今年も二回目の反トランプ左翼らによるウィメンズマーチ(女性行進)がアメリカ全国各地で行われた。いつものように主流メディアは、あたかもこの行進がアメリカ全土の女性たちに支持されているかのように報道している。日本のメディアも便乗して大々的に報道している。

しかし、もうひとつ、大規模な行進がもう何十年も行われていることをご存知の方はどのくらいいるのだろうか。この行進はマーチフォーライフ(命のための行進)と言って、人工妊娠中絶に反対する行進で妊娠中絶がアメリカで合法になった1974年からずっと毎年繰り返されている。毎年何万という人々が集まり、去年はトランプ大統領も参加して演説を行うなど大々的な行事になっているにも拘わらず、主流メディアは完全無視。下記は今年の様子。

今年はペンス副大統領が参加し、トランプ大統領からの激励のメッセージを届けた。トランプ大統領のメッセージ動画はこちら

一方、メディアが大々的に報道している女性行進は、拙ブログでも紹介したように、女性行進の主催者があまりにも反ユダヤ主義を表に出し過ぎるため、数々の支部が女性行進から離れ、ついには民主党も組織から距離を置くに至った。しかし女性行進はそれでも反ユダヤ姿勢を崩さず、ユダヤ系メンバーたちの離脱が目立つようになった。

そんななか、何故私が女性行進から去ったのかというユダヤ教の女性ラビ(ユダヤ司教)の公開手紙を見つけたので読んでみたい。 著者の名前はRabbi Nicole Guzik ニコール・グージック司教。

司教は今回のロサンゼルスにおける女性行進に参加するにあたり、最近の女性行進組織の反ユダヤ的な発言に懸念を抱き、LA支部の共催者 エミリアナ・グレカとディーナ・カッツに問い合わせをした。女性行進が反ユダヤ主義だという悪評が立ち始めてからも、司教は一応彼女たちの言い分も聞くべきだという寛大な気持ちでいた。グージック司教は共催者の二人と何度も会って話、ロサンゼルスの行進は全国本部とは違ってイスラエルをアパルトヘイト政権だなどといって攻撃したりはしない、もし演説者が台本からはずれてイスラエルを攻撃するような発言をした場合は音楽をかけて即座に退場させると約束させた。

しかし、女性行進LAが開会されて一時間もたたないうちにその約束は破られた。イスラム教市民団体でモスレム同胞軍と深いつながりのある組織代表のマーワ・リファヒー(the Council on American-Islamic Relations)は自分の持ち時間を使ってパレスチナ政策について話し始めた。彼女がイスラエルをアパルトヘイト政権と言ったところで、司教は何時音楽が鳴るのだろうか、演説の中断は何時されるのかと待っていたが、何も起きなかった。

誰がこのスピーカーの審査をしたのだ?何故反ユダヤ演説はさせない、この反ヘイトの場所では許されないという保証がされたのだ?なぜワシントン主催者を弁護することが許されたのだ?私は自分の声を使って私の評判にかけてユダヤ女性は歓迎されている必要とされているという主催者を信じて、この組織を弁護してきた。私たちは必要とされているかもしれない、だが歓迎はされていない。それが良く分かった。

腹を立てた司教とその家族はその場から立ち去った。その時共催者の一人エミリアナに遭遇した司教は自分の不満を述べたが、エミリアナはただ謝罪しただけで特に何かを変えようとする気配はなかった。司教は自分がユダヤ教徒として利用されたのだと悟り、屈辱を覚えたという。

一緒に参加していた他のユダヤ系女性たちも口々に「もうたくさんだ。これが私の最期の行進だ」と言っていた。

ニューヨークで行われた女性行進では、リンダ・ゴキブリー・サーサワーがまったく恥もなく、「モスレムであることを恥じていない、パレスチナ人であることを恥じていない」と言って反イスラエル、反ユダヤ教の演説をぶった。女性行進は女性のための行進などではなく、単にトランプ大統領の親イスラエル政策に繁多なだけの完全なる反ユダヤ行進だと証明されたのである。


3 responses to 胎児の命を守れ、ペンス副大統領がトランプ大統領の激励のメッセージを届ける。無視するメディア。

よもぎねこ6 months ago

>リンダ・ゴキブリー・サーサワー
 ここまで読んで吹き出してしまいました。
 余りと言えば余りに言動にピッタリの名前ではありませんか?
 このゴキブリーさんご本人にお名前の日本語での意味を教えて差し上げたいぐらいです。
 

ReplyEdit
    苺畑カカシ6 months ago

    よもぎねこさん、誤解のある書き方をしてしまったようですが、リンダ・サーサワーのミドルネームは「ゴキブリ」ではありません。どこかの記事でサーサワーという英語の苗字がアラビア語に訳すと「ゴキブリ」という意味になるという話を聞いたので、それ以来彼女のことを「リンダ・コキブリー・サーサワー」と呼ぶようにしているのです。私はアラビア語は解らないので、これが本当かどうかはわかりませんが、アラビア語が出来るという数人の人たちがそう言っているのでそうなんだだろうと思ってます。

    ReplyEdit
苺畑カカシ6 months ago

http://www.educationviews.org/linda-sarsour-cockroach-queen/
Linda Cockroach and her Islamist friends at ISNA and CAIR are trying to erode our freedoms and liberties from within.

By Taylor Foland

It’s no surprise that “Sarsour” when translated from Arabic, literally means “cockroach.” How ironic right?

In a speech to the Islamic Society of North America in Chicago, Illinois last week, Linda Sarsour made a fervent plea for all Muslims to wage Jihad on the Trump Administration.

The Islamic Society of North America was one of many charities in the Islamic community that was listed in a plan, formally known as “The Project” written by the Muslim Brotherhood in May 1991 to destroy Western civilization, and make Islam the universal religion.

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *