今回の武漢ウイルス蔓延で一番感染者と死亡者が多いのがニューヨーク州。アンドリュー・コモ知事はトランプ大統領からの援助が足りないと文句を言っているが、実はニューヨーク州そのものの体制に問題があるという指摘がある。フォックスニュースの記事から読んでみよう

実は今まで州民は知らされていなかっただけで、ニューヨークは長年、非常病院不足に悩まされていた。しかもニューヨークは5年前16000台の人工呼吸器を僅か6億ドルで購入できる機会を見送っていた。保守派調査団体ヘリテージ基金のジョー・グリフィンによると、この値段は同州の2015-2016年に経済発展のためにという口実で浪費された予算のたった0.4%にあたる金額だ。今回の人工呼吸器不足は予想されており、防ぐことが出来たはずだったと語る。

2011年から就任しているコモ知事は予測される感染爆発にそなえて3万台の呼吸器と50万台の病床が必要と言っている。

4月1日現在、ニューヨークの感染確認者は84000人、死亡者2000人、入院者12000人でその1/4が集中治療室で治療を受けている。そしてその数は増える一方だ。

NY基盤の弁護士、マニー・アリカンドロによると、NYは今年度60億ドルの赤字で始まった。2011年以来最悪の状況だ。NYの政治家たちはプラスチック袋の廃止だの自然エネルギー政策だの保釈改正だのといった意味のないことで気が散っていたという。911やハリケーンサンディの後、NYは緊急事態に全く対処できない体制になっていたという。

消費者団体、政府の浪費を許さない会(CAGW)のアレクサンドラ・エイブラムは誰も突然のウイルスに全く準備が出来ていなかったと語る。「ニューヨークはトーマス・ディナポリ財政検査官の事変が送る前に備えておかなければならないという要請をずっと無視してきたのです。」とエイブラム。

「(ディナポリ)は何年も非常時に備えて予算を組んでおく必要があると要請していたのです。ピュー基金は2019年度NYには26.1日持ちこたえるだけの予備金しかないと報告していました。それは全国平均より二週間も下回っていました、、ディナポリ検査官は税収益は目標額を大きく下回り70億円不足すると予測しました。」

A Samaritan's Purse crew and medical personnel work on preparing to open a 68 bed emergency field hospital specially equipped with a respiratory unit in New York's Central Park, Tuesday, March 31, 2020, in New York. (AP Photo/Mary Altaffer)

トランプ大統領は火曜日にここ数週間は苦しいことになるだろうと警告した。アメリカでは24万人が命を落とす可能性があるという。そんななかでコモ知事はトランプ大統領は呼吸器を巡って競り市まがいの競争をさせていると批判。

またNYの税金もすでに財政難で苦労している州民にさらなる負担をかけている。アルバニー市では入院費に9.6%の税金がかけられる。また従業員の保険料を払ている雇用主も追加料金を課せられている。すでに病気で苦しむ病人にさらに罰金を課しているのである。

A body wrapped in plastic is loaded onto a refrigerated container truck used as a temporary morgue by medical workers wearing personal protective equipment due to COVID-19 concerns, Tuesday, March 31, 2020, at Brooklyn Hospital Center in the Brooklyn borough of New York. (AP Photo/John Minchillo)

NY州の浪費は何度も批判されてきた。コモ知事は二年前にも赤字続きのバス会社MTAに3千万ドルを使わせてトンネル内部を州の色を象徴した青と金のタイルを張るよう命令したという。他に修繕が必要な場所がいくらもあったのにである。

2018年にも全く日の目を見なかった多くの企画にコモ知事は多額の州予算を浪費した。

例えば、コモは太陽光線パネル工場に大金をつぎ込んだ。全国で一番大きな工場と謳われたが、結局テスラに買収されてしまい、テスラは規模を大幅に縮小し工場建設に払った州民の血税は無駄になった。

また2014年にはカリフォルニアの電球会社「そらあ」との合同事業。9千万ドルの血税で立派なビルを建てたが事業は失敗。これも無駄になった。知事は宣伝のために規則違反なのに、500もの「アイラブニューヨーク」サインをハイウエイ沿いに設置したりもした。

つい去年もコモ知事は違法移民の大学費に3千万ドルを提供した。それだけあればどれだけの呼吸器や防護服を買えたことか。

ニューヨークは州レベルでも市レベルでも全国で最も税金の高い場所だ。それなのにニューヨーク行政は無駄遣いばかりして一番必要な病院や衣料品の予算を削って来た。緊急時に対処する体制を全く作ってこなかったのだ。

高額な税金を取り立てておきながら、ビル・デブラジオ市長は武漢ウイルスのせいで市の病院は破産すると訴えている。

ニューヨーク州は全国各地で都市封鎖が起きる前からすでに75郡のうちの63郡までが医療費を賄えないとされていた。ニューヨークの経済状態は全国で最悪とされており、それにシカゴ、フィラデルフィア、ホノルル、サンフランシスコが続く。すべて民主党が牛耳る都市。

President Trump praised New York Gov. Andrew Cuomo for his handling of the coronavirus in the state.

ちょっと前によもぎねこさんが、アメリカは二か月も前からこういう日が来る可能性を予測できたのに何の準備もしていなかったのか、とあきれておられたが、二か月どころじゃなく何年も前からニューヨークの医療機関は危機を迎えていた。コモ知事はそれを無視してどうでもいい事業に次から次へと手を出しては失敗して国民の血税を無駄にしてきていたのだ。

コモ知事は知事就任してから州民の税金を使って自分に都合のよいビジネスに投資し、州に必要なインフラを無視し続けて来た。そのツケが今回ってきているわけだが、それによって犠牲になっているのは高い税金を払ってきたニューヨーカーたちなのだ。なんとも理不尽である。

しかし今回のことでニューヨーカーは結構コモ知事はいい仕事をしていると評価しているようなので、またまた再選してしまうのだろうか。全くしょうがないね。


4 responses to 武漢ウイルスで浮き彫りになった、高税を無駄にしてきた民主党ニューヨーク州の実態

よもぎねこ2 months ago

 凄く不思議なんですが、NY州知事が緊急事態宣言をしたのは3月7日で、この時のNY州の感染者数は89人です。

 一方北海道知事は2月28日に緊急事態宣言をしてこの時の北海道の感染者数は66人でした。

 単純に人数だけを比べると北海道の方が少ないのですが、北海道の人口は500万人、NY州は2600万人ですから、北海道の方が遥かに深刻です。

 北海道の場合はこの緊急事態宣言で、以後2週間、道内の学校が全部休校になり、集団感染の起きそうなイベント等は知事からの要請で自粛になりました。

 しかし外出禁止等、強硬手段は一切なく、だからワタシも全く普段と変わらない生活を続けました。
 地下鉄も普通に営業していて、通勤は通常通りでした。

 しかし二週間で感染拡大は止まり、緊急事態は解除され、現在も連日0~5人程度の感染者が出ている状態が続いています。

 ところがNYは緊急事態宣言直後から、州兵が出て一部の地区を封鎖するとかすごい事を始めたのに、一気に感染爆発してしまい、感染者数も死者も大変な事になりました。

 北海道に比べてはるかに厳しい措置を取ったのに、それから感染爆発が起きたという事は、つまりは緊急事態宣言以降から感染が爆発したのではなく、事前に州で捕捉していた感染者は全体のごく一部だったとしか思えません。

 そして緊急事態宣言以降、膨大な検査を始めたら、一気にそれが顕在化したとしか思えないのです。

 これどう考えてもNY州の初動ミスだとしか思えないんですけどね。

 ところが日本人にもこのクオモ知事を大絶賛している人が、結構いるので驚きます。

 今はNYは戦争状態ですから、このクオモさんと言う人が、戦争指揮官として派手に全軍を鼓舞しているのはわかるんですが、しかし「そもそもこんな戦争始めちゃったのはどうなのよ?」って思うんですけど。
 

 

ReplyEdit
苺畑カカシ2 months ago

いや、今回のことでクオモ知事がいかに左翼的政策にしか興味がなく、必要なインフラを無視し続けて来た人間だったからわかりましたね。

アメリカ全体が危機感がなかったと言えばそうなんですが、特にニューヨークはひどかったですよ。トランプ大統領の政策はやりすぎだとか、レイシストだとか、緊急事態宣言するちょっと前までお祭り騒ぎを奨励して、外出自粛とか手を洗えとかマスクしろなんて話はどこからも聞かれなかったですからね。

国中で蔓延しているとはいえ、ニューヨークの感染者数は他と桁違いに多い。

ニューヨーカーはそれでもクオモ知事は頑張ってるとか言って賞賛してますが、そもそもこうなったのは誰のせいなんだよ、という質問をすべきですね。

ReplyEdit
Kamosuke2 months ago

こんばんは。

ニューヨーク州は、州全体がダイヤモンドプリンセスになったようなものだと思っています。イタリアやスペインの場合も、同じでしょう。

州の住民はクルーズ船の客、州知事は船長、そしてメディアは娯楽担当スタッフといったところでしょうか。感染者が出ているのですから、もはや自分たちも巨大なクルーズ船に乗っているようなものだと考えて対策を準備すべきなのに、ふだん通りの娯楽を続けさせちゃった。ダイヤモンドプリンセスのイタリア人船長と、やったことはほとんど一緒です。

ダイヤモンドプリンセスの場合、乗客・乗員の2割が感染し、死者はその1%程度でした。それを考えれば、感染者が400万人に達し、最悪、4万人が亡くなることになってもおかしくはないでしょう。すでに死者は5000人を超えていますから、どこかで断ち切ることをしないと、ダイヤモンドプリンセスと同じ道をたどるように思えてなりません。

ダイヤモンドプリンセスのイタリア人船長は、海外のメディアで突然英雄視されました。クオモ知事を評価する声が高まっている、という話をきくと、このイタリア人船長のニュースを思い出してしまいます。

ReplyEdit
    苺畑カカシ2 months ago

    コメントありがとうございます。まったくその通りですね。クオモ知事はこれまでエピデミックが起きた時の準備を全くせず、どんな警告にも耳を傾けずに何の対処もしないでおいて、いざ緊急時になったらヒーロー気取りですから。これに騙される州民も州民ですけど、なにせメディアは民主党のクオモ知事応援団ばかりなので困ってしまいます。

    ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *