先日のスーパーチューズデイ2という共和党の大統領予選で5州のうち4州を勝ち取ったドナルド・トランプ。これにて地元のフロリダを惨敗したマーコ・ルビオが脱落。これで残るはトランプ、クルーズ、ケーシックの三人となった。ケーシックは地元オハイオ州を勝ったのみで他に勝った州はひとつもない。今後も勝つ見込みは全くない。つまり共和党の候補争いは事実上トランプ対クルーズの一騎打ちとなったわけである。
代議員数の内訳はというと、
トランプ 673 
クルーズ 411
ルビオ  169
ケーシック 143
代議員の合計数は2472、そのうちの1237票を獲得しないと候補者には選ばれない。
もしコンベンションまでに誰も1237票を獲得できない場合には、コンベンションで投票が行なわれ、最初の票は代議員が指定された候補者に入れなければならないが、二回目からは他の候補者に入れてもいいことになっている。それで何度か投票を繰り返して誰か一人が1237票獲得したらそれで候補者が選ばれる。
ルビオはリタイアしたので代議員は残った候補者の誰に投票してもいい。ルビオ支持票がどのように割れるか興味深い。
確かにトランプは今圧倒的な勢いではあるが、ルビオが抜けた今、ケーシックの支持も減るだろう。となるとルビオとケーシックの支持者たちがどれだけ団結してクルーズを支持するかにかかっている。もしも支持者たちがトランプの勝利は間違いないものとして、完全にクルーズを見放してしまえばそれで終わりだが、どうしてもトランプには候補はもちろん大統領にはなってもらいたくないと思っている人が多ければ、クルーズは第一志望ではないが支持するとなってくれればトランプの独走を止めることはできる。
クルーズがコンベンションまでに最低票集められる可能性は低い。だが、どちらも最低票を得られずブローカーコンベンションになる可能性はまだまだある。我々反トランプに残された道はそれしかないのかもしれない。
ところでトランプはものすごい反日なんだそうだ。バブル時代に日本に敵意を抱いてそのままひきずっているらしい。トランプは不動産が専門なので当時の日本企業とは不動産を巡ってずいぶんやりあったのだろう


4 responses to やっぱりブローカーコンベンションしかないのかな?

oldman4 years ago

>我々反トランプに残された道はそれしかないのかもしれない。
青山繁晴氏によると、暗殺という道があるかもしれないと。そうならないことを祈りたいですが、まだまだ波乱万丈ですね。
さらに、同氏によると、現状ではクリントンvsトランプなら6:4でクリントンだが、ちゃぶ台返しがあるかもしれないと。アメリカにはちゃぶ台がないので、どうなりますか(笑)。
日本の外務省は、クリントンが勝ちますようにと毎朝お祈りしている、という噂があります。カカシさんはどちらを選ばれますか?

ReplyEdit
goldbug4 years ago

トランプが勝つのって、共和党の本質的変化をもたらしそうで怖いですよね。保守主義から、単なるタカ派リベラルになってしまう気がしますね。

ReplyEdit
アンデルセン4 years ago

不法移民を批判しながらも、選挙権を持つヒスパニックには大人気だそうですね。決して日本にやさしくないトランプさんですが、実は日本のネット民にも意外に人気があります。
「アメリカの大統領(候補)が、アメリカの利益を考えるのは当然だ」
「トランプは現実主義者だから(カードを可視化すれば)交渉しやすい相手だろう」
アメリカの最先端科学に日本の技術は必須ですから。
また、トランプさん自身が反日だとしても、支持者であるアメリカ人の日系企業における雇用や取引状況などは無視できないでしょう。あるいは無視されたら無視されたで、日本としては新しいカードが手に入る。
血も汗も涙も流れる現実に対し、な~んにもしない夢見る権力者より、説明すれば危機も問題も自分の責任も、それらの対応外の(手を突っ込むべきじゃない)ものごとも理解できるトップの方がマシかなと。パフォーマンスで威張るくらい、かわいいものです。
トランプさんが、表面的なきれいごとで握りつぶされていたアメリカ人の本音を表舞台に乗せたという意味で支持されていること、支持者といえど、全ての彼の発言や内容に賛成しているわけではないことは日本(のネット民)側には理解されています。
民主党政権みたいになったたら困るとも、言われていますけどw

ReplyEdit
苺畑カカシ4 years ago

みなさん、コメントありがとうございます。
トランプはいわゆるポピュリストで、庶民が言いたいことを言ってくれるということはありますが、本当にどれだけやる気があるのかかなり疑わしいと思います。「アメリカ人の本音を表舞台に乗せた」というのはある程度本当です。でも、一部白人の反ユダヤ及び反有色人種へのいやらしい人種差別も表面に出てしまい、共和党支持は人種差別の党ではないとずっと主張してきた我々保守派にとってトランプは許せない存在です。
トランプは国のことなど考えていない。自分の私腹を肥やしエゴを満足させることにしか興味がないのです。奴はずっと民主党支持で民主党の政治家にいいよって私腹を肥やしてきた。それでも飽き足らずに今度は自分が大統領になってもっと国から金を奪い取ろうというのが目的です。全く信用できません。
トランプ対クリントンならクリントン優勢と言われてましたが、トランプの勢いがこのままだとクリントン打倒もありかと思いますよ。でも暗殺は駄目ですよ。それをやり始めるとキリがない。
トランプが共和党候補になるような党なら、私はもう共和党所属だとは言えなくなります。民主党に所属する気はさらさらないですから、今後は無所属ということになりますね。
でもトランプはまだ止められる。保守派よ頑張ろう!

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *