アメリカの馬鹿タレントたちが選挙人に対して、国民の意思を無視し自分に託された責任も無視してライバル候補に投票しろ~、とビデオで訴えていた選挙人による投票が昨日行なわれ、トランプは正式に次期大統領に選出された。しかし極わずかではあるが、自分に託された義務を怠ってライバル候補に投票した選挙人が数人いた。下記はNHKのオンラインニュースから(強調はカカシ)

トランプ氏 選挙人投票で正式に次期大統領に選出

12月20日 10時56分
(前略)アメリカでは先月の大統領選挙で選ばれた全米50州と首都ワシントンの選挙人、合わせて538人による投票が19日、各地で行われました。アメリカのメディアによりますと、投票の結果、共和党のトランプ氏が当選に必要な過半数を上回る票を得て、第45代大統領に正式に選出され、来月20日に就任することになりました。(略)
一方、南部テキサス州ではトランプ氏の就任に反対して、州で勝利したトランプ氏に投票しなかった選挙人が2人いたということです。
大統領選挙は先月8日に行われた有権者による一般投票の結果、トランプ氏が民主党のクリントン氏より74人多い306人の選挙人を獲得し、通常、選挙人による投票は形式的な手続きにすぎません。
しかし、今回は全米の総得票数でクリントン氏が200万票以上、上回ったほか、トランプ氏の就任を阻止しようと、選挙人に対しクリントン氏に投票するよう呼びかける動きも出たため、選挙人による投票結果が注目されていました。

このニュースでは無視されているが、実は不忠義者はトランプ側だけではなく、ヒラリー側にもいた。トランプ候補への投票が託されていたテキサスの二人の選挙人がヒラリーに投票したが、ヒラリー票を託されていた四人がヒラリー以外の候補者に投票したのである! 馬鹿芸能人たちがトランプ投票人に向かって「ヒラリーに投票しろとは言ってない。信念に基づいて投票してほしい」と訴えていたが、どうやらヒラリー側の選挙人を説得してしまったようである。
今回の敗北者民主党による民主主義選挙阻止は失敗したが、数人でも有権者の意志を無視して土壇場で票を変えた不忠義者が居たことは非常に問題である。選挙人が自分に託された義務をおざなりにして、自分勝って票を変えることが許容されるのであれば、今回起きたような選挙人に対する脅迫や買収がどんどん増えることは間違いない。
民主党は常に選挙違反が自分らの利益になると考えているが、違法行為を自分の勝手で合法にしてしまった場合、次の選挙では相手側に有利になるかもしれないという可能性を全く考えていないのだ。州によっては選挙人が託された候補以外に投票することが違法とされているところもある。テキサスにしろ他の四人の裏切り者が出た州にしろ、州憲法を改正して、不忠義者は罰せられる法律をつくるべきだろう。


2 responses to 選挙人投票にて、トランプ正式に次期大統領に選出される、選挙人としての義務を怠った不忠義者は誰か?

hanako3 years ago

まさに貴方のおっしゃる通りです。
いつも民主党が大統領になると、思うのですが、国費で様々な無駄遣いしますね。今回は義理母までつれての世界旅行。これはクリントンの時もそうでしたね。娘を連れての世界旅行。なにもかも国費でやりまくる。民主党が大統領になった時は、共和党支持者は苦しくとも、法に従い、デモなどせず、まして選挙を疑うなどもせず、仮にも一国の大統領だと、善良な市民でありました。今の民主党はまったく不敬で、あきれ返るばかりです。選挙後の暴動化もヒラリーの一言で治まったはずなのに、ご本人はなにもせず。貴方のご意見は私の共感を呼びました。自己紹介忘れました。私は学生として来まして、その後就職、結婚してカリフォルニアに住んでいます。学生時代からしてすでに40年になります。

ReplyEdit
苺畑カカシ3 years ago

ハナコさん、ウエルカム、ウエルカム。
学生時代から40年ですか?じゃあ、私より長いですね。私が渡米したの1979年。一応語学留学して一年ほどカリフォルニアに居ましたが、その後一旦帰国して1981年に再び今度は移民としてやってきました。そのままカリフォルニアに居ついてます。
結構おうちが近いかもですね。これからもよろしく。

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *