今朝のCBSニュースによると、司法局はギャブン・ニューサム知事のマスク購入について不審な点があるとして調査を始めた。

武漢ウイルス感染がカリフォルニアで拡大するなか、州は何百万ドルという支払いをしたが、どの契約も次々とお釈迦になっている。

一つの契約ではバージニア州のある企業から百万のマスクを供給できると保証され、州は5億ドルの送金をしたが、受け取った銀行が詐欺の可能性があると疑いFBIに届け出、送金を送り返した。

また他の契約では、中国の企業から一個3ドルで一億ドルで調達しようとしたが、まだ納品はされておらず、もっと安い値段で調達できたはずだと批判が起きている。

ニューサム知事は毎晩の武漢ウイルス説明発表で、マスクは早期にたくさん届いており、それ以後も少しづつだが届いていると語る。一枚3ドルという値段も、ピーク時は一枚12ドルとかで売られていたこともあり、これは結構お得な買い物だったと弁明している。

州は未納の分2.5億どるの返金を受け取ることになっている。

中国からのマスクや防護服には不良品が多くて欧州では返品しているところもあるというのに、なんで中国から買おうとかしたのだろう、ちゃんと新聞読んでないのか?しかも州の金をだまし取られそうになるとか、ちゃんとやってくれよ知事!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *