拙ブログでは今年一月から武漢ウイルスは武漢ウイルス研究所から漏れたものだと言い続けて来た。ただこれが人工的に作られたものかどうかということに関しては、そういう可能性もあると大紀元時報のドキュメンタリーを観て思っていた。

しかしここ2~3日、フランスのノーベル賞受賞者のリュック・モンタニエ博士が武漢ウイルスは人工的に作られたものだと宣言した

エイズ ウイルス(HIV)を発見したことで2008年にノーベル生理学医学賞を受賞したリュック・モンタニエ博士が、「新型コロナウイルスは中国武漢にあるウイルス研究所から事故的に漏洩してしまった、人工操作されたウイルスだ」と発言したのである。もともと、噂があった話だけれど、ノーベル賞受賞博士の爆弾発言だけに、人々の関心を集めている。博士は発表の中で、新型コロナウイルスSARS-CoV-2の中にエイズウイルス(HIV)が含まれている、と語った。モンタニエ博士とタッグを組んでいる数学者ジャン・クロード・ペレズ氏によると、「これは時計職人が行うような精密なもので、自然に存在することはあり得ない」としている。武漢のウイルスセンターはもともとダニ媒介ウイルスの研究から始まり、長くコロナウイルスの一種であるSRASやエボラウイルスの研究をしている。(実はこの研究所はフランス政府と中国政府の共同事業として誕生した施設でもあった)

もし本当にこれが中国が人工的に作ったものであったとしたら、中国は世界中から制裁されても仕方ないだろう。


Leave a Reply

Your email address will not be published.