昨日はイースターサンデー(復活祭の日曜日)。アメリカも各地暖かくなり、家族やご近所さんを集めて裏庭バーベキューをするには絶好の日よりだ。裏庭バーベキューといえば欠かせないのがビール。イースターはどこのお店も閉まっているので、開いてる店といえば大型スーパーのウォールマートくらいだが、ビールの棚はほぼ空っぽ。ただ一つの銘柄だけは何故かしっかり棚にびっしりならんでいる。それがアナハイザ―ブッシュの人気商品バドライト(Bud Light)ビール。

私はビール飲みではないが、バドライトははっきり言ってそれほど美味しいビールではない。ただ他の銘柄より多少値段も安く、ブルーカラーの男たちには愛されているビールである。ではなぜそんな人気ビールがビールの日ともいえるイースターサンデーに売り切れもせずに棚に残ったままなのか、実はこれ、トランスジェンダーが関係している。

は?なんでブルーカラーに人気のビールとトランスジェンダーが関係あるの?そう、その通り、まるで関係ない。そこが問題。

実は数日前、バッドライトは「女の子の日何日目!」で人気を博したディラン・モルベイニーをバッドライトのスポークスマンにすることになり、なんとディランの顔がついたバッドライト缶ビールを売りに出したのだ!ティックトックでは「アタシ、スポーツとか全然わからないけど、乾杯!」とかいってディランが厚化粧の女装姿でビールを飲む動画が挙げられた。

Bud Light; Dylan Mulvaney

INSTAGRAM (@DYLANMULVANEY); SHUTTERSTOCK

これに腹を立てたのがバドワイザーライトの愛好家たち。彼らは政治的には保守派が多く、身体を使う労働の後、家に帰ると安楽椅子にどっかりと腰を下ろしてビールを飲みながらスポーツを観るような男たちである。彼等にとってトランスカルトなど異次元の世界だし、女装男などが彼等に混じったらどれだけヤジが飛ぶことか。そんな顧客層が愛好しているビールのコマーシャルを女装男のディランにやらせるとは彼等に対する侮辱である。それでポリコレ政治とビールを混同するな!とばかりに客たちがボイコットを始めたのだ。

もっともボイコットなどというものはちょっとやそっとでは効き目がない。アナハイザーブッシュは大手企業だし、少数の地方ブルカラーワーカーが短期間ボイコットしたからといってさほどの影響はないだろう。だからもしやるのであれば、徹底的にやらなければだめである。

マット・ウォルシも先日Twitterで言っていたが、WOKE企業はいくらもあるので、それらの商品をすべてボイコットなどしていたら生活はできない。だからもしやるなら、一つの商品だけをピンポイントで徹底的に見せしめとして攻撃する必要がある。そうでないとWOKE企業はどうせ保守派は口だけだと高を括り、また同じことを繰り返すだろう。

それにしてもなぜバドライトは自社製品の愛好家たちをコケにするような宣伝を始めたのだろうか。バドライトのマーケティング責任者アリーサ・ハイナーシード(Alissa Heinerscheid)女史は、バドライトの売り上げは年々下がっており、柄の悪い大学生男子が飲むビールというイメージから脱却して、もっと包括的なイメージをつくり、新しい顧客を得る必要があると話している。新しい顧客層を掴むというのはマーケティング責任者として当然のことではあるが、だからといって現存する顧客を排除するというのは賢いマーケティングと言えるだろうか?

幸いにして、ビールはなにもバドライトだけではない。前にも書いたようにバドライトは特に美味しいビールでもないし、同質で同じような値段ならミラーもミカロブもある。この際だから地元のマイクロブルーリーのビールを試してみるのも悪くないだろう。バドライトの代わりになるものはいくらでもあるのだから、永久的にバドライトをボイコットするのは簡単なはずだ。ウォルシも言うように、このボイコットは徹底的に長期にわたって続けなければならない。そしてアナハイザ―ブッシュが完全にバドライと製造を辞めるところまで追い込まなければならないのだ。

SNS上では近所のバーや小売店で誰もバドライトを買っていないという話がどんどんあがっているが、これは続けてほしいものだ。

Get Woke, Go Broke, を実現させてほしい。


4 responses to 顧客を理解できないバドライトビールのお目覚め主義、ボイコット始まる

苺畑カカシ11 months ago

https://notthebee.com/article/bud-light-sales-have-fallen-off-a-cliff-in-just-one-week-costing-the-brand-millions
Bud Light sales have fallen off a steep cliff in only one week following Dylan-Mulvaney-gate, costing the brand millions
Case & Bucks near Anheuser-Busch’s HQ in St. Louis has seen a 30% drop in Bud Light bottle sales and a 50% drop in Bud Light on tap.
Braintree Brewhouse in Massachusetts, a huge sports bar near liberal Boston, normally sells 25 Bud Light bottles to each bottle of rivals Miller Lite and Coors Light, but this week there has been an 80% drop in Bud Light drinkers. Owner Alex Kesaris went an extra step and found out that the 20% who did order Bud Light hadn’t heard the news, but said “they didn’t order it again” after other customers told them about Dylan Mulvaney.
A bar in Texas with a dart league sponsored by Bud Light normally sells three kegs of Bud Light during the weekly event, or 495 12-ounce bottles. The bar only sold FOUR 12-ounce bottles this week, a decline of 99%.
A pub in the LGBT-friendly neighborhood of Hell’s Kitchen in uber-liberal New York City reported a 58% drop in Bud Light draft sales and a 70% drop in bottle sales.

ReplyEdit
よもぎねこ11 months ago

 缶のデザインが凄く気持ち悪いです。
 何も知らない人が見ても、気持ち悪いのでは?

 上の記事を自動翻訳で読んだら、LBGTフレンドリー地区でも売れ行きが激減しているのですね。
 ホントにLGBTフレンドリーな人でも、こんな気持ち悪い缶で、こんなわざとらしい宣伝されたら、腹が立つのかも?

ReplyEdit
    苺畑カカシ11 months ago

    この缶自体がどれだけ売られているのか分かりませんが、このキャンペーンは大失敗で、すでにアナハイザーブッシュは40億ドルの損失を出しているという話です。このボイコットを人々が続けられるかどうかわかりませんが、もし数か月間でも続けられればかなりの痛手となるでしょう。

    ReplyEdit
苺畑カカシ11 months ago

本日、近所のスーパーへ買い物に行ったら、バドワイザービールとバドライトだけが別売りで積んでありセールになっていた。他のビールは普通にビールの棚に並んでるのに。不思議だ。

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *