ここ数日、連続して同一イスラム教テロ犯人によるテロリズムにより、17人というフランス人が命を落とした。最初に襲われたのはフランスの風刺週刊誌シャルリエブド。モハメッドをおちょくった漫画を再掲したことで爆破テロの被害者になったこともあった。今回の乱射テロで漫画家を含む12人の従業員が射殺された。犯人の一人は翌日自首してきたが、残りの三人は逃走。二日後パリのユダヤ系のスーパー二店で別々に立てこもり、警察の突入によって犯人二人が射殺されたが、残念なことに人質四人も殺されてしまった。犯人の一人は乱射事件の直前に警察官を一人殺していた。もうひとり女テロリストがまだ逃走中。
フランス人は出版社のテロ事件の翌日、何千人という人が表に繰り出して”Je suis Charlie”「私はシャルリだ。」とか「恐れない」いう看板を掲げてデモ行進を行なった。本日になるとその数は70万人にも膨れ上がった。
しかしだ、いくら何人集まってデモをやってみても、フランス人が本気でイスラムテロリストに立ち向かう勇気がなければ意味がない。フランス人がテロに屈服しないと本気で思うのであれば、先ずフランス人の言論を弾圧しているポリティカルコレクトネス(政治的に正しい)を捨てるべきである。
言論の自由はアメリカ憲法では憲法補正項目の第一条で保証されている。しかし、フランスではアメリカのように言論の自由は保証されていない。往年の女優ブリジット・バルドーは、過去にイスラム教を批判して何度も罰金をかけられたりしている。バルドーが罰金をかけられた原因となった発言はといえば、時のフランス大統領への公開手紙の中で「フランス、わが母国、我が土地は再び多数の外国人、特にイスラム教徒によって侵略されている、」と記したことにある。
フランスでは名誉毀損とか侮辱罪とかいうのがあり、その侮辱が事実であったとしても、相手を傷つけたとされると有罪になる。カナダでも全く同じことが起きていることは、以前に人権擁護法について書いたときにも述べたとおり。バルドーは何度となくフランスがイスラム教化することの危険性を勧告してきた。彼女の2003年の著書Un cri dans le silence(沈黙の叫び)では、

過去20年にわたり、我々は地下の見えないところで危険で無規制な潜伏を受けている。この力は我々の法や習慣に融和するどころか、数年後には彼らの法律を我々に強制するようになるだろう。

と述べている。
フランス政府は彼女のこの警告に耳を傾けるどころか、正しい警告をしたバルドーを罰したのだ。フランスだけではない。ヨーロッパ諸国でのイスラム教への迎合はひどいものがある。オランダで女児の性器切除など、イスラム教の因習について映画製作をしたゴッホ監督の暗殺事件はまだ記憶に新しいが、その映画製作に携わったアフリカ出身の女性議員は、オランダ国籍を失い国外追放となってしまった。
以前に私は「イスラムは惜しみなく奪う」と書いたことがある。イスラムが求めるものは「完全な服従」であり、妥協はあり得ない。彼らの言うインファデル、信じない者、への要求は、イスラム教徒に改宗する、イスラム教徒に完全服従する、死ぬ、の三つしかない。この宗教は完全な不寛容。にもかかわらず、ヨーロッパ諸国は多文化主義を名目に彼らの不寛容を受け入れてきた。
その結果が今回のようなテロ事件なのだ。
アメリカだって人のことは言えない。アメリカでもミネソタ州にはサマリア出身のイスラム教徒が多く移住してきた。イスラム教徒は一旦その数が増えてくると、アメリカの法律や習慣に従わずに自分らの習慣を押し付けてくる。YMCA(キリスト教青年会)のプールを男女分けろとか言い出してくる。なんでキリスト教の施設がイスラム教のいいなりにならなきゃならんのだ。もしもイスラム教聖廟のプールでキリスト教徒が「男女混合にしろ」などといったらどういうことになるか、誰でもわかるだろう。
だが、地元政府の反応はどうなのかといえば、イスラム教の横暴に立ち向かうどころか、迎合につぐ迎合。政府だけではない。メディアとて同じこと。アメリカの娯楽番組でキリスト教やユダヤ教はおちょっくってもイスラム教はおちょくらない。同性愛者やフェミニストがやたらキリスト教を攻撃する割りには、もっとひどい罰のあるイスラム教について沈黙している。ニュースでも明らかにイスラム教テロとわかるような犯罪でも、まだ事実がはっきりしないうちから、狂った一匹狼の仕業でテロ軍団とは無関係とか断言する。世界中の誰もが、問題はイスラム教にあると解っているのに、イスラム教という言葉を口にするのも恐ろしいとでも言わんばかりの行動。
で、フランスはどうするのか?
何十万のフランス人がいくら看板掲げて行進しようが、今までのような多様文化主義やポリティカルコレクトネスなんかやってたんじゃ問題は解決しない。それどころかテロ攻撃はどんどん増えるだろう。すでにパリからはユダヤ人の大量移動が起きているという。
もし、フランス政府がイスラム教テロ軍団の取り締まりをしっかりやらないとなれば、いずれは一般市民が自分らの手でそれを行なうことになる。そうなったら無関係で無実なイスラム教徒も巻き添えを食うことは間違いない。フランス政府はフランス人はテロと戦う勇気があるのか?


2 responses to フランスはイスラムテロリストに立ち向かう勇気があるのか

ちび・むぎ・みみ・はな7 years ago

> いずれは一般市民が…
歴史的に見ればそれは難しいのではないか.
塩野七生という最近イタリアから勲章をもらった文筆家が
中世の地中海の歴史を何冊もの本として出している.
それによれば, ローマ以後の地中海はイスラム海賊の独壇上で,
多くのヨーロッパ人が拐われている. 拐われたものの内,
金持ちは身代金のための人質, 貧乏人は奴隷に売られる.
トルコの最強の親衛隊は奴隷の子供から選抜された.
アフリカのイスラム人達の主要産業が海賊でああり,
経済は奴隷を基礎として成立していた.
アフリカの奴隷貿易をもっとも本格的に行なったのも
イスラム人であった. どうもイスラム人は忘れているが,
アフリカの有識者は今でも良く知っている.
で何が言いたいかと言うと, こんな酷い状況でも,
仏国王も, スペイン王も, 神聖ローマ皇帝も自分の利益に
ならなければ海賊退治はやらなかったと言うことだ.
18世紀の頃まで, 地中海で人拐いに会う危険はあった.
それが無くなったのは, 何のことはない, これらの大国同士の
戦争の舞台が地中海にまで広がったためだ.
特に, 仏国はユダヤ人差別という歴史の枷を追っている.
欧州のシステムはこの歴史を元に作り上げられたものである.
(誰が?とはこのブログでは書けない.)
デフレに向かうヨーロッパはローマ以降の地中海の
再現となるのではないか.

ReplyEdit
苺畑カカシ7 years ago

バーバリー海賊のことを言っているなら、やつらを結果的に退治したのはアメリカの海軍だ。
で、あなたはいったい何がいいたいのか。
政府がテロ退治をしないなら、国内にいる外国人テロ軍団は野放しになるしかないというのか?
では欧州はこのままではイスラム教徒にのっとられてしまうだろう。
そうならないことを望むが。

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *