朝起きて、最初に見たニュースがこのロサンゼルスタイムスのブログエントリー、記事の見出しは「どこまで低くなるのか、オバマ大統領、日本天皇に深いお辞儀」。この「低くなる」というのは直訳だが、本当の意味は「どこまで下がり果てるのか」という悪い意味がある。
オバマ王のアジア巡り一週間の旅、その最初の国は日本。ま、今回の訪問で日米の関係にどのような影響があるのかは解らないが、どうもオバマって人は外交辞令に疎いようだ。
アメリカには皇室というものがない。アメリカは独立戦争でアメリカから皇室制度を廃止してしまったからだが、それでアメリカの最大の代表たる大統領は諸外国の皇室とは同等の立場にあると見なされる。アメリカの大統領夫妻は諸外国の王やお妃にお辞儀はしないというのが礼儀とされている。
ところが、オバマ王はこれまでにもサウジアラビアの王の前に膝まづいたりして、国内から多いに顰蹙を買った。その時は王の前でけつまづきそうになっただけだと見え透いた言い訳をしていたが、今回のお辞儀はまぎれもないお辞儀。どうにも言い逃れのしようがない。
日本人としては、アメリカ大統領が天皇に深々とお辞儀をしてくれるのはうれしいかもしれないが、同等の立場にあるはずの国の代表同士の会見なのだから握手と会釈くらいで良かったのではないか? オバマ王は日本の首脳がアメリカを訪問した時はずいぶんぞんざいな扱いをしたくせに、皇室って肩書きに弱いのかな。それにしてもオバマの側近には外交上公式儀礼を教えてくれる専門家がいないのだろうか?浅野内匠頭じゃないけれど、オバマは全くの田舎侍。他所に出て行く度に恥かくな。
ま、そんなことはいいとして、今回のオバマ王の日本訪問の目的は何なのか、勉強不足のカカシにはよく解らないので、色々詳しいことを書いているこちらのTNFUKというサイトでもご覧になっていただこう。


2 responses to オバマ王天皇にお辞儀。日本人はうれしいかもしれないけど、、、

Sachi10 years ago

いつもリンクをつけてくれてる陳さんが、コメント付きでまたリンクをくれたので、こちらに転載しておこう。以下は陳さん。(カカシ)
*******
日系共和党支持アメリカ国民カカシ姉さんオバマの野郎が対等の国家元首である天皇に深いお辞儀をしたのは許せない。
アメリカ国民の立場からしたら当然でしょう。
でもまぁこういうところにもアメリカの相対的国際的地位低下があらわれているわけで。
でもこの調子じゃ共産党朝中華帝国皇帝胡錦濤陛下のところにいったら三跪九拝して土下座しそう。

ReplyEdit
Sachi10 years ago

この調子じゃ共産党朝中華帝国皇帝胡錦濤陛下のところにいったら三跪九拝して土下座しそう

まさに、オバマならやりそうなことです。
カカシ

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *