地球温暖化説が毎年毎年ものすごい勢いで崩壊しているが、今年もまた例年以上に寒い冬になるらしい、という話を書こう書こうと思っているうちにさむ~い冬がアメリカ各地で、もう始まってしまった。日本でもすっごく寒いらしいが、読者諸氏風邪などひかないようにお気をつけあれ。
この記事を読んだ時点で、今年の冬は北極風の影響で例年平均より華氏で35度、摂氏だと37度以下になる予測だとあり、数日中に気温は急激に下がるだろうと書かれていたが、実際に本日はノースダコタやモンタナ州では命に関わる寒さになっているとか。モンタナの気温は摂氏零下34度。外には10分以上でないようにと忠告されているほどだ。
北極からの風が太平洋からの風と合流して降雪につながっており、東海岸のあちこちで雪が降っている。ウィスコンシン、バーモント、ニューハンプシャー、そしてメインといった州で豪雪が降っており、土曜日だけで15cm以上積もったとか。ボストンでは133年来一番寒い12月17日となった。
これからも寒く長い冬が続きそうだが、カカシは新年早々東海岸に出張の予定。やだな~!
このブログを書き始めて10年以上経つが、ほぼ毎年のように今頃になると「今年の冬は記録的に寒い冬になりそうと書いてきた。これはアメリカだけの現象ではない。北半球はもう10年近く全体的に寒い冬が続いている。いったい何年こういう冬が続けば地球温暖化説は間違っていたということになるのだろうか?いったいどの科学者が勇気を持って「我々は間違っていた。」と認めるのだろう?
未だに国連は温暖化を阻止するために二酸化炭素排出量を減らそうとかいって先進国に色々圧力をかけている。カリフォルニア州はこの間の選挙でスーパーなどでビニール袋を無料で提供することが禁止になった。日本ではすでにビニール袋ひとつにつき7円くらい取っているのを2~3年前に帰国した際に見ているが、カリフォルニア州では一袋10円。たくさん買い物したら何袋も使うから、これを毎回払っていたら結構費用がかさむ。で、この袋代は何処へ行くのかといえば、結局州が税金として取り立てるというだけで、これが温暖化防止にどういう影響があるのか全く不明。(実はまるでないのだ!)
苺畑家ではこれを予測してもう数年前からスーパーのビニール袋をたくさん集めておいた。物置にはビニール袋で一杯。
若い世代の人は覚えていないだろうが、カカシが子供の頃は、主婦は買い物の際に買い物籠というものを持って行った。これはプラスチックやビニールではなくウィッカー。イメージはこういう感じ。そろそろ我が家も買い物籠を購入するときが来たのかな?
なぜ時代をさかのぼらなければならないのか、進歩にはそれなりに理由があったのに。


2 responses to またまた記録的に寒い冬が始まった

oldman3 years ago

海面上昇もどうやら嘘のようですね。南洋の島が海面上昇で住めなくなる、という話ですが、じつは、海面の高さは陸地を基準に測定していたらしく、陸地の沈下で基準点が変化したため海面が上昇したように見えたという話しのようです。衛星測量では海面は上昇しておらず、むしろ逆に、陸地が増加していることが明らかになりました。
ちょった考えればわかることですが、海に浮かんだ北極の氷は全部溶けても海面上昇にはなりません。南極は極寒の地ですから氷は溶けません。ただし、グリーンランドはどうだか知りませんが。
ある学者は、太陽活動の低下(黒点の減少)により、地球は寒冷化に向かうかもしれないと警告しています。寒冷化のほうが人類生存にとってより大きな脅威となります。

ReplyEdit
苺畑カカシ3 years ago

oldmanさん、
フェイスブックで北極の氷の面積をアニメーションで描いているビデオを掲載した人がいて、今年の北極氷面積は何十年前より少ないとかいう「証明」した人がいるのですが、実際にそのアニメをしっかり見ていたら、ここ50年くらいで増えたり減ったりしてるんですね。
で、温暖化説が説かれてだいぶたった数年前の面積は多かったといわれる何十年か前と同じだった年があったのですよ。
そういう時は「温暖化の証明だ!」という記事には使わないで、面積が減っているときだけ強調するのは温暖化神話説論者の汚いやり方です。
自分たちが作ったアニメーションですら、北極の氷面積は常に変化しているということを証明しているのにね。
あなたのおっしゃるとおり、地球冷却化の方がよっぽども怖いです。

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *