ここ2~3週間、日本赤十字が宣伝に使った宇崎ちゃんキャラの献血ポスターがセクハラだというクレームがついた話について、多くのオタク及び一般右翼市民から、またフェミニストのヒステリーが始まったよ、という批判があった。実は私個人もこのポスターはとても気持ち悪いと思ったし、献血ポスターとしては不適切だと思ったので、その理由をアメリカ人の立場から説明したいと思う。

先ず第一に、私が最初にこのポスターの件を知ったのはツイッターだが、ツイッターではポスター全体の写真が写らず、最初は宇崎ちゃんの顔だけが写っていたので何とも思わなかった。ところが、写真を拡大したら突然巨大な乳房が現れて「ゲッ、な、なんだこの気持ち悪い絵は!」と思ったのだ。

そのことをツイートしたら、胸の大きい女性は気持ち悪いのか、それこそ巨乳差別だろうとか変なコメントが来た。いや、そうではないのだ。私が気持ち悪いと思ったのは宇崎ちゃんの童顔とそのド外れた乳房の大きさというギャップなのである。

このポスターに最初に異議を唱えたのがアメリカ人男性らしく、そのコメントも私は非常に理解できる。

日本赤十字の仕事には常に賞賛している。そうであるから余計に今回のあまりにも性を強調した宇崎ちゃんのポスターを使ったキャンペーンには失望する。ものには時と場合というものがある。この場合にこれはふさわしくない。

このツイートをリツイートした女性弁護士がバリバリ左翼のフェミニストだったらしく、この批判に対する批判もかなりなものだった。しかし多くの日本人が誤解しているのだが、我々普通のアメリカ人があのポスターを見て気持ち悪いと思うのは、女性の胸が極度に強調されていることでも、ポスターがやたら性的であることでもない。問題なのは明らかな子供の顔とそれに全くに使わない大人の女性の肉体が幼児性愛を連想させて気持ち悪いのである。

幼い子供への小児性愛はアメリカでは非常に忌み嫌われる。無論日本でも年端も行かない子供への性愛など奨励されてはいない。だが、アメリカでは未成年との性交渉が極端なほど厳しく罰せられるので、萌えとかいって幼女への性愛を思わせるアニメが奨励されたり、援助交際をなんとも思わない日本人の感覚とはかなりのズレが生じるのである。

これは多くの日本人が誤解する点なのだが、アメリカ社会は実は日本に比べて色々な面で保守的だ。特に性に関してはヨーロッパ諸国などに比べるとものすごく慎み深い。昔からハリウッド映画は女性のセクシーな恰好はヨーロッパ向けと国内向けを別々に撮っていたほどで、ヨーロッパ向けなら胸もあらわなランジェリーでも、国内向けだと胸が隠れるローブを覆っていたりしていた。今は結構普通にハリウッド映画でセックスシーンが現れるので、日本人は普通のアメリカ人もああいう感覚なんだと思いがちだが実は全く違う。

現在のアメリカは映画やテレビにはレイティングシステムというのがあり、幼児向け(G)、子供むけ(PG), 少年向け(PG13), 大人向け(R)、そしてポルノ(X)、と解れている。日本では18禁のX以外は、GからRまで誰でも観られるのではないか(と思う)ので、ここに誤解が生じるのだ。

アメリカでは大人向けの宣伝なら多少セクシーでも特に文句は言わない。肉体美の女性を使ったビールのコマーシャルなど普通である。しかし、対象が子供むけだったり、性対象が幼児であったりすると非常に神経質になる。

宇崎ちゃんというキャラクターは大学生という設定になっているという話だが、顔だけ観てると幼稚園児のように見える。そういう少女がとってつけたような巨大なお乳を持っていると、我々アメリカ人の感覚では幼女性愛をどうしても連想してしまうのだ。

誤解のないように言っておくが、私は大人の女性を性愛の対象とする表現が悪いとは思わない。水着や下着のコマーシャルに美しい女性の肉体美を使うことにも全く異存はない。ポルノ映画も多いに結構だと思ってる。女性を性の対象として扱うな、などというフェミニストの考えは全くのナンセンスだと思っている。

しかしながら、ものには時と場合というものがある。そういう点で先のツイッタラーさんに私は同意しているのだ。

日本のテレビバラエティーで子供も観てる時間帯なのに、よくそんなことを平気で言うなという発言にお目にかかる。とある有名芸人が「この間俺風俗にいったんすけど、、」とか「デリヘルのお姉ちゃんを招んだ時のはなしなんやけど、、」とか普通に話していてびっくりした。以前にイギリスの人気俳優が黒人売春婦を買ったことが暴露されて大騒ぎになったことがあるのとは大違いである。

日本の場所を弁えない性的な表現というのにアメリカ人は非常に当惑するのだ。無論その感覚は日本人には伝わらないので、あれだけ性産業が盛んなアメリカで、何故日本の萌えアニメが批判されるのか理解できないのは当然である。

「知らないことを知らない」という概念があることをラムスフェルド国防長官が指摘していた。つまり我々には知らないということすら知らない概念というものが存在する。だからお互い解っているようで全く解らない感覚があるのだ。それで今回のような誤解が生じてしまうのである。


10 responses to 宇崎ちゃんの献血ポスターが気持ち悪いアメリカ人の感覚

Shima55552 years ago

苺畑さん
気持ちは分からなくもないのですが・・・
私は輸血で助かったことがあるので、こういう話題だと感情的なものを排除した見方をしてしまいます。

>献血
外国の事情は分かりませんが、日本の場合、過去6か月以内に「不特定の異性または新たな異性との性的接触があった」人は献血が出来ないようになっています。この条件に該当しない人物から献血してもらうための手段のひとつとしてアニメのポスターを使っているのではないかと思います。ポスターの内容よりも実際にどれだけ献血してもらえるかを重視した合理的な判断ではないでしょうか。

>ポスター
私個人の感覚で言うなら、アニメのキャラクターはどういう人物であろうと所詮は実在しない人物であって、紙の上に乗っているインクに過ぎません。実在する人物の少しばかりセクシーな写真を貼りだしたなら騒ぎになるのも分からなくはないですが、実在しない人物を少しばかりセクシーに描いた絵を貼りだして騒ぎになるのは理解出来ないです。(ただ、宇崎ちゃんのポスターに書かれているセリフは別の方向で不愉快です)

>芸人
日本だと芸人と俳優ではイメージ戦略が違うので、俳優であればまた事情は違うと思います。

ReplyEdit
    苺畑カカシ2 years ago

    シマさん、

    オタクは童貞が多いから献血には最適なんだなんて言ってる人がいました。冗談はともかく、これは日本人とアメリカ人の感覚の違いなんで、こういう宣伝が効果があるのなら、まあそれはそれでいいのかもしれません。

    私は献血を定期的にしてきましたが、最近血圧が上がって献血出来ず残念でたまりません。うちは職場に献血車が来るので献血がしやすく、しかも献血した日は午後から帰っていいことになっています。日本でも献血がしやすい境遇を作っていくことが大切ですね。

    ReplyEdit
たれぱにうむ2 years ago

宇崎ちゃんは大学生だから「小児うんぬん」という概念そのものがひどい誤爆であり失礼な事件ですね。まず件のアメリカ人が「成人を子供扱いした」ことに対して謝罪するべきでは

ReplyEdit
苺畑カカシ2 years ago

たればにうむさん、

まあ漫画ですからしょうがないですが、あの顔はどう見ても大学生には見えませんよ。私も顔だけ見た時にてっきり幼稚園児だと思いましたからね。漫画のキャラを知らなければ、宇崎ちゃんは大学生だと解るひとはいないと思います。

顔と身体が不釣り合いだから気持ち悪いという印象を持った人は結構いたみたいですよ。だから撤去しろとか言いませんが、そういう見方をする人もいると知ることで、どうして話題になったのか多少は理解できるんじゃないでしょうか。

ReplyEdit
    通りすがり2 years ago

    この件で「お互い理解していない事があるんだ」というDD論に持ち込むのは
    ちょっと無理があるんじゃないですかね…

    多くの日本人は、
    アメリカが非実在青少年ポルノを取り締まっている事を知った上で
    こいつらアホだな~と思っていますし、
    同じくアメリカが成人してからもう何年も経っている女優のAVを見て
    「これは明らかに未成年だ!違法だ!」と空騒ぎした事も知った上で
    こいつらどんだけアホなんだ…と思っていますよ。

    詰まる所、アメリカ人がそういった方面の理解力に極めて乏しい事は百も承知で
    「なんで自分がよく理解できていない事柄についてわざわざ口出ししてくるの?
     日本にはそういう文化は無いんだけど…
     いや、アメリカにそういう出しゃばり文化があるのは解るけど、押し付けないでくれる?
     あと、勘違いでクレーム付けたならまず謝るのが先じゃない?」
    というのが大多数の日本人の感覚なんじゃないでしょうか。

    ReplyEdit
    通りすがり2 years ago

    あと、先に述べた
    アメリカが成人AV女優を未成年と勘違いして騒いだケースもそうですが、
    架空の漫画に限らず、現実の写真でも動画でも
    「欧米人は東洋人の年齢を正しく見積もる事ができない。
     総じて10~20歳ほど若く判定してしまう。」
    という調査結果が昔から山ほどありますので、
    「マイナーな漫画だったから…」という言い訳も成立しないものと思われます。

    欧米人からすると日本人や日本のコンテンツの中に出てくる人間は非常に幼く見える…
    という事くらいは日本人なら誰もが知っています。そしてその上で、
    「でも、それそっちの勘違いでしょ?んなもん知らんがな…」というのが普通の反応です。

    ReplyEdit
苺畑カカシ2 years ago

あの絵が気持ち悪いと思ったのはアメリカ人だけではないですよ。ツイッターで多くの日本女性たちも気持ち悪いと言ってましたからね。

繰り返しますが、あれはTPOの問題。ファンの人たちがあのキャラクターが好きだというならそれはそれでいい。別に実際に子供が虐待されてるわけではないですからね。ただ、ああいう絵は時と場合に寄るでしょうって話。

アメリカのポルノ映画でも18歳以上の童顔の俳優が使われて「ギリギリ合法」とか言いながら宣伝することは結構あるので、幼く見えるから必ずしも子供だとは思ってないと思います。でも幼く見えるだけでも私には気持ちわるいですけどね。

ReplyEdit
苺畑カカシ6 months ago

よもぎねこさんがLGBTに関してのエントリーで宇崎ちゃんの絵のほうが気持ち悪いとおっしゃったので、カカシも同意見だとコメントしたら、コメント欄で宇崎ちゃんファンからすごい攻撃を受けていたので、参考としてここに貼っておこう。まずは抗議のコメント。

====
失礼ながら、一つご指摘させていただきたい点がございます。
ブログ主様はポリコレ、フェミの悪用を強く否定してらっしゃいますが、現在のあなたはご自身が嫌っているフェミの一人になっております。

あの献血ポスターを「乳房お化け」と言いますが、現実にあれ程度のサイズの胸を持っている人は何人もおります。
ブログ主様と全く同じことを言っている人に対する反論として、実際にポスター内のキャラと同じレベルの体格をしている女性が、何人も
「私のイラストは“恥ずべき存在”ですか?」
「私が記念写真に入ったら、それは公共機関に飾れないような卑猥なものですか?」
「私は“性的なアピールする気持ち悪い乳房お化け”ですか?」
と聞き返して撃退している例が多数あります。

こうした「胸の大きい女性」がウェイトレスの格好をしているイラストだけで、それは「公共に出るべきではない存在」となるというのが、ブログ主さまや元のコメントをされた方の思考でしょうか?
現実にはどうなのかということを調べもせずに、勝手な思い込みで「気持ち悪い」「性的だ」という言いがかりをつけて、「品位のない物で公共物としてふさわしくない」と決めつけるのは、「現実の女性」から煽り返されて撃退された無様なフェミのそれと同類です。

気持ちが悪いと思うのは問題がないのですが、「乳房お化け」「公共物にふさわしくない」などと浅はかな決めつけをしてそれをネット上に意見として放出される前に、少し考えられた方がよいのではないかと思われます。
胸が大きい女性のキャラ=ポルノまがいで公共の場にふさわしくないという短絡的な思考は、ポリコレやフェミなどを悪用する輩と全く同じです。

ブログ主様はこうした「おたく」系と言われるカルチャーについてはあまりご存じない物と思われますが、男性向けだと思われているゲームやアニメなどでも、実際は女性も相当数のファンが存在するのは一般常識レベルであり、美少女キャラ=男にこびている・性的だなどというのは間違った固定観念です。
見当違いなことを言うフェミが女性の敵であるというのは、どの分野においても変わりありません。
また、肉体というのも多様性があり、アニメの方がまだおとなしく見えるような人も現実にはちゃんと存在します。
実際に女性側からの煽り返しも、「現実を知らないフェミババアがほざいているよ」と女性側からも見られているという証拠です。

「気持ちが悪い」と思うのは個人的な好き嫌いの問題ですが、実際にそれを「公共物にふさわしくない」など一般化して決めつける姿勢は非常に危険であり、ご自身が批判しているフェミと同種の存在になってしまっているということをご指摘させていただきます。

(中略)

イラストが気持ち悪い、性的で公共物としてふさわしくないというならば、現実にいる彼女らはどうなのでしょうか?
何をもって性的だのなんだのと言うんでしょうか? 胸が大きいから性的?
例えばサッカー日本女子代表で胸が大きい選手がいて、市がJFAとコラボしたときに他のメンバーが献血ポスターに起用されても、その選手だけが「胸が大きくて性的なので公共のポスターにはふさわしくない」として、ポスターにはされないのが当然なのでしょうか?

絵にするとアウトなのでしょうか? 水着でも下着でもないし、胸が大きいのは写真ではOKでイラストではダメとかいう根拠は何ですか?
そもそも選ばれたのは、一般誌に掲載されている漫画として人気だったからというだけです。漫画の内容は性的な物でも何でもないですが?
基準はどこに在るのでしょうかね?

具体的な論拠が何もなく、単なる個人的な好みや決めつけで良い・悪いの基準を決めようとするのは、己の主観が正義だとして他者を攻撃して従わせようとするポリコレやフェミと全く同一の姿勢です。
好き嫌いはどうしようもない物ですが、それに基づいて何かの価値やふさわしい・ふさわしくないなどの正否を決めるのは慎重になるべきです。
おかしいと思っても、現実には全くおかしくなかったり、単に自分の認識・知識不足に過ぎなかったりすることはしょっちゅうあるのです。

ちなみに上記のチェンジョブの広告で執拗にモデルさんを攻撃した人物が何名かいるのですが、宇崎ポスターでも同様の攻撃を繰り返していました。
イラストについて海外でもポリコレ連中が攻撃を繰り返しているのですが、日本国外のファンからも相手にされずにせせら笑われて、煽り返されているのが現状です。
第二弾で図案が変更されましたが、これも別にフェミ連中の抗議などは関係なく、作者さんが第一弾とは違う構図でという話で書いただけに過ぎません。
自分たちの攻撃行動を鼻で笑われ、現実の女性ファンからの反論で自分のダブスタや認識不足がさらされて撃退されているので、フェミ連中はやたらと目の敵にしているようです。

ReplyEdit
    苺畑カカシ6 months ago

    このコメンターは宇崎ちゃんの大ファンなのだろうが、よもさんや私が「気持ち悪い」と思う気持ちは感情の問題なのでどうしようもない。だが、我々の言いたいのは、あのポスターは献血のポスターとして適切だったのだろうかということであり、胸の大きい人が気持ち悪いとかどうとかという問題ではない。

    私もあのポスターがコスプレ大会とか、コミコンとか、漫画喫茶で、アニメや漫画ファン対象に描かれたものであれば問題なかったと思う。身体が豊満な女性のポスターがビールや四輪駆動のトラックの宣伝で使われるなどもまったく問題ないと思う。

    問題なのは、普通の女性や子供も見るような場所にあのような胸を強調した漫画のキャラクターを使うことは不適切だと感じた人が多くいたことだろう。ただそれで実際に献血を集めるのに効果があったというならそれはそれでいいかもしれない。

    どれだけ多くの人にアピールすることが出来たのか、どれだけ不評だったのか、結局はその結果で決めるしかないだろう。

    ReplyEdit
      苺畑カカシ6 months ago

      ところでこのコメンターさんが言っている、胸の大きい女性を描いた漫画がダメなら、実際に胸の大きい人はポスターなどに起用されてはいけないのか、という質問についてだが、それは何を目的としたポスターなのか、どのような構図で撮られているかによる。

      写真家なら誰でもその目的によって構図を考える。スポーツ選手の場合は自然に胸が大きかろうがどうしようが、スポーツをしている姿を強調しようとするだろうから、胸に焦点を当てるような撮り方はしないはずだ。

      しかし同じ体系の女性でも、ビールのコマーシャルのように、女性の色気を強調したい場合なら、胸やお尻を強調するような構図を取るだろう。

      私のみたポスターでは明らかに大きな胸が強調された構図であり、見た人間の視線がそこに集まるようにデザインされている。よもさんもそれを指摘していたが、このコメンターさんはそんなことはないと何度も言っていた。しかし、あれは実在する人間をモデルにしているわけではないので、もし胸を強調する意図がないのであれば、あんなに大きな胸を描く理由がない。実際にあのくらいのサイズの胸の人もいるとかいうのはお角違いな理屈である。もとの漫画がそうなのだから仕方ないのだという言い訳もちょっと弱い。そうであるならば、なぜその漫画をポスターに使おうということになったのかという疑問が残ってしまうからだ。

      繰り返すが、このポスターが献血ポスターに適切であったかどうかは、実際にこのポスターで献血が増えたのかどうかで決まると思う。

      ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *