ロサンゼルスのホームレス問題は近年非常に深刻になっていた。私は武漢ウイルスが中国で流行っているという話を聞いた時から、あんなものがロサンゼルスの浮浪者の間で蔓延したら、あっという間に広がってしまうだろうと非常に心配だった。武漢ウイルスが入ってくる前から、もうLAダウンタウンの浮浪者の間では現代社会では絶滅したはずの中世の病気が蔓延し、浮浪者の出すゴミのため大量発生したねずみがそうした病気を運び、近隣のビル街の人達は非常な迷惑を被っていた。

それでロサンゼルスのビル・ガセティ市長がロサンゼルスを封鎖すると言い出した時、それはいいが、ホームレスは一掃するのだろうか、と疑問に思っていた。そして先日、その質問の答えを見つけた。

上記のビデオを観ていただければわかるが、公園の遊具やベンチにテープを張って閉鎖したり、スケートボードリンクを砂で埋めたりと大忙しのロサンゼルス政府は、道端で何キロにもわたって野宿しているホームレスは放置。ソーシャルディスタンスもステイアットホームもあったもんじゃない。

いくら我々がおとなしく自宅でじっとしていようと、この不衛生な浮浪者たちがこんな風に街中で野宿していては武漢ウイルスのみならず、多々のえげつない病気が蔓延していることだろう。そうした病気を持ったねずみがダウンタウンのあらゆる場所にばい菌をばらまいていくのである。

ガセティ市長が本気でこのウイルスと闘いLA市民の健康を守りたいと思っているなら、先ず最初にしなければならないのがホームレスの一掃のはずだ。ホームレスは感染の可能性が他よりずっと高いのだから、先ず徹底的に検査して衛生的なシェルターに隔離すべきだったはず。ビーチで折り畳み椅子に座ってた老夫婦に嫌がらせをしてる暇があるなら、なぜこの不衛生なホームレスを放置しておくのだ?一般人がマスクして外出してるかどうかなんてことより、こっちの方が先ではないか。

私はずっと、サンフランシスコやロサンゼルスで感染者が多いのは、人口密度のせいよりも、ホームレス問題があるからだと思っていた。今、この動画を観る限り、私の心配は大当たりだったと確信した。


Leave a Reply

Your email address will not be published.