カリフォルニアでは今、前回の選挙で設立された、一夫一婦制のみが合法な結婚である、という州憲法改正が連邦憲法に反するという理由で訴訟を起こしており、その第一審議が明日から始まる。
ご存知のようにアメリカは連邦制なので、結婚制度も州によってまちまちである。だが慣例として他の州での結婚も合法として認めるのが普通だ。しかし、最近同性愛者たちの活発な活動によって、州によっては同性結婚を認めるところも出て来ているため、既存の法律のままでは同性結婚も認めざる負えなくなる。
そこで、たとえ他の州で合法的に結婚した同性夫婦であっても、カリフォルニア州ではその結婚が合法であるとは認めないという法律が州民投票によって設立されたわけだ。
その市民の意志を踏みにじるべく、カリフォルニアの同性愛活動家たちが、州を相手取って訴訟を起こした。問題なのは州の司法局もシュワッツルネッガー知事も、この訴訟に対して弁護を行わないという姿勢を明らかにしたため、先の憲法改正案を提案した6人が州代表として弁護人に立つということになった。
ところが、同性結婚に同情的な裁判官は、裁判の模様をYouTubeで逐一放映すると発表した。
過去にも同性愛活動家たちは暴力を使って同性結婚反対派を威嚇していたが、YouTubeなどで大々的に裁判の模様が公開されれば、弁護人や証人らの顔や名前が知れ渡ってその嫌がらせも攻撃も一層激しくなる恐れがある。
すでに弁護側の一人がその可能性を恐れて弁護チームから外してもらいたいと申請するほどになってしまった。
この人はハクシング・ウィリアム・タム(Hak-Shing William Tam)さんという人で、先の法案に関連するという理由で、過去にも命をねらう脅迫状を受け取ったり、家屋を破損されたり、道ばたで嫌がらせを受けたりしたことがあったという。今回弁護人になり、自分がもっと公になることで自分や家族への暴力攻撃が増えるのを恐れているという。
今回の裁判では同性愛者側が勝つことが予測されているが、その後弁護側が控訴し、裁判は連邦の最高裁判所まで行くであろう。そうなれば同性愛結婚は完全に違法となることは解りきっている。
だが、それには時間がかかり、その間にカリフォルニアでは同性愛結婚が合法となってしまうため、同性結婚の急増がおこる。後になって同性結婚が違法となって合法だった時の結婚を無効にするとなると、またまた問題が起こる。
連邦最高裁で、一夫一婦制のみを合法な結婚とすることは憲法違反ではない、という判断がされれば、全国の州でカリフォルニアのような憲法改正案が通り、すでに裁判所が強制的に同性結婚を合法とした州以外で同性結婚が認められることはなくなる。
私は結果ははっきりしていると思う。ただ、そこへ行き着くまでには何年もかかり、その間に同性愛者と一般市民とのあいだで激しく癒されない傷が生まれるはずだ。
同性愛者たちは、自分らが非常な少数派であるということを忘れている。同性愛者が安心して生存できるのは、一般市民の寛容心があるからである。ほとんどの異性愛者は同性愛は変態だと思っている。しかし、自分らの生活に直接邪魔にならないのであれば、その存在は許容するという考えだ。それが、自分らの道徳観念の根本を覆すような法律を自分らの意志に反して強制的におしつけられるとなれば、これまでのような寛容心はふっとんでしまうだろう。
同性愛は違法であるというような古くさい法律を取り除くことには賛成だった人々の間ですら、同性愛者は権利を与えれば与えるほど態度がでかくなって人々の平和を脅かすと思われたら、これまで得たせっかくの権利を台無しにしてしまう恐れがある。
私には同性愛主義の友達が結構いる。個人的に私は彼らに恨みもつらみもないどころか好意を持っているし、彼らが同性愛者であるというだけで差別されるべきではないと考える。しかし、同性愛活動家のあまりにも理不尽で傲慢な態度を見せつけられるにつれ、やはり同性愛や違法にしておくべきだったのではないか、と普段は同性愛者に同情的な人のこころも揺らぐのではないだろうか?
追記:結構このエントリーにも反響があるみたいなので、下記に関連記事を掲載しておこう。コメンターの意見が典型だとしたら、卒倒おこす可能性あり。ご自分達の責任で読んでいただきたい。
カリフォルニア最高裁、同性結婚禁止法は違憲と判決
同性結婚は文明社会を破壊する
同性結婚は文明社会を破壊する、その2
カリフォルニア州、同性愛結婚が敗北した日
マサチューセッツの同性結婚を導いた夫婦が離婚


3 responses to カリフォルニア、弁護人を脅迫する同性愛者たちの暴挙

Sachi12 years ago

namelesscult きっと「自分がそう思ったのではなく、『一般人はそう思うだろう』と言う予測を書いたのだ。だから差別などしてない」とか言うんだろうのう…。じゃなんでそういう「一般人」に対して批判的になれないの? 2010/01/11
fessin 「同性愛活動家」の所行が如何なるものであれ同性愛者が不利益を被る理由にはならない。「自分らの生活に直接邪魔」になるなら存在を許容しないということは、「寛容」などではなく、「支配」だ。犯罪者と同じ扱いだ 2010/01/11
oldriver 「同性愛者が安心して生存できるのは、一般市民の寛容心があるからである。」←違うよ。それが正しいと「一般市民」が考えたから。そこに交換条件や留保は無く、正しいことを行うかどうかは「一般市民」自身の問題。 2010/01/11
hokuto-hei 『同性愛者たちは、自分らが非常な少数派であるということを忘れている。同性愛者が安心して生存できるのは、一般市民の寛容心があるから』ブログ主の頭の中は同性愛者をマイノリティと読み変えても可なんだろうね。 2010/01/11
search-light (゜д゜)ハァ?物凄い差別のテンプレ…少数派は多数派が寛容な気持ちで許してやってるから生活出来るって?お前が許さんでも皆生きてるわ。「同性愛?いいんじゃない?でも俺には関わらない所でやってね」うわー。 2010/01/11
Pz-4 これはひどい ま、タイトル見ただけで内容は想像どおりと・・・。いろんな意味で「古い」。 2010/01/11
yottya 社会, 人間と組織, 法 2010/01/11
nekoneko713 2010/01/11
T-3don 差別, 裁判, 怖いモノ見たさん, これはひどい 差別意識の垂れ流し。目を疑うレベル。少数派は権利を恵んで貰ってるんだそうだ多数派のお情けによって。だから自重しろとよ。 2010/01/11
darkserpent 差別は無意識なり、とはよく感じるけどここまで露骨かつ自覚無いのもすごいなあ…差別されるとは何かを全く理解してない。このブログ主、人間か? 2010/01/11
Francesco3 差別 このエントリで思いきり同性愛差別しとるやん。こいつに友だちなんかいないだろう。差別者と被差別者が友だちになれるわけがない。 2010/01/11
tikani_nemuru_M 「同性愛者が安心して生存できるのは、一般市民の寛容心があるからである」うわ! 差別主義者のテンプレだあ。「私には同性愛主義の友達が結構いる」これもテンプレのいいわけですね。 2010/01/11

ReplyEdit
Sachi12 years ago

GEGE 要約:「マイノリティは身分をわきまえて、マジョリティの靴の裏を舐めて慈悲を乞え」 2010/01/12
pQrs あら、僕ってば「一般市民」じゃなかったのね。全然知らなかったよ。/というか出た!「同性愛主義」! 2010/01/12

ReplyEdit
Sachi12 years ago

一部過激派の悪行を指摘しているだけなのに、私が同性愛者全体を嫌っているというふうに解釈するのは、一部過激派の悪行のために同性愛者全体を悪者扱いする同性愛差別者と全く同じ思想だと思うね。
一部の過激派があまりにもひどことを繰り返すと、同性愛者をかろうじて許容している人々の反感を買って、無関係な同性愛者までもが非常な迷惑をする。
私はそれがいいことだとはひとつも書いていない。いや、むしろ、過激派のやっていることは異性愛者にとってもまともな同性愛者にとっても非常に迷惑なことなのだ。

ReplyEdit

Leave a Reply to Sachi Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *