この間の乱射事件直後まだ犯人が誰かもわからないうちからオバマ王はまたぞろ銃砲取締法の強化を主張しはじめた。最近こういうことがあると必ず持ち出されるのがオーストラリアの銃法。豪州は1996年に35人の犠牲者を出した乱射事件を期に全国的な厳しい銃法を施行した。銃法を所持していた市民は銃提出を強制され、提出された銃を政府が税金5億ドルをかけて買い取った。さて、あれから20年、もし厳しい銃法に効果があったのだとしたら、さぞかしオーストラリアは平和な国になっただろうなあと思いきや、それが一口にそうとは言えないのである。

2012年のワシントンポストの記事を読んでいると、全国的な銃法買取りにより凶悪犯罪が激減したとされるが、よくよく統計を見てみるとそう単純な結論を出すことはできない。

2011年のオーストラリアの調査結果によると、銃による殺人事件は銃法施行後59%も減り、銃法による自殺は65%も減ったとある。しかし豪州は元々殺人事件数はあまり高くなかったので統計的には意味がないとしながらも、自殺数の減少は特筆すべきと同誌は強調している。

しかしフリーリパブリック掲示板に載ったエントリー解釈はちょっと違う。

銃法施行後の1997年から2007年の10年間、確かに銃による自殺は減ったが、何故か銃による事故死が1997年の銃法施行以前の三倍に増えているというのだ。また殺人事件ではない凶悪犯罪が法律施行後激増した。別の記事で読んだのだが、それまでに考えられなかった住人が在宅中の住居への強盗事件も激増したという。

傷害事件は1991年の8倍、法律施行後の2倍となり、凶器を使った強盗や泥棒は銃法施行後1997年から2002年で二倍となった。確かに銃による殺人事件数は減ったが、その分ナイフなどを使った殺人事件が同率に上がってしまったため、殺人事件数そのもには変化がなかったという。またこの間、強姦事件は5.1割の増加をみている。

2015年9月のフェデラリストの記事によると、銃法施行後に自殺が殺人率が激減したというのは嘘で、減ったのは銃による殺人や自殺であり、銃を使わない殺人や自殺は激減した事実はない。

1996年当時に比べて現在のオーストラリアの犯罪率は減っているというのは事実。しかしながら、銃法施行直後の数年は犯罪が帰って増えていた。犯罪率が減り始めるのは銃法施行後10年くらいたってからである。何故豪州の犯罪率がここ10年減っているのかについては色々理由があるだろうが、もしも銃法が理由であったなら、施行直後の犯罪増加や法律施行後10年もたってからの犯罪率減少の説明がつかない。2008年にメルボルーン大学が発表した調査も銃法強制買取が殺人率を減らすのに役に立ったとはいえないという結論をだしている。

もっと興味深いのは同時期、オーストラリアの二倍は銃所持率を誇り、厳しい銃法を全く通していないアメリカでも凶悪犯罪が減少の傾向をみせているという事実である。これについては2013年にカカシも書いている

二十年の間に銃による殺人事件は半数に、他の銃犯罪も急激な減少をみせている。減っているのは銃犯罪だけでなく、犯罪全体がアメリカで劇的な減少をみせているのだ。1993年から2011年の間に銃殺人はなんと39%も減ったという。これが殺人に至らない銃による傷害事件になると69%も減ったというのだから驚く。無論、銃はアメリカの殺人事件ではもっとも頻繁に使われる凶器で、三件のうち二件は銃殺人だという。また同調査では被害者が銃を使って身を守ったという件は1%にも満たなかったという。(略)1990年半ばから20年に渡って銃犯罪激減の原因として考えられるのは、申し込み次第許可が降りる銃砲携帯許可法(CCW)が全国各地に広まったことだ。CCW法は2002年から2012年の間でなんと29州から39州にとひろまった。

というわけで、銃法取締りを厳しくしたオーストラリアでも、銃法携帯をたやすくしたアメリカでも凶悪犯罪は減る傾向にあるとなると、一概にどちらの方針が犯罪減少の役に立っているのかとは言えないことになる。

ところで、これはどこで読んだのか今は資料がみつからないのだが、オーストラリアは1996年の銃法買取が行なわれ、6億丁の銃法が破棄されたそうだが、20年後の現在、オーストラリアにはそのほぼ同数の銃が出回っているというパワーラインに寄せられたコメントでもそういう話が載っている。
諸外国の銃法取締法を持ち出してきて、アメリカも見習うべきだというのであれば、実際に諸外国の法律がどういう効果を上げたのか、きちんと調べてから物を言って欲しいものだ。


1 response to オーストラリアの銃取締法は効果があったのか?

苺畑カカシ6 months ago

2013年の段階ですでにオーストラリアは銃買取時期の前と同じ数の銃が出回っていたという記事。ジョン・ロット教授のサイトより。

https://johnrlott.blogspot.com/2013/01/australian-gun-ownership-back-up-to.html

Australian gun ownership back up to where it was in 1996, doesn’t this gut the claims that Australia’s gun buyback

This is actually pretty amazing given the threat that the government could actually again try to confiscate guns in the country. That imposes a real potential tax on gun ownership.
Australians own as many guns now as they did at the time of the Port Arthur massacre, despite more than 1 million firearms being handed in and destroyed, new research reveals.
A University of Sydney study has shown there has been a steady increase in guns imported into the country over the past decade, with the number of privately owned guns now at the same level as 1996. . . .

Weirdly, gun control advocates are claiming that the buy back is lowering suicides at the same time that they are upset that gun ownership is back to it pre-buy back levels. One doesn’t need a semi-auto to commit suicide. While Australia’s population grew by 20 percent between 1997 and 2011, apparently its gun ownership rate grew by 45 percent. If they are right, the pattern should have been clear: suicides with guns should have plunged in 1997 and then quickly grown after that. Obviously that pattern wasn’t what was observed.

Note another inconsistency with the claims that the gun buyback lowered suicides: firearm suicides started falling an entire decade before the gun buyback and the rate of decline was the same both before and after the buyback. So how can it be that the buyback was the cause?

A final inconsistency is that after the buyback the drop in firearm suicides is about the same size as non-firearm suicides. By what theory would a gun buyback cause a very similar drop in non-firearm suicides?

Note that homicides have almost the same pattern as suicides. While there is more variability year to year, firearm homicides actually started falling in the late 1980s and both firearm and non-firearm homicides have been falling since the buyback. Again, how is this consistent with a large buyback followed by increased gun ownership? There should have been an immediate large drop and then an increase.

The irony is that Professor Philip Alpers, the author of the University of Sydney study, makes my case here:
He said that because of law changes, the new guns were not military-style semi-automatics, which were banned and surrendered after Port Arthur, and that handguns were now harder to import into Australia. But he said: ”It only takes one bullet, and the great majority of gun deaths are domestics and suicides.”
It doesn’t take a “military-style semi-automatic” to commit suicide with a gun. More information on the claims by Alpers is available here.

Some info on the type of guns that can be owned there, semi-autos are allowed if they are less than 40 caliber and magazines are limited to 10 bullets. Revolvers were not impacted as much. Information on ownership across Australia is available here.

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *