数日前、中国の広州でアフリカ人(特に黒人)がアパートやホテルから追い出されて街中に放り出されたり、無理やりホテルに隔離されてホテル代を自己負担させられたりしているというニュースが世界中に出回った。拙ブログでもこれについて多少触れている。アルジェジーラや南アフリカのメディアをはじめアメリカでも日本でも報道された。

昨日になって、あまりにも世界中から叩かれたため、やっと中共は自分らの行為は行きすぎだと気づいたようで、黒人たちを釈放し仲直りにと花束や果物を配りビデオでその模様を撮影し中共は黒人差別などしていないアピールに必死である。

さてここで、中共がアフリカ人をどんなふうに虐待し、どのように言い逃れをしていたのかおさらいしてみよう。

私はアルジェジーラの番組と南アフリカの番組を観たが、そこに出て来た中国人報道官や外交官の二枚舌には全く呆れた。何を聞いても判でついたような返答で、全く事の真髄をついてこない。聞いてるインタビュアーの口調がだんだんと怒りによって厳しいものになっていくのが感じられた。

幾つか観た動画でどれも同じような内容だったのだが、何とかしてそんな事実はないと主張せよというのが中共当局からの命令だったようだ。下記は私の記憶からいくつかの動画を張り合わせた内容。

問:広州ではアフリカ人がアパートやホテルから追い出されたり、レストランやその他の公共施設から締め出されるという状況が起きていることをどうお考えですか?

中共報道官:中国では人種差別などというものは全く起きていません。中国はどんな人種も全く平等に扱います。

問:では今の状況をどうご説明なさるのですか?マクドナルドでは黒人お断りのサインが貼られていた写真が拡散されていますよ。

中:そういう個別の事件に関しては解りません。そういうとは詳しい捜査が必要であり、、

問:この件についてインタビューを受けるとご存知でありながら、何の下調べもしていらっしゃらないんですか?もう三日も前から拡散されているんですよ。

中:中国では人種差別は決して許されません。すべての人々を平等に扱うのが政府の方針です。

問:こうした扱いが政府の意思に反するというのであれば、何故政府はこのような行為を黙認しているのですか、何故止めないのですか?

中:詳しい個々の事例に関してはすべてを把握しておりませんので、、

問:こうした迫害が起きていることを否定されるのですか?

中:中国では人種差別は全く起きておりません。

まったく箸にも棒にも引っかからないのらりくらりとした返答。目の前で起きてる事実を知らぬ存ぜぬで押し通す。しかし全世界に実際の虐待動画が拡散してしまうと強制隔離命令にあったのは一部の黒人だとか、差別をしたのは一部の民間人だとかいう言い訳に変わった。

2~3日前にツイッターで私に絡んできた自称日本人、実は中共工作員の話方などがその典型。

工作員:ウイルス対策協力しないから捕まって当然だろ。自分で考えろよ。日本みたいに人権だのでウイルス移すぞおじさん量産すればいいのか。それこそ無責任だわ。(略)どこから一律に差別してる情報出てますかね?中国に何十万人のアフリカ人居ると思います?この協力拒否の人捕まった動画だけ一律に差別してると判断してるあなたもどうかと思いますけど (強調はカカシ)

カカシ:在中のアフリカ人が中国から数年間出たこともないのに検査を無理やり強制されたり自宅謹慎命じられたりしてるのが一律じゃないってんですか?外国からかえってきた中国人は外出自由なのに?中国人と結婚してる外国人まで強制的に自宅から追い出されてるのが一律じゃないってんですか?(略)黒人を泊めてるホテルやアパートの大家に黒人が居たら追い出せと書かれてるおふれや、レストランやスーパーに貼られている「黒人お断り」ポスターは一律じゃないってんですか?

工作員:その一部の店やホテルで一律と見ますか?他のにもっと多くの黒人泊めてるホテルや大家は無視ですかね?日本も中国人お断りのとポスター貼ってる店結構ネット見ましたけど、日本人のそれも一律ですかね?

ホテルやアパートを追い出されたのは自主的隔離に協力しなかった外国人だけだとか、違法移民だけだとかいうのは真っ赤な嘘である。政府の言う通り自宅待機に素直に応じて来たアフリカ人も全く同じ目にあっている。そして、黒人を追い出したアパートやホテルは一部ではない。黒人を店子に持つ大家たちに、黒人を立ち退かせるよう命令した書類がすでに出回っている。レストランやスーパーのポスターには政府の命令でそうなったとしっかり明記されている。もし地元政府が命令していないなら、警察が止めるのが筋なのに、警察は止めるどころか、わざわざアフリカ人を迎えに来てパスポートを奪い隔離所に連行したりしている。そんな組織的な虐待が一部の民間人大家などで出来るはずがない。

無論この工作員はそんなことは十分承知だ。知っているからこそ無関係な日本の例を持ち出して、「日本だってやってるじゃないか」と言い出すわけ。自国が責められるとすぐ「日本だって、、アメリカだって、、」と無関係な国を持ち出すのが中共の常套手段である。

それを象徴してるのがこのレコードチャイナの記事。「中国のアフリカ人差別、米国は最も非難する資格がない―中国メディア

その上で、「ウイルス流行防止の過程でこうした問題が起こるのは珍しいことではなく、避けられないことである。問題があれば改めればよい。しかし、こうした問題について、特に政治的な言いがかりをつけるのは(通常の批判とは)性質が異なる」とし、「(米国のメディアや政治家は)やっきになって『中国とアフリカの関係が危機に陥っている』と大げさに論じている」と主張。米CNNテレビや米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが、中国や広東省がアフリカ人に対して差別的だと報じたこと、米国務省の報道官が「中国当局によるアフリカ人への差別には驚かない」「中国はアフリカとの約束を守ったことがない」と発言したことに触れ、「中国とアフリカの関係を引き裂こうとしている」などと批判した。

そして、「これまで米国の政治家は『中国ウイルス』という言葉を使い、流行を抑制するために(感染爆発が起こる前に)努力しなかった責任を中国に押し付けてきた。すでに米国では実際に中国系やアジア系に対する差別や暴行事件が多数起こっている」と指摘。「米国は最も人種差別を非難する資格がない」とした。

アメリカで黒人差別が組織的に存在していた1960年代ですらも、黒人が家賃を払ったアパートやホテルから突然追い出されて隔離されるとか、指定されたレストランやスーパーから追い出されるなどということはなかった。アパルトヘイトのあった南アフリカですらも黒人が行ける場所はきちんとあった。それにしたってもう何十年も前の話である。中国から出たウイルスを中国ウイルスと指摘するようなこととは比べ物にならない。

ところで私のツイッターで中共もアメリカも同じようなものだとか、どっちもどっちだという奴らが何人か居たが、本気でそう思う人間がいるとしたら、今回の中共のやりかたからしっかり学ぶべきだろう。それでも本気で中共もアメリカも同じだと思うなら、救いようのない左翼だと言うしかない。

関連記事:中国で黒人狩り、第二派武漢ウイルスを外国人のせいにする中共


Leave a Reply

Your email address will not be published.