独立を拒んできたパレスチナの歴史

多くの人々が誤解しているが、イスラエルとパレスチナの問題は土地ではない。イスラエルはパレスチナ全土を占領しているわけではない。すでにガザはパレスチナに譲渡したし、ウエストバンクの一部を除けば、ほぼすべてがパレスチナの管轄内にあるのだ。パレスチナがその気になれば、パレスチナは独立国として存在できる。そうなったら今後一切イスラエル政府と戦争などする必要はなくなるのである。なのに何故パレスチナはイスラエルと交渉しようともしないのか?

この話は過去にも数回していると思うが、デニス・プレーガーがパレスチナが過去に何度も独立の機会があったのに、それをことごとく拒んできた歴史をまとめてくれているので紹介しよう。デニス・プレーガーはラジオトークショーホストでユダヤ教研究の著者でもある。無論本人はユダヤ系。

拒絶一回目:1937年。イギリスのピール委員会がアラブ人に80%、ユダヤ人に20%の土地を与えることでパレスチナの独立を提案。アラブ人は拒絶した。

拒絶二回目:1947年。アラブ人は国連のアラブとイスラエル分離計画を拒否。

拒絶三回目:1967年。エジプト、シリア、ヨルダンの同盟軍がイスラエル打倒のため戦争を仕掛けたが、かえってイスラエルに任されイスラエルはウエストバンクとヨルダンそしてガザをエジプトから奪い、ゴーランハイツをシリアから奪った。イスラエル人はガザにもウエストバンクにも興味がなかった。例外は東エルサレムのみ。ここにはユダヤ人がモハメッドが生まれる1400年も前からユダヤ人が3000年にわたり住んで来た土地。ここでもアラブ人はイスラエルとアラブの分離政策を拒否。

拒絶四回目:2000年。キャンプデイビッドでイスラエルのエフード・バラクがパレスチナのヤサー・アラファトにガザ全土と94%の東エルサレムを含むウエストバンクを提供すると提案。アラファトは拒否した。

拒絶五回目:2008年。イスラエルのオルメルト首相がバラク首相よりも多くの土地を提供すると提案したが、パレスチナは拒否した。

この間も話したように、ツイッターで私に絡んで来たパレスチナ出身らしきイスラム教徒は、私がイスラエルから攻撃を受けたくないのなら、和解して和平を結んではどうなのかと聞くと、イスラエルが今までパレスチナに対してやってきたことを考えたら和平などありえないと言っていた。しかし戦争を永遠に続けることでパレスチナに得るものなど何もない。にも拘わらず彼らはイスラエルとの和平はあり得ないと主張するのだ。いったいそれは何故なのか?

その理由は簡単だ。パレスチナが自分たちの独立を犠牲にしてでも戦わなければならない理由は、イスラエルというユダヤ教徒国家が存在していることにある。パレスチナにとって大事なのは独立でも平和でもなく、ユダヤ人の国であるイスラエル撲滅なのである。

プレーガーはイランが執拗にイスラエルの破壊を目指す理由はひとえにイスラエルがユダヤ教徒の国であるという宗教にあるという。イランはパレスチナなどどうなっても構わない。もしイランが同胞のイスラム教徒に関して多少でも興味があるなら、イスラム教徒であるウイグル人を弾圧している中国と付き合えるはずはないからだ。

考えてみれば、イスラム教というのは他の宗教と違って憎悪で成り立っていると言える。ま、創設者のモハメッドがユダヤ人を心から憎んでいたことから始まっているのだから当然と言えば当然だが。

なぜ国際社会はこの明らかな理由を無視してイスラエルとパレスチナの紛争は土地を巡って起きていると主張するのか。それは西洋社会はおもに世俗主義であり、世俗主義の我々は他の宗教を信じる社会を破壊しなければならないなどとは思わないから。第一、もしこれが土地を巡る紛争ではないとしたら、西洋社会はイスラエルを一方的に悪者にすることが出来なくなる。

いや、もっと困るのは、イスラム教の過激思想を責めなければならなくなることだ。


View comments (4)

イスラエル、アイアンドームは限界か?

ここ数日、ガザから何百というロケット弾がイスラエルに打ち込まれ、無敵と思われたアイアンドームもすべてを防ぎきることが出来ず、すでに犠牲者が出ている。

【エルサレム=工藤彩香】イスラエル軍は11日、同日夜にパレスチナ自治区ガザ地区から約100発のロケット弾が最大都市テルアビブなど中部地域に発射されたと発表した。地元メディアによると、バスや家屋に着弾し、イスラエル人1人が死亡、26人が負傷した。12日未明にも多数のロケット弾が撃ち込まれた。イスラエル軍などによると、10日以降にガザからイスラエルに向けて発射されたロケット弾は計約600発に上る。南部アシュケロンでは11日、国営エネルギー企業の施設が被弾し、火災が発生した。

11日、イスラエル・テルアビブ近郊で、ガザ地区からのロケット弾を受けて炎上する車(AP)

これについてエルサレムポストではハマスの攻撃に対してアイアンドール迎撃システムは効果的なのだろうかという記事を書いている

ツイッタラーのPraises5781さんがその記事の内容をまとめてくれているので引用する。

  • #パレスチナ の武器は減っていない (支援金テロ流用、#イラン の支援等) 14年紛争時、#ガザ は4,000発のロケットを50日間に渡り発射、多い時で200発/1日だったが彼等は今日一気に多くのロケットを発射 ※ #パレスチナ は38時間で1,050発以上のロケットを発射した。
  • 14年紛争時、#イスラエル 中央部に達するロケットの保有数は限られていたが、今回 #パレスチナ は都市テルアビブを標的にした100発以上のロケットを同時に発射、少なくともそれを2回成功させた ※この攻撃により都市テルアビブでアラブ人含むイスラエル市民が死亡。
  • パレスチナは飛距離、ロケット発射能力ともに飛躍させている ※ #イラン からの資金・武器両面の支援がある、資金は現金を #カタール が持ち込み、武器は検問所や違法テロトンネルを通して密輸 問題は、イスラエル諜報機関がハマスの能力を適切に評価していたか?
  • 評価が正しければ、ハマスがロケットを使い果たし、紛争が終わる時期を予測できる ※ネタニヤフ首相は昨日「この作戦は時間を要する」と声明(相手に情報を与えないための発表の可能性あり) ※5/12現在、イ軍側がこの点をメディアに問われ「相手は武器を使い果たした可能性」と述べ、イスラエル側の情報分析を明かしている、しかしビビとわざと違うこと言ってる可能性もありハマスが攻撃力を上げた(ヒズボラ=イラン)の攻撃能力も上がっている。
  • #イスラエル は南部で #ハマス、北部で #ヒズボラ とのテロ対峙。※ #ハマス#ヒズボラ とも #イラン が資金・武器供与 #イラン にミサイルやロケット技術を供与するのは #北朝鮮。 よってハマス に対する #イスラエル の脆弱性は、#ヒズボラ#イラン に対する #イスラエル の脆弱性を示す ・ #イスラエル の意思決定者と軍事戦略家はこの新しい状況を考慮して軍事行動を決定する必要がある 。または、停戦の道を早く見つけて次のラウンドのための計画を立てる必要がある ※停戦は #ハマス が拒否、メディア無報道。
  • IDFは #イラン・ #ヒズボラ 単体への対応も含み、紛争対応の迅速さを再考する必要がある。

西側諸国のニュースでは一方的にイスラエルが悪いという報道がほとんどなのだが、パレスチナはもう10年以上イスラエルへのロケット攻撃や凧に乗せた火炎攻撃をずっと続けている。今回の攻撃が激化したのは、バイデン政権がトランプ政権のような強硬な姿勢をとらずに、イランに甘い顔を見せ始めたからだろう。トランプ大統領はイスラエルとアラブ諸国の数か国との和平を成功させた。その方針が続いていれば、イラン及びパレスチナは孤立して、中東問題もついに解決するかと思われたかが、バイデン爺さんのおかげですべてが元の木阿弥となった。このままだと、イスラエルは最終的にイランと戦争をしなければならなくなる。イランが核兵器を完成させる前に止めさせる必要があるからだ。


Comment

BLM/ANTIFA暴動、ここ数日で3人の死者、いい加減トランプ大統領の出番なのでは?

街を守ろうとして暴徒三人に発砲した17歳の少年。ケノーシャ、ウイスコンシン州(8/27/20)

先日、ウイスコンシン州ケノーシャで17歳の少年が三人の暴徒に発砲し二人が死亡、一人が怪我を負うという事件があった。彼がトランプ支持で銃所持権利を守る憲法補正案第二条の支持者であったことなどから、主流メディアはこぞって、この少年カイル・リッテンハウス君のことを「白人至上主義」だとか、平和な抗議デモ参加者に発砲などと過激派右翼の乱射事件のような報道になった。ミネソタ州の極左翼下院議員のイルマー・オマーなどはカイル君のことを国内テロリストなどと言って批難した。

しかし事実は全く逆で、カイル・リッテンハウス君は非常にまじめな愛国者であり、BLM/ANTIFAの暴力にケノーシャ警察がきちんと対応できていないことを憂いて街を守ろうと隣の州イリノイ(とはいえほんの20マイル離れた地域)からわざわざやってきたのだ。

事件前、カイル君は保守派ジャーナリストのインタビューに答えて、自分は救急医療員でもあるので応急手当は出来るなどと話し、その途中でけが人が来たため手当に当たったりしていた。ニューヨークタイムスの記事では、カイル君はBLM/ANTIFA暴徒にすら分け隔てなく怪我の手当に当たっていたという。また、彼が落書きされたビジネスの壁を塗り替えてる姿や、警察官と親しげにはなしている映像などもあり、およそ極右翼白人至上主義者などとは程遠いイメージであった。

それに比べてカイル君を追いかけ火炎瓶のようなものを投げつけて反対にカイル君に射殺された最初の男、ジョセフ・ロゼンバウム(36歳白人)は、事件前の映像で銃をかまえた自警団の黒人男性に「俺を撃ってみろ、このニガ(黒んぼ)!」などと人種差別的蔑称を浴びせていた。ロゼンバウムは小児性犯罪登録者で現在はDVの罪で裁判待ちの保釈中だった

ロゼンバウムを含む複数の暴徒に追いかけられ、一時ロゼンバウムから銃を奪われそうになったカイル君はやむなくロゼンバウムを射殺した。その後身の危険を感じたのか、彼は警察に通報した後立ち去った。しかし数分後に別の集団に追いかけられた。この時の映像は色々な角度のものがあるが、数人がカイル君を追いかけ、転んだカイル君に一人が蹴りを入れ、一人がスケートボードで殴り彼の銃を奪おうとした。ここでカイル君は四発発砲、スケボ男が射殺されもう一人が腕に傷を負った。撃たれた男の手には拳銃が握られていた。

スケボでカイル君を殴り、彼から銃を奪おうとした男はアンソニー・フーバー(26歳白人)で、こいつも札付きの悪。前科がいくつもあり、他人の首を絞めた罪で有罪になっており、つい最近もDVで起訴されている。いくつかの主流メディアはこの事実を無視して「平和的な優しい人」だの「スケートボードの達人」だの「正義感の強い人」だのきれいごとを並べている。

ピストルを持ってカイル君に襲い掛かかり反対に腕を撃たれたゲイジ・グロスクラウツ(Gaige Grosskreutz26歳白人)も酔っぱらって発砲した罪で逮捕された前科がある。

二人を撃ったあとカイル君は両手を掲げて警察の車に向かって静かに歩いて自首した。左翼メディアや批判者は、ライフルを持って歩いている男を警察が無視して通り過ぎて行ったことで、白人が優遇されているなどと馬鹿なことを言っているが、この時通り過ぎたパトカーは発砲のあった現場にかけつける途中で、カイル君が撃ったという事実は知らなかった。それにカイル君は逃げるどころか自分から両手をあげて警官に近づいてきたのだ。逮捕に抵抗して逃げようとした容疑者と同じ扱いを受けないのは当然のことだ。

カイル君は今殺人容疑で逮捕されている。多々の映像を見る限り、完全なる正当防衛に見えるが、今後どうなるかはわからない。確かに17歳の少年がライフルを持って街を守るなどと正義の味方を気取るべきではなかったかもしれない。だが、彼のような若者がそうしなければならないと感じるほど、警察がきちんと機能していない。私たちアメリカ在住者は、いったいいつどこで暴動が勃発するか気が気ではない状態だ。

ほんの数日前まで誰が平和なウィスコンシン州のケノーシャ郡で暴動がおきるなど予測しただろうか?

トランプ応援ラリーに参加した男性が射殺される。ポートランド、オレゴン州(8・29・20)

昨日の夕方、90日以上もBLM/ANTIFAの暴動が続いているオレゴン州のポートランド市郊外で、何百人という愛国者が集まり、トランプ応援ラリーを行うと集まっている映像を観た。これから車を何十台と連ねてポートランド市まで行進するということで、その後数分おきぐらいに何十台もの車が高速を走る映像がアップされていた。

主流メディアが何週間も「主に平和的」と表現していたBLM/ANTIFAの暴動とちがって、このラリーは非常にアップビートで本当に平和的だった。みんな星条旗を翻したり、歌を歌ったり楽しそうなラリーだった。下記はポートランド市内に向かうトランプラリーのキャラバン。

しかしこの平和なラリーはキャラバンがポートランド市内に入ってからおかしくなった。すでにダウンタウンで愛国者らを待ち伏せしていたBLM/ANTIFA暴徒らは、愛国者たちの車の通行を阻止しようと立ちはだかったが、愛国者たちはスピードを緩めず走り続けたり、時にはペパースプレーやペイントガンなどを発砲して暴徒らに応戦した。

カカシ注:8月31日現在、この記事を書いてから被害者の身元や撃たれた状況の詳細を手にいれたので、この部分を書き改めます。犠牲者は車に乗っていたキャラバンかは離れ、友達と二人で道を歩いていた。そこへ「トランプ支持者がいたぞ、撃て、撃て」という声と共に二人に近づいてきた男が一人に発砲。男性は即死した。

犠牲者はペイトリオットプレイアー(愛国心の祈り)という右翼グループのメンバーだったということ以外はまだ詳細は分かっていない。ただ、同グループのリーダー、ジョーイ・ギブソン氏によれば、犠牲者はグループのメンバーでギブソン氏の友人であるということだ。男性が撃たれた直後にギブソン氏は現場に現れたが一時暴徒に追われ近くのガソリンスタンドに避難するなど、かなり緊張した状況が続いた。

一夜明けた本日になってツイッターでは4ちゃんが犯人の素性を確かめたというニュースが上がっているがこの男が本当に犯人なのかどうかは今はまだ不明。

トランプ大統領はどうするのか?

ポートランドでの殺人事件についてトランプはBLMを「(暴力の)先導者でありちんぴらだ」と批判した。大統領は90にもわたるツイートを連続で書き、地元政治家の無能ぶりを批判したり、自分の再選チャンスを自慢したりしたとワシントンポストの記事にある

ポートランドでは大きなバックラッシュがあるだろう、95日も無能な市長を見ていれば予測できたことだ。市長自身自分が何をやっているかわからないと認めている。

ポートランドの人々は安全のない状況に我慢できないだろう。市長は馬鹿だ。州兵を出動させろ。

勇ましいことをツイートするのはいいが、90もツイートしてる暇があったら、なんとか市長を首にして大統領命令で州兵を出動させたらどうなのだろうか。市長も知事もポートランドを救う気がないなら、大統領自らが出ていくしかないのではないか?

実は昨日、トランプ大統領はこれまで何度もしたように、ポートランドへの州兵出動を市長に申し出ていた。しかし当にテッド・ウィーラー市長は、トランプ大統領にケンカ腰でトランプの援助など要らないと公開手紙で見得を切った。

ところが24時間と経たないうちに、BLM/ANTIFA暴徒どもがウィーラー市長の住むマンションに押し入り、マンションのロビーで座り込みを始めた。マンションの外では暴徒が数十人集まって、真夜中遅くまで音楽を鳴らしたりレーザー光線を窓に当てるなどしてマンション住民の安眠を妨げた。暴徒らは市長の辞任および警察予算をすべてBLM/ANTIFA関連の左翼団体に渡すことを要求している。

ウィーラー市長が自宅から引きずり出されて暴徒らに八つ裂きにされようと知ったことではないが、マンションには他の住人もおり、彼らには何の罪もない。こんな状況をいつまでも続けるては、善良なポートランド市民が気の毒である。ウィーラー市長が無能なら、トランプ大統領がなんとかして市を救ってあげるべきなのではないか?

この間の共和党大会では、共和党は法と秩序の党だとさんざん演説したではないか。バイデン元副大統領と違い、トランプ親分は現役の大統領だ。選挙結果を待っている必要はない。いますぐポートランドに圧倒的な数の州兵を出動させ、BLM/ANTIFAを退治してほしい。もうこれ以上罪のない人が殺されるのをみているわけにはいかない!

付け足し:アメリカの公共ラジオ放送NPRがANTIFAテロリストのメンバーが書いた略奪を弁護するという本を紹介していた。略奪に正当性などあるはずはないが、左翼過激派がどのように略奪を弁護するのか、価値があったら次回ご紹介しよう。

アップデート:8・30・20現在。被害者の名前がわかったので記しておこう。下記のツイッターでは苗字が間違っているが、本名はアラン・ダニエルソン。ジェイという仇名で呼ばれていた。ご愁傷様です。

アップデート:9月4日現在。ジェイさんを殺したアンティファ男、マイケル・ライオネルは昨晩、逮捕しにやってきた連邦警察官に銃で抵抗して射殺された。


View comments (3)

BLM/ANTIFA暴動はトランプ打倒に役立つのか(ヒント:否!)

今、アメリカでは共和党大会が開かれている。そのなかで、だいぶ前にセントルイスで数百人からの暴徒から銃で自宅を防衛したマクロスキー夫妻の演説があった。

二人の演説の内容は、民主党は市民を暴徒から守ろうとするどころか、暴徒から自宅を守ろうとした二人を起訴した、民主党に任せていたら、法と秩序は保てないといったものだった。体験に基づく話なだけに、非常に力強い演説となった。

しかし、共和党大会のまっさだ中、アメリカ各地でBLM/ANTIFAテロリストらによる暴動が起きている。それについてずっと書こうと思っていた矢先に、またぞろ別の事件がウィスコンシン州のケノーシャ郡で起きてしまった。今度も黒人容疑者が逮捕に抵抗し警官に撃たれて重傷を負うという事件を発端に、BLM/ANTIFA暴徒たちがまたまた暴動を始めたのだ。この射撃が正当であったかどうか、などということはもう重要ではない。BLM/ANTIFA連中は、黒人が警官に殺されたら、どんな状況でもそれを合図に暴動を始めるという行動に出ているからだ。(そうこうしているうちにミネアポリスで警官に追われた黒人容疑者が自殺するという事件が発生。警官は触っても居ないのに、再び略奪が始まっている。)

例によって、かなり準備周到に集まった群衆は黒人より白人のほうが多く、無差別にビジネスを略奪したうえ放火し完全破壊した。先の事件とは何の関係もなく、単に警察署付近に店があったというだけの自動車販売店や家具店やガソリンスタンドが群衆の攻撃の的となり、一夜明けたケノーシャは、まるで空襲を受けた戦地のようだ。

ウィスコンシン州のトニー・エバーズ知事は極左翼の民主党。トランプ大統領からの州軍700人の援軍申し出を断り、自体は悪化の一途をたどった。

警察だけでは人手が足りないということで、警察支持の民兵達が他州からケノーシャを守ろうと集まった。そしてついにその中の一人、17歳の少年が暴徒三人に発砲、二人は即し、一人が重症を負うという事件が発生した。

下記のツイートのスレッドがこの事件に関して詳しく説明しているが、ポートランドにしろシアトルにしろミネアポリスにしろ、BLM/ANTIFAが好き勝手に暴れ放題暴れて地元のビジネスを破壊し人々の生活を脅かしている。そして本来なら市民を守らなければならないはずの市長や知事がそれを見て見ぬふり。これでは一般市民が自らを守るために立ち上がるのは当然のことだ。

最近警察支持の民兵自警団があちこちに発足され、こじんまりとではあるが、少しづつBLM/ANTIFAテロリストたちに対抗するようになってきた。今回ウイスコンシンに現れたのもそうしたグループの一つだろう。

この町山智浩という男は、アメリカ左翼メディアが垂れ流すプロパガンダをそのまま、あたかも真実であるかのように日本語に訳す能無しだが、彼の言い分を聞いていれば、アメリカの主流メディアがどういうメッセージを流したいかが理解できる。

アメリカ左翼メディアは、どうしてもBLM/ANTIFAの暴動は、反差別のための平和抗議デモであるという説を固持したいようだ。

下記のビデオなどはその極め付き。

ところで、ウイスコンシン州はスイングステートと呼ばれており、大統領選では共和にも民主にも転ぶ可能性のある州だ。それでシニカルな人は、この暴動はトランプ打倒のために故意に繰り広げられた左翼の陰謀ではないかという。だが、もしトランプ打倒が目的でされたとするなら、こんなバカな作戦があるだろうか?

この間行われた民主党大会では、バイデンはじめ演説者の誰も暴動について語らなかった。それに比べ共和党大会では暴動から国民を守るというのが主題になっていた。暴動を好む国民などまずいないだろう。だとすれば、BLM/ANTIFAの行動は民主党にとっては、かえって逆効果なのではないか?

とはいうものの、口先だけでは何とでもいえる。トランプ大統領および共和党はこの繰り返される暴動を鎮圧しなければならない。暴動が起きているのが民主党の地域ばかりだと批判しているだけではだめだ。地域の人たちは確かに民主党を選んだかもしれないが、暴動を許容することに承諾したわけではない。それに昔からその地域に住んでいて、民主主事でも共和支持でもない善良な市民はいくらでもいるのだ。そういう人々を民主党地域に住んでいるからというだけで見捨ててはいけない。

トランプ大統領、お願いだ、なんとか州知事らの腕をへし曲げてでも、州兵軍を出動させてくれ、民主党地区に住む我々を救ってくれ。


Comment

トランプ大統領の快挙、イスラエルとUAEの国交正常化達成される!

先日イスラエルとUAEが国交正常化を果たしたというニュースが入った。これはトランプ大統領ノーベル平和賞受賞に値する快挙である。

BBCの記事から読んでみよう

イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)が国交正常化に合意した。イスラエルはヨルダン川西岸の一部の併合計画を凍結する。ドナルド・トランプ米大統領が13日発表した。

仲介役を果たしたトランプ氏は声明で、関係国が合意を「歴史的」と呼び、和平に向けた画期的な前進だと評価していると述べた。

イスラエルが湾岸地域のアラブ諸国と外交関係を持つのは初めてとなる。イスラエルは1948年の建国後、アラブ諸国では隣国のエジプトとヨルダンとだけ平和条約を結んでいる。

これに次いで、アラブ諸国ではサウジアラビアなどがイスラエルと国境を正常化させるのではないかとささやかれている。もっともこのアルジェジーラの記事ではサウジはイスラエルとパレスチナの間で和平条約が結ばれない限り、それは起こらないと否定しているが。

さて、なぜ今になって突然アラブ諸国がイスラエルとの国交正常化に積極的に向き合うようになってきたのかと言えば、それはイスラエルとの共通の敵であるイランの存在である。

オバマ前政権はイランへの経済制裁を止めてしまい、核兵器開発を諦めるという建前で巨額の金をイランに渡してしまった。しかしイランがそんな約束を守るわけもなく、イランの核開発は未だに続いている。そして核兵器完成の暁にはイスラエルを攻撃するといまだに豪語している。だが、考えてみれば、イランが核大国になって困るのはイスラエルだけではない。近隣のアラブ諸国はイランの脅威を十分に感じている。

今まで世界中の人々が、中東の平和はイスラエルがパレスチナに妥協し、パレスチナと和平条約を結ぶことから始まると考えてきた。その常識を打ち破ったのがトランプ大統領だ。トランプ大統領は歴代の米大統領が約束しては破ってきた米大使館のエルサレムへの移動を実現させた。トランプ大統領はイスラエルとパレスチナとの和平条約などという無益なことに力を注がず、イスラエルと他のアラブ諸国との関係を取り持つ努力をしてきた。なぜこれが大切なことなのか?

イスラエルとパレスチナの和平交渉はもう1990年代から続いている。アメリカ歴代の大統領がそのたびに間に入って両国の和平を結ばせようと必死になった。1993年には時のパレスチナ代表PLOのリーダーだったヤーセル・アラファトとイスラエルのイツハク・ラビン首相との間でオスロ合意という和平協定が結ばれた。しかしこの協定はしょせん絵に描いた餅に過ぎなかった。その後もパレスチナはインティファダと呼ばれるイスラエルへのテロ攻撃を続け、それが効果を無くすと、その後も今に至るまでパレスチナからのスカッドミサイル攻撃を続けている。

国連にしろ、アラブ諸国にしろ、パレスチナとイスラエルの和平はイスラエルがパレスチナを独立国として認めることで実現すると考えていたが、実はそうではない。イスラエルは何度もパレスチナの独立を奨励した。何度となく行われた平和交渉で常に妥協したのはイスラエルの方である。そして国連から何度となくされた独立国としてもオファーを拒絶してきたのはパレスチナの方なのだ。

パレスチナが独立国となることを拒む理由は大きく分けて二つある。一つ目にはイスラエルとの平和共存はあり得ないという宗教的な理由。だが、もっと大事なのは経済面での理由だ。パレスチナには産業などない。独立国になったとしても一国としてやっていけるような経済的基盤は全くない。彼らが今までやってこれたのはパレスチナ難民という肩書に同情した諸外国からの救済金があったからだ。やたらに独立して難民でなくなったら、その救済金が貰えなくなる。つまりパレスチナはいってみればユダヤ人嫌いの世界諸国からのお恵みで存在していただけなのだ。

しかしここでアラブ諸国がパレスチナを見捨てて共通の敵であるイランと闘うためにイスラエルと手を結んだらパレスチナはどうなるのか?

今現在パレスチナを支援している国はイランと国連諸国。しかし国連加入国のアラブ諸国がイランなどと同盟を結んでいるパレスチナ支援を止めたら他の国連加盟国である欧州諸国もそれに応じるほかないだろう。アラブ諸国とは石油関連で関係を悪化させるわけにはいかないからだ。

イランにしても、イスラエル以外にもイランを敵対視する国々が近くにあるとなると、パレスチナのテロリストにばかり頼っているわけにはいかなくなる。となるとパレスチナへの援助も減るだろう。

アラブ諸国から孤立し、イランや欧州からの救援金が途絶えたパレスチナはどうなるのか、理想としては今パレスチナを牛耳っているテロリスト軍団のハマスがパ人の反逆によって滅びることだ。

一般のパレスチナ人はユダヤ人を嫌っているとしても、イスラエル打倒より自分らの生活向上を願っているはずだ。だからこそパ側からイスラエル側へ出稼ぎに行ってるアラブ人が結構いるのだ。ハマスは金銭的な支援があるからこそ権力をふるっていられるが、それがなくなれば今のようなわけにはいかなくなるだろう。

想像してみてほしい。パレスチナ市民がハマスに反逆し、平和な独立国を願う世界を!

トランプ大統領は天才だ。これまでの中東問題の常識を蹴散らし、パレスチナを無視してイスラエルとアラブ諸国との和平に努めた。完璧な世界ならトランプ大統領こそノーベル平和賞を受賞すべきだ。

アップデート:9・11・20現在。バハレインとイスラエルの国境正常化が実現するようだ。


View comments (2)

BLMは最初から国内テロ集団だった!シカゴ暴動で見せたBLMの正体

BLMを2014年から追ってる私としては、今更全く驚くことではないが、本日BLMは先日シカゴで起きた大規模な暴動で逮捕された暴徒らを応援するラリーを開催した。

ブラックライブスマターのシカゴメンバーたちは、少なくとも6千万ドルの被害を出し13人の警官が怪我をした昨晩の略奪と暴動で、逮捕された100人を応援するためのラリーを月曜日に開いた。

このラリーはブラックライブスマターのシカゴ支部が主催し、逮捕者が拘束されているとされるシカゴ警察のサウスループ署の前で行われた。主催者の一人は略奪は(奴隷制度の)「賠償金」だと述べた。

「誰かがグッチやメイシーズやナイキから略奪したなんてどうでもいいんだよ。」BLM運動主催者のアリエル・アトキンズは「その人がちゃんと食べられて、着るものがあるかってことが大事なんだから」と語る。

はあ、飢えてる人にグッチのバッグやメイシーズの宝石やナイキの運動靴が何の役に立つんでしょうかね。テスラの販売店を襲った人間もいたが、飢えてる人にテスラってどういう関係あるんでしょうか?

さて、先日起きたシカゴでの暴動というのは、シカゴの高級商店街に何十台という自家用車で集結したBLM暴徒たちが、野外ショッピングモールの高級店を次々に襲撃、宝石や洋服など大量に略奪したという事件。

この暴動のきっかけを作ったのは、黒人犯罪者が警官に撃たれたという事件だが、犯人が先に警官に発砲したことははっきりしているので、もう正当防衛だろうとなんだろうと、とにかく黒人が警官に殺された場合には何でもありというのがBLM暴徒たちの理屈らしい。

シカゴのヒキガエル市長は(ライトフット市長ってヒキガエルに似てないかな?)ダウンタウンへ続く道を閉鎖するなどして暴徒らの集結を防ごうとしたが、あまり役には立たなかった模様。

ずっと問題になっていたのは、BLM運動家たちがアメリカ各地で起きている略奪や暴動についてどう思っているのかということだった。私は最初からBLMは平和的な市民運動などではなく反警察の国内テロ活動だと主張してきたが、多くの人たちが「反警察暴力」とか「反人種差別」というきれいごとに騙されてきた。

韓国のボーイバンド、原爆少年、おっと防弾少年団などは、自分らの収入から一億ドルをBLMに寄付するとか言ってファンたちにもBLM運動に協力するよう煽っているくらいだ。K-Popファンのやってることはサイバーテロともいえるが、その話はまた別の機会にしよう。

以前にツイッターでワシントンDCのプロバスケの日本人選手が他の選手たちと一緒にBLMデモに参加したという話をしている人がいて、同じデモの最中に暴動が起きて彫像が倒されるなどの暴力沙汰が起きていると指摘したら、彼は関係ないと言われた。

平和的なデモだと思って参加したのに、一部の人間が暴力沙汰を犯してしまった場合、私なら「暴力行為は許されない、それは私たちの運動の主意ではない、断固糾弾する」とでも声明文を出していただろう。だが、その選手がそんなことをしたという話は効かない。自分が参加している運動が暴力を繰り返しているのにそれを全く批判もせずに無視していたら、自分も暴力を甘受していると思われても仕方ないと思う。

BLMの連中は、BLMの名の元でで起きている数々の暴動や略奪を糾弾しない。いや、それどころかかえって奨励するようなことまで言っている。もしBLM運動が暴力を奨励しているかどうか少しでも疑惑を持っていた人がいるなら、このシカゴでのラリーでBLMの正体がはっきりしたはずだ。


View comments (2)

旧左翼対新左翼、アンティファにどれだけ迎合してもアンティファ攻撃の的になる体制派左翼

民主党が政権を握るオレゴン州のポートランド市では、二か月以上も毎晩のようにアンティファ暴徒らによる連邦政府施設攻撃が続いている。昨晩などは、裁判所を攻撃するなと二人のBLM支持老婦人がアンティファ暴徒の前に立ちふさがり、その老婦人がペンキを投げつけられるなどの暴力を受けたりした。

ポートランド市民はバリバリ左翼とはいうものの、いい加減アンティファ暴徒らによる暴力沙汰には嫌気がさしている。

しかしポートランド市のテッド・ウィーラー市長は自身がバリバリ左翼。もう2016年からアンティファの暴虐を黙認し、警察局長も兼ねている市長はアンティファ取り締まりを全くしてこなかった。連邦政府のビルが破壊されようとして、連邦警察隊が出動しても、市警は連邦組織に全く協力しないばかりか、連邦警察は即撤退するよう命令するなどの姿勢を見せていた。

先日などは「平和的なデモ」が起きてるポートランド市街に繰り出し、アンティファと一緒にデモ行進に参加。まるっきりアンティファの仲間気取りだった。しかしアンティファ側はウィーラー市長を全く信用していない。アンティファは市長にポートランド警察の完全解体、拘束されているアンティファメンバーの釈放など無理難題を吹っ掛けた挙句、ウィーラー市長の辞任を要求した。ウィーラーが回答に戸惑っていたその時、泣きっ面に鉢とばかrに連邦警察が発砲した催涙弾にかかってさんざんな目にあった。

まあ身から出た錆とはいうものの、アンティファはウィーラー市長が考えているほど生ぬるい存在ではなかったということだ。ウィーラー市長は自分が左翼だからアンティファに迎合すれば自分だけは見逃してもらえるとでも思ったのか、あわよくばアンティファを配下においてポートランド市全体をコントロールできるとでも思っていたのだろうが、アンティファにとって体制派左翼は共和党と同じかそれ以上の敵なのである。

アンティファに敵視されてやっと目が覚めたウィーラー市長は、先日アンティファの暴力を糾弾し、彼らは殺人を犯そうとしている、と批判した。今更なにをいっとるんじゃ、と言いたいところだが、Better late than neverという言い回しがあるように、遅くてもやらないよりはましだろう。

ウィーラー市長が「殺人を犯そうとしている」と言っているのは、先日、アンティファ連中がポートランド警察署に警官が中に居るにも関わらず放火し、出口を塞ぐ行為にでたことを指している。

しかし同市長は未だに、放火によって警察官の命が危機にさらされたことを糾弾するのではなく、こんなことをすればトランプ再選の選挙宣伝に利用されるだけだとバカげたことを言っている。自分の市の秩序が乱れに乱れている時に、自分が責任ある警察署が燃やされかけ警察官の命が危ぶまれているときに、選挙の話なんかしている場合か!

アンティファ連中から敵視されている左翼政治家はポートランド市長や市議会だけではない。ワシントン州のシアトル市でCHAZとかCHOPとか言ってダウンタウンの商店街を乗っ取ったアンティファ連中も、極左翼の市長や市議会議員らの自宅におしかけ、住宅街で騒がしいデモをやったり、議員たちの家に落書きをしたりしている。シアトル警察署長の家にアンティファ連中が集まってきた時は、近所の人たちが道を塞いでアンティファ暴徒を追い返すという場面もあった。

ポートランドもシアトルも市民は往々にして左翼リベラルではあるが、決してBLM/ANTIFAの暴力行為は支持していない。またBLMのメッセージには同意している人たちも、アンティファがBLM運動を乗っ取ってしまったと思っているし、最近の世論調査によれば、黒人の間でも81%以上が警察を解体するどころか、もっと警察による取り締まりを厳しくしてほしいと考えている。

アンティファの暴動は連邦施設のあるダウンタウンにとどまらず、今や郊外の住宅地にまで及び、一般市民の間から法と秩序を求める声が高まっている。

ウィーラー市長の言い分は確かに正しい。この体制派左翼と革新派左翼の戦いは決して左翼への国民の支持を得ることは出来ない。左翼による暴力沙汰が激化すればするほど、市民の民主党への支持は離れていくだけだ。特にトランプ大統領が法と秩序を全面的に押し出してくれば、人々の心は自然と共和党への移り変わっていくだろう。

だが、今大事なのは選挙ではなく、市民の安全を守ることだ。左翼だろうと右翼だろうと市長の一番の責任はそこにあるはずだ。


Comment

BLMに背を向けるアメリカ世論

ちょっと前にポートランド住まいの若い女性が、自分のSNSで、最近高校時代の友達と話しをしていて、夜ごとに渡る暴動を全く取り締まらない地元の民主党政治家にはいい加減嫌気がさした、自分はずっと民主党支持だったが今度の選挙では共和党に入れると友達とも話あったと言っているビデオを観た。

この女性だけでなく、当初はブラックライブスマター(BLM)の平和的なデモに参加したポートランド地元民ですらも、毎晩聞こえる騒音や催涙ガスのために、もう何週間も安眠できないと苦情を述べている。そして主に白人だらけのアンティファ暴徒たちに対しても、BLM運動は何か全く違うものに乗っ取られてしまったと嘆く。

BLM/ANTIFA連中が、道路を塞いだり、連邦政府のビルを破壊したりする行為は一般のアメリカ市民から全く支持を得ていない。左翼メディアがどれだけ「平和的なデモ」などと言ってみても、毎日のように騒音や催涙ガスで眠れないポートランドのひとたちにはむなしく聞こえる。

さて、最近ラスマスンの世論調査で、アメリカ人の大多数が黒人の方が誰よりも人種差別者だと考えていることが分かった。BLM運動家に言わせると黒人が人種差別者にはなりえない。なぜなら人種差別とは権力のある者のみが権力のない人間に及ぼせる力だからというもの。しかし大多数のアメリカ人はそう思っていない。

ラスマスンの電話とオンライン調査では75%のアメリカ人が誰でも人種差別者になりえると答え、一つのグループが他のグループを人種や血筋を理由に差別する行為は誰によっても人種差別だと考えていることがわかった。

この回答者の間で白人が一番人種差別者であると答えたのは18%、黒人と答えたのは25%、ラテン系が15%、東洋人は13%という結果がでた。つまり、黒人が一番人種差別者だと思っているアメリカ人が圧倒的に多いということになる。

また同じくラスマスンの調査において、「黒人の命が大事」というブラックライブスマターより、「すべての命が大事」とするオールライブスマターというスローガンのほうに同意すると考える人が二倍もいることがわかった。1000人の有権者を対象に「どちらのスローガンが自分の考えに近いか」という質問に対し、「黒人の命が大事」を選んだのはわずか30%だったが、「すべての命が大事」を選んだのは59%だった。

これだけBLM運動が盛んになっているのだから、アメリカ人のほとんどはBLM運動を支持しているのではないかと錯覚するが、実はそうでもないようだ。


Comment

アメリカ軍隊がアメリカ市民に銃を向ける日、窮地に立たされるトランプ大統領

先日ホワイトハウス前に作られた臨時のフェンスを暴徒たちが取り除き、シークレットサービスをはやし立てるという騒ぎが起きた。トランプ大統領は昨日、アンティファを含む国内テロリストには断固たる対処をする、そのためには軍隊の動員も辞さないと発表した。そして本日、遂にホワイトハウス前に軍隊が出動した。

これは由々しき事態である。読者諸氏がご存知だと思うが、私は政府による独裁は断固反対な立場だ。しかし大統領の尊厳は守られなければならないし、法と秩序は自由社会の基盤である。

アメリカという国は常に軍隊は外敵と戦うものであり、国民を弾圧するために使われてはならないと考えて来た。だからこそ国民は政府の独裁と戦うために個々人が銃で武装する権利が保証されているのだ。

しかし今回のように、大多数の国民の意思に反して一部の過激派が暴走した場合はどうすればいいのか。一部とはいえ広域に広がり大量の人間が動員された、言ってみれば革命のようなことが起こりつつある場合、政府はそうした行為を放っておくわけには行かない。なぜならこれを放置すれば、アメリカで内乱が起きてしまうからだ。

すでに警察の手が行きわたらなくなった地域で、一般市民が銃を構えて略奪者と戦うという例が起きている。1992年のLA暴動の時も韓国人商店街の人達がライフルを持ち出して屋上から略奪者をけん制した例もあるように、今回も多くの市民が自分のものは自分で守るという姿勢を見せ始めているのだ。こうなってくると警察はいったい誰が味方で誰が敵なのか見境がつかなくなる。内乱は絶対に避けなければならない。

私はメディアの報道の仕方に非常に腹を立てている。奴らはアンティファが左翼だから、左翼の味方をしようと略奪者の暴力を煽っている。メディアのアホどもは解っていない。アンティファの目的はアメリカ崩壊だ。単にトランプを引き下ろすことだけが目的ではないのだ。それに、メディアのアホどもはトランプの強さも理解していない。トランプはアンティファめがけて武力で応戦することも辞さない覚悟だ。そうなったらアンティファやメディアに煽られて騒ぎたいだけの馬鹿市民が無意味な死を遂げることになるのだ。例え死ななくても連邦政府にたてをつけば、20歳やそこらの思慮分別のつかない若者が一生を無駄にすることになるのだ。

アンティファ連中は自分らは遠くから高みの見物をするだろう。実際に前線に立って軍隊の矛先を向けられるのは狂気に酔った純粋だが愚かな若者たちだけだ。そうやってアメリカ市民に銃を向けたトランプ大統領がファシストとして責められ失脚することをメディアもアンティファも目論んでいる。

だがそう簡単に事は済むだろうか?

メディアもアンティファも、そして民主党も勘違いしているが、アメリカは彼らが思うほど左に傾いていない。いや、それをいうなら多分口には出さないがほとんどの国民は法と秩序を守る保守に傾いている。今回のロックダウンでひどい目にあったのは中小企業。ロックダウンをなるべく早く終わらせようと努力していたのはトランプ大統領。アンティファ扇動の略奪で一番被害を受けているのが同じ中小企業だ。それをやっつけようと努力しているのがトランプ大統領。

働き者の善良な市民は破壊しか興味のない左翼や民主党に寄り添うだろうか?それとも私こそが法と秩序だと豪語するトランプ大統領を支持するだろうか?

アンティファの狙いはトランプ政権の軍隊に国民に発砲させ、そらみろトランプ政権はファシストだ、とやりたいのだ。だが私は信じたい。アメリカ国民はアンティファやメディアが思うほど馬鹿ではないと。奴らの作戦にそう簡単には乗らないことを。


Comment

アメリカ各地で起きてる暴動はアンティファによる計画的なもの!

今、アメリカ各地で起きている暴動は、警察官によって殺された黒人青年への扱いに抗議したデモが発端だとされているが、実はこの暴動は左翼テロ軍団アンティファによって計画的に行われたもののようだ。

下記の写真のように、何故かデモ行進の通り道にレンガが山積みになっていたり、火炎瓶が用意されていたり、水のペットボトルが置かれたりしているというのだ。

アンティファにとってジョージ・フロイド抗議デモは格好の隠れ蓑となった。彼らはもともとアメリカ国内で暴動を起こす計画があったのだ。しかし何の理由もなく突発的に起きるより、すべての暴力沙汰をデモ参加者のせいに出来れば全くの好都合だ。そうやって人種間亀裂を煽り政府への反感を煽り社会秩序を目指すことが彼らの目的だ。

またこれはよもぎねこさんはじめ、何人かの人が指摘しておられるが、中共が先日トランプが発表した中国成敗の話から話題をそらすために、またG7会議を阻止するために、アンティファを焚きつけたのではないかという話もある。これはタイミング的にみて決して陰謀説で片づけられることではない。


View comments (2)