アメリカの主流メディアはBLM/ANTIFAのデモは「概ね平和的」という説を押し売りしているが、先日ここ三か月における左翼デモ10600件のうち、93%は平和的なデモだったという調査結果が発表された

この調査はACLED(the U.S. Crisis Project, a joint effort by the Armed Conflict Location & Event Data Project and the Bridging Divides Initiative at Princeton)という機関によって発表された。

調査によると、「10600件のデモのうち7750がBLM関係のデモだった。BLM関係のデモの93%以上が暴力沙汰を起こさない平和的なデモであった。暴力的なデモは220か所以下に限られた」とある。

この調査結果を見て、暴動の率はたった7%とみるか、7%もとみるか、それはこの7%が社会に与えた影響をきちんと考えれば自ずと答えがでるはずである。

一口に7%というが、その7%に当たる570件が暴動に発展したということを考えてほしい。BLMは、たった三か月ほどの期間に全国220か所で570件も暴動を起こしたのだ。他の93%が平和的デモであろうがなかろうが、この絶対数は恐ろしい数である。

もしもイスラム国のテロリストが三か月で全国220か所で570件ものテロ行為をしたら、我々はイスラム国はテロとテロの間はおおむね平和的な団体だなどと言うか?

どれだけの数の平和的デモが行われていようと、そんなことは何の意味もない。問題なのはBLMがどれだけ多くの暴動を起こし、どれだけの所有物を破損し、どれだけの人々を殺傷したかということなのだ。

これまでにも少数派による暴動は何度か起きているが、数年に一回数日間起きたものが何年も語り継がれるほど、暴動とは社会に大きな打撃を与えるものなのだ。ところが今回の一連の暴動は、たった三か月の間に1993年のロサンゼルス暴動規模のものが全国各地の都市220もの場所で570件も起きているのである!こんなことは前代未聞だ。それをよくも「概ね平和的」だなどとのんきがのことが言っていられるものだ。

さてこれについて、私のツイッターフィードに、なぜかフォローもしてない小山エミちゃんのツイート@emigrlが上がってきた。彼自身がアンティファメンバーなので、聞く価値もないと無視することもできるが、極左翼がどんな詭弁を使うかを知る上では興味深いとはいえる。

それで気になる部分をかいつまんで紹介しよう。エミちゃん曰く、

シアトルではBLMデモ当初にいくつか大きな騒動があったけど、それ以降はほぼずっと平和的だった、とわたしはツイッターで言ってきたけど、この報告のデータでもそれは確認できる。

ちなみにCHOPが成立して警察が積極的な弾圧を停止していた期間に暴動や暴力的な事件は一切なかった。

警察署を乗っ取り、ダウンタウンの数ブロックを封鎖して、町中落書きと汚物だだらけにして、数週間にわたり交通を止め、地元商店を脅迫したり略奪したり放火したり、毎晩のように発砲事件や殺人や強姦を犯し、挙句の果てには二人の未成年が意味もなく射殺されるに至ったCHOPで「暴力的な事件は一切なかった」と言い切れるエミちゃんの神経。アンティファ連中はこういう風だから、「概ね平和的」なんて表現がどれほど意味がないかわかるというもの。

ポートランドやシアトルにおける何か月にもわたる暴力的なデモに関してのエミちゃんの説明は、もう現実離れしすぎてめまいすらする。

ポートランドでもシアトルでも、警察による暴力が批判されるようになり、6月頃から市議会などが警察による武力行使に制限を設けるようになる。それに反比例して7月の初め頃からポートランドやシアトルに連邦政府が直接部隊を送り込んでデモ鎮圧に乗り出すようになる。

ポートランドにおけるアンティファによる暴力沙汰は6月以前から続いていた。事実ポートランドのアンティファはもう3年くらい前からずっと暴力行為を続けており、今年の五月ごろからその勢いが増してきたのだ。その暴力行為があまりにもひどくなったので、警察も催涙弾を使うなどの強硬手段に出ざる負えなくなったのだ。考えても見てほしい。なんの問題も起きていないところへ機動隊が出動する必要があるか?

警察の暴力を批判したのは、市長や極左翼のお花畑市議会の連中で、シアトル市など警察に催涙弾使用を禁止するなど武力を奪ったため市の一角がアンティファ連中に乗っ取られてしまった。後にシアトル市警の署長は抗議の辞任をしている。

連邦政府はシアトル、ポートランド、ワシントンDCをはじめ多数の都市に部隊を送り込んだけど、一番強硬な弾圧を行ったのはポートランド。前日デモに参加していた人が次の日街を歩いていたら突然数人の男(連邦職員)に頭から袋をかぶせられ車に押し込まれ連れて行かれる、みたいな例が頻発。…

地元警察が不甲斐ないので、連邦政府の施設を守るために連邦軍が派遣された。暴動中に逮捕をせず、翌日逮捕に及んだのは、暴動中に一人を逮捕しようとすると警察官が複数の暴徒に囲まれて容疑者を逃し、警官の身に危険が及ぶからである。

連邦政府がポートランドに部隊を派遣するまえ、オレゴン州で起きたデモに対して警察が出動したのは8%のみで、暴力的な介入があったケースはその中でも少なかった。ところが連邦政府が登場して以降、28%のデモで警察が武力介入を行った。ポートランドでは40%のデモで連邦を含めた警察が武力介入。連邦部隊が派遣されて以降、ポートランドのデモの62%で暴力的な事件が起きるようになる。理由はわからないけど、わたしの知り合いのポートランドの活動家の話では、あまりに警察の暴力が酷いので平和的にデモしたい人が参加できなくなり、その結果暴れたい人が増えてしまったと聞いている。

これは話が完全に逆さまだろう。暴力沙汰がひどいから連邦警察が派遣されたのに、暴力が過激化したのは連邦警察が派遣されたからだという理屈。よくもまあこういうことをいけしゃあしゃあと言えるものだ。

「連邦政府がポートランドに部隊を派遣するまえ、オレゴン州で起きたデモに対して警察が出動したのは8%のみで、暴力的な介入があったケースはその中でも少なかった。」のはアンティファが平和的だったからではなく、ポートランドの糞市長がアンティファを怖がって警察を出動させなかったからだ。

私は道路を塞いだ暴力的なアンティファどもが、通りかかる車を無理やり迂回させ、拒否する車の運転手を暴力的に脅迫し、助けを求めて警察を呼んでも警察が全く来てくれなかった状況をずっと見てきた。迂回を拒否した老人の車を集団で追いかけて、老人に暴行を加えようとしたアンティファ連中の映像も見た。

連邦警察が現れるずっと以前からポートランドのアンティファどもは平和的でなどなかったのだ!

なんにせよ、どれだけ多くの平和的デモが行われていようと、実際に莫大な数の暴動が起きている事実に変わりはない。しかもBLMを支持して多額の寄付をした企業やスポーツ選手や芸能人やK-POPの原爆シャツ少年らなどから、一言でもBLM暴動を批難する声が聞こえてこないというのも興味深いことである。


10 responses to BLMデモの93%が平和的だったという調査が語る恐ろしい現実

苺畑カカシ2 months ago

Mat Walsh に指摘されて気が付いたのだが、ティーパーティーやマーチフォーライフ(人工中絶反対運動)やトランプ支持ラリーで暴力沙汰が起きたことは一度もない。ティーパーティーに至っては、集会後みんなで掃除して帰るなどして、かえって集会場がきれいになってたりした。

右翼のプラウドボーイズやウォークアウェイのラリーに左翼が押しかけて暴力を仕掛けたことならあるが、右翼保守から暴力行為が始まった例はひとつもない。

特にマーチフォーライフなど、四十年くらい毎年何万人という人が集まって集会を開くのに、警備の警察官と衝突した例などひとつもないのだ。

つまり、平和的なデモとか集会というのは、暴力沙汰になる可能性がゼロでなければならない。もし一度でも何か起き、しかも主催者がその暴力行為を糾弾し排斥するどころか、弁護したり奨励したりするような運動は、暴力的な運動だと言われて当然なのである。

中国警察みたいに平和的なデモですら弾圧するような政府なら話は別だが。

ReplyEdit
苺畑カカシ2 months ago

4年前からBLMが行っていたテロの一部。http://hkennedy.hatenablog.com/entry/2016/07/10/132854

ReplyEdit
苺畑カカシ2 months ago

BLM co-founder describes herself as Marxist.
https://nypost.com/2020/06/25/blm-co-founder-describes-herself-as-trained-marxist/

ReplyEdit
苺畑カカシ2 months ago

BLM organizer who called looting reparation.
https://nypost.com/2020/08/13/blm-organizer-who-called-looting-reparations-doubles-down/

ReplyEdit
苺畑カカシ2 months ago

https://www.bbc.com/news/world-us-canada-34135267
“They’re a hate group. And I’ll tell you right now, I’m going to put them out of business.”

That’s what Fox News TV host Bill O’Reilly said after showing a clip of protesters in St Paul, Minnesota, holding a Black Lives Matter banner and chanting, “Pigs in a blanket, fry ’em like bacon.” O’Reilly said the chant meant “dead police officers”.

ReplyEdit
Sakura Lover2 months ago

小山エミは、米国でいわゆる慰安婦の像を立てようとする運動に対し、反対のために立ち上がった日本人、日系人を妨害した人物として知る様になったのが始まりでした。米国の反日活動家が戦前の日本はファシズムだと非難していますが、同じ文脈でこのアンティファに属するという女男は戦前の日本を糾弾しようとしてたんでしょうかね?

かれらの思考回路が全く理解できませんが、自分勝手な独裁を望んでいること(独裁主義の中共と同じ)と、自分らの正義のためには平気で嘘をつく、という点は、理解を通り越して明白な事実として私の頭の中に入っています。

ReplyEdit
苺畑カカシ1 month ago

私が小山エミを知ったのは10年以上前です。その頃は私もナイーブで、ジェンダークィアー(今で言うトランスジェンダー)の意味が解らず、非常に混乱しました。文字の上では性別がわかりませんからね。

過去に何度かやり取りをしましたが、そのうちお互い話しても無駄だと悟ったので、もう交流はありませんが、何かにつけて小山エミの名前が上がってきます。彼は昔から自分のことをマルクス主義とか言ってた記憶があります。

「自分らの正義のためには平気で嘘をつく」というのが共産主義の基本ですから。今更驚きはしませんが。

ReplyEdit
もう黙っていられない1 month ago

在米です。
多くの黒人が破壊行為の先頭に立っている者も、その殆どが黒人です。
白人排斥、黒人至上主義、白人は敵、白人の犯罪が黒人凶悪犯罪を超えるまで強奪を支持すると言い放ったBLMリーダーも黒人です。
ウォルマートなどの略奪店の破壊、街の破壊も黒人だらけです。
そういう黒人はただ白人に従う被害者で、実際は白人が指揮しているという嘘の示唆が、どれだけメディアやBLM支持層から拡散されて気持ち悪いか。

これまで天災などの被害で略奪や暴行が起きているのも、備え付けカメラに写っていたのは99%黒人です。
静かにしないといけない公共の場で集団で騒ぐ、構内でマスク装着を拒む、犯罪だろうが、マナー違反であろうが、黒人は注意されるとそれを「差別だ」と言う。黒人同士は知らない移民でも、不法移民でもbrotherで、他人種には塩対応。

BLM運動に向かって、小さな子供が居る若い白人女性が「ALL LIVES MATTER」を言ったら、BLM黒人暴動者に殺害される。黒人店主がBLMを批判すればBLM黒人に殺される。白人を狙って黒人が突き落とす、刺す、線路に突き飛ばす、銃殺する、放火する。
実際には有色人種差別より黒人からの他人種差別や嫌がらせ、凶悪犯罪が最も多い。
こういう事を伝えず、黒人VS白人に分けて、被害者ヅラで黒人差別を叫び、白人悪でyellowは黒人側だ、と糾弾する日本人もどきが滑稽です。

ReplyEdit
    苺畑カカシ1 month ago

    黒人で保守系の評論家であるキャンディス・オーウェンが言ってましたが、黒人社会の問題点は自浄作用が効かないという点です。普通自分らの仲間が不祥事を冒したら、あんな奴はもう仲間とは認めない、と言って縁を切るものですが黒人はそれをしない。どんな極悪非道な人間でも黒人だというだけで仲間扱いして排除しないのです。BLMにしたってそうです。大半のデモは平和的だなどと言ってみても、一部の人間が起こしている暴力行為を他の人が積極的に糾弾しないのであれば、彼らのいう「沈黙は暴力」となります。暴力を振るってる人間を弁護するなら、自分も暴力を振るっているのと同じです。

    黒人が警官に殺されたくなければ、黒人社会で子供の頃から犯罪を犯さないように、警官に呼び止められたら素直に警官の言うことを聴くように、不服があるなら正規の手順を踏んで抗議するように、と教えていれば警官だって無下に暴力を振るったりしません。アメリカは中国じゃないんですから。警察は黒人の敵だと常に教えているから、こういう事件が後を絶たないのです。

    黒人差別をなくすには、黒人社会が自分たちで自分たちの行動を改めていかなくちゃいけない。いくら差別はいけないと非黒人に訴えてみても、あなたが言うように、実際に黒人による犯罪が圧倒的に多いのですから仕方ない。

    日本にいる日本人は直接こうした犯罪を目の当たりにしていないので、単純に差別はいけないというBLMのプロパガンダに騙されてしまうのでしょうね。

    ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *