もう一週間くらい前になるが、ドイツ東部のケメネッツという町で35歳のドイツ人男性がシリア人とイラク人の二人組に殺害されるという事件が起きた。これに対して地元市民が追悼の意味も込めて最初は100人ぐらいが集まって集会を開いていたが、翌日になるとその数は数百になり、日を重ねるにつれて数千人に膨れ上がり、一週間後の昨日はすでに一万人の抗議者が集まりデモ行進は止む気配をみせない。

これに対してカウンターデモと称し、いつも通り左翼ファシスト暴力団「アンティファ」の連中が数百人やってきて小競り合いが起き負傷者や逮捕者が数人出た。「アンティファ」はドイツで生まれた極左翼ファシスト暴力団で、奴らの手口はそれこそナチスのブラウンシャツと同じで、アメリカ支部よりずっと暴力的である。

地元民は似非ナンミンによる度重なる犯罪に堪忍袋の緒が切れたという状態で集まっているのだが、ドイツのメディアは定番通り、デモをやっているのは「極右翼」や「ネオナチ」だと言い張る。日本のメディアも自分らで取材もせず、現場に行って市民の声を聴くでもなく、ドイツ大本営放送の受け売りを報道している。

「難民が独男性を刺殺 ネオナチデモが激化」--毎日新聞
「ドイツ東部で極右デモ激化、移民めぐる緊張浮彫り、メルケル首相決断から3年」ーー産経ニュース
「ドイツで極右が大規模集会、『カウンター』とにらみ合い殺人事件に反発」--ライブドア
毎日新聞の記事から読んでみよう。

事件は8月26日午前3時ごろ、ケムニッツ繁華街で発生。家具職人のキューバ系ドイツ人男性(35)が男2人組と口論となった末、刃物で刺された。男性は搬送先の病院で死亡、一緒にいた友人2人も負傷した。 地元警察はイラク人の男(22)とシリア人の男(23)を拘束。独紙ビルトによると、イラク人は2016年、難民申請をしたブルガリアに強制送還されることになったが、実施されずに、ドイツ国内で傷害や覚醒剤所持事件も起こしていた。 ケムニッツがある東部ザクセン州は移民受け入れの経験がほとんどない旧東独州で、ネオナチや反イスラム運動の拠点として知られている。事件後、数千人規模のネオナチ支持者が集まり「(難民でなく)我々が国民だ」などと叫び、法律で禁止されているナチス式敬礼を繰り返した。 事件翌日の27日には暴徒化した一部デモ隊が外国人を暴行する事件も発生。国政最大野党で反イスラムを掲げる「ドイツのための選択肢」(AfD)のガウラント党首は独公共放送で「ナチ式敬礼は正しくないが、人々が怒るのは当然」と述べ、メルケル首相の難民受け入れ政策を事件と関連付けて批判した。

私が観た多くの映像では、抗議者たちがナチス敬礼をしているものなど一つもなかった。無論ビデオはどうにでも編集できるのでビデオ掲載者が敬礼部分を削除した可能性はある。だが、左翼メディアにそんなアジェンダはない。もし人々が本当にそんなことを繰り返していたのなら、何故フェイクニュースはその場面を大々的に第一面の写真で公開しないのだ?私が観た写真のなかで白人男性が片腕を振り上げているものはあったが、それは単にこぶしを振り上げていたのであり、およそナチス敬礼の手を伸ばすものではなかった。

ドイツ在住のフリージャーナリストという熊谷徹(@ToruKumagai)のこのツイートは非常に面白い。強調はカカシ。

ケムニッツ事件で驚かされるのは、ネオナチの動員力。警察はネオナチが千人しか集まらないと見て、警察官を600人しか投入しなかった。ところがネオナチはツイッターで他の町からも同志を招集。6000人の極右がケムニッツで行進し、一部が外国人狩りを行った。

集まった人間がすべてネオナチだと思うからこういう不思議な感想が出てくるのだ。ドイツ在住でも地元民に直接インタビューにも出向かないで、ドイツ大本営放送のプロパガンダをそのままツイートしているなんて、よくもそれで恥かしくもなくジャーナリストだなどと名乗れるものだ。

この市はドイツでも保守派が多く先の選挙でも25%がメルケルの無制限移民政策に反対しているドイツの選択肢党AfDを支持したという。AfDはネオナチではない。私が観た限り、ごく普通の人たちがナンミンに殺された被害者の写真を掲げて行進していたり、嘘ばかり報道するリポーターの回りを囲んで何故真実を報道しないんだと詰め寄ったりしているものだった。下記はイギリスの体当たりジャーナリスト、ケイティ・ホプキンスのツイッターより。

これがネオナチの集まりに見えるかどうかは、読者諸氏の判断に任せよう。


1 response to ドイツ東部、ナンミンによる男性殺害に立ち上がった一般市民を「極右翼」や「ネオナチ」と報道する世界のフェイクニュース

ミカン2 years ago

右翼、左翼、保守、リベラル、ナチ、ファシストなど色んな言葉が乱立してますが最近混乱しています。我こそ正義の~なり!と言いつつ、間違った間違った方向性だったりしますしね。そもそも過去の歴史の是非判断も何が正しいのか・・・。 ドイツは今も昔も基本的には左派、リベラルで変わっていない。戦前はヨーロッパの中でもユダヤ人に寛容だった。なぜそのドイツからナチスが生まれ真逆なことが起きたのか? 結局真面目過ぎたということだと思います。可哀想なことに日常控えめで穏健に努力しようとしている側が爆発的な不満を発散させてしまう。日本人も似たところがある。ドイツは今度こそ勝ち馬に乗ろうと必死です。
意外とチャランポランでも心の余裕がある側が正しいのではないでしょうか。宗教の教えもそんな感じです。それこそが真の保守。報道を自分の考えで読み取る力はそうした方々にあると切に感じるこの頃です。

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *