懐疑派に押された欧州連合議会選挙

5月24日(2019)、イギリスの欧州連合(EU)離脱を巡り二年間による無様な外交により、テレサ・メイ首相は辞任を発表した。彼女はイギリス近代史のなかで最悪な首相だった。イギリス国民は二年前の国民投票でEU離脱を支持した。メイは元々在留派だったが、首相に就任した際、国民の意志は守り通すと断言した。しかし彼女が過去2二年間やってきたことは、なんとかしてイギリスをEUに在留させるかという策略ばかりだった。メイは離脱への道に脚を引きずることによって、世論を変えさせようと思ったのかもしれないが、これは完全に失敗した。今もしまた第二回目の国民投票をやったら、前回よりももっと多数差で離脱派が圧勝することは先ず間違いない。

多々の世論調査によると在留派の方が多数だという意見もある。だがこういう世論調査というのは非常に眉唾だと私は思っている。前回の投票の前も在留派が圧倒的に優勢と言われていたのに、離脱派の勝利に終わった。主流メディアの報道する世論調査には意図的な印象操作が感じられる。

そのような世論調査よりも、イギリス国民の意思がもっとはっきりしたのが、この間行われたEU選挙である。EUには参加国からその人口に合わせて何人かづつ代表者が選ばれるが、イギリス代表ではナイジェル・ファラージ率いるBrexit Party、EU離脱党が30.8%という票を獲得し圧倒的多数で第一位を飾った。離脱党はトミー・ロビンソンの加入などを巡って脱退した元UKIP(イギリス独立党)のメンバーたちで急遽設立された党だった。ちなみにUKIPから出馬したトミー・ロビンソンは選挙運動をことごとく邪魔され僅か2.2%の票で大敗した。これについてはまた後で話そう。

反欧州連合派が優勢だったのはイギリスだけではない。全体で反EU派はなんと30%の議席を獲得したのだ。

ヨーロッパ議会によりますと日本時間の午前9時現在、議会の会派ごとの獲得議席の予測は、EUの統合を支持する中道の2つの会派が全751議席のうち、合わせて329議席で、今の選挙制度が始まった1979年以来初めて、両会派を合わせても過半数に届かない見通しです。

これに対してEUに懐疑的な勢力は、イギリスでEUからの「合意なき離脱」を求める「離脱党」が首位になったほか、フランスで極右政党の「国民連合」が、イタリアで右派政党の「同盟」が、それぞれ首位になりヨーロッパ議会全体でも議席を増やす見通しです。

ヨーロッパでは左翼でない思想はなんでも極右とされてしまうが、フランスではマクロン首相率いる与党がマリーヌ・レペン率いる 国民連合(旧国民戦線)に敗北した。そのほかイタリア、スペイン、ハンガリー、ギリシャなどもEU懐疑派の勝利がめだった。

イギリスによるEU離脱の新しい目標は10月。メイ首相が辞任した今、次の首相が離脱を成功させなければ与党であるトリー党は持たないだろう。離脱党のファラージはすでに国内選挙に出馬する意欲を見せているので、もしかすると長年による与党支配も終わりを告げるかもしれない。イギリスは根底から改革する必要があるからそれはかえって良い結果を生むかもしれない。

それにしてもEUの未来はあまり長くないという感じのする選挙だった。



Comment

言論と暴力を混同すると、かえって暴力を煽ることになる

最近アメリカでも日本でも「言葉の暴力」といった概念が後退派左翼の間で流行って。ごく普通のことを言っただけで、「それは差別だ!ご暴力だ!」と言い出す輩がやたら多い。ある人などは「言葉で人は死にます」とまで言い張った。いったい私がどんな呪文を唱えればそういう奴を殺すことが出来るのか、是非とも教えてほしいものだ。

聡明な読者諸氏はもうすでにご承知のことと思うが、そうやって相手の言論を暴力だとか暴力を煽る行為だとか言う奴らに限って自分たちは平気で暴力を振るう。平和平和とがなり立てながら、辺野古基地前で基地に出入りする人々の車を囲って車を叩いてる奴らなんぞは、その典型である。

先日も極左翼で悪名高いカリフォルニアのUCバークレー大学で、保守派活動家が左翼暴徒に殴られるという事件が起きた。上記はその時の模様。被害者はハイデン・ウイリアムスという男性でターニングポイントUSAという保守派団体への勧誘活動を手伝っていた。ブースには「ヘイトクライムのやらせは真の犠牲者を傷つける」 ( “Hate Crime Hoaxes Hurt Real Victims”)といったサインが掲げられていたという。これは先日二人の保守派白人に襲われたという自作自演の犯罪を訴えて問題になっている黒人俳優のことを比喩している。

さて、このサインに怒った二人の男がウィリアムスに近づきウィリアムスに罵声を浴びせかけた。ウィリアムスによると男たちはウィリアムスを「レイシスト」と呼び「撃ってやる!」といって脅したという。私が見たビデオの中でも黒い服を来た男が「お前は暴力を煽っている」と言いながらウィリアムスを殴っている姿が写っている。

最近の大学キャンパスは保守派にとって非常に危険な場所になっている。とターニングポイントUSAの創設者、チャーリー・カーク氏はいう。保守派は単に意見が違うというだけで罵倒され暴力を振るわれるのが普通になっている。もしこれが反対にマガハット(トランプ支持の象徴)を被った保守派学生による暴行であったら、メディアは「ヘイトクライム」だと言って大騒ぎしたに違いない。なにせマガハットをかぶって微笑んでいただけの高校生をあれだけ吊し上げたメディアであるから。

なぜ左翼連中は保守派というだけで殴ってもいいと思うのか。それは「言論は暴力だ」という危険な思想を信じ込んでいるからだ。言論は言論だ、言論で誰も怪我をさせることなど出来ない。だがそれを「暴力だ」と言ってしまえばどうなるか。暴力なら暴力で応戦しなければならないという理屈になる。だから後退派左翼にとって保守派の言論は暴力なのであり、暴力によって対抗するのは正当防衛なのだという考えなのである。私が口を酸っぱくして言論と暴力を混同してはいけないと言っているのはこれが理由だ。

そしてこれはヘイトスピーチは暴力だとするならば、政府による暴力で弾圧されて当然という理屈になる。

先日イギリスでは38歳の母親がフェイスブックで「トランス女性は男だ」と書いただけで警察に連行されて何時間も拘束されるという事件が起きた。イギリスではこういうことがもうすでに何度も起きている。その話を上記のようにツイッターでしたら、「ミスジェンダーはヘイトスピーチだから規制されて当然」と答えて来た人が居た。

この人は自分が言っていることがどれほど恐ろしい言論弾圧であるかわかっているのだろうか?SNSで何気なしに言ったこと、しかもトランス女は男だ、などという明確な事実を言っただけで逮捕されるような世の中に本当に生きたいと思っているのだろうか?こういう人は自分は常に権力者側に居ると錯覚している。自分の意見が多数派だから自分は安全だと思っているのだろう。だが、ほんの10年くらい前ですら、男を男と呼んだらヘイトだと言われる時代が来るなんて、誰が予測しただろう?ということはいつ何時、今はポリコレな言論が明日はヘイトになるか解らないのだ。ずっとリベラル派だといってバージニア州の知事にまでなった人が30年以上も前に冗談でやった黒塗りで辞任を迫られるなんて世の中だからね。

余談だが、バージニア州の知事の黒塗り写真を検索していたら下記のようなツイートを見つけてしまった。ここまで来ると黒塗りというより変装だね。


Comment

元後退派左翼運動家の告白、「私は昔モブだった、自分がモブに襲われるまでは」

元後退派左翼が左翼連中の暴挙に嫌気がさして立ち去るウォークアウェイという運動については何度か書いてきたが、今回は元左翼ネットモブの一員だった男性の体験談を紹介しよう。彼はついこの間まで社会正義運動家という名目の後退派左翼ネットモブの一員だった。しかしちょっとしたことから仲間から睨まれ、突然村八分になっただけでなく、仕事も追われ、本名で活動すると攻撃の対象になるため、この告白記事も偽名で書かざる負えなくなったという。

私がネットモブとしたのは、本当の暴力を振るうモブと区別するためだ。モブという英語は群衆と言う意味で、主に好ましくないことをする群衆のことを指す。著者のバーレット・ウイルソン(仮名)がやっていたことは、有名人にしろ一般人にしろ、自分が社会正義に反すると判断した人間に対して、ネット上で「それは差別だ!」「ヘイトだ!」と決めつけて仲間を煽る行為だ。それに扇動されて他のユーザーたちが「そうだ、そうだ、お前はレイシストだ!」とよってたかって犠牲者をいじめまくる。ウイルソンは自分のツイートやコメントに他人から「いいね」をたくさんもらったり「君は勇敢だ」「そんなヘイターを指摘してくれてありがとう」などと言われると非常な興奮を覚えたという。

しかしその彼がひょんなことから攻撃の対象となってしまった。彼が何を言ったのかは問題ではない。実際この記事にも彼の行為自体は書かれていない。問題なのは彼が告発されたということだけだ。無論彼は有罪だった、告発された人間はすべて有罪なのだ。モブの攻撃に公正な裁判などない。一旦悪者と指摘されると、人々は彼の過去のコメントやツイートを掘り出してきて、過去にも同じようなことを言っていたと指摘する。結果ウイルソンは職場でも有害な環境を何年も前から作っていたとか、彼のマイクロアグレッション(些細な攻撃性)で回りに非安全な空間を作って来たと責められた。

社会正義というのは偵察文化だ、告げ口文化だ。同僚や友達による執拗な警戒が私を失業に追い込んだ。それで私はスシやピザの配達をしている。いや、文句を言っているじゃない。これはまっとうな仕事だ。この仕事は現実社会で他人とどうやって付き合うべきかを再発見させてくれた。以前のようにSNSで他人のことを「親切」じゃないとか「敬意」を示さないと責めるようなことをしなくなったことで、 今の私は以前より親切で他人に敬意を払える人間になった。

私は以前から後退派左翼の中に居る人達の方が我々保守派より不安定な状況にいるのではないかなと思っていた。もともと私はツイッターなどで自分はネトウヨです!とか極右翼です!とか言ってるので、今更私が同性婚反対!とかトランスジェンダーに屈するな!などと言ったからと言って誰も驚かないし興味も持たれない。だが普段から自分は敬虔なリベラルだと自称している人間が、すこしでも同性愛者を馬鹿にした(と取られる)言動を取ったとか、セクハラの冤罪を着せられたりしたら、彼/彼女らの左翼としてのキャリアは終わりである。

他人の人生をネット攻撃で台無しにしてしまうことは、それ自体自分に何かすごい力があるような錯覚を持たせる。ウイルソンが感じていた興奮というのはその力なのだろう。だが、それは何時か自分にも牙をむく。そしていままでトモダチだった人たちは一斉に自分に襲い掛かってくるのだ。



View comments (2)

アメリカのアンティファ指導者の正体は民主党役員だった!

デイリーコーラーによれば、アメリカで暴力を扇動している共産主義暴力団「アンティファ」のリーダーは実は民主党議会に勤める職員だったことが判明。

この男の名前はジョセフ・「ジョー」・アルコフといい、民主党議会の職員で、昼間はワシントンDC基盤の市民団体の幹部として働いている。しかし彼はホセ・マーティンという名前で社会主義及び共産主旨プロパガンダを広めている。

チェペというあだ名で知られるアルコフは暴力的な政府打倒や金持ちの殺害を唱えている。彼はトランプ時代になってアンティファによる、より暴力的な手段を取り入れるようになった。

2017年にに書かれた本のなかで、チェペはスマッシュレイシズムDC (人種差別を破壊する会)というアンティファグループの主導者であることが記されている。この団体はフォックスニュースのタッカー・カールソンの自宅を襲ったり、共和党上院議員のテッド・クルーズをレストランから追い出したりしたのと同じグループ。

アルコフは本名のジョセフ・アルコフ(36歳)の名で民主党職員として働いているが、ジョセフ・マーティンという名前で社会主義思想を広め、チェペの名前で過激な共産主義思想を広めている。その運動はSNSなどを使って2004年くらいから続いている。特にチェペの思想は暴力を使って資本主義を打開しアメリカ現政権を打倒するという非常に過激なものである。

チェペは@sabokittyというハンドルで「我々は正直に金儲けをした金持ちから金を奪おうなどとは思っていない。アプリルフール!正直に金儲けした資本主義者なんかいねんだ。金持ちはぶっ殺せ!」などとツイートしている。デイリーコーラーからのインタビュー要請を受けて、アルコフはツイッター口座をプライベートに変えてしまった。いわゆる鍵垢ってやつだな。はっきり言って暴力を扇動するツイートはツイッター規約に反するはずなのだが、何故それが放置されていたのかは不明(でもないが)。これを期にアルコフの弟で真っ赤か左翼のデモクラシー・ナウいう独立番組のプロデューサーをしてるサム・アルコフも、母親のリンダもそれぞれのフェイスブックをプライベートに変えた。

デモクラシーナウなんて久しぶりに聞いたなあ。まだあったんだ、あの共産主義プロパガンダ番組。アルコフの共産主義活動はもう何十年も続いており、2011年の「ウォール街を占拠せよ」運動でその主導者としての権力を確保したという。

アルコフのやり方は自分らがファシストと決めた人々(要するに共産主義者ではない人々)に関しては彼らのプライベートな情報を拡散し、個人的に嫌がらせや暴力的な攻撃をするべきというもの。アルコフ自身も暴力的なデモに参加するなどして何度か逮捕されている。

問題なのはアルコフは権力のある民主党議員たちとも深いつながりがある。カリフォルニア州代表ダイアン・ファインスタイン上院議員、同州マキシーン・ウォーターズ下院議員、ウイスコンシン州のタミー・バルドウィン上院議員、バージニア州のドン・ベイヤー下院議員、オハイオ州のシェロッド・ブラウン上院議員などなどのイベントで主賓として参加したり一緒に写真を取ったりしていることだ。

「アンティファ」共産主義暴力団はすでに国内テロリスト集団として国家安全保障局が認めている暴力集団である。そういうグループのリーダーと民主党の権力者たちが親密な関係にあるというのは由々しきことだ。もしも共和党の議員たちが白人至上主義暴力団と多少でもつながりがあると解ったら、左翼後退派メディアはその話でもちきりになるはず。それが民主党だと完全無視というのが今の状況。

アンティファ共産主義者たちのテロ行為は日に日に過激化している。民主党議員たちは彼らとの関係を断ち切る勇気があるだろうか、それとも彼らと一緒に過激化を共にするのか?注目に値する。






Comment

左翼白人は有色人種を馬鹿にしてるという調査結果

私は時々白人をものすごく嫌っている有色人種に出会う。ネットなどで日本人と話していても、アメリカの白人はどんなに善良に見える人でも本心は人種差別者だと言い張る人がいる。そしてそういう人たちは必ずと言っていいほど左翼リベラルと自称する。

昔、ニューヨークで数か月暮らしたことがあるという日本人男性とネットで議論したことがある。彼は大の反米(特に反白人)だった。どうやら数か月間のアメリカ暮らしで散々差別されて嫌な思い出だけを持って帰国したらしい。にも拘わらず、彼のアメリカ論は完全にアメリカ左翼メディアの受け売りだった。それで私はよく、君はアメリカの悪口ばかり言いながら、何故アメリカメディアの言うことを鵜呑みにするんだね、と聞いたものだ。

私はその当時から考えていたのだが、アメリカにおける後退派左翼有色人種は付き合う白人も後退派左翼だけだというのが問題なのではないだろうか?つまり、後退派左翼の白人は口で何と言おうと、無意識のうちに人種差別的な行動を取っている。そして決して馬鹿ではない有色人種はその表面下にある白人達の偽善や欺瞞に少なからぬ反感を持ってしまうのではないだろうかと。

それを証明するような記事を読んだので紹介しよう。Study: White Leftists Simplify Their Language For Minorities (左翼白人は少数民族には簡単な言葉使いをする)

エールとプリンストン大学の二人の調査員は過去25年間に渡り、白人民主党の政治候補者の演説を調べたところ、少数派に対しての演説ではその内容を簡素化し難しい言葉遣いを避けて話していることが解った。同じ期間で保守派候補者の演説では白人に対しても少数派に対しても言葉使いに全く違いはなかったという。

これはエールとプリストンの助教授二人が白人が有色人種い対しどういう行動を取るかを調査したもので、よかれと思って接している白人でも左翼だと不思議と人を見下した言い方になっているという結果が出た。

政治家だけではない。一般人でも左翼白人は明らかに白人と解る名前の人へのメールと明らかに黒人の名前の人のメールとでは、書く時の語彙が違っていたという。ところが保守派白人は相手が誰でも全く違いがなかったという。

この調査結果には全く驚かない。私が長年持っていた考えと完全に一致している。私が出会った左翼有色人種たちは左翼白人としか付き合いがないから、左翼白人連中が持っている人種差別意識を薄々感づいていたのだろう。だがそうした白人から保守派白人はすべて白人至上主義だと言われていたことを鵜呑みにしているため、保守派白人との付き合いは全くない。それで事実は保守派白人は全く差別意識など持ち合わせていないということすら知らず、白人は口で何を言おうと本心は人種差別者なんだと思い込んでしまう。

それでも頭のいい少数派はそれに気づいて、本当の白人至上主義者は後退派左翼の方なのだとして徐々に民主党を離れて言っている。トランプ支持の黒人やラテン系が増えているのもそうしたことからだろう。


View comments (2)

アメリカ最高裁判官任命をミートゥー似非容疑で遅延させようとする民主党のみえすいた企み

今、アメリカでは最高裁判所の裁判官任命を巡って民主党による汚い陰謀が渦巻いている。先ずはロイターのこの記事から。

[ワシントン 23日 ロイター] – 米連邦最高裁判事に指名されているブレット・カバノー氏から過去に性的暴行を受けたと主張している女性大学教授、クリスティン・ブレイジー・フォード氏が、上院司法委員会で27日に証言する。フォード氏の弁護士と同委員会が23日明らかにした。

議会の公聴会は27日午前10時(1400GMT、日本時間午後11時)に開かれる予定。カバノー氏も同公聴会で証言することに合意している。

フォード氏の議会証言の日程が明らかになった数時間後、米誌ニューヨーカーはカバノー氏による性的な不適切行為があったとする2人目の女性、デボラ・ラミレス氏の告発を報じた。

ニューヨーカーによると、不適切行為があったのはラミレス氏とカバノー氏がエール大学に在学していた1983─84学年度で、カバノー氏が学生寮での飲酒を伴うパーティーで自身を露出したという。

カバノー氏はフォード氏の主張を「まったくの偽り」だとして否定している。またホワイトハウスが23日夜に発表した声明で、ラミレス氏の告発内容は「実際には起こらなかった」と主張した。

カバノー氏は「27日に真実について証言し、これまの人生で築き上げてきた自身に対する評価を守ることを楽しみにしている」とした。

上院司法委は声明で「フォード氏の証言後、カバノー氏が再び委員会で証言する」と説明した。カバノー氏は先週、同委員会のスタッフからの質問を受けていた。

この記事では明らかにされていないが、最初のフォード女史も二人目のラミレズ女史も、セクハラ容疑に関する確固たる証拠を一切提示していない。いや、それどころか、二人がその場に居たと証言した「証人たち」の誰一人として、彼女たちの証言を実証していない。それどころか、そんなパーティーがあったことさえ覚えていないと口々に証言しているのだ。民主党がこんな全く根拠のない35~6年前の「事件」をでっちあげているのは、同裁判官の最高裁任命を遅延させるための薄汚い陰謀であることは誰の目からみても明らかである。

何故民主党はこうも躍起になって裁判官任命を阻止しようとしているのかというと、アメリカ最高裁判所はアメリカの訴訟における最終権限を持っているからで、社会的な変化をもたらす重要な裁判所だからである。最高裁判所が保守派かリベラルかによって、アメリカ社会を変える重大な裁断がされるのであるから、左翼の民主党が必死に保守派裁判官の任命を阻止したいのは当然の話である。

裁判官任命は、大統領が指名し上院議会が承認するという形で決められる。だから上院議会でどちらの党が多数議席を持っているかは非常に大事なこととなる。今民主党がしようとしているのは、カバノー裁判官の任命を中間選挙まで遅らせて、中間選挙で民主党議席が多数派となった暁には、トランプ指名の裁判官をすべて阻止しようという企てだ。

アメリカでは「有罪が証明されるまでは無罪」という原則があり、有罪を証明する義務は検察側にある。にも拘わらず、カバノー裁判官にかけられた容疑は時も場所も確定されない告発人によるおぼろげな記憶のみ。そんな容疑に対してどうやって無実など証明できる?だからこそアメリカには有罪の証明義務は告発側にあるとされているのだ。

それが35~6年も前に起きたとされる強姦未遂事件を告発者の言葉だけが信じられて、責められた人物のキャリアも人生も台無しにされるとなったら、アメリカの法廷システムは根底から覆される。もう誰も安全ではない。いつなんどき誰かに「MeToo!]と言われるか解らないのだから。民主党の連中はそんな社会に住みたいのか?

私はこの民主党の陰謀は逆効果だと思う。カバノー裁判官が有罪だと本気で信じている人など誰も居ない。これが民主党による汚い遅延手口であることは誰もが知っている。となれば、共和党支持者たちは次の中間選挙でもっと共和党を増やし、共和党議席を圧倒的多数派にする必要があると痛感したことだろう。民主党に少しでも権限を与えれば、民主党はトランプ大統領の公約をことごとく邪魔してトランプ政権を骨抜きにしてしまうだろうから。民主党はどんな卑劣な手を使ってでも民主主義で選ばれた大統領の権限を弱体化させようと必死なのだということが国民にはよ~くわかったはずだ。

今日の帰宅途中で聞いたラジオ番組で、今は大学生のある女性が高校生時代チアリーダーだった頃、参加したパーティで同級生に強姦されたという話を取り上げていた。彼女は事件直後すぐに一緒にパーティに参加していた友達にその話をし、帰宅してから両親にも話、翌日は警察にも届け、病院で診察まで受けていたにも拘わらず、検察側は裁判にすらもっていかず、加害者は逮捕もされなかったという話をしていた。

こういう本当の被害者が信じてもらえずに泣き寝入りをする羽目になるのも、フォードやラミレズのような似非被害者が嘘の告発をするからである。フォードやラミレズのような女たちこそ女性の敵なのだ!


Comment

ウォークアウェイ運動先駆け、後退派左翼を見限った男

最近、ストラカが始めたウォークアウェイ運動が話題になっているが、過激化する後退派左翼を見限って立ち去る宣言をしたのは彼が最初ではない。拙ブログでもそういう元左翼を何人か紹介してきたが、そのなかでもデイブ・ルービンのスピーチは再掲の価値があるので、過去ログから拾って転載することにした。元のエントリーは旧苺畑よりのこちら。カカシ注:これはカカシによる概訳であって全面的な翻訳ではない。

最近の左翼を後退派左翼と呼ぶ人が増えた。私自身は旧リベラル思想を信じているが、最近の左翼はリベラルでもなければ革新派でもない。彼らの考えは後退のみである。このように「後退派」としっかりしたラベルを張るのも彼らの思想を理解するうえには必要なことだ。

後退派左翼は今勢力を増しているように見える。しかし最近になってやっと、新しい思想に寛大なリベラルたちが団結できるようになった。トランプが好き嫌いに関わらずトランプの勝利はアイデンティティーポリティクスへの断固たる拒絶であった。後退派左翼を打ち倒すためには元来のリベラル思想の真髄にある言論の自由、個人の人権、そして人類の自由を取り戻す必要がある。今日の西洋文化の基盤への最大の脅威は後退派左翼なのだ。

後退派左翼はトランプを悪者に仕立て上げ暴力を正当化している。彼らはアイデンティティーポリティクスに基盤を置く。人々の変えようのない人種だの性別だのを元に誰が一番道徳的に崇高かを決めているのだ。この被害者オリンピックによって一番差別の被害を受けているとされるグループが絶対的に道徳優先権を持ち、被害が少ないとされるグループ弾圧の権限を主張する。 たとえばブラックライブスマター(BLM)がゲイパレードで抗議したり、大学のLGBTQ委員会が白人ゲイ男性を疎外したり、妊娠人口中絶反対の女性たちが女性行進から参加を拒否さえるといったように。この後退的考えは左翼が決め付ける各少数派団体のステレオタイプにきちんとはまらない個人を拒絶し沈黙させ断固弾圧する。

左翼に迎合しないこれらのリベラル達を勇敢と賞賛するのは、なんと右翼という信じられない状況が生じているのだ。.

アメリカの左翼(レフト)に私に残された(レフト)ものはない。私は今でもリベラルだ。同性婚や妊娠人工中絶の合法やマリワナ合法などのリベラル政策を支持している。

だが、私は被害者オリンピックには反対する。安全地帯だの引き金警告だのにも反対だ。自分と反対する人を偏狭者とか人種差別者とか決め付けるのにも反対だ。自分の意見に挑戦する様々な意見に耳を傾け、それらの意見と討論することが必要な大学という場では特にそうだ。

自分は州の権利を尊重し憲法を守り人々が自由に生きられるよう限られた政府を支持する。今やこうした自分のリベラル思想を守ることが保守派の立場になってしまった。 他の保守派評論家たちも自分たちはリベラルだから保守派になったと言っている。自分が一番大事にしている言論の自由は個人の自由のための限定政府、という考えは今や左翼とは全くかけ離れた思想となってしまった。

 

 


View comments (2)

昔々、僕はリベラルだった、、ウォークアウェイ発足者のスピーチ日本語訳

先日、拙ブログでも紹介したウォークアウェイ運動の発足者ブランドン・ストラカのビデオスピーチを完全日本語訳してくれた人が居たので紹介したい。訳者のツイッターハンドルは@tarafuku10。こちらがまとめサイト。元の画像や英文も含んでシーンごとに丁寧に訳してくれているのでぜひご参照されたし。下記は私個人の記録のため文章のみの転載。

昔々、私はリベラルだった。実のところ、1年前の今頃でさえ私はまだリベラルだった。私がリベラルになった理由は、自分が大切だと思う価値を共有する仲間を見つけたと思ったからだ。私は、あらゆる種類の人種差別を強く拒む。性別や性的指向に基づき人を疎外することを拒む。専制的な集団思考を拒む。

言論の自由を抑え込み、虚偽のストーリーを紡ぎ、真実を冷酷に押しつぶすために、功名心とデマにまみれた独善的な暴徒の存在を許すシステムを拒む。イデオロギー的な計略を押し進めるエセ科学や迷信を受け入れることを拒む。憎悪を拒む。

それが私がリベラルになった理由だ。そして、まさしく同じ理由で、私は立ち去ろうとしている。

左翼は、不寛容で、柔軟性がなく、非論理的で、憎悪にあふれ、見当違いで、知識不足で、非アメリカ的で、偽善的で、威嚇的で、無慈悲で、無知で、心が狭く、ときにあからさまにファシスト的な行動とレトリックへと退化した。私はそれをここ何年にもわたって目撃してきた。

リベラル主義は、それが立ち向かっていると主張するまさにその性質に取り込まれ、吸収されてしまった。私はここ何年にもわたって、左翼の人々が彼ら自身の偏見と頑迷さ、そして彼らの価値に共鳴する周りの人々の偏見と頑迷さに麻痺していくのを目撃してきた。

人種差別を拒むと主張する、かつては感受性豊かだったこれらの人々が、白い肌をもつすべての人々を一様に憎み、社会のすべての問題を彼らのせいにするという原則を信奉するようになったのを目撃した。男女平等の支援が、男性と男性性へのあからさまな憎悪と不寛容に変容するという皮肉を目撃した。

LGBT コミュニティに対して平等な社会を目指すという、かつては真剣だった闘いが、異性愛規範を非論理的に悪魔化し、ジェンダーに関する従来の概念の批判と攻撃を推進するように変化したのを目撃した。

こうした自称「不寛容の犠牲者」は、彼らの主張を押し進めるためにかつては寄り添っていたゲイ・コミュニティに牙を剥いて、ゲイの人々を「特権的」と呼び、自分たちのことは不正の「犠牲者」と呼ぶようになった。

偏見を固めるためなら事実/証拠/事象をも捻じ曲げる社会正義戦士により、虚偽のストーリーと結論が不朽のものとなり、左翼がそれを催眠術に掛かるように信じ込むのを私は目撃した。彼らの偏見だらけの結論を受け入れない者や、彼らの命令に従わない者は、差別主義者、偏狭、ナチ、白人至上主義者……同性愛嫌い、イスラム教嫌い、外国人嫌い、女性嫌い、オルトライト過激主義者と呼ばれた。反撃するすべての人々を怖がらせ、脅迫し、いじめ、黙らせ、攻撃し、職を奪い、ブラックリストに載せ、破壊するために、ぞんざいに割り当てたこうした冷酷なレッテルを貼るのを私は目撃した。

彼らは私を狙いに来るだろう。その次はおそらくあなただ。最悪なことに、民主党とリベラルメディアは、このカルト的イデオロギーを信奉し、お墨付きを与え、支援し、けしかけている。

私がかつて愛した民主党は、票の獲得と権力維持のために極左と手を結んだ。民主党とリベラルメディアは、不正に生み出した結論を信じ込み、気味の悪いことに彼らだけが社会の悪を退治する方法を知っているのだと決め込んた。左翼は、人種差別を強めることで、米国の人種関連の問題を解決すると決めた。

左翼は、あるグループを攻撃し、侮辱し、非人間的に扱うことで、他のグループの地位を向上させることができると信じている。左翼は、ニュースを伝える際、目的が手段を正当化するのだから、嘘をつき、真実を省略し、事実を歪めることは無限に許されると信じている。

左翼は、認められるべき観点は彼らの観点のみであり、開かれた議論を抑圧/検閲/禁止することは美徳で進歩的だと決めてしまった。民主党は、アイデンティティに基づき人々をグループ化した上で「犠牲者」と「抑圧者」に分けるという有害な思考体系を、なんの疑念もなく喜び勇んで採用した。

もしあなたが、有色人種、LGBT、女性、または移民なら、民主党はあなたが犠牲者であり、ずっと犠牲者のままの運命にあるのだと思い込ませようとするだろう。彼らは、あなたがあなたに不利になるように仕組まれたシステムの中で存在し続ける犠牲者であり、制度的な抑圧の犠牲者であり、あなたの置かれた環境の犠牲者であり、どんなに勤勉に働いても、どんなにやる気を出しても、あなたの犠牲者的立場や周りの人の特権を覆すことはできないと主張するだろう。おそらくこれが、民主党の最も狡猾で最大の嘘だ。

あなたが今アメリカに住むマイノリティの1人なら、左翼政治家とリベラルメディアはこの嘘をあなたに見破られることだけは避けたいと考えている。だからこそ彼らは、あなたが危険に晒されていて、成功することなどないというストーリーを塗り固めるための情報をあなたに浴びせ続ける。

あなたの恐怖と不安を操るために、あなたは不利な条件におかれ、権利を奪われ、彼ら以外のすべての人に使い捨てにされる存在なのだと言うだろう。あなたには彼らが必要なのだと言うだろう。彼らの庇護の下でのみあなたは安全だと言うだろう。あなたを縛るすべてから解き放ってあげると約束するだろう。

そして、彼らはあなたのためにまったく何もしない。

昔々、私はリベラルだった。しかし、リベラル主義は変容した。私は、調和、平等な機会、向上心、思いやり、愛といった私の価値と矛盾するすべてを代表するイデオロギーや政党の一部であることをやめた。私は立ち去る。そして、すべての皆さんに私と同じ行動を取るように勧めたい。立ち去ろう。

#Walk Away

ウォークアウェイと呼びかけたのはストラカが最初だが、近年左翼及び民主党から立ち去った人々は結構いる。ここで付けたそうと思ったが長くなるので次回に続く。


Comment

180度変わってしまった昔のリベラルと今の後退派左翼

アップデート:コメンターの道草人さんから翻訳の間違いのご指摘があったので訂正した。もしかしてまだ間違いがあるかもしれないので、後部に原文を張っておく。英語に自信のあるかたはそちらを参照のこと。

パワーラインに掲載された「昔のリベラルはどうんなふうだったか」というエントリーが面白かったので紹介しよう。これはリベラルのカリスマ的存在だったバートランド・ラッセルが1951年に発表した“Ten Commandments of Liberal Inquiry” というもの(「リベラル研究の十戒」とでも訳すのかな?)今のリベラルにラッセルの爪の垢でも煎じて飲ましてやりたくなる内容。

1. 何に関しても完全なる確信を持たないこと。

2. 証拠を隠して考えを述べることに価値があると思わないこと。証拠はいずれ表に出てしまう。

3. 考えることを躊躇しないこと、そうすればかならず成功する。

4. 反対の意見にあったら、それが夫であれ子供であっても他人の権威を使って相手を説き伏せようとしないこと。権威による勝利は事実ではなく幻想だ。

5. 他人の権威に敬意など示すな。反対意見にも権威は存在するのだから。

6. 権力を使って自分が悪質と考える他人の意見を弾圧するな。そうすればその意見が自分を弾圧するようになる。

7. 風変りな意見を恐れるな。今受け入れられている意見も一度は風変りと思われていた。

8. 受動的な意見の同意より、知的な意見の違いに喜びを見いだせ。知性を重視すれば後者は前者よりも深い同意であることを意味する。

9. 厳正に真実を語れ。たとえその真実が不都合であったとしても。真実を隠そうとすれば、もっと不都合なことが起きる。

10. 愚か者の楽園に住む者を羨むな。愚か者のみがそれを幸福と思うからだ。

確かにこれがクラッシックリベラルの思想だったのだとしたら、今自分らをリベラルと言ってる後退派左翼には全く当てはまらない。今でも自分をリベラルと思っている人たちなら、自分が民主党や左翼を去ったのではなく、彼らがリベラルを去ったのだと思わざるおえないだろう。

Bertrand Russel’s 10 Commandments of Liberal Inquiry

  1. Do not feel absolutely certain of anything

  2. Do not think it worthwhile to produce belief by concealing evidence, for the evidence is sure to come to light.

  3. Never try to discourage thinking, for you are sure to succeed.

  4. When you meet with opposition, even if it should be from your husband or your children, endeavor to overcome it by argument and not by authority, for a victory dependent upon authority is unreal and illusory.

  5. Have no respect for the authority of others, for there are always contrary authorities to be found.

  6. Do not use power to suppress opinions you think pernicious, for if you do the opinions will suppress you.

  7. Do not fear to be eccentric in opinion, for every opinion now accepted was once eccentric.

  8. Find more pleasure in intelligent dissent than in passive agreement, for, if you value intelligence as you should, the former implies a deeper agreement than the latter.

  9. Be scrupulously truthful, even when truth is inconvenient, for it is more inconvenient when you try to conceal it.

  10. Do not feel envious of the happiness of those who live in a fool’s paradise, for only a fool will think that it is happiness.


View comments (4)

リベラルが民主党を見放す時、ウォークアウェイ運動に同調するリベラル達

数日前にはじめてウォークアウェイ運動なるものがあることを知った。ウォークアウェイとはWalk Away – 立ち去れ、と言う意味。ブランドン・ストラカというニューヨークのゲイ美容師がユーチューブビデオで自分は嫌悪に満ちた民主党を支持することは出来ない、立ち去ることにした。という内容の動画を発表。これが瞬く間に話題になりフェイスブックでは2.2百万回も再生されているという。彼に感化された元民主党支持左翼リベラル達がこぞって自分のウォークアウェイ証言動画をストラカが設立したウォークアウェイフェイスブックページに#Walkawayのハッシュタグで次々に投稿しはじめた。

「昔々、僕はリベラルだった」といってはじまるストラカのビデオは、自分がリベラルになった理由は、人種や性嗜好や性別による差別や独裁的な思想や言論弾圧を拒絶するからだとし、今自分がリベラル及び民主党を去るのは、それと全く同じ理由からだと説明する。

二年前にトランプが共和党の候補に決まりつつあったころから、民主党支持でありながらヒラリーやバーニーに投票せずにトランプを支持するようになったリベラル達が増えた。以前にも拙ブログにおいて民主党は本当の意味でのリベラル思想からかけ離れてしまったと言って保守派に転向したデイブ・ルービンの話しや、チャドウィック・ムーアの話しで紹介したことがある。

私が今の左翼や民主党支持者を左翼リベラルとか革新派リベラルと言わずに「後退派左翼」と呼ぶようになったのは、今の左翼はおよそリバティー(自由)にも革新にも全く興味がない独裁主義だからである。

現在の左翼たちは徒党を組んで覆面して保守派の講演会を暴力で阻止する。自分と違う意見は徹底的に弾圧する。左翼思想に従わないものは道端で出くわしても、レストランでも、小売店の店先でも大声で罵ったり暴力をふるったりする。これが差別反対とか少数派の人権擁護とか言ってた奴らのすることか?

こういう世の中なので、今までリベラル派でそういう付き合いしかしてこなかった人間が突然自分は保守派に転向するなどと言ったら、周りから受ける反撃は半端なものではない。友達を失い家族からも見放され下手すれば仕事も失うなどということになりかねないからである。

ストラカのビデオに励まされて実は自分も保守派だと「カミングアウト」したグラミー賞受賞者の作曲家ブランドン・コンティは、保守派としてカムアウトするのは何年か前にゲイとしてカムアウトしたときより勇気が要ったと言っている。なにしろ彼の所属している音楽界は普通以上にリベラルに独占されている社会だ。保守派としてカムアウトなどすれば失うものも大きい。だが驚いたことに彼の事務所は彼にとても支持的だった。彼のウォークアウェイビデオに寄せられたコメントは1000以上で、後から後から続き三日間止まらなかったという。しかもウォークアウェイ宣言によって彼のCD売れ行きが急増した。「いったいどれだけの人が同じことを考えているんだろう?」とコンティは言う。

しかし無論バックラッシュがあることも忘れてはならない。後退派左翼たちは自分たちへの支持が減り始めていると意識したら、保守派への攻撃が激化することは間違いない。げんにウォークアウェイの発起人であるストラカは近所のカメラ屋さんで店員からサービスを拒絶されたとテレビインタビューで語っている。だが同時にストラカはカメラ屋を名指しで非難することもせず、絶対にカメラ屋に嫌がらせをしないでくれと訴えていた。数日後カメラ屋の本社から店員の態度は会社の方針を代表するものではないとして謝罪発表があった。ストラカは名指ししていないのに何故本社がそれを知るに至ったのかは不明だ。

この運動が極左翼と化した民主党崩壊へとつながるかどうかはわからない。だが、ポリコレの独裁に嫌気をさした普通のリベラルたちが今の気違いじみた社会風潮から立ち去る時はすでに訪れたのかもしれない。


View comments (2)