最近のヨーロッパの移民問題に注目していて気がついたのは、モスレム移民を大手を広げて歓迎しているのは主に西ヨーロッパの国々で、東ヨーロッパ諸国は移民の通過さえ快く引き受けていない。特にオーストリアと国境を接しているチェコではアメリカも含め、西側諸国のメディアが報道しないモスレム移民の脅威についてきちんと報道しているように思える。
さて、そのチェコのプラハで、去る8月、白いシーツにくるまれて血まみれになって座っている女性のマネキンがあちこちに置かれた。これはモスレム移民によって急増している強姦に抗議した反モスレム運動の一部だった。マネキンの横には「強姦の末妊娠」とか「姦淫の罪」とかいう罪名が書かれた看板が置かれており、あきらかに投石処刑になったモスレム女性の姿を描写したものだった。ビデオのリンクはこちら
私は以前から思っていたのだが、韓国の慰安婦問題で女性の人権云々の唱える自称フェミニストたちや、アメリカの大学で大学構内のレイプカルチャーなどとが成り立てる女学生たちは、何故本当の女性虐待の最たるものであるイスラム教を批判しないのだろうか。
第二次世界大戦中の慰安婦のことを「性奴隷」だったと批判している暇があったら、実際イスラム国やボコハランなどのモスレムによって略奪され奴隷とされたイラクのヤジーズ族やシリアのキリスト教徒やアフリカの女子中学生などについての批判をすべきではないのか。何十年も昔の話を掘り返して「二度と繰り返してはならない」などとくだらない像など建てて人権擁護の運動家みたいな自己満足だけして、今現在起きている女性虐待、人権迫害の事実に全く無関心な奴ら。
ま、韓国政府がそういうことをやるのは政治的な理由だから理解できるとしても、一般の韓国人やアメリカ人や日本人までもが、いつまでも慰安婦問題を取りざたする動機がまったく理解できない。
慰安婦像建設や日本政府による謝罪や保証を反対する人々の気持ちは無論理解できるが、私が反対運動すらもあまり興味が持てないのは、世界中で今現在起きている恐ろしい悲劇について、世界中の人々が目を瞑っているように思えるからなのだ。
シリア難民の件は日本には関係ないと思う人も多いのかもしれない。だが、これはシリア難民問題だけでは収まらない問題なのである。シリア難民は単なる症状なのであり、これはモスレム世界侵略の兆候なのである。それを理解しないと日本もいずれひどいことになる。ヨーロッパ諸国がモスレム国になったら世界中が第三諸国へと変化するのだ。
フェミストたちが現在の状況を男尊女卑だなどと贅沢に苦情を言ってるうちに、女性たちは全身をブルカで覆うことを強制され、イスラム教を信じない男女が奴隷として売買され、同性愛者は投石処刑される、などということが日常茶飯事になるのである。
イラク・アフガン戦争の頃は突撃派記者として米軍に従軍したりして活躍したマイケル・ヨンなど、本来ならヨーロッパの移民問題やシリア戦争などについての取材をしているべきなのに、東南アジアで細々と慰安婦問題の記事を書いているというのも、何か情けない気がする。
フェミニストと自負して全くモスレムの女性虐待に無言な人間など、フェミニストの風上にも置けない。
プラハに建てられたちゃちなマネキン人形のほうが立派な彫刻家による銅像なんぞより、よっぽども迫力がある。


4 responses to チェコの反モスレム女性マネキンに見た韓国慰安婦像のつまらなさ

アンデルセン4 years ago

日本と韓国の関係を大雑把にまとめます。
①世界が欧米主導の覇権主義に見舞われた時代、大日本帝国(現・日本国)は国家財政が破綻した李氏朝鮮(現・大韓民国。以降、李氏朝鮮人およびその子孫を「朝鮮人」と表記する)に頼まれ、国を併合しました。日本側の実権を握る伊藤博文は併合に反対でしたが、併合を望む朝鮮人の安重根に暗殺され、勢力が変わり日本は韓国を併合することになりました。なお、よく混同して語られますが、これは「併合」であり、台湾の「植民地」とは異なるポジションです。朝鮮人の将校や国会議員がいましたし、大日本帝国は、本来東北地方に向けてしかるべき巨額の資金を朝鮮半島のインフラ整備に費やしました。水力発電や橋、ビルなど、今なお朝鮮半島で利用され続けている立派なものです。朝鮮半島が「日本の一部」として扱われていたことを、特に記載します。
②アジアの小国の列強化が面白くなかった白人様が、東洋の黄色いサルの足を引っかけてみました。日本人も少々図に乗ったところだったので、いい具合にひっかけられました。
③さて、第二次世界大戦がはじまりました。世界の全ての兵隊さんには陰に陽に見られるように性欲解消のために相手をしてくれる女性(人によっては男性?)が必要でした。日本の場合、現地の女性の貞節を守るためと性病による軍事力低下を予防するため、高級契約で「慰安婦」を募集しました。東北地方など貧しい地域出身の日本人女性が売られることがあったように、朝鮮人も貧しさから親によって娘が売ることもありました。仲介人は当然「日本人」でしたが、この内訳には朝鮮人が含まれることを特記します。
④さて、敗戦です。昨日まで「日本人」であった筈の朝鮮人は、敗戦国となるのが嫌なあまり手のひらを返して自らを戦勝国の一員「朝鮮進駐軍」と名乗りました。徴兵された日本人の若く強い男性が戦地から戻るまでの空白期間、女子供と老人が多数を占める日本国内において駅周辺や持ち主が不明な土地を占領したり、鳩山一郎さんでさえ被害にあった暴行はもとより、2000人と言われる日本人虐殺を行ったり、日本人女性をレイプしたりしました。朝鮮半島から帰国する日本人女性が輪姦され妊娠、母国を目にした途端船から投身自殺したり、専門の中絶機関が設置されたりといろいろありました。めんどくさいので詳細は省きます(必要に応じてお答えします)。
ところで韓国には、「戦時中『日本人』が行ったとされる性的暴行」を語る際、『日本人』と『朝鮮人』によるものを分けた上でテーブルに乗せることを提案します。
⑤締めです。日本と大韓民国は戦後処理として1965年に日韓基本条約という条約を締結しました。日本の韓国に対する莫大な経済協力、韓国の日本に対する一切の請求権の完全かつ最終的な解決、それらに基づく関係正常化などが取り決められました。
「日本に対する一切の請求権の完全かつ最終的な解決」これが全てです。
請求権とは慰安婦、工場で労働に携わった人たち、兵隊さん、運悪く広島や長崎にいてアメリカが落とした原爆で被害にあった人たち、全ての朝鮮人の全ての権利を指します。日本側ははじめひとりひとり個別に賠償することを提案しましたが、韓国政府が(好きに使いたいからという理由で)窓口を一本化して経済協力金を受け取るということで決着しました。後にそれが分けられなかったとしても、韓国政府の責任でしょう。また、韓国に対する経済支援は日本国政府からの有償無償の巨額なカネのみならず、民間からの丸抱え的技術支援(無償提供)も数多くなされました。
「漢江の奇跡」?あー、大嘘。長谷川慶太郎あたり読んでたら、韓国に差し出した技術と待遇のすさまじさにアゴが外れる。
⑥その後。「ライダイハン」と呼ばれるベトナム戦争時に韓国軍が行ったすさまじい性犯罪、「キーセン外交」と呼ばれる自国の女性による性接待、現朴大統領のお父様主導で行われた在韓米軍用の慰安施設設置、韓国内における韓国女性による売春を職業とする女性のための「売春させろ」というデモが発覚する。「ちょっと海外に留学を」といいながら、若い女性が売春するケースが多々明らかになる。オーストラリアなどでは「ワタシ、ニホンジン」といって日本人女性名を源氏名に売春するという実態がバレてくる。朝鮮人のおおらかすぎる民族的(?)下半身事情が判明してくる。ネットの発達で、通名で報道されていた在日朝鮮人や帰化人による日本国内の強姦・殺人事件が暴露される。TVで「悪いことするときは日本人だっていうんだよ」と笑いながら語る韓国芸能人の映像がyoutubeにアップされたこともあった。
うん、これらをまともに総括したうえで「慰安婦問題」を持っていらっしゃい。「女性の人権」を語りたいなら、戦時下で中国やアメリカが行った性犯罪にも同じ物差しをあて、責任を追及しなさい。中国なんて、平時でもハニートラップを行っていますが。
というわけで、現実を自分の都合に合わせて捻じ曲げる韓国の発言を頭から信用し対応する国は、私には正常と異常の見分けがつかない、韓国同様、国際政治の枠外に置くべき存在としか思えない。感情論や個人の希望と法律の違いを理解できない成人に参政権を与えるのが問題なように、条約やルールの意味が解らない国に、国連の議決権を持たせておくのも問題じゃないかと。個人の場合、「成年被後見人(昔の禁治産者)」に指定すれば済みますけど、国レベルでも同じ処置が必要じゃなかろうか。
あの国はカネに困ると日本に泣きついてきます。そして韓国のトラブルは日本が喜んで解決する筈だと、なぜか信じています。直近でも1997年、2008年の通貨危機の際、ドルが足りないと泣きついてきたので、日本にとって何のメリットもないのに善意で巨額の通貨スワップを、電話一本でしかも緊急に結んであげました。にもかかわらず、韓国側は感謝どころか「遅い」「恩着せがましい」などと公式の場で文句を垂れた上、「日王(天皇のこと)は土下座して謝れ」発言他、様々な侮辱行為を行いました。めんどくさいので省略しますが、いい加減、日本人はブチ切れています。…ええ、ご多分に漏れず、またカネに困ってきたらしいです。日本に経済支援とスワップの要求です。曰く、年内に慰安婦問題を解決する、でも、経済は別ですって。韓国ルールが世界の法律だと思っている。何様のつもりか。
ここで財布を開いたら、安倍政権は確実に潰れることでしょう。

ReplyEdit
goldbug4 years ago

ムスリムの脅威は、私たち極東に住む者にとっては、やはり今のところ遠いところの脅威なんですね。韓国も日本もそうですが、中東からの難民は受け入れないというのが方針です。日本は5,000人の難民申請に対して、認めたのは11人だけですから、国としてムスリム(その他の国も同じですが)は喜んで受け入れることはないというのが国のやり方ですね。ですから彼らが脅威を及ぼすことはないですし、だから他の国で起きていることに敏感になることもなかなか難しいのだと思います。
仰るように、70年前の出来事は、今の世界の大きな問題に比べれば小さな事であり、今の問題の方が優先されるべきというのはその通りなんだと思います。だとしても、過去の問題は忘れてもいいというのも、それは違うのかも知れませんね。世界のどこかでナチスの戦犯が見つかったら、それより優先すべき事があるから、それはもういいよとは決して言わないわけですからね。過去の問題に対処することで、現代の問題に注ぐエネルギーがなくなってしまうのでない限り、過去のことを忘れないでいてもいいのではないかと思います。
慰安婦の問題は不幸な経緯を辿っています。慰安婦は軍人の性処理のために売春をしていた女性達です。その中には不幸なことに自分の意思ではなしに売春することを強いられた人達がいたわけですね。軍が慰安所というものを設置し、業者を使って女性達を集め、軍人の性処理を行わせていました。その過程で、自分の意思で売春をした女性もいれば、中には業者が女性達を騙したり、身売りされた女性達もいたわけです。日本政府はそうした自由意思に反して慰安婦にさせられた女性達がいたことについて、日本にも責任があったと認めたわけですね。今の安倍政権もそれは同じ立場です。
ここで何が両国間でこじれているかというと、要するに賠償が既に終わっているのか、それとも終わっていないのかという問題なんですね。日本が間違いを犯したことは共通認識で、謝罪や賠償が必要だとうことも双方合意はあるでしょう。しかし1965年に日本が朝鮮を植民地化していた時のことを解決しようという条約が結ばれました。その中で日本が朝鮮半島を支配していた時代のことはこれで全て精算された、損害賠償は全て終わったことになったのですね。
ところが1990年代になってこの慰安婦問題が浮上し、日本はそれに対して改めて間違いを犯したことを認めました。そして賠償もすることにしました。ただし、日本が朝鮮を植民地にしていた頃のことは、既に先の条約によって全て精算されているというのが日本側の認識でした。ですから日本政府が改めて国家賠償をすることは出来ませんでした。その代わりに考え出されたのがアジア女性基金でした。これは民間から資金を集めて、そのお金で慰安婦だった女性達に償いのお金を出そうというものでした。韓国以外のオランダや東南アジアの国々はこれを受け入れ、そちらの人達とはおおむね解決していると言ってもいいと思います。しかし韓国の慰安婦の人達は、民間の利益団体の影響の元に、民間のお金などで騙されてはいけない、日本が国家賠償するまではお金は受け取るなという世論の元にお金を受け取ることを拒否する人達が続出しました。そうした経緯から、韓国との間ではこの慰安婦問題は未解決と言われているわけです。
日本としては、別に償いの気持ちを水で薄めようと言うつもりから民間のお金にしたわけではなく、単に過去の条約との整合性からそうしたに過ぎないのですが、韓国の人達からしたら、国家としての責任を逃れるためにそうしたのだと思われてしまったのですね。そこは本当に不幸な行き違いで、もっとお互いに真摯な気持ちで話し合えばどうにかなった問題ではないかと思わずにいられませんね。

ReplyEdit
アンデルセン4 years ago

goldbugさん
事実関係の誤認を指摘します。
>ムスリムの脅威は、私たち極東に住む者にとっては、やはり今のところ遠いところの脅威なんですね。
■在日パキスタン人だけで1万人います。また、彼らによる招聘ビジネスや帰化ビジネス、生活保護、福祉受給ビジネスが花盛りです。在日イスラム教徒の犯罪は、ちょっと検索すれば、山のように出てきます。
>日本が朝鮮を植民地化していた
■植民地ではなく「併合」です。これを植民地と表現するのは、世界に誤解を与え混乱を招くだけなので改めてください。他の列強で植民地出身の将校や国会議員がいたでしょうか。また、植民地に本国と同レベルのインフラ整備が行われたり、大学が作られたりしたでしょうか。朝鮮半島は望んで大日本帝国に「併合」されたのであり、断じて植民地ではありません。オランダなどは、インドネシアが独立する際インフラ整備代を要求しています。韓国はどうでしょう。やらずぶったくりです。それだけじゃない、韓国が日本に返済していない借金は、私が知るだけで数百億は下りません。これ以上日本にカネを出させようというなら、せめて今までの借金を返済してから口にすべきじゃないでしょうか。もちろん、日本が出す必要はありませんが。
まあ、一般大多数の日本人に言わせれば「韓国が言うところの『慰安婦問題』の後始末は、韓国の『ライダイハン』の後始末を見本にしましょう」、で終わります。で、韓国の対応は「それは30年も昔の話だ」でしたっけ。現地の女性を幼いものからお年寄りまで強姦して殺して焼き捨てたとか、妊婦の腹から子が出るまで蹴り続けたとか、日本人にはちょっと抵抗のある「虐殺」の話が多々ありますが。また、華やかで楽しそうな「慰安婦」の姿を見て、「将来慰安婦になりたい」といい家族に怒られたという母親の話をしてくれた韓国人もいました。
その韓国人、シンシアリーさんは自身のブログでこういっています。
別に慰安婦問題だけでなく、韓国が望んでいるのは「問題の解決」ではありません。だから口では「これが最後」といっても、しばらくするとまた持ちだして「再利用」します。
解決されては困ります。せっかく作り上げた「反日商品」が売れなくなってしまいます。日本を「絶対悪」にするための道具を一つ失うことになります。
(引用)http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12088456983.html
世界は韓国を切り捨てるべき時に来ています。

ReplyEdit
アンデルセン4 years ago

goldbugさん
本日11月3日、TBSの報道番組ニュースバードで、在日ミャンマー大使館前でデモを行う在日ロヒンギャ(イスラム教徒)が報道されました。ミャンマー政府により国籍が与えられないミャンマー国内に住む民族です。
難民として群馬県館林市に200人いるそうです(どうやって日本にたどり着いたのだろう)。敬虔なイスラム教徒として、金曜礼拝に臨む姿が映されていました。在日12年という方がインタビューに答えていました。「日本は人権がある。住みやすい」だそうです。
確実に、増えますね。
日本国憲法を無視して「信教の自由がない」と言いださなければよいのですが。

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *