前回、左翼メディアやSNSが削除し隠蔽しようとした最前線医師団の記者会見のトランスクリプを見つけたのでその内容をかいつまんでご紹介しよう。最初に断っておくが、私は医師ではないし科学者でもない。だからこの医師たちが言っていることが正しいか正しくないかを判断する専門的な能力はない。だが、外出自粛とマスクだけしか政策が浮かばない自称専門家も色々間違いを犯しているし、当初の予測とはずいぶん違う状況が起きている以上、反対意見にも耳を傾ける必要があると考える。下記は私が重要だと思う部分のみを抜粋したもの。引用部分でも適当に略してあるので、突っ込みっこなし!

まずは医師団代表シモーン・ゴールド医師による挨拶。

COVID-19(武漢ウイルス)には初期と後期という二つの段階がある。ウイルスに感染した場合には治療法がある。本日我々アメリカ最前線医師団はそのことについて語りたい。なぜならこの情報は隠蔽されてきたからだ。何千という医師たちがこのウイルスはコントロールできるという良いニュースをアメリカ人に伝えようとして黙らされてきた。しかし我々はこれ以上、張り巡らされた恐怖の蜘蛛の巣の中で生き続けることはできない。

だから今日は色々な立場の医師たちにロックダウンが子供たちからお年寄りに至るまで、ビジネスや経済に関しても、どんな悪影響を及ぼしたか、そしてどうやってこの恐怖の輪廻からはい出せるかを話していただく。

最初のスピーカーは小児科医のボブ・ハミルトン医師。

私はカリフォルニア州サンタモニカで36年間開業医をしている小児科医である。子供たちはこのウイルスに非常に良く対応している。ほとんどが感染せず感染しても死亡率は五分の一パーセント。 また子供は感染源ではない。当初子供が感染し大人に移すと思われていたが事実はその反対である。子供から親に移したりはしていない。スコットランドのマーク・ウールハウス医師によれば、「生徒から教師にウイルスを映したケースは世界中一件もない」とのことだ。

感染を広めているのは子供ではなく老人である。だから子供を学校へ送りかえすことを心配する必要はない。子供の生活を正常に戻すことが今は一番大事なことだ。無論色々な方法を施し注意すべきである。しかし恐怖によって行動すべきではない。科学に基づいた行動をする必要がある。

子供たちが学校へ戻る弊害となっているのは科学ではない。教育委員会や教員の労働組合だ。教師に防護服を与えるのはいいとしても、私の地元のロサンゼルスの教師労働組合からは警察予算を削れなどという要求が出ている。いったいこれがウイルスとどういう関係があるというのだ? しかも彼らは子供たちが私立学校へ行くことを辞めさせようとしている。これらの学校でこそ子供たちが実際に教育を受けることが出来るというのに。

次のスピーカーは、ハイチ出身のステラ・イマヌエル女医。彼女は色々これまでに非科学的な発言をしてきたことで悪名高いのではあるが、実際に彼女が体験している事実を語っているとしたら非常に興味深い内容だ。

私はテキサス州ヒューストン市の内科医である。西アフリカのナイジェリアで医学を学び、マラリア患者を治療してきた。よって私はこれらの薬には経験がる。私は個人的に350人以上のCOVID患者を治療してきた。中には高血圧や喘息患者や老人も居た。最年長は92歳だった。そして結果はすべて同じだった。患者にはハイドロクロロクインとズィンクを施した。そして全員良好だ。私は一人の患者も失っていない。

また私は自分も含め私のスタッフ、そして他の多くの医者もHQを予防として接種した。私たちは毎日10から15人の患者を診ている。我々はサージカルマスク以外はつけていないが、誰も病気になっていない。

私がこのワシントンDCに来た理由は、アメリカにおいて誰一人死ぬ必要はないということを言いたかったからだ。この病気には治療薬がある。それはハイドロクロロクイン、ズィンクそしてズィスロマックスだ。マスクは必要ない。ロックダウンは必要ない。治療薬はあるのだ。

イマヌエル医師はここで、HQに関するダブルブラインドのテストの結果、あまり効果がないという調査結果が出ていることに関しても、その調査はやり方がおかしいのではないかとカラフルな言葉使いで批判。自分は現場で患者と実際に対応している。自称専門家で患者を何年も診たことのない人がHQは効かないという人は実際に現場に来て患者を診てもらいたいと挑戦。彼女の言い分は、HQは効果があるにも関わらず、政治的な理由が使用が制限されていること。それによって死ななくてもいい人が死んでいるということだ。

次のスピーカーはカリフォルニア州ベーカースフィールドのダン・エリクソン医師。彼は以前に、カリフォルニア州民の多くにすでに免疫があり、ロックダウンは害あって益なしという調査結果を地元テレビ局で発表したビデオが出回り有名になった人なので、覚えている人もいるかもしれない。

ロックダウンで経済を破壊すれば人々の健康にも影響が及ぶ。ロックダウンにより自殺ホットラインへの相談は6倍に増えた。 DVやアルコール依存症も増え、経済的な理由から健康上の問題が起きている。ロックダウンをすれば影響があるのは仕事だけではない。家庭でも人々の健康に影響が及ぶ。だから今後インフルエンザや次の蔓延が起きる冬に向けて、継続的な方法を考えなければならない。

継続的に維持できる方法とは何か?ソーシャルディスタンスやマスクを使ううことはできるが、学校やビジネスを始めることもできる。これは私が作り上げたことではなく、スエーデンがすでにやっていることだ。スーエデンの死亡率は100万あたり564人。厳しいロックダウンをしたUKではこれが100万人あたり600人。ロックダウンは死亡率を特に下げていない。私がいいたいのは、学校を開放しビジネスを開始すること。そして人々が個々に責任をもってマスクをするなりソーシャルディスタンスを守るなりすればいいということ。我が国でずっとこれまでやってきたように人々にデータを与え勉強する機会をあたえ、個人でそれぞれ決断を下す自由を与えるべきだ。

ここから先は質疑応答。それにしてもこんな大事な発表に集まった人たちは数人で、しかもプロのジャーナリストらしき人の姿はまるで見えない。

最初の質問者はサウスダコタ州の人で、サウスダコタではハイドロクロロクインの効果が調査されたが、効き目がなく副作用が大きいという結果が出た件について、ゴールド医師は、処方された量が多すぎたことが原因だとかたる。しかしサウスダコタではHQを得ることが出来る。

次は家族が病気になった場合、HQを得るにはどうしたらいいのかという質問について、ゴールド医師は自分も毎日その質問をしているが、多くの下院議員からもその質問を得ていると語る。政治家でも得られないのに一般市民はどうすればいいのか。まず医師が知識がなければならない。しかし州によっては薬局が医師の処方に従わずに拒否するところもある。

これらの医師たちの臨床データは発表されているのかという質問に関して、色々なデータが実は発表されているが、メディアが報道しないとゴールド医師。

ここでジェームス・トダロ医師がハイドロクロロクインの効果を隠蔽する動きについて語る。

ハイドロクロロクインの効果を攻撃しているように感じるとしたら、それはそういう攻撃が実在するからだ。いったいいつの世に一つの薬がこれだけの話題を生んだことがあっただろう? 65年間も使われてきてWHOも安全だと承認し必要な薬と認められ多くの国では処方箋なしで買うことができる。

それで私はハイドロクロロクインがコロナウイルスの治療薬である可能性について今年の3月に共著した。これは一風を巻き起こした。以後これに関する情報が検閲されるようになった。そして我々の多くがすでに検閲されている。グーグルで発表した私の文献はグーグルによって削除された。今や多くの調査が行われHQは効果的であるという結果が出ているにも関わらず、元の文献は未だに読むことができない。そして間違った情報が出回っており、それが医学の最高のレベルにまで届いてしまっている。

去る五月ザ・ランセットがとある記事を掲載した。ランセットといえば医学ジャーナルとしては世界最高に威厳のある誌である。しかしザ・ランセットの記事によりWHOはすべてのHQに関する調査を辞めてしまった。そして我々のような個々の医師たちが実際にその調査結果を吟味したところ、データが捏造されたものであることがわかった。調査結果は本物ではなかったのだ。我々の調査は説得力があり、ランセットは発表後二週間という速さで記事を撤回した。こんなことは前代未聞だ。特にこれほど重要な調査にかんしては。

あまりにも色々な間違った情報が飛び散っているため、真実を見つけ出すのは難しい。よって我々最前線医師団は真実の情報を提供しようとこのグループを組織したのだ。

事実、ジェームス・トダロ医師のウエッブサイト、medicineuncensored.comでは、武漢ウイルスに関する色々な情報を得ることが出来るので、ブックマークをお勧めする。この記者会見の時はトダロ医師は、ユーチューブやフェイスブックはHQに関する情報を厳しく検閲しているが、他のサイトに比べるとツイッターはまだましな方だと言っていた。しかし翌日このビデオはツイッターでも削除されてしまった。

読者諸氏がこの医師団の言っていることを信じる信じないはご自由だ。私が言いたいのは、トダロ医師やエリクソン医師が言っているように、人々に色々な情報をきちんと提供し、人々が個人個人で何が正しいのか判断できる状況を作るべきだということだ。なぜなら自称専門家と言われる人々が今年の2月や3月に予測していたことは何一つ現実になっていない。

病院をパンクさせないために二週間のロックダウンをしようということで国民は協力したが、病院は一番感染率の高かったニューヨークですらもパンク状態にはならなかったし、医療用具が足りなくなることもなかった。感染カーブを平らにすればよいという話だったのに、カーブが平になってもロックダウンは終わらない。自称専門家のファウチ医師などはワクチンが出来るまでロックダウンを続けろなどと訳の分からないことを言うようになった。

そうして左翼メディアや左翼政治家たちは特効薬の情報を隠蔽しようと躍起だ。科学に耳を貸せといいながら、科学的情報を隠蔽し、それを訴える医師や科学者やジャーナリストを弾圧する。彼らの目的は病気を治すことではない。蔓延を止めることでもない。

ともかく本日は、この記者会見の内容について重要な点をまとめてみた。これについてどう思うかは読者諸氏個人の判断にお任せしよう。


9 responses to 武漢ウイルス予防と治療の科学を訴える最前線医師団の記者会見の内容

oldman1 week ago

こういう論文を見つけました。

ヒドロキシクロロキンを使用し症状が改善したCOVID-19の2例
https://www.kansensho.or.jp/uploads/files/topics/2019ncov/covid19_casereport_200312_5.pdf

症例が少ないですが、有効なようです。
米国ではトランプ大統領がヒドロキシクロロキンを推奨していたのに、激しく批判され、その後なぜか無効とされたようですね。詳しい経緯はわかりませんが。
左翼は、コロナ騒動が早期に沈静化したら大統領選挙でバイデンのリードが消失する、と懸念しているのでしょうか。

ReplyEdit
    苺畑カカシ1 week ago

    oldmanさん、今でもトランプ大統領はHQを推してますよ。自分でも予防のために二週間服用していたと語っています。トランプ大統領が嫌いな科学者たちが一斉にHQは効かないと言い出し、ランセットのような格式ある医学誌で害あって益なしという調査結果が発表されるなどして、専門家と言われる人々ですらHQはダメだという考えが広まってしまいました。

    しかし現場の医者は今でも使っている、というのがこの医師団の主張です。しかもランセットの記事は捏造だったことがわかっていると。

    あれだけ武漢ウイルスについて嘘八百を並べていたWHOがHQは効かないとして、その調査すら打ち切ったという経緯があります。もうこれは薬の効果云々ではなくて、トランプ大統領が推してるから、ダメなんだという政治に使われてしまってますね。

    迷惑なのは患者たちです。

    ReplyEdit
sakura lover1 week ago

米国でも日本でも、大手メディアはいつまでも人の恐怖を煽り経済を停滞させたいみたいですね。日本では小川栄太郎氏が司会を務めた京都大学上久保教授らの緊急記者会見に、大手メディアは全く取材にこなかったとのことです。上久保教授は、「日本では、初期の型が中国人によって12月〜3月初期に流入した結果、既に集団免疫を会得している。次の波は来ない。早く経済活動を元に戻せ。」と主張しておられます。

HQは、700名に投与し効果があったというニュースが3月にあったので、今のHQの扱われようにとても驚いています。
https://techstartups.com/2020/03/28/dr-vladimir-zelenko-now-treated-699-coronavirus-patients-100-success-using-hydroxychloroquine-sulfate-zinc-z-pak-update/?fbclid=IwAR0j-sPw2U38z3e_QrBFcHRYQG88o1fVvaPelCV8V5je_Os6PJikw9sjUT4

HQはZinc ionophoreとして亜鉛を細胞内へ取り込みやすくする働きがあり、亜鉛はコロナウイルスのRNA遺伝子の複製を阻害する働きがあります(ともに培養細胞レベルでの原著論文が発表されています)。ケルセチンは玉ねぎの成分でHQと同じくZinc ionophoreの働きがあります(これも論文がある)。そこで私は、亜鉛のサプリとケルセチンサプリを毎日服用しています。

以下のリンクは上久保教授の発表に関する記事。
https://news.yahoo.co.jp/articles/219276d4fc501a76545e78a807e2600457518837

以下の動画は、上記の記事の内容を上久保教授本人が図解を含めてわかりやすく説明しています。1時間ほどの動画ですが、私は退屈せず楽しめました。
https://www.youtube.com/watch?v=hF0HBmIFWMs

ReplyEdit
    苺畑カカシ1 week ago

    sakura loverさん、色々な情報ありがとうございます。HQは効果がなかったとする調査には多々の問題があると本文で紹介したJames Todaro先生がおっしゃってます。ご紹介の動画は後で観て感想を書かせていただきます。とりあえず御礼まで。

    ReplyEdit
      苺畑カカシ1 week ago

      すごいですね。このビデオ。アメリカは中国からの渡航者を早く遮断しすぎてしまったことが、かえってK型による抗体を作れず、G型が入ってきた時に免疫がなく蔓延してしまったと。日本が長々と中国からの旅行者を制限しなかったことがかえって良い方法だったということなのですね。

      しかもPCRで陽性が出ても、体の中にウイルスがたまたまあったというだけで、病気であるということではないというのも興味深いです。実際その人が感染しているのかどうかは抗体検査を受けないとダメと。

      上久保教授の説明は非常に興味深いです。

      ReplyEdit
苺畑カカシ1 week ago

Blah Flag of United States liked
James Todaro, MD
@JamesTodaroMD
Dr. Fauci is misleading the American people when he says that randomized controlled trials have shown hydroxychloroquine to be ineffective. Here’s why.

2/ There’s only one double-blind RCT on HCQ in early treatment of COVID-19. All of the other RCTs (SOLIDARITY, RECOVERY, etc) were in very sick patients and are borderline worthless because they just support what we’ve been saying since March—HCQ is for early disease, not late.

The “randomized controlled trial” for EARLY treatment of COVID-19 that Dr. Fauci is too embarrassed to even mention by name is the one done by the University of Minnesota, “Hydroxychloroquine in Nonhospitalized Adults With Early COVID-19” (Jul 2020)

The Minnesota study is honestly an embarrassment to the term “randomized controlled trial” and should actually be called an “anonymous online survey” instead. Only 34% of participants had a positive PCR test. The remaining 66% either did not have a PCR test or actually tested negative.

This means that a positive diagnosis was made based on only SYMPTOMS for the vast majority of participants. This isn’t great, but it gets worse.

The participants were evaluated via a static online survey and not actually seen by physicians or medical personnel.

So the quality of the diagnosis was essentially equivalent to someone typing symptoms into WebMD.
What happens if a large percent of the participants didn’t actually have COVID-19?

It would diminish the observed therapeutic effect of hydroxychloroquine (HCQ probably isn’t going to help allergies or the common cold).

Next point.

If the researchers had kept their original end point (hospitalization/death), the study would’ve actually shown a strong trend toward benefit for HCQ.

Instead, the researchers changed the end point mid-study from hospitalizations/death to symptoms at 14 days.

The conclusion of the study is actually a ~40% reduction in hospitalizations/deaths in patients treated with HCQ vs placebo (2.5% vs 4.1%).

This did not reach significance, but would have been strong encouragement to proceed with additional higher powered RCTs.

The good news is that Dr. Fauci & the NIH started a trial in May doing just this.

The bad news is they cancelled the trial after enrolling only 20 subjects in order to focus on a new trial evaluating remdesivir plus baricitinib (another “novel” patented drug).

In conclusion, it’s been >4 mos since HCQ was proposed for early stage COVID-19.

Yet, with their vast resources, neither the WHO nor NIH conducted a trial on this.

Instead Dr. Fauci’s evidence for the inefficacy of HCQ comes from an online survey under the guise of an RCT.

ReplyEdit
Sakura Lover6 days ago

Dr. Todaroのコメントは十分に納得がいくものです。生物系の科学者のはしくれとして申しますと、「この結果はどうなる〜〜?」と実験をし、データー整理しなくても明らかに「結果はこうだ」という印象が得られると、きちんと統計処理するとやはり同じく有意な差がでるものです。逆に、「うーん、結果はこうなってほしいけど、いまいちだな〜」というケースでは、データー処理をすると少々のパラメーターを変えても有意な差はでてきません。

これまで臨床のお医者さんたちが何百人と武漢ウイルス患者を治療してきて、明らかに効果がある、と認めた場合、そのインスピレーションは正しいと私は信じますね。しかも、一人ではなく多数の医師がそう言っている。

何十年も処方され安全性が確認されているHQを積極的に使用しないのには、何か裏がある、とすら思いますよ。武漢ウイルス患者が減ると困る人たちがいるんでしょうね。日本の野党やいつまでも目立っていたい小池都知事のように。あるいはワクチン会社?

ReplyEdit
    苺畑カカシ6 days ago

    sakura_loverさんは学者さんでらっしゃいましたか、どうりでおっしゃることが整然としていると思いました

    実は武漢ウイルス対策チームのファウチ博士というのが、かなり怪しい人間なようです。彼にキャリアを破壊されたという科学者の本を読んだのですが、ファウチ博士はワクチン製造にかなり自分の株を持ってるみたいなのです。それで安くて安全な治療薬なんてものが早期に出来てしまうと、自分が利害関係を持っているワクチンが売れなくなる可能性がある。

    つまり、ワクチン発明の暁にはそれでぼろもうけしようとたくらんでる人たちが結構いるということです。

    それと、特効薬などというものが出来てこのパンデミックが終わってしまうと権力を失う政治家がいくらもいます。私の住むカリフォルニアの知事なんかはその典型です。そして、米民主党はこのパンデミックが長引いて国民の生活が困れば困るほど、それがトランプのせいだということになって次の選挙で勝てると考えています。

    政治のために国民の命を犠牲にしてもなんとも思わない奴らには本当に腹が立ちます。

    ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *