昨晩(2020年6月5日)何気なく書いたツイートが7日現在で8000以上も「いいね」がついてしまったので、その一連の流れをここで記録しておこう。それについたコメントで面白いものも付け加えておこうかと思う。まずは元のツイートから。

なんか世界中でアメリカの黒人差別は19世紀から全く変わってないと思ってる人が居るけど、とんでもないから。アメリカでは黒人が国務長官や司法長官や最高裁判官になっている、それをいうなら黒人大統領までいたじゃないか。貧困層に黒人が多いとしたら、それは差別以外の他の理由があるってことだよ。

問題なのは黒人代表みたいな面してる市民団体が、常に黒人層に「お前らは差別の被害者だ」と言い続けて努力しても無駄だから国のお世話になるべきといって生活保護を助長している。努力しても無駄だから俺たちに任せろと運動家の権力を増すことしか考えてない。

それがひどいのが民主党政治家たち。黒人層を生活保護で釣っておけば常に彼らを操れるとたかをくくっている。シカゴやデトロイトやボルティモアや犯罪率が高い地域は何十年も民主党統治下だ。だから聡明な黒人たちが大量にトランプ支持に転向しているのだ。

今回の暴動を民主党や馬鹿サヨ芸能人たちが支持している理由は、彼らが黒人差別撤廃を望んでいるからなどではなく、暴動が長引いて治安が乱れ経済が低迷したらトランプ失脚を狙えると踏んでいるから。黒人なんて左翼にとってはただの道具にすぎないのだ。

これに関して、今でも人種差別は存在すると主張する人の意見。はっきりいってこういうのが典型かもしれない。

Sakura@SAKURRRR1992·人種関係なく貧乏な家庭か、お金持ちの家庭かでも人生のスタート地点が違うので、完全な平等は無理ですが、あえて不平等な立場に追いやるのも理不尽なので、せめて基本的な人権が彼らに与えられることを願っています。(略)社会的に仕組まれたこの負の連鎖。それなのに法の裁きは同じ。平等な社会は無理だとしてもせめて理不尽な世の中は改善してほしいなと願っています。

政治政策により社会的に成功者が減らされた故貧困層が増え、悪の道に進む人も増える。(冤罪で前科持ちになるものも) 環境に影響される者、理不尽な世の中に嫌気がさし、真っ当に生きれなくなる者がいる。この負の連鎖は400年前まで遡るので貴方ならどうするの?と言われても簡単に答えは出ません。

この人だけではないが、人種問題の話をするとアメリカには奴隷制度があったから、と言い出す人が多くて参る。アメリカは1864年に4年間の南北戦争でこの問題には決着がついている。いくら日本でもリンカーン大統領が奴隷制度撤廃のために戦った歴史を知らない人はいないだろう。(ちなみにリンカーン大統領は共和党)無論奴隷制度が終わったからといって黒人が白人と平等に扱われたのかといえばそれはそうではない。1960年代の人権運動が起きるまでは、学校や公共施設が黒人と白人で分かれており、黒人は理不尽に差別されていた。

しかしそれにしたってもう50年以上前の話だ。今もまだ組織的な黒人差別があるから黒人は貧困から抜け出せないというのはいくら何でも無理がある。ましてや400年前の奴隷制度のせいだなんて、いい加減勘弁してよといいたい。

私は人種差別がアメリカに全く存在しないとは言ってない。しかし私の体験から言うと差別されているのは黒人ではなく、差別是正のために作られたアファーマティブアクションのような条例で組織的に白人や特に東洋人のほうが差別の対象になっている。

アメリカ社会においては黒人であるほうがずっと有利である。大学入学にしろ、警察や消防隊への志願にしろ、黒人枠がとられているので、白人や東洋人よりもずっと入りやすいのだ。だからブラク・オバマのように黒人と白人のハーフの場合は、黒人であることを強調して黒人枠で優遇してもらう人間は後を絶たない。

そういう優遇された状況にありながら、なぜ黒人には貧困層が多いのか。これにはいろいろな事情があるが、奴隷制度から解放され人権運動で平等な人権を得た黒人社会が、なぜか民主党の口車に乗せられて生活保護という鎖を再び選んでしまったことが根源にある。この話は長くなるのでまた回を改めてしよう。

ちなみに私のボスのボスは黒人男性で元海軍中尉。略奪者が自分の家にやってきたら銃でぶっとばしてやると息巻いていた。黒人でもいくらも成功している人はいる。差別があるから成功できないなんて言い訳は通用しないのだ。


Leave a Reply

Your email address will not be published.