去年の4月、米陸軍兵Sgt. Bowe Bergdahlという男が2009年の6月からタリバンの人質になっていたとして、ゴンタナモの捕虜5人と人質交換という形でアメリカに帰ってきた。彼の帰国当時から陸軍内部から、バーグダールは人質などではなく脱走兵で、自ら進んでタリバンに加わった背信者の裏切り者なのだという声が多く聞かれている。しかし、たとえバーグダールが本当に人質だったとしても、アメリカではレーガン大統領の時代からテロリストとは交渉しないという方針であり、米兵一人に対して極悪非道で危険なテロリストを5人も釈放してしまうというのはどういうことなのかという疑問が生まれるのは当然。しかしオバマ王には抜け道があった。それはオバマ政権はタリバンをテロリストと呼ばないことだ。タリバンがテロリストでないなら交渉しても問題ないというわけ。ナショナルレビューでアンドリュー・マッカーシーもそのことについてこう語る。

オバマは自分がタリバンと交渉中であり、いずれアフガニスタンをタリバンの優しい手に引き渡そうとしていることを知っている。であるからオバマ政権はタリバンをテロリストでないかのように見せるのに必死なのである。

マッカーシーはタリバンのことだけしか書いていないが、オバマがテロリストと認めないグループは他にもいくらでもいる。エジプトのモスラム同胞軍、シリアのヘズボラ、パレスチナのハマス、アフリカのボコハランすらもオバマにかかっては単なるちょっと過激な国政への反乱分子。これらのグループがアメリカに脅威を示すことはない、と平気で言うのだから信じられない。
ブッシュ政権の頃は911以後、ブッシュの対テロ戦争への強硬な態度が幸いして、アメリカ国内におけるイスラムテロはひとつも起きなかった。それがオバマの代になったら、あっちこっちで乱射事件だの爆弾事件だのが起きている。それでもオバマもそしてオバマべったり左翼メディアも、「これはイスラムテロリストの仕業ではない。単なる気違い一匹狼の仕業だ。」で片付けてしまっている。イエメンだのシリアでアルイダのテロ訓練基地で訓練を受けてきた人間の犯罪でも「テロリストとは関係ない」と涼しい顔をするのである。
それだけではない。オバマ王はブッシュが悪の枢軸のひとつとして名指ししたイランとも交渉中。別にむこうから言ってきたわけでもないのに阿諛追従( あゆついしょう)してイランとなんらかの平和条約を結ぼうとしている。それが出来れば核兵器開発の援助もいとわないとでもいう姿勢だ。
なぜ、オバマはこうもしてアメリカの敵に媚へつらうのか?
いや、敵にへつらうだけでなく、アメリカの長年の同盟国であるイギリスや日本やイスラエルとの関係は今や最悪。
敵にへつらい味方を足蹴にする、何故なのか?
それはオバマがアメリカ歴史はじまって以来の反米大統領だからである。オバマは単なる非国民ではない。オバマは積極的な反米家なのだ。普通たとえ独裁者でもわが国は強くありたいと願うはず。ところがオバマ王ときたら、アメリカ滅亡を願うという信じられない思想を持っているのだ。世界最強の権力を持つアメリカ大統領がアメリカ滅亡を望むのであれば、アメリカも世界もおしまいである。
唯一つ救いなのは、オバマが不能で怠惰であるということ。もしもオバマがヒットラーのような勤勉で有能な独裁者だったらと考えるとそら恐ろしい。
オバマ王は何故かイスラム教テロリストが勝ち馬だと考えているようだ。そう思えば何もかもつじつまがあう。アメリカの勢力が衰えた後、世界を仕切るのはイスラム国やタリバンなどのイスラム原理教信者たち。だから今のうちにゴマをすっておこうというのだろう。
この話をミスター苺としていたら、オバマがイランにへつらう理由はもうひとつあるという。それは、オバマの大統領としての功績を残すこと。
信じられないことだが、オバマ王は国内政策ではオバマケアという国民皆保険が大成功を遂げたと思い込んでいる。国民の間では至って不人気であることなど全く気がついていないようだ。それで国内政策は大成功を遂げたので、今度は外交の面でも功績を残しておきたいということになった。それがイランとの平和条約である。
もともとオバマ王はブッシュの敵との交渉はあり得ないという強硬な姿勢には批判的であり、自分が大統領になった暁には賢い外交としてイランとも交渉すると宣言していた。まさしく今がその時だとオバマのアホは本気で考えているのだ。
いったいどこの世界に生きているんだ、まるでSFの世界だ、、、、
本日の四文字熟語:
阿諛追従 (あゆついしょう)
  
相手に気に入られようとこびへつらいおべっかを使う事や、
その態度の事。
「阿諛」は、おもねりへつらうことやおべっか、
「追従」は、人の機嫌をとること、へつらうの意。
「お追従を言う」という言い方もある。


2 responses to なぜオバマ王はテロリストをテロリストと呼べないのか

ちび・むぎ・みみ・はな5 years ago

オバマ大統領の出身校のコロンビア大学は米国における
フランクフルト学派の中心である.
フランクフルト学派とは何か?
ハンガリーの共産主義革命の失敗に打ちのめされたユダヤ系の
思想家が考え出した社会哲学の勢力で,
国民の国家的価値観が人類進歩の邪魔であると訴え,
伝統的価値観を全て疑いの対象として究極的には
人類共通の価値観を打ち立てようというもの達である.
米国の独国占領政策, 日本占領政策の根幹には彼らの思想がある.
独国に対する占領政策は科なら徹底的に行なわれ,
現在ではヒトラーの好意的評価は全くできない.
彼は独国国民の選挙による指示を受けて指導者に選ばれた
のであるから, 当時においてはなにかしらかの必然性が
あったにも関わらずである.
日本に対する占領政策は国家主義的なスターリンの
仕掛けた朝鮮戦争により不完全なまま終了した.
日本に天皇がおられるのはそのお蔭だ.
もちろん, 米国のグローバリズムの思想的な指導理論は
この学派の漸化的社会主義革命にある.
バラク・オバマは彼らの優等生であったと考えれば良かろう.

ReplyEdit
苺畑カカシ5 years ago

ちびむぎみみはなさん、
フランクフルト学派なるものには無知ですが、オバマの思想は反帝国主義にあるのではないかという意見があります。アメリカは帝国主義だったことはありませんが、経済大国であることから、アメリカを間違って帝国主義だと考える人が多いですね。
オバマもその一人かと思われます。
それとちょっと不思議なんですが、アメリカはドイツや日本に対する占領政策なるものを持っていたというより、ドイツと日本がアメリカに宣戦布告をしたので、反撃したに過ぎません。アメリカは日本もドイツも植民地にするどころかその復興にアメリカの資産をつぎ込みました。
あなたはちょっと勘違いをしているように思います。
カカシ

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *