以前はよく書いていた銃を使った正当防衛に関するニュースを、今後ももっと紹介していこう。

先ずは70歳の女性が自宅に押し入った強盗を撃ち殺したという。事件。70-year-old Florida woman shoots, kills suspected home intruder: ‘I’m a fighter’ | Fox News

去る㋄24日、フロリダ州オレンジ郡在住のバージニア・モリソンさん70歳の自宅に男が侵入してきた。モリソンさんは箒で男を何回か殴ったが男は全く怯まず突進してきた。モリソンさんのパートナーのチャーリーさんが銃を威嚇砲を発砲したが、男はそれにも怯まずさらに前進。モリソンさんは自分の銃を取り出し男の頭上に発砲。それでも男が後退しなかったため、モリソンさんは銃口を下げて男の胸に発砲。男は即死した。

「男が何をしようとしているのかは解りませんでした。でも私は自分を守れねばならないと思いました。私はファイターです。私は自分を守ります。」とモリソンさん。

卒業パーティの乱射男を女性が射殺Woman with Pistol Stops Man Firing at Graduation Party Crowd with AR-15 (breitbart.com)

ウエストバージニア、AR-15で武装した男が卒業パーティに乱入して発砲。銃携帯の女性にその場で射殺され一人の被害者も出なかった。

チャールストン市で水曜日の夜、デニス・バトラー(37歳)はARー15で武装し卒業パーティに出席していた何十人もの人々に向かって発砲。

その場にいた女性が自分のピストルを抜いて応戦し、男を射殺した。出席者に怪我人はなかった。

もし彼女の勇敢な行為がなければ、いったいどれだけの人が犠牲になっていたことだろう。


Leave a Reply

Your email address will not be published.