実は以前に私は「性転換手術をしても変わらない男性の狂暴性」というエントリーを書いた。これは男性から女性に転換したとされるいわゆるMtFのトランスジェンダーたちの犯罪率の話を書いたものだ。しかしコメンターさんのなかから、この調査は性転換手術を受けている人と受けていない人とが混ざっているため、性転換後に犯罪率が変化するかどうかは分からないというコメントがあり、確かにそうだなと思い直して題名を「トランスジェンダー女性を自称しても変わらない男性の狂暴性」と書き換えた。このエントリーの結論は、男性は女性を自認しようがどうしようがその狂暴性は変わらず、圧倒的に多数の暴力犯罪を犯すというものだった。

ところが最近、性転換手術を受けたMtFでも術後の犯罪率は一般の同年代の男性たちと全く変化がないという調査書を発見した。Evidence and Data on Trans Women’s Offending Rateshttps://committees.parliament.uk/writtenevidence/18973/pdf/

これはスエーデンで行われた調査だが、対象はすでに性適合手術を受けホルモン治療を長年受け法律上も女性となった人々である。それによると、

MtFは一般女性より6倍も高い率で犯罪を犯す確率が高い。暴力的な犯罪になるとその確率は18倍にもなる。しかしこれは一般の男性の犯罪率と比べると特に変わりはないという。彼らはすべて手術済なので自称トランスのなりすましは含まれていない。

よくトランスジェンダーの人たちは男性の身体に女性の脳で生まれてしまったなどというが、脳みそも身体の一部である以上、脳だけ女性なんてことがあるはずがない。脳は女性だという男性でも脳みそのDNAはXYであり、脳だけXXなんて人は居ない。しかしこの調査をから判断すると、たとえ去勢して男性ホルモンの分泌が落ちた人でも、男性的な攻撃的な性格を変わらないということになる。

第二次性徴を男として通り過ぎた男性は、たとえ後になって女性ホルモンをいくら投与してみても男性体としての筋力は女性の何倍もあり、同体格の女性と格闘しても圧倒的に有利である。それでも彼らが女性と同じくらいおしとやかであれば別だが、その攻撃的な性格が男性と全く変わっていないとなると、一般女性とMtFとの交流には非常な注意を要する。つまり、同じ女だから安心、という油断は禁物だということである。

さて、ここで問題になるのが刑務所である。前回も話した通り、カリフォルニアも含めイギリスやアメリカでは自称女性の男性服役者が女子収容所に移されるということがすでに起きており、女子囚人たちや看守の間から苦情が殺到している。(当たり前)

刑務所というところはすでに犯罪を犯した人が服役している場所であるから、そこにいる男性はかなり狂暴な人間である可能性が高い。特にトランスとして移転を許可されるのはそれなりに長期に服役している犯罪者だ。なぜなら数か月や1~2年の刑では、移転希望が聞き入れられるまでの間に釈放になってしまう可能性が高いからである。ということは長期服役するような重犯罪を犯した男のみが女子施設に移転が叶うという不思議な状況が起きてしまう。

このリポートの第二の調査によると、自称トランスによる性犯罪は一般男性よりもずっと高率であるという結果が出ている。これは2019年4月の調査結果だが、

自称女のトランスが性犯罪者である確率は58.9%、女性服役者の性犯罪者率は3.3%、男性服役者の性犯罪率は16.8%と性犯罪者がトランスを自認する確率は一般男性服役者の5倍以上である!

私は以前からずっと言ってきた。女装してまで女性施設に侵入しようとしている男は一般男性よりもずっと危険だと。そうまでして女の空間に入り込もうとする男に碌や奴はいないのだ。

どれだけ自分は女だと言ってみても、たとえ去勢手術を受けていても、男が男たる狂暴な性格を変えることはできない。ましてや手術も受けていない自認のみの男を受け入れるなどもってのほかである。もともと狂暴な男たちがか弱い女性たちの間に送られるなど、こんな理不尽なことを許してはいけない。この非人道的な方針が覆るまで、我々一般人は戦い続ける必要がある。

日本ではまだそこまで狂った状況にはなっていない。どうかどうか、日本の皆さんは女性の人権を守るために、LGBT運動の横暴に立ち向かってほしい。そうでないとイギリスやアメリカで起きているような気違い沙汰が日本でもおきてしまうのだから。



9 responses to 性転換手術をしても変わらない男性の狂暴性

よもぎねこ3 months ago

 こんなすごいのが出てきました。

 同性カップル 男性時の凍結保存精子でもうけた子 認知求め提訴
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210604/k10013068041000.html

 男性性器を切除して戸籍変更をしながら、女性と同棲して子供を作っています。 
 性器を切除する前に精子を凍結保存していたのです。

 日本では未成年の子供がいる場合は戸籍変更が認められません。 これは子供の立場を考えてのことですが、しかしこの男は性器を切除して戸籍変更をしてから、凍結精子で子供を作ったのです。

 ワタシは本物のトランスジェンダーなら女性に性欲は持たないと思ったのですが、ここまでやる男がいるとなると、性器切除しても本当に男の性欲は変わらないとしか言えません。

 これじゃホントに女子トイレや女湯に入れるわけにはいきません。

 そもそも何の為にトイレや浴場を男女別にしているかと言えば、こういう場所に性的な関心を持つ人間が入ってこられるのが不快だし、また性犯罪の危険があるからです。

 しかし性器を切除しても女性と同棲する人間なら到底受け入れられません。
 
 トランスジェンダーの人権が~~!!
 と言っている連中は女性の人権を無視しています。

ReplyEdit
    苺畑カカシ3 months ago

    トランスではない人たちは長い間誤解していたのですが、トランスジェンダーというのは同性愛者が異性愛者になりたくてトランジッション(移行)するのだと思ってましたよね。例えば振付師のカバちゃんのように。あの人はもともとゲイで、女子になって男性を愛したいという人ですよね。我々の持つトランスジェンダー女性のイメージとはああいう人です。もしトランス女性がカバちゃんのような人ばかりだったら、我々女性は特に脅威を感じる必要はありません。

    でも事実はかなり違うということが最近わかってきました。世の中には女として女と性交したいと思ってる変態が結構いるのです。そういう人間はたとえ去勢手術をしていたとしても女性にとっては脅威なのです。男が男たるのは単に男性器があるかないかではないからです。

    最近になって、手術を受けていなくても自己申告だけで女性と認めろという男が出てきてますが、ああいう輩のほとんどが異性愛者だと私は確信します。戸籍を変えてまで女子専用施設に入り込もうなどと企む輩に碌な人間がいるわけがありません。

    絶対に許してはなりません。

    ReplyEdit
      苺畑カカシ3 months ago

      精子を凍結していたということは、最初から子供を作るつもりだったということですよね。それなのに手術までして性別を変えるとは、いったいどういう変態なんだ?と思います。生まれてくる子供がかわいそうです。

      ReplyEdit
苺畑カカシ3 months ago

100歩譲って自分を異性だと思い込んでるトランスジェンダーなる人々が居るとしよう。だが彼らの性癖も犯罪傾向も全て生物学的性のままであるならば、実社会においてこの人間を異性として扱うのは危険を伴う。

MtFに限って言うならば、MtFによる性犯罪率や暴力的犯罪率が一般男性と全く同じか、それ以上であった場合、彼らを女性として女性空間に受け入れるのは女性にとって極めて危険である。女装しようが女性言葉を使おうがそれは彼らの勝手だが、彼らはあくまで女装男子なのであり女性ではないのだということを大前提に置くべきである。

女子刑務所に移転された男子囚人が女子囚人に性的暴力を加える事件が欧米で続出している。彼らは本当のMtFなのか?それともただのなりすましなのか?はっきり言ってそれはどうでもいいことなのだ。なぜなら彼らが単なるなりすましであるとしたら、医者は彼らの嘘を見抜くことが出来ないということになるので、医師の診断書など無意味ということになる。

一方、もしも彼らが本物のMtFであるなら、MtFも普通の男性と同じように性犯罪を犯す可能性があるということになる。どちらにしても、女性にとっては男性もMtFも同じように危険な存在だ。いや、MtFの方が女性を装って女性を虚偽に安心させている分、もっと危険な存在だと言える。

ReplyEdit
名無しの権兵衛3 months ago

マスコミでは、同性カップルが精子提供で子供を持ったとか、養子に迎えた話を進歩的な話、美談のように報じていますが、当事者たる子どもの気持ちが置き去りにされているなと感じるのです。
精子バンクから買われた精子や精子提供で生まれた人が、自分が「買われてきたモノ」という感覚に囚われ、出自に苦悩しているらしいのです。自分が、父と母が愛し合って生まれてきたのではないことが、衝撃だったようなのですが、これは当人でしかわからないことでしょう。
卵子提供や精子提供で生まれたり子供や同性婚家庭の養子になった人が、「普通の男親と女親の家庭で育ちたかった」「お父さんとお母さんが愛し合ってこの世に生まれたかった」と言ったら、どう返答するのでしょうか?子供の気持ちや人権はどうなるのか?と最近の報道を見て、つくづく思います。
私のお会いした同性愛の男性は、「子供はペットじゃない。子供には男のパパと女のママが必要。パパは男にしかなれないし、ママは女にしかなれない」と言って、同性愛者が養子を迎えることに反対の立場でした。同性愛者も意見は多種多様で、同性婚の合法化運動を迷惑に思っている人もいるのに、マスコミは特定の人間の特定の意見しか報じないのです。
特定の意見しか報じられないのは、世論誘導が目的でしょうから、私たちは安易に乗ってはならないと思います。

ReplyEdit
    苺畑カカシ3 months ago

    アメリカで同性婚が合法になる直前、レズビアンカップルに育てられた大人たちの悲痛な声を色々聞きました。片親が同性愛者の場合家庭環境が安定せず、子供たちが麻薬中毒になったり高校を中退したりと色々な弊害が起きています。何故日本の特例法が未成年の子供がいないことを条件にしているのかよく分かります。

    ReplyEdit
かんぱち3 months ago

ニコニコ動画が今よりずっと人気があって、私もよく見ていた5年くらい前には、「ニコ生主」 と呼ばれるライブ配信者の中に女装趣味の人もいたのを思い出しました。カテゴライズするなら 「女性が好きなトランス女性」 でした。完全に女性にしか見えなくて、声が男なのと、女に化ける (化粧する) ところも公開していたことで 「女装している男性」 だとわかるくらいでした。その人のライブ配信には、毎回数千人の視聴者が集まっていました。

その人は、最近のトランスジェンダーとは違って、変な主張もしていなかったし、もともとニコ生主にはおかしな人が多かった(笑) ので、私の中では 「おもしろいニコ生主の1人」 でしかなく、すっかり忘れていました。それにしてもほんの数年前までは、日本のネット民は性的マイノリティに好意的だったんですよね。性的マイノリティの人達も変な主張はせず、むしろ自ら笑いのネタにしていたし。それがわずか数年で、ここまで変わってしまうとは・・・。

ところで、よもぎねこさんが貼ったNHKニュースですが、ニュース自体もすごいけど、記事中の写真もすごいですね。0歳児と2歳児を子育て中の 「女性」 が、裁判を起こして、ド派手なネイルで記者会見って・・・。

ReplyEdit
    苺畑カカシ3 months ago

    ユーチューブでも女装してニュースを読んでる人がいます。別に女装であることに全く拘った話題は取り上げておらず、普通の時事問題だけ取り上げてる人なんですが。なんで女装なんだろうとは思いますね。

    あの記者会見の様子をよく見てなかったんですが、よくよく見たら、またあの仲岡しゅん、て女装弁護士なんですね。あの人最近トランスの件でやたら見かけますね。彼のエッセー読みましたけど、男性器ついたまま女湯に入るトランスなんか居ないという定番のお惚けをしていて呆れました。自分もトランスなんだから、そういうけしからん奴が回りにいくらでもいるだろうに。

    ReplyEdit
苺畑カカシ3 months ago

MtF選手のオリンピック参加について色々調べてたら、アメリカ空軍で女性ホルモンを接種する前後での男性の運動能力に関する調査を見つけたので張っておく。あとでじっくり読もう。
https://bjsm.bmj.com/content/55/11/577

ReplyEdit

Leave a Reply to よもぎねこ Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *