この間ちょっと触れたが、マイロ・イヤナポリスによるアルト・ライトを破壊する方法12段階を紹介しよう。

1) アイデンティティー政治がすべての人に当てはまるか、誰にも当てはまらないのかを決めるべき。多々の少数民族を守る団体は存在するのに白人男性の人権擁護の団体は存在しない。大学構内やメディアや政治社会における白人差別を今すぐ止めること。人種差別は誰に対してであろうと受け入れるべきではない。
2) ユーモアのセンスを持つこと。これによってちょっとしたきつい冗談程度で若者が傷ついたりしないようにすること。
3) 犠牲者ぶって苦情ばかりの文化を終わらせること。誰かの意見に傷ついたとか気分を害したからといって、あなたに特別な権利が与えられるべきじゃない。感情なんて糞食らえよ。
4) 移民受け入れを止める。特にイスラム教圏からは。
5) 愛国心を悪者扱いしないこと。(カカシ注:反トランプデモ行進で、愛国心はレイシズム、という看板を持ってる人間がいた。)
6) グローバリズムの廃止。
7) アニメオタクを消去せよ。(カカシ注:なぜここでアニメが出てくるのか理解不能)
8) 明確な男女の差を否定することを止める。すべてが社会的構造ではない。
9) 安全地帯とかトリガー警告といった扱いを止める。事実を人種差別とか男女差別とか言い張るのはやめること。人々が自由に好きなものを読み、書き、発言することを受け入れること。
10) 意味のない高額な外国との戦争を止めること。
11) ブラックライブスマター(BLM)運動を犯罪として扱うこと。BLMは黒人至上主義の人種差別運動で黒人居住区の崩壊につながるだけだ。アルト・ライトの多くが参加のきっかけはメディアによるトレボーン・マーティンやマイケル・ブラウンの殺害事件でメディアの大嘘に騙されたと気がついたことだったと語る。BLMが似非運動なのは創設者ショーン・キングが黒人に扮した白人であることが象徴している。
12) 壁を建てろ!
ぺペ蛙に激怒していても駄目だ。人々の人生を破壊していても駄目だ。そういうことはかえって才能ある人々をアルト・ライトへと導いてしまうのである。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *