私が若い頃の日本では、女性でも男性でもある程度の年齢になったら結婚しなければならないという社会的なしきたりがあった。いくら独身生活が好きだと思っていても女性は25歳が近づくと回りが放っておかなかったし、男性もせいぜい30歳くらいまでには結婚していないと、会社でも出世に響くという時代だった。男性が何時までも独身だと、あちゃら系の人に見られる可能性もあった。
特に結婚したくないと思っていた若い男女にしてみれば、社会的圧力は非常にわずらわしく感じられたものだ。 また、当時の日本では未婚の母になるなど絶対に許されないという雰囲気があった。たとえ未亡人でも片親のみで育った子供が差別されるような時代でもあった。
こうしたことが良かったというわけではない。社会的制裁が必ずしも公平であるとか正義であるとかいうことでもない。ただ、社会におけるそうした制裁には、社会を守るそれなりの意味があったのだということを、私は最近ひしひしと感じている。
一足先に未婚の母のスティグマを捨て去ったアメリカで、未婚の母が多い社会における経済的な打撃を示す調査結果が発表された。
ザ・アメリカン エンタープライズ インスティトゥート アンド ザ・インステイトゥートフォーファミリースタディースのW・ブラッドフォード・ウィルコックスとロバート・リーマン(the American Enterprise Institute and the Institute for Family Studies, authored by W. Bradford Wilcox and Robert Lerman)によると、既婚男性は独身男性に比べ平均収入も多く、良く働くという。1980年から2000年にかけて男性の就職率が51%も減ったのは結婚率の低下が原因だとする。失業・無職率が一番高いのは何と言っても独身男性がダントツ。これは単に学歴や人種の問題ではないという。
著者らの結論は結婚の大事さを奨励し、結婚を罰するような生活保護制度の見直しをし、共同体の指導者らが若者に結婚の重大さを説くべきだというもの。
結婚こそが経済回復の鍵なのだ。
現在、同性婚などで、元来の伝統的な結婚が破壊されつつある。いつまでも独身でいることに対する社会的な制裁もなくなった。結婚率が減れば出産率も減る。子供の数が減れば就業者の数も減り、経済は低迷する。
出産は出産でも、婚外出産でうまれる子供のほとんどが貧困生活を強いられ、学歴も低く犯罪に走る確立が高い。未婚の母家庭では家族の大人が誰も働いていないというのは普通で、生活保護しか知らない子供がそのまま育って就職する可能性は低い。また結婚という手本を見ずに片親の入れ替わり立ち代りするパートナーしか知らないと、自分が将来を共にする伴侶を求める確立はさらに減る。
やっぱり男性は妻子が居てこそ「がんばって働こう!」という気持ちになるのだろう。ここで一夫一婦制の大事さが再確認される。
アメリカが世俗主義になったヨーロッパや日本よりも少子化が進まない唯一の理由はユダヤ・キリスト教が基盤となる宗教。これらの宗教が結婚と子作りの大事さを奨励しているから何とか再生出産率の2.1倍を保てているのだ。
今、アメリカ社会では同性婚がこの結婚の基盤を崩そうとしている。私は何度も言ってきた。同成婚はアメリカの結婚制度を破壊し、アメリカ社会を破壊すると。
今回の調査で結婚の破壊は経済の低迷へと続くことがわかり、さらに私は同性婚の悪を再認識するにいたった。


6 responses to 結婚こそが経済回復の鍵

oldman5 years ago

>結婚こそが経済回復の鍵なのだ。
少なくとも日本では、原因と結果が逆だとの認識が広まってきたように思います。
つまり、
経済回復こそが結婚の鍵なのだ。
となります。経済の停滞により若者の収入が減り続け、結婚が不可能な状況が生じています。少子化の要因として、以前は、若者の意識の変化が主因とされていたようですが、最近は経済的要因が最も重要との認識が広まっているのです。
日本の失われた20年の間に国民の所得が下がり続け、それにともなって少子化が進みました。所得が下がった原因はデフレ・スパイラルによるものです。今ではヨーロッパもデフレに突入しつつあるようですが、なぜこんなことになったかというと、私は、グローバリズムが主犯だと考えています。企業が中国などに進出し、国内製造業は空洞化し、製造業の従事者(=高給取り)が失業して、派遣労働者またはサービス業に転職して低賃金労働者に落ちぶれていったのです。これこそがデフレの根源的な原因であり、少子化の原因だと思います。
グローバリズムを捨て去り、ゆるやかな保護主義に戻ることが、世界を救う唯一の解ではないでしょうか。これは、60年~70年代の世界経済に戻るということであります。適度な関税により国内産業を保護し、過度の国際競争から遮断するということです。そうすることで賃金が上昇し、若者は結婚が可能になり、少子化が解消されるでしょう。

ReplyEdit
popopo5 years ago

横からですがoldmanさん、あなたこそ逆ですよ。
日本の不景気はあらゆる税が高いから。
関税などが高いから、関税で産業保護なんてしてるから経済が落ち込んでるのです。
経済を動かすのは政府じゃなくて国民。
だから政府や馬鹿官僚達は政策で国民の生活を邪魔せず、黙ってくれれば良いのですよ。
アメリカ在住の方の保守思想ブログの読者にも関わらず、自由主義の素晴らしさを分からないなんて悲しいですね。
日本では保守派で自由経済を信じる者は本当に少ない、、、
日本の自由経済を信じる者の大半が、他の面では左寄りすぎる。
他国からの侵略も、社会主義経済も留まる事を知らない今の日本には、保守派で自由経済を信じるが政党が早急に必要なのです。
アメリカの共和党みたいな党が、、、

ReplyEdit
oldman5 years ago

popopoさん
>保守派で自由経済を信じる政党が早急に必要
保守派である自民党は自由経済を信じていますよ。安部首相も、心から。だからTPPを推進しているんです。
日本の工業製品の輸入関税は極めて低いですよ。関税が高いのは農産物だけです。だから、中国などから安価な工業製品が洪水のごとく流れ込んでいます。日本に残留した企業はコスト削減により対抗せざるを得ず、賃金を下げるほかないのです。これこそが少子化の最大の原因ではないでしょうか。若者は低賃金で身分が不安定なため結婚できないのです。
しかし、自由主義経済(=グローバリズムと解釈)は本当にそんなに素晴らしいですか?
アメリカ経済がここ20年でどうなったかご存じですか?
簡単に言えば、99%が貧しくなり、グローバリズムの恩恵を受けた1%だけが豊かになりました。これは経済統計に明確に現れています。かってアメリカの文化を支えた中間層は消滅したとされています。
このような格差社会が素晴らしいですか?
あなたが1%に属していらっしゃるなら、素晴らしいとお感じななるかもしれませんが。
経済について勉強されるなら、次のサイトが好適ですよ。
三橋貴明氏は保守派であり、反グローバリズムです。
日本で最も人気のあるブログの運営者であり、多数の本を執筆しています。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/

ReplyEdit
popopo5 years ago

TPPは確かに関税を撤廃する協定ですが、安倍首相は消費税を増税しました。
関税を撤廃したのに、自国の消費税を上げてしまうのでは関税を撤廃する意味がありませし、自由経済に反します。
TPPに参加するのは安倍首相が自由経済を信じているからではなく、アメリカがうるさいから参加するかぁ ぐらいの事しか頭にないと思いますね。
さっきのコメントでは税の事しか書いていませんでしたが、社会主義の経済とは高い税金だけではない。
例えば温暖化してるかガス抑えろ、森林伐採抑えろ!とか こんにゃくゼリーは老人に危ないからもう売るな! とか、、、
温暖化なんて言葉は日本でもよく聞くでしょう?
政府が法律で何かを規制したりして、産業を潰してしまうのも社会主義の経済なのですよ。
>単に言えば、99%が貧しくなり、グローバリズムの恩恵を受けた1%だけが豊かになりました。
まずこれ自体が大嘘ですし、苺畑さんのブログを読めばこのスローガンを掲げた奴らがどんな正体なのか分かります。
しかもたとえ本当でもだからなんだ?ってなもんですよ。
格差は問題ではないからです。
格差をなくすと言うのはですね、努力してきた人と努力してきた人達を扱いを同じにするって事。
努力する人間が報われない社会。 日本の高福祉政策なんて正にこれ。
『普通に働くより、生活保護貰った方が楽じゃね?』なんて思う輩が当然出てくる。
すると努力する人が居なくなって国が衰退していく、、、
>アメリカ経済がここ20年でどうなったかご存じですか?
アメリカだって、全員が全員自由経済を信じている訳ではないです。
景気が上向きになった時もあったし、後退した時もあった。
非自由経済主義者が大統領になれば、国の政策も自由経済から遠のく。
それに社会主義に染まってしまった日本の20年なんて振り返る事すら恐ろしい。
正直に言いますけどね、oldmanさん あなたは社会主義者ですよ。
あなたな様な官僚達が日本を後退へと導いてきたのです。

ReplyEdit
popopo5 years ago

>努力してきた人と努力してきた人達を扱いを同じにするって事。
誤字修正。 これでは意味が分かりませんね。
>努力してこなかった人と努力してきた人達を扱いを同じにするって事。
正しい文章はこれです。

ReplyEdit
苺畑カカシ5 years ago

oldmanさん、popopoさん、興味深い討論をありがとうございます。
私は日本の実情は知らないので、お二人の意見は非常に参考になります。
oldmanさんのいうグローバリズムなんですが、経済的な面で世界市場が関わってくるのは決して悪いことだとは思いません。ただ、文化的な面で外国の価値観が日本に押し付けられるのはよくないですね。
そういう意味でpopopoさんがおっしゃるように地球温暖化なんていうアル・ゴアとその連中がでっち上げた似非科学に日本にしてもアメリカにしても政治政策が振り回されるのはかなわないですよね。
こういう似非方針がどれだけ世界の経済を低迷させているか、一部の企業だけが収益もないのに政府からの援助で私服を肥やしています。これこそpopopoさんのいう社会主義の右翼、ファシズムです。
既婚者が減ると経済が低迷する、経済が低迷すると既婚者が減る。全く悪の循環ですね。
カカシ

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *