私は世の中に陰謀が全くないなどとは思っていない。かくいう私もヒズボラの陰謀をここで何度か書いている。911などは前代未聞のアルカエダによる陰謀だった。

しかしみなさんもご存じの通り、911はブッシュ大統領とイスラエルの諜報機関モサドの陰謀だったなどというひとたちが絶えない。俳優のチャーリー·シーンなど政府は事実を隠ぺいしているなどと恥も外聞もなく公言している。「どうして第7棟がくずれたんだ!」「なんで南棟は自由落下の速度で崩壊したんだ!」など自由落下の方程式すら知らない人間がまことしやかに知ったようなことをいう。

だが、もし読者諸君がこのような陰謀説を唱えるひととの議論に巻き込まれたら、こういう枝葉末端につきあってはいけない。なぜなら貿易センターがどんな速度で崩れたかなんてことはアマゾンの大森林のなかで一枚の葉っぱの色がおかしいからここはジャングルではないと言っているのと同じくらい意味のない議論だからだ。

昨日紹介した911ドラマの話でも書いた通り、911の陰謀はブッシュ大統領政権発足と同時に始まったのではない。少なくとも1993年の2月以前から貿易センター破壊計画はラムジー·ユーセフというイラク人によって計られていたのである。クリントン大統領の就任が1993年の1月であるから計画はパパブッシュの時代にまでさかのぼる。1993年から2001年に至るまで911への計画は至る所で部分的に知られていた。アメリカ国内だけでもCIA, FBI, 移民局、農業局、関税、地方警察、地方空港の管制塔、民間の飛行訓練所、などなどで911に関わった同じ人間たちの名前がその不振な行動からあちこちで何年にもわたって取りざたされていた。これらの人間がビンラデン率いるアルカエダと絡んでなにか大掛かりなテロを企んでいることは世界中の諜報部が集めた様々な情報によって予期されていたことなのだ。

ただ当時のアメリカではそれぞれの諜報機関が情報交換をするということが法律上禁じられていた。911が起きるまでCIAとFBIが情報を共有していないという事実をブッシュ大統領は知らなかったというお粗末な展開があったほどだ。だからそれぞれの機関がもっていた一片一片の情報はそれだけでは意味のないものだった。911事件が起きて初めて、その片が膨大なジグゾーパズルのどの部分にあてはまるかがはっきりしたのである。その時無数の諜報機関がそれぞれ持っていた細い情報がやっと全体像のなかで意味のあるものとなったのだ。無論ときすでに遅しだったわけだが、、

ということは、もし911がブッシュ大統領の陰謀だったとしたならば、ブッシュ大統領は自分が大統領になる9年も前からこの同時多発テロの計画をたて、これらの細い証拠をアメリカ中、いや世界中にばらまいていたということになる。しかもジョージ·W·ブッシュはこの時大統領になれるという保証など全くないただの一般市民だった。一介のアメリカ市民が現政権に全く悟られずにイスラエルの諜報機関と共謀してアメリカ市民大量殺害の陰謀を企むことが可能だったはずがない。この時期クリントン大統領は動機はどうあれパレスチナとイスラエルの関係を正常化しようと多大な努力をしていた。こんな大事なときにイスラエルが二期に渡る政権をさしおいて前の大統領のどら息子のいいなりになる理由がない。第一、911事件がイスラエルにとって何の得になるというのだ?
もしクリントンもこの陰謀に加担していたというなら別だが、そうなってくるともうこの話はファンタジーの世界だ。

こうして考えてみると911自作自演説は貿易センターがどう崩れたとか、ペンタゴンに突っ込んだのは旅客機ではなくミサイルだったとか、くだらない説を唱えるまえに、計画の段階で完全に不可能だったことがわかる。

昔、私の大学の教授がこんな話をしてくれた。時々春先になると自称発明家と名乗る人間が「永久作動機械」を発明したといって持ってくるという。そんな時教授はすぐさま出口を案内するが、発明家は決まっていう。「でも教授!まだ私の発明をみてないじゃないですか?!」教授は発明家の肩に手をまわし出口に促しながら微笑む。「そのとおり。その必要はありません。」


7 responses to 911陰謀説についてひとこと

snoozy16 years ago

初めて書き込みいたします。
911陰謀説にはイライラさせられますが、このサイトくらいその馬鹿馬鹿しさを丁寧に説明したところは、残念ながら日本語では見かけません。とても意義のあることだと思う次第です。
リベラルを自認する米民主党関係者が、”The Path to the 9/11″を党派的思惑から事前検閲によって改変させたのは、物凄く由々しいことです。リベラルは自由を擁護してきたからこそリベラルであり、中でも表現や思想の自由はその中核だったはず・・・今回の出来事は、リベラルの存在意義すら否定しかねない深刻な事態だと思います。
今後もアメリカの実態を鋭く丁寧に伝えるエントリを期待しています。

ReplyEdit
ななっち16 years ago

あはは。私もある某所でしつこく陰謀論を唱えている人を見ましたが、その論拠は「9.11はイスラエルに有利に働くという僕の直感」なんですよ(笑)
こちらから矛盾点や疑問を投げかけると、9.11に喜ぶパレスチナ人のcnnの映像がやらせと確信しているからイスラエルの仕業だとか・・・イスラエルは原因をすべてイスラムにかぶせている、とかアルジャジーラはユダヤ資本とか・・・
アルジャジーラがユダヤ資本であるという根拠はなんだと聞いたら「僕の勘です」と言い切られてしまいました・・
要するにこういう陰謀論を唱える人は、自分が権力の一部になったような優越感たっぷりの気持ちに快感を覚えているんでしょうね。

ReplyEdit
アラメイン伯16 years ago

いるんですよね。9.11が捏造なんてバカなこと言う人が、僕の職場にもいましたよ。
バカバカしかったけど論破してやりましたよ。ペンタゴンに突入した旅客機の位置がおかしいとか。
高度が高すぎたから迂回しただけだよ。
どうしてこう皆、アメリカやイスラエルを悪者にしたいのですかね?
浅薄な知識で市民をミスリードする人達には困ったものです。

ReplyEdit
Sachi16 years ago

snoozyさん、ようこそいらっしゃいませ。ななっちさん、アラメインさん、いつもコメントありがとうございます。
こういう陰謀説はあんまり細かいことにつきあってると全体像が見えなくなるので気をつけないといけませんね。私も貿易センターの崩れかたに問題があるという人と、建築工学の話しにまでことが発展してしまったことがあります。おかげで貿易センターの建築デザインや計画的な解体作業についてかなり勉強にはなったのですが、焦点が完全にぼやけてしまいました。(笑)
カカシ

ReplyEdit
MikeRossTky16 years ago

カカシさん、
深夜のニュースでもコメント欄に陰謀説が… http://night-news.moe-nifty.com/blog/2006/09/post_6b46.html#c9701513
Popular Mechanicsが9・11の陰謀説を一つ一つ詳しく暴いています。http://www.popularmechanics.com/science/defense/1227842.html
また本も出版しています。http://www.popularmechanics.com/science/defense/3491861.html
MikeRossTky

ReplyEdit
    苺畑カカシ1 year ago

    2021年現在、20年も経った今まだ、911陰謀論説は消えない。しかも未だにWTC崩壊は制御解体だったと言い張る人間が居て驚いた。もうとっくの昔にその論説は破壊されていたはずだが?

    陰謀論者の説はWTCビルの崩壊は飛行機突入によるものではなく、意図的に制御解体が行われた結果だったというもの。だとしたら、燃料満タンの旅客機があの位置でビルに突っ込んで火災が起きた場合、実際にビルが崩壊することが証明出来ればこの論説は壊れる。

    そこでちょっと調べていたら、こんな記事を見つけた。これは鹿島建設のホームページのアーカイブからなのだが、2003年に鹿島建設のエンジニアがWTC崩壊のシミレーション解析を行った結果、シミレーションモデルは現実と旅客機のエンジン落下地点まで合致するという素晴らしい成果をあげた。

    工学の中でも建設工学というのは建築学と同様非常に難しい分野で専攻する人も少ないし、優秀な人が多い。しかも学者だけではない現役の鹿島建設のエンジニアリングチームによる解析。これ以上の専門家はいないと言っていい。

    その人たちがシミレーションで現実を再現できたのであれば、私のような素人にはこれ以上議論の余地はないと考える。今でもサイトは残っているので興味のある人はリンクをたどってごらんになることをお勧めする。

    「WTCビルは,航空機の衝突直後にはなぜ崩壊しなかったのか? 2棟の崩落は想定外の惨事であったが,多くの人々の避難時間を確保したことも事実である。その解析は,今後の超高層ビルの“予期せぬ事態”に対する設計を考えるうえで非常に有意義だ。
     日本建築学会では特別調査委員会(委員長:和田章東京工業大学教授)を2001年12月に発足させた。当社の今回の解析は,同学会からの委託として,和田委員長よりとくに鹿島が要請されたものである。
     解析の結果,WTCビルの構造体は航空機の衝突によっては崩壊に至らず,最終的には火災で崩落したことが検証された。シミュレーションでは,建物だけでなく航空機の重量分布や剛性,強度までも忠実に再現している。解析モデルは50cm単位という精密さだ。」

    ReplyEdit

Leave a Reply to アラメイン伯 Cancel reply

Your email address will not be published.