Image

のっけから今晩の夕食の豚汁ときんぴらごぼう。実は先週末カリフォルニアにいくつか支店のある日系マーケット虹屋さんの広告が流れて来たので、ツイッターで知り合いになったカリフォルニア在住の方々と週末には何を買おうかにを買おうと井戸端会議になった。そこで私は去る日曜日、混まない時間帯を狙って買い物に出かけた。

このロックダウンが始まってから、スーパーに一度に入店できる人数は限られているため、混む時間帯にいくと外で数十分待たされるのは普通だ。それで朝の10時ごろを狙っていったのだが、期待通り買い物客は少なく待たずにすんなり入店することが出来た。久しぶりに日系マーケットに行ったので、普段手に入らないごぼうやこんにゃくやさつま揚げなどを買って帰った。

カリフォルニアのスーパーでは、日本ではごく普通にある、ごぼう、大根、レンコン、里芋、といったものは売っていない。あったとしても古くてしなびていたり、ひどいのになるとカビが生えていたりする。仕入れをする人がどんなものが良いかを判断できないからだろう。

また肉類でもカリフォルニアの意識高い系市民は脂肪の多い部分を非常に嫌うので、肉バラだの豚の細切れなどというものには先ずお目にかかれない。また魚の種類も限られており、日本のよう多様な魚の切り身が手に入るということもない。しかしカリフォルニアは色々な国からの移民がいるので、移民系のエスニックマーケットに行けば結構色々なものが手に入る。ちなみに今回の豚バラはアルメニア系マーケットで購入した。

写真写りを気にして大盛にしたせいか、SNSに載せたら「ボリューム一杯ですね」「さすが具の切り方がアメリカ風で大き目ですね」「お汁というよりおかずですね」と言ったコメントが多くてちょっと意外だった。やはりアメリカに40年も住んでいると、日本食でも感覚がかなり変わってしまうようだ。

ご存じのようにアメリカ人の主食はごはんやパンといった炭水化物ではなく肉である。だから私の感覚では肉が入っているものが主品となるため、豚肉が入っている豚汁は必然的に主役。ごはんやキンピラは付け合わせである。逆に豚汁がおかずでないとしたら、日本の食卓では何が主品となるのだろう?やっぱり焼き魚とかかな?

ともかく美味しくいただきました。ごぼうが非常に美味しかったです。


Leave a Reply

Your email address will not be published.