アップデートあり:コメンターのアンデルセンさんが紹介してくれた記事で、日本でも同じようなことが起きる可能性があると感じた。後部参照。

先日ヒューストン市で行なわれた選挙において、性適合障害男性の女子用施設の使用を許可する法案が、市民投票によって惨敗した。この法律はヒューストン市議会が二年前に強引に通し施行して三ヵ月めに市内の牧師や神父らの訴えで一時差し止めになっていたもの。法律反対派が十分な署名を集めたことから今回の選挙で市民投票にかけられ決着をつけることとなったのである。

ヒューストンの法律は、正式にはヒューストン平等人権法(HERO)提案1という名前で、その名目上の目的は性同一性障害や性嗜好によって就職や公共施設の使用や住宅選択などで差別されないためというもの。企業、個人営業、住宅など、違反者は最高5千ドルの罰金を課されるというもの。ただし宗教団体は対象にならない。

トランスやゲイやレズビアンを差別しないことの何がいけないのか、という疑問が生まれるのは当然だが、「差別しない」とは具体的にどういうことを指すのか。ここに問題があるのだ。

この法律では、自分が女性だと感じている男が女子トイレや更衣室やシャワー室を使用することが可能になる。実際に性適合手術を受けていようといまいとに関わらずである。ということは、実際にトランスジェンダーではない覗きや痴漢男が女子施設に入室しても一般人は文句を言えないことになる。女性が脅威を感じても警備員を呼ぶことも警察を呼ぶことも出来なくなるのである。極少数の変態人間の性嗜好のために人口の五割を占める女性たちが犠牲になるという悪法なのである。

無論法律提案者の言い分は、人権を平等に守る差別を禁止する法律のことをトイレ法などという言葉を使って市民を怖がらせるのは卑怯なやり方だというもの。この法律の目的はトランスジェンダーやゲイやレズへの差別をなくすことにあり、女子トイレやシャワー室に変態男が入るのを許可するものではない。反対派の言ってることは嘘だ、嘘だ、嘘だらけだア~!というものだ。

しかしここで私は反対派の言い分は嘘だと言う支持派に聞きたい。

この法律において、全く女性に見えない普通の男が自分は女性だと言い張って女子施設を使用することは可能となるのか?

もしその答えが「イエス」であるならば、もうそれ以上の議論は必要ない。他にどんな差別廃止だの人権だの平等だのという言葉で飾り立ててみても、変態痴漢男による女性や女児への危害を誘発するような法律は断じて通すべきではない。これ、常識である。

『反対派の主張は一般人に恐怖を煽るだけの嘘八百だ』という支持派の意見を二つほど読んでみたが、上記のシンクプログレスにしてもこの記事しても、反対派はアンタイゲイだとかヘイトスピーチだとか言うだけで、それがどういうふうに嘘なのかという説明がまったくされていない。
支持派の言い分は、HEROはトイレ法ではない、この法律は差別をなくすためのもので、女子トイレとは関係ないの繰り返しである。

もし10歩譲ってこの法律の意図が女性や女児を痴漢の危険にさらすものではないとしても、この法律がその危険を誘発するのであれば同じことである。この法律によって女性や女児が危険にさらされる可能性がないというのであれば、この法律がどのように痴漢が女子用施設を使用することを防ぐことが出来るのか説明すべきである。

法律支持派は極右翼が恐怖を煽ることによる憎しみに満ちた運動によって法案が崩れたと主張するが、事実は一般市民の常識がものを言った結論だったのである。

カリフォルニアでも全く同じ法律が今訴訟によって差し止め状態にある。市民の署名が集まればヒューストンと同じように住民投票に持っていけるのだが、カリフォルニアはテキサスよりはずっと左翼リベラルである。まだまだその道は険しい。

だがいずれはカリフォルニア州民も常識で投票してくれるもと私は期待している。

白浜、女装して女湯入った疑い

2015年11月8日(日)19時42分配信 共同通信
和歌山県警白浜署は8日、男性なのに女装して公衆浴場の女湯に入ったとして、建造物侵入の疑いで中国人の自称会社員、夏良容疑者(36)を現行犯逮捕した。
同署によると、着物姿にロングヘアーのかつらを着用し女湯の脱衣場に侵入。バスタオルを巻いて風呂に入り自撮り棒を使ってスマートフォンで撮影を始めたため、不審に思った女性客が浴場の係員に通報、110番した。

スマホには入浴中の女性は写っていなかった。夏容疑者は容疑を認め「女湯からの景色がきれいと聞いていた」と話しているという。
逮捕容疑は8日午前10時半ごろ、白浜町の露天風呂「崎の湯」の女湯に、侵入した疑い。


4 responses to 男を女子トイレに入れるな! ヒューストン市民投票バスルームビル(トイレ法)を断固拒否

アンデルセン7 years ago

性犯罪の多いアメリカで、性犯罪防止のためドアがウェスタンドアだったりそもそもなかったりするトイレに男性が登場したらさぞかし恐怖でしょう。
この点、日本はむしろ使わせてやれよと思うくらいです。
(参照)http://www.asahi.com/articles/ASHBY00QNHBXUUPI002.html
性別されたトイレの利用にご不満の方は、多目的トイレ利用がデフォみたいです。
(参照)http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/1800/190821.html
日本人はおとなしいです(笑)。

ReplyEdit
苺畑カカシ7 years ago

アンデルセンさん、
アメリカでもトランスの人のために男女共用トイレを設置したり、母親が子連れで入れるファミリー用トイレの使用を促したりして対応しようとしています。ところがトランス社会がそれだけでは飽き足りず、それぞれの同一視できる性の施設を使わせろと喚きたてて法律まで通してしまうので、しかも市議会などを使って市民が知らないうちにこっそりやるケースが多いので、こういう問題になってしまうというわけです。
カカシ

ReplyEdit
アンデルセン7 years ago

性同一性障害者や同性愛者は、それぞれ脳の共通する部分に特徴がみられるといいますが、カカシさんが取り上げられているトランスの方たちは、生物学の「相似」のように、一見同じように見えながら、もしかしたら彼らとは脳の異なる部分に特徴がみられるのかもしれませんね。

ReplyEdit
アンデルセン7 years ago

日本で中国人による恐ろしい事件が起きました(笑)。
アドレスを貼りますが、魚拓もアーカイブもとれなかったので、見られなかったらごめんなさい。
白浜、女装して女湯入った疑い
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2015110801001451/1.htm

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published.