「今入っている保険が気に入っている人は、そのままその健康保険を維持する事が出来る。」

オバマ王が所謂オバマケアと呼ばれる国民会保険を国民に押し付けた時に、オバマ王は何度もそう国民に保証したよね。私ら反対派はそんなことありっこないって何度も主張したが、民主党の奴らは我々の反対など聞く耳持たずでごり押しして通してしまった。
そして一年半が過ぎた今、まだオバマケアの完全施行がなされてもいないのに、なんと四百五十万の国民が雇用主提供の医療保険を失ったという。
ちょっと待ってよ,カカシさん、オバマケアの施行がなされていないなら、これをオバマケアのせいにするのはおかしいのでは?
いや、そうではない。企業はオバマケアが施行されたら、国が民間保険に強制する制度によって保険料の大幅な値上がりが期待される。ということは従業員の保険金を一分負担している企業としてみれば、これまで以上に多額の費用がかかることが予測される。オバマケアは建前上低所得者は国民保険に入れることになっている。だとしたら何も企業が高い保険料を負担する必要もない。というわけで、多くの企業は先手を打って大幅に保険対象の従業員を減らしにかかった。
オバマケアの熱烈支持者であるウォールマートの例をみてみよう。
アメリカで全国一の民間雇用企業であるウォールマートは、去る10月、週に勤務時間が週に24時間以下のパートタイマーには保険を提供しないと発表。ウォールマートはその他にも配偶者や扶養家族の保険加入について数々の変更をおこなった。
全国一の民間企業がこのような決断を下したと言う事は、他の企業もその後を追うことは充分に予測できる。
オバマケアの悪影響はこれだけではない。
ストライカーという腰骨や膝の人工骨製造の会社がなんと5%のリストラを行うことになり、来年末までには約1000人の従業員が解雇されることになった。その原因はオバマケアによる医療機器への増税により、一億ドル近い多額の出費が期待されるからである。
オバマケアによってこんなに良くなったてな話は全く聞かれないが国民の血税無駄遣いして既存の低所得者用保険であるメディケアの予算を削り、すでにある民間保険制度を崩壊して、医療機器企業に無謀な増税。
オバマケアはアメリカの医療制度を完全崩壊する!
このおとしまえは来年とってもらう!


Leave a Reply

Your email address will not be published.