前回もお話したように、「米連邦最高裁は米連邦最高裁は26日、結婚を男女間のものと規定する連邦法「結婚防衛法」の条項を違憲とし、同性カップルにも同等の権利を保障すべきとする判断を初めて示した。(ロイター記事より引用)」実をいうとカカシはこの判決は前回お話したカリフォルニア州における州民投票の件とは違って、最高裁の理屈は理解できる。ただ、今回はこの決断についてというより、今後アメリカで同性結婚がどこの州でも普通に行われるようになった場合アメリカ社会はどのように変化するのかについてお話したい。
同性結婚ついてはカカシはここ数年何度か取り上げて来たが、すでに同性結婚を認めているヨーロッパ諸国で起きた現実をふまえれば、アメリカでも同じことが起きると容易に推測できる。まず考えられることは、、、

  1. 離婚率が増える。 誰も認めたがらないが、同性カップルの破局率は男女夫婦よりずっと高い。特に男性同士のゲイカップルなどは一年も持たないのが普通で、4〜5年一緒に居るのは珍しいほう。またゲイカップルは特定の相手が居てもお互い不特定多数の人間との性交渉を結ぶのが普通。レズビアンカップルの場合は経済的に貧困になる率が高く破局率も高い。ので、これらの関係も「結婚」というカテゴリーに含めれば必然的に「離婚率」の平均が上がるということ。
  2. 結婚率が減る。 よく同性同士が結婚したからといって異性同士の結婚にどういう影響があるのかという質問がされるが、実は同性結婚の認可は伝統的結婚に多大なる悪影響を与える。それは、伝統的な結婚は男女が一緒になって子供を育み一生を共にするという特別な繋がりを意味するが、同性結婚は単に好きな者同士が一定期間一緒に住むという程度の意味しかない。単に好きな者同士が同棲するだけなら、何も面倒くさい結婚なんてものをする必要はない。特にすぐに子供を作る気のない若い男女からすれば結婚に特別な意味を見いだせないカップルが増えるだろう。
  3. 少子化がすすむ。 ヨーロッパの少子化は深刻。結婚期がどんどん遅くなっている日本でも同じことが言えるが、結婚する人の数が減れば子供の数が減るのは必然的。無論未婚の母という形も増えてきてはいるが、片親だけで子供を育てるとなると夫婦間でのように複数の子供を作るのは困難.必然的に子供の数は減る。
  4. 精神不安定な大人が増える。同性カップルの間でも子供を育てることは可能だ。どちらかが何らかの方法で実子を得る、もしくは養子をもらうなどして子供を得るなど色々ある。だが、同性愛者を親に持つ子供は大人になって不安定になる可能性が異性夫婦を親に持つ子供よりも高いという調査もある。同性婚運動家たちはこの事実を否定すrが、実際同性カップによって育てられた子供達の将来はまだまだ未知数なのである。

このままいくと、アメリカ市民が好むと好まざるとに拘らず、法廷によって同性結婚は我々に無理強いされることは必定だ。ではそうなった時、アメリカは上記のような事態を避けることは出来ないのだろうか? 実はアメリカには唯一つ救いの神がいる。
カカシはいみじくも「神」という言葉を使ったが、これは比喩でもなんでもない。実は神様こそがアメリカを救えると私は信じる。
といっても見る事も触ることも出来ない神様が実際に手を差し伸べてくれるという意味ではなく、神への信仰がアメリカを救うという意味だ。
もともとアメリカと言う国は信仰深い国である。西洋諸国のなかで唯一少子化問題が深刻化していないのも、アメリカがユダヤ・キリスト教を基盤とする社会で、避妊や人工妊娠中絶に極度の嫌悪感を持っているからだ。
近年アメリカ社会において世俗主義リベラルによる宗教迫害は目に余るものがある。公立学校ではクリスマスにクリスマスツリーも飾れない、卒業式に卒業生が神に感謝の意を表することさえ許されない。学校のサッカー試合で勝った側の選手がお祈りの姿勢を示しただけで失格になったりする。ボーイスカウトにゲイ入会が強制される。カトリック教会系病院で避妊教育が強制される、等々数え上げたらきりがない。
しかし、こういう目に余るひどい弾圧に対して、多くのアメリカ人はかえってその信仰心を高めている。アメリカはもともと独裁の弾圧に抵抗して革命を起こして成り立った国である。内部からの弾圧にも同様に応えることが出来ると私は確信する。
現代社会における結婚は政府による承認が必要だが、誰にでも承認される結婚など意味がない。そうなれば特別な結婚を求める人々の間で、もっと宗教的に意味のある結婚が求められるようになるはずだ。教会が男女夫婦にのみ特別な承認証を発行するとか。法律上は意味がなくても宗教上には多大なる意味があるといったような特別な認証をする。
これは単なるカカシの思いつきだが、アメリカで一夫一婦制結婚が存続するためにはそうした工夫が必要だろう。そしてそれは実現するとカカシは思うね。無論世俗主義者たちがそうした制度も「差別だ」といって破壊しようとするだろうが、その度に信者達は闘わなければならない。
ローマ帝国の百年にわたる弾圧に打ち勝ち、ローマの国教となったキリスト教。ナチスドイツのホロコーストを生き延び継続するアラブからの弾圧にも抵抗しつづけているユダヤ教。これらのユダヤ・キリスト教が左翼リベラルの腰抜けどもになど負けるものか!


1 response to アメリカで同性結婚が普通になったらアメリカはどうなるのか

In the Strawberry Field8 years ago

同性婚の合法化が進むにつれ、アメリカの未婚者率市場最高記録を出す

最近のニュースを読んでいたら、最近行なわれたアメリカの人口調査によると、アメリカでは一度も未婚の大人の数が史上最高数になったという記事を見つけた。 最近行なわれたセンサス(人口調査)のデータによると、アメリカの大人で一度も結婚したことのない人の数が史上最高率を記録した。 1960年では、25歳以上の大人でこのカテゴリーに入る人は10人に一人だったのに対し、2012年になるとその数は五人に一人となった。 (略) (未婚男女の)34%の人は経済的にゆとりがないことが結婚の障害になっていると答えている。 …

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published.