Detroit homeowner shoots, kills armed suspect he says pulled out gun: ‘I had to defend myself’ | Fox News

今週の火曜日の早朝、自宅に押し入ろうとする男を家主の男性が撃ち殺すという事件がおきた。

火曜日の朝4時30分ごろ、マイソ・ジャクソンさんは20年来住んでいる自宅のドアをどんどんと叩く音で目をさました。モニターを観ると見知らぬ男が何か叫んでいる。

男はこの家に自分に金を借りてる男が住んでると訳の分からないことを叫んでいた。ジャクソンさんはそんな人は居ないと家のなかから答えたが、男は納得せず去ろうとしなかったのでジャクソンさんは警察を呼んだ。

しかし警察が到着するまえに自体はエスカレートした。男がジャクソンさんの家の窓ガラスを割ったのだ。ジャクソンさんは8年前に購入し自衛の訓練を受けていた銃で武装して外へ出、男に去るようにもう一度命令した。

しかし男は今度は自分の銃を取り出しジャクソンさんに向けようとした。

この時点で私の命か奴のかとなりました。誰も傷つけたくなかったのですが、奴は諦めなかった。自分を守るしかなかった。だから奴を撃ったのです。

ジャクソンさんは4発、男の胸めがけて発砲。男はその場で即死した。

到着した警官はジャクソンさんに手錠をかけて一旦警察署に連行し数時間にわたって尋問したが、結局罪には問われず解放した。誰かが殺された場合は一応こういう捜査をするのが通常のやり方だという。

犯人の素性はまだ明らかにされていない。

ジャクソンさんは自分の体験談をかたることで他の人たちもいざと言う時の準備を怠らないようになればいいと語っている。

「何も抵抗せずに他人に無理強いされたり傷つけられたりしてはいけない、自分のことは自分で守らなければならない。」とジャクソンさんは語った。


1 response to 恒例、銃による正当防衛ニュース、デトロイトの男性、自宅に押し入ろうとする強盗を成敗

Leave a Reply

Your email address will not be published.