どうもここ数日のアメリカや日本のメディア報道をみていると、同じパターンに気が付く。それはイスラエルの勢力がヒズボラに比べて不均衡に優勢だから不公平だというのである。人によってはイスラエルの犠牲者よりもレバノンの犠牲者のほうが多いからイスラエルが一方的に悪いのだという訳の分からないことをいったりする。
これがサッカーの試合ならイスラエルチームの選手は11人だがパレスチナチームは6人というのであれば確かに不公平だ。しかしこれは戦争だサッカーの試合ではない。(サッカーの試合でも圧倒的に強いブラジルチームと日本が試合をする時はブラジルチームは9人でやるなんてルールも存在しないから、全く均衡な試合などスポーツでもありえない。)
戦争の目的は味方の被害を最小限におさえて相手の損害を最大限にして勝利をおさめることにある。いったいどこの世界に敵と互角の戦力で戦わなければならないなどという規則があるというのだろう。そんな規則はジニーバ協定にも書かれていない。
自国に圧倒的優勢な戦力があるのに、敵にあわせて互角の戦闘をして味方の被害を増やすような司令官がいたら今すぐ切腹してもらいたい。戦争をゲーム感覚でするひとたちの思想にはどうもついていけないな。


2 responses to ゲーム感覚でする戦争

asean16 years ago

こんにちは、カカシさん
う~~ん、政治ブログのランキングが上がってますから、カカシさんの記事の傾向は支持されている、ってことですかね・・
実際はかなり難しい状況になってますね。
オルメルトが此処迄強行策を取るとはちょっと意外ですが・・CNNにブッシュ大統領とブレアPMの内緒話がマイクのスイッチがOFFになってなかったんで記者団に筒抜けになってしまった、なんて話題が載ってますが
現状では何処も仲裁も何も出来ない雰囲気ですよね
困ったモンです、ホントに・・・

ReplyEdit
asean16 years ago

因みに、カカシさん、アッチへ書くのはどうかなぁ?
ナチスってのは端からユダヤ人殲滅を掲げていた政党ですからね・・・イスラエル建国との違いは歴然なんだけど
そういうことは意外と知らないんだと思いますけどね・・
それとですね、僕のブログでも何度か書いてるけど、ハマス憲章はイスラムの教義を元にしているから
下手をするとハマス以外のイスラム教国迄も同じ概念だと思われる可能性が出て来てしまうから中東のイスラム諸国は戦々恐々としている部分もある。
(なぜ、戦うのか?っという部分は同じだから)
現状では停戦等の方法は多分、何処の国も国際機関も見出すことが出来ない。
なぜなら、ヒズボラがちょっかいを出してしまったからですよね。
本来はドメスティックなはずのハマスとヒズボラは協調出来るはずがないんだけど、ハマスは外交チャネルを全て閉じられた為にイランから資金援助を受けざる得なくなってしまった。
資金援助を受けるだけなら、宗派間闘争という意味でハマスはシーア派の言いなりにはなりづらいんだけど
それを見越してヒズボラが実力行使に出て来た・・・
いわゆるイランが中東の派遣を狙って米ソ冷戦当時の代理戦争を仕掛けている可能性が高い・・・
モノカルチャーや発展途上の第三世界諸国が、経済的に豊かになってしまうと、民主主義や自由に目覚めるより先に地域覇権や核クラブ入りの野望をかき立ててしまう・・・
実際、原油価格を馬鹿みたいに引き上げているのは、これ迄とは違って年金基金等の”ど素人”なんで
実際の需要や備蓄量等とは関係無しに動くので、結果として産油国(イラン等)は訳の分からん金の使い方をしてしまう。
市場経済に任せっぱなしだと、こうした状況はどんどん進行してしまうでしょうね・・・
今回の場合は、ちょっと落とし所が見つけられないからなぁ・・

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published.