極左翼と化した民主党は、なにかとトランプ大統領をヒットラーになぞらえて独裁者だのナチスだのと罵っていた。しかし実際にナチス党のやったことを実現しているのは民主党の方だ。しかも、政権をとってほんの数日だというのに、ものすごいスピードで次々にバイデンフューラー(Führer)は大統領命令というペン一本でどんどん独裁的な政策を進めている。特にひどいのは、キーストンパイプライン建設の中止、フラッキング禁止、女装男の女子スポーツ参加許容、などがある。バイデンを支持したパイプライン建設業の労働組合は、裏切られたと怒っているが、バイデンは最初から何をするかを話していたので、それを知らなかったとしたら自分が悪い。トランプが嫌いだというだけでバイデンを支持したりするから、こういうことになるのだ。

さて、それはともかく、最近民主党は共和党やトランプ支持の人々に対して「ビッグライ・大きな嘘」という言葉を使って攻撃するようになった。つまり、先の選挙で不正があった、バイデンは不正によって大統領になった、という説は「大きな嘘」だというわけである。こちらナショナルポルスの記事から

  • ジョー・バイデンはトランプ大統領やテッド・クルーズ及びジョシュ・ハウリー上院議員が「大きな嘘」をついていると責めた。
  • ハワイ代表マージ―・ヒロノ下院議員はアンダーソン・クーバーのテレビ番組で共和党議員たちは「大きな嘘」をついていると責めた。
  • ドミニオン社はルーディー・ジュリアーニを訴え、その訴訟のなかに同弁護士が「大きな嘘」をついていると記載。
  • ジェイク・タッパー(CNNの司会者)はツイッターでなんども不正選挙説は「大きな嘘」だとツイート。

「大きな嘘もつき続ければいずれ人々は信じるようになる」というのはナチス党の参謀ヨセフ・ゲイブルが言ったとされているが、実はその根拠となるものはない。にも拘わらず、民主党は相手をナチスとなぞらえるために「大きな嘘」を間違った意味で使っている。だが皮肉なことに彼らのやっていること自体が、実はヒットラーのやり方そのものなのである。

「大きな嘘」という言葉はヒットラー自身が自著のMein Kampfの中でユダヤ人弾圧の口実に使っている。そのなかでヒットラーはユダヤ人は「大きな嘘」をついて社会を不穏に導いているとし、ユダヤ人弾圧を正当化したのである。

民主党が共和党やトランプ支持者たちが「大きな嘘」をついているとして、沈黙させようとしているやり方は、まさにヒットラーが使った手段そのものである。

民主党がやたらとナチスドイツを引き合いにだすのは、かえって自分たちの正体を晒すことになり、逆効果なのではないだろうか?


Leave a Reply

Your email address will not be published.