ヨーロッパ移民の件では常に参考にしているパメラ・ゲラーのサイトによれば、先日オーストリアとスロベニアの国境付近でオーストリア人による反移民デモ行進が行なわれた。すでにオーストリアは国境にちゃちなフェンスを建てて、移民の流入を多少規制しているが、それでも毎晩何千人という移民がほぼ無差別に入ってくるので、地元市民はついに堪忍袋の緒が切れたというわけだ。
政府が何もしなければ、こういうデモ行進が起きるのは当然。間にはいった国境警備員たちは移民からも責められ国民からも責められて非常に苦しい立場に居る。このまま反移民デモの参加者が増えて、移民の入国を妨害したならばどうなるのだろうか。オーストリア人のほうにはその気はなくても、移民たちはすでに感情的になっているし、警備員を無視してフェンスをよじ登ったりするくらいだから、フェンスの向こう側に居るデモ行進に暴力的な反応を示すのは時間の問題だろう。
ビデオで見る限り、警備員の数は数百人にも及ばない。これでは国境警備は先ず無理。重装備した軍隊を早急に出動させるべきだ。
反移民デモが起きているのはオーストリアだけではない。ドイツでは毎週のように大規模な反移民集会が開かれている。このまま政府の方針を変えないで居るのは無理である。ミスター苺いわく、「維持できない状況は維持できなくなる」当たり前だが、維持できなくなったらどういう結果を生むのだろうか?私は今、火薬庫に火が付くのを固唾を呑んでまっているような心境だ。


Leave a Reply

Your email address will not be published.