり、弱きを助け強気をくじくなどという文明社会の精神など全く理解できない。それどころか常に強い馬の味方をして弱い馬をくじくという精神があるのだ。だからイスラム教に友好的な態度を示すことは好意とはとられず弱気と取られる。イスラム教は他の宗教より崇高なものだという信心があるため、異教徒がイスラム教に敬意を評するのは当たり前だと考える。だからイスラム教へには敬意を示せば示すほど従僕者としての立場を固めてしまい、その報酬はかならずや弾圧につながるのである。
何度もいったように、

イスラムは惜しみなく奪う

そのことを忘れてはならない。イスラム教徒からの攻撃を防ぐ方法は唯ひとつ、強硬な応戦である。我々が強い馬となり、イスラムを打ち砕く、それしかないのだ。
国境に塀を建てるなとか言ってるノートン記者には一度オーストリアとスロベニアの国境に行ってもらって、「難民」の皆さんと仲良くキャンプファイアーでも楽しんでもらいたいものだね。それで身包み剥がれて殴る蹴るの暴行を受けても、まだモスレム移民が被害者だと弁護できるかどうか、まやってみる価値あると思うよ。


2 responses to 出たあ~左翼リベラルの欧米バッシング、イスラムテロは欧米の言論の自由が原因!

アンデルセン4 years ago

>911事件はブッシュ政権のイラク戦争が原因だとか
どのような人物のどのような脈絡での発言か分かりませんが、日本人の場合、おそらく「1991年湾岸戦争(日本での呼称)=イラク進攻ー時のアメリカ大統領(パパ)ブッシュ」と「イラク進攻ーアメリカ大統領(ジュニア)ブッシュ=イラク戦争(実は2003年)」が単語レベルで混乱しただけだと思います。いえ、私もやりそうだなと…。
>欧米諸国が何かあるごとにモスレムを悪者扱いしているという前提
私の記憶上、直近で
インドで牛を盗んだモスレムが村人に殴られて死亡
インドで「牛を食べた」との疑いによる、ヒンズー教徒約100人によるモスレム暴行殺人(実際は羊肉というオチあり)
ミャンマーでのロヒンギャ(イスラム教徒)迫害
など、イスラム教徒を擁護した発言や対応がありますが、彼は知らないのでしょうか。
特に③については「非人道的」と非難声明をだしたり、同情を寄せたりしていますが…(まあ、これ原因作ったのはイギリスだけど)。
イスラムは他者を理解できない宗教だなと、思うようになりました。
しかし、沖縄の基地反対運動にしろ、アメリカの黒人差別反対運動にしろ、欧州のモスレム排斥運動反対にしろ、自称・被害者はなんでわざわざトラブルの地に赴き身を置きたがるんだろう。もともとそこに住んでいた人たちが行うものはわかるが、トラブルがあると認識したうえでその場所にいることのメリットを選んだなら「自己責任」の内じゃないのか。

ReplyEdit
アンデルセン4 years ago

このタイミングでNHKが問題あるデータを根拠とした大衆扇動報道をしました(AM7:00台 11/18 2015)。
日本では(今年?)5000件もの難民申請がされながら認定された人数は11人だったとの問題データ(ほとんどが就労目的。しかもこの事実は以前NHKが報道している)をもとに、日本での受け入れが少ないことを問題視。日本で初めて認定されたシリア難民(男性)を取材。国際機関が日本への難民受け入れを要請。今かよ!
彼は日本人と結婚したおじを頼って日本に来たとのこと。来日時の荷物は身の回りのものと現金10万円ほど。日本では難民認定されてから6カ月就労禁止の上、資産があったり親類などの支援が得られるようなら、申請者が、通常、申請期間に外務省から支給される支援金が得られないため、知人に借金を申し込み、現在トータル100万になったとのこと。このたびめでたく難民認定され、家族を呼び寄せた。将来は奨学金を得て大学に復学したい。借金は働いて返したい。日本で働いて日本社会の一員として貢献したい。帰化する気満々なのが印象的でした。
映像に映る家族の女性がブルカをかぶっていました。だから何というわけではありませんが、イスラム系が多いとされる埼玉に住居を得ているようですが、彼らは日本国憲法の下に宗教法を置くことを納得したうえで帰化を希望しているのか、「難民」でありながらシリアが安定しても帰る気がないのか、大いに疑問でした。そして、なぜ、イスラム教の国に移住しようとしないのだろうかと。
正確性を期すためにソースを貼りたかったのですが、私の検索が悪いのでしょうか。NHKのHPからは見つかりませんでした。今日、つい先ほど報道されたものなのに。
TVで見たNHKニュースに関し、ソースが欲しくてNHKのHPを閲覧しても、見つからないことがほとんどです。どなたかよい調べ方を知っていたら教えてください。

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *