アフガニスタンのカブールのNATO基地内において、コーランの焼き残しが掃除夫によって発見されたという事件で、今アフガニスタンでは怒った地元民により暴動が起きている。すでにこの騒ぎによって数人の死者が出ており、そのうちの二人はアメリカ兵。オバマ王は即座に米兵の行為は不届きであったとしてカーザイ大統領に正式に謝罪した。
ここで私が理解できないのは、なんでオバマ王はそう急いで謝罪する必要があったのかということだ。いや、それを言うなら最初から謝罪の必要などあるのだろうか?
NATO軍が居住する基地内の焼却炉でコーランが焼かれたという話だが、実際にコーランを焼却炉に入れたのがアメリカ兵だという証拠はあるのか? 焼け残ったコーランを発見したという掃除夫の証言はどこまで信用できるのだ? アメリカ軍とアフガニスタン市民の間に亀裂を作ろうと、タリバンの工作員が基地内にわざと置いて行った可能性はないのか?
だが、オバマ王が即座に謝ってしまった(罪を認めた)以上、こういう疑問に対する答えはすでに意味のないものとなった。
熱烈なイスラム教徒であるアフガニスタン市民に、たかがコーランを燃やしたくらいで騒ぐなと言ってみても説得力はない。だが、コーランを焼いたのはタリバンの差し金でありアメリカ兵による仕業ではない、という理屈ならアフガン市民でも納得が行く。オバマ王が実際にアフガン市民と米軍との友好的な関係を保ちたいのであれば、うっかりであろうと故意であろうと米兵がコーランを焼いたなどということは最初から断じて認めるべきではなかった。
「コーランを焼くなど不届きな行為は言語同断である。我が軍の兵士はイスラム教に深い敬意を持っており、イスラム教を冒涜するような行為は断じてしない。これはタリバンの差し金である。タリバンの手下が故意に基地内でコーランを焼き、米軍とアフガン市民の間に亀裂を生じさせようとしたものだ。我が軍は徹底的に真犯人追求に努めるものである。」
即座に謝罪に走る前にこのくらいのことは言うべきだった。すべて感情に走っているアフガン市民にとって真実は意味がない。イスラム教徒には潔い謝罪などという観念はない。やたらに謝るのは弱い証拠であり、アフガン市民から軽蔑されこそすれ、怒りを収めたり好意をもたれるなどということは絶対にない。今回二人のアメリカ兵が射殺されたことでも、それは明らかなはずだ。
10年もアフガニスタンで戦争をしてきて、アメリカはこんなことも学べないのか? だから素人に総司令官なんかやってもらっちゃ困るんだよ。


2 responses to なぜオバマはすぐ謝る? アフガニスタンで燃やされたコーラン

mhgt8 years ago

コーラン焼くのは即座にニュースになるけど、
中東ので、聖書焼いてる人だって絶対居るんじゃないの?
って私は疑いませんよ~(笑)。
それにしても、オバマ、アメリカ国民以外には、ホント頻繁に誤る男だよ。この人本当に、アメリカ人??って疑わない市民の方が、鈍いと思う。
焼くと言えば・・・
アメリカ国旗を焼くのも違法じゃなかったでしょうか?
2年前くらいのAZの移民法のデモの時、アメリカ国旗焼く違法民、民間レベルで撮影されても、絶対ニュースにはならなかったんだよね。どうしてこんな奴等を、移住させたいって思うのか?? オバマ、無神経すぎます。

ReplyEdit
mhgt8 years ago

コーラン焼くのは即座にニュースになるけど、
中東ので、聖書焼いてる人だって絶対居るんじゃないの?
って私は疑いませんよ~(笑)。
それにしても、オバマ、アメリカ国民以外には、ホント頻繁に誤る男だよ。この人本当に、アメリカ人??って疑わない市民の方が、鈍いと思う。
焼くと言えば・・・
アメリカ国旗を焼くのも違法じゃなかったでしょうか?
2年前くらいのAZの移民法のデモの時、アメリカ国旗焼く違法民、民間レベルで撮影されても、絶対ニュースにはならなかったんだよね。どうしてこんな奴等を、移住させたいって思うのか?? オバマ、無神経すぎます。

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *