本日(アメリカ時間12月31日)イラクのバグダッドにあるアメリカ大使館が親イランテロリストたちに囲まれ外壁が壊され建物が一部焼かれるという事件が起きた。下記はNHKの記事から。

アメリカ軍が、イラク国内のイランが支援する武装組織の拠点を空爆したことに対し、武装組織の支持者らが首都バグダッドにあるアメリカ大使館の前で激しい抗議デモを行いました。トランプ大統領は「イランが仕組んだものだ」と非難し、アメリカとイランの間で緊張が高まることが懸念されます。

イラクでは先月、北部のキルクーク近くにあるイラク軍基地にロケット弾が撃ち込まれて駐留するアメリカ軍関係者に死傷者が出たことから、アメリカ軍は報復措置としてイランが支援するイスラム教シーア派の武装組織がイラクなどに築いた拠点を空爆しました。

これを受けてイラクの首都バグダッドのアメリカ大使館の前では31日、攻撃を受けた武装組織の支持者らが抗議デモを行い、大使館の敷地を囲む壁に火を放ったり、石を投げたりしました。

実は私がこの事件を知ったのが、なんとトランプ大統領自らのツイート。その時はすでに米海兵隊員100人が援軍として大使館に向かっていた。数時間のうちに事件は終結。再びトランプ大統領が大使館は大丈夫だとツイートした。またイラク大統領の協力にも感謝するとも書かれていた。そしてイランに対しては、

奪われた命も破損された建物も、イランにすべての責任を負わせる。奴らは大きな代償を払うことになる。これは警告ではない、脅しだ!新年おめでとう‼

さっすがトランプ大統領、歯に衣を着せたいいかたはしないね。このテロ攻撃によって民間警備員が一人殺されたらしい。なにせ集まって来たのが六千人ともいわれているのでどれだけの犠牲者が出たのかはまだ確かではない。ただ、危険な地域であるので警備もかなり厳しかったらしく、またすぐに100人の援軍がヘリコプターで駆け付けたこともあり、大使や職員たちの命は無事だった。トランプの迅速な対応はオバマ前大統領のベンガジ襲撃の時とは大違いだ。

もっと詳しいことを書きたいのだが、いまのところ詳細がわからないので後々書いていこう。本日は大晦日。年越しそばをつくらなくては。


1 response to イラクのアメリカ大使館襲撃される、トランプ大統領の迅速な対応で暴動は鎮圧(ベンガジとは大違い)

Leave a Reply

Your email address will not be published.