以前に私が紹介したレフティさんのブログで、女性が強姦魔から自衛する行為を促すのは女性差別なのかという問題が議論されていた話はしたが、その話題の元となったのが曾野綾子さんが産経オピニオンに掲載した「男は獣」という内容のエッセーだったというので、原文を産経のサイトでは探してみたら見つからなかったので、原文を再掲しているこちらの方tyokorataの日記のサイトをリンクさせてもらう。
思った通り、左翼のフェミニストたちが大騒ぎするほどの内容ではない、過激な左翼フェミニストでなければ常識と取れる内容だった。特にミニスカート云々には同調する部分が多い。ま、前置きはともかく、これが原文。

産経新聞 オピニオン 「用心するということ」
外出時間やスカート丈・・・結果に責任
警察が、夜11時以降の公園の立ち入りを禁止するという条例を作ろうとしたら、それは「憲法に違反する」と若者からの突き上げがあった、という。警察は「憲法に違反しません」と言う。警察がこういう防止策を講じようとしたのは、もちろん最近残酷な犯罪が起きているからだろう。
もちろん決定的に悪いのは犯人だが、被害者の遺族の気持ちを考慮せずに言えば、最近の日本人は、用心するということをしない。大学生がアルバイト先から、暗くて自分でも気味が悪いと思うような夜道を歩いて帰る、ということが本来は常識外なのである。
アラブの保守的な国なら、娘たちは、毎朝父か兄かに送り迎えをされて登校する。1人で外出したり、外国へ旅行したりすることは、考えられない。欧米の国でも夜道を1人で女性が歩いたりすることは非常識な行動だと、なぜ日本では教えないのだろう。
今でも忘れられないのは、いわゆる「基地の町」の駐車場で、夜半過ぎに1人で歩いていた女性が米兵に襲われて殺された事件である。もちろん襲った米兵が悪いのだが、午前1時過ぎに基地の近くを1人で出歩く女性は、性的商売をしていると思われても仕方がない。それは日本以外のほとんどどこの国でも示される反応だ。
 
基本的な行動の自由と、自衛の手段を講ずることとは、全く別の次元である。というか、行動の自由を口にするなら、十分すぎるほどの用心や、世界的常識を学ぶことができなくてはならない。
ヨーロッパ在住の日本人が驚いているのは、日本の女子校が、どうして制服にあんな短いスカート丈を許すのか、ということである。あれでは男たちに手を出してください、といわんばかりですね、と彼らは言う。
先日パリのデパートをのぞいたら、果たして最新ファッションが並んでいた。しかし町行く人たちは、保守的で質素な服装ばかりで、私はすこしがっかりしたのだが、
 「午前中から最新ファッションの人なんかで歩きません。そういう人は夜遅くです」
 「ほんとうに最新流行を着こなすお金持ち階級は、車に乗って移動するんです」
という2つの返事で納得させられたのである。
太ももの線丸出しの服を着て性犯罪に遭ったと言うのは、女性の側にも責任がある、と言うべきだろう。なぜならその服装は、結果を期待しているからだ。性犯罪は、男性の暴力によるものが断然多いが、「男女同責任だ」と言えるケースがあると認めるのも、ほんとうの男女同権だ。
親の庇護の下、学校の責任下にある間は、両者とも外出時間やスカートの長さに口を出し、常識を教えて当然だ。それが嫌なら、経済的に自立した上で、どんな結果も覚悟のうえでしなさい、と私なら言いそうである。

日本の女学生の制服のスカート丈が短か過ぎるというのは、アメリカ住む中年伯母さんのカカシ自身もずっと感じていたことだ。これは私個人だけの意見ではなく、一緒に日本に出張したアメリカ人の中年女性からも同じ感想を述べられたことがある。また、アメリカ人の同僚の男性から、日本のエロアニメの女の子たちの格好は大げさに描かれていると思っていたが、日本に行って女の子たちがそっくりの格好をしていて驚いたと言われたこともある。
私服なら本人が自主的に着る服だから本人の責任云々を問うのはいいとしても、制服となると、生徒の身の安全を守るべき立場にある学校が、女学生の身を危険にさらすような制服を強制するのは感心しない。
曾野さんが、男尊女卑の最たるアラブの保守的な国の慣習を持ち出すのは不適当だと思うが、夜中に危険な場所で一人歩きをすべきではないというのは常識すぎて議論の余地はない。
私は仕事柄出張が多い。女性が一人で泊まるのだから、宿の手配には男性と違い色々気をつけなければならないことがある。
例えば、ドアが道路に面しているモーテルは厳禁。女性が一人で泊まっていることが外から丸見えだからである。また米軍基地付近はもとより、繁華街にあるホテルも駄目。単にうるさいだけでなく、やたらに歩いていると酔っぱい絡まれる恐れがある。
同僚と一緒に出張していると同じホテルに泊まっていたほうが何かと都合がいい事もあるが、一緒に行く同僚が男性で、特にそういう安全対策に鈍感な人には、私は自分が女性であることを強調し、男性のようにやたらな場所には泊まれないのだということを解ってもらうようにしている。それで駄目なら別々のホテルに泊まるしかない。
また同僚の男性と同じホテルでないほうが、別の意味で都合のいいことも多い。同僚だからといって自分の部屋番号をやたらに男性に教えるのも問題だし。
こうした常識的な自衛は別に女性差別でも何でもない。世の中には悪い奴がいるのであり、常に警察に頼れるとは限らないのだから、自分の身は自分で守ろうという話に過ぎない。
はっきり言って、女性の独立を唱えるはずのフェミニストが自分の操を守る行為を他人任せにすることのほうがおかしくないか?
私は以前に自己防衛のための格闘技教室に行った事がある。アメリカだったので、この教室で防衛のための銃の使いかたも教えてもらった。講師の女性は、学生寮に押し入った強盗に強姦された自分の『ルームメイト』の話をし、彼女は自分も含め他の女性にも犠牲者になってほしくないという気持ちからこの教室を始めたと語っていた。
この教室に参加した女性たちは、自分達が女性差別を受けているなどと考えただろうか?そんな悠長なことが言えるのは、自分が犯罪の被害者になったことがないからではないのか、と反対に問いたくなるのは私だけだろうか?


7 responses to 遅ればせながら、曾野綾子さんの「用心すること」エッセーについて

Sachi11 years ago

日本での議論がナイーブに見えて仕方ないという、海外に生活の本拠を移した日本人女性に見られる一つの心理的傾向性。発端の曾野綾子も同様。何でだろう?一種の屈折した郷愁だろうか?
World3

ReplyEdit
Sachi11 years ago

complex_cat Self-Defense & Violence 中身はどうしようもないのはおいておいて,被害者を貶める気があるのかないのか,悪意が無いのかあるのか。無いと思い込んでいるのか。 2009/12/30
uchya_x だから誰も身を護ること自体に反対なんかしてないってのに 2009/12/30
TakahashiMasaki “はっきり言って、女性の独立を唱えるはずのフェミニストが自分の操を守る行為を他人任せにすることのほうがおかしくないか?” 2009/12/30
world3 横道 日本での議論がナイーブに見えて仕方ないという、海外に生活の本拠を移した日本人女性に見られる一つの心理的傾向性。発端の曾野綾子も同様。何でだろう?一種の屈折した郷愁だろうか? 2009/12/30
Pz-4 これはひどい 誤解による誤情報がさらに明後日の方向へ・・・ 2009/12/30
yotayotaahiru ジェンダー, セクシュアリティ, 性暴力, 性犯罪, 性差別, 性教育, リブとフェミニズム id: genovese33さん、このエントリの著者は女性でしょう。id:tyokorataさんが「かなわない」と言われている「世間様」の常識はこちらかと。「操」はともかく女性が自分を守ることについてフェミに異論はないはずなんだけど。 2009/12/30
genovese33 社会 id:yotayotaahiruさん、すんません。よく読んでませんでした。でもね、やっぱりフェミニズムと言う枠に囚われて考えるのはちがうと思うんですよね。そもそも自衛というなら性犯罪に限った話じゃありませんし。 2009/12/30
quix_que ほんと、「後だしなのに全く何が論点なのか理解できてない」にもかかわらず「ナニカを言った」つもりになれちゃうのはなんなのだろう。巨大なバカの壁が存在するような気がする。 2009/12/30
akira-2008 性暴力被害, 自衛論 自衛論に反対するのはフェミニストと決めつけるあたり、自分が何に反応しているか自覚できていないのだろうと思う。 2009/12/30
chochonmage 次々と現れる後だしじゃんけんで負けちゃう人。『性の独立を唱えるはずのフェミニストが自分の操を守る行為を他人任せにすることのほうがおかしくないか?』で、また「操」が出てるし。 2009/12/29
fjsk とんちんかんな謝罪とずれた理解で記事を続けるからこんな一から説明しなきゃいけないようなコメント者を呼び込むのよ…。 2009/12/29

ReplyEdit
Sachi11 years ago

上記の種々のコメントは私の知らないところでされていたものなのだが、ヒョンなことから見つけたので掲載しておく。どうも、コメント欄のみなさんは、カカシが前後の状況を理解せずに途中から口を出して頓珍漢なことを言ってると思っているらしい。
誰か詳しく説明してくれると助かるのだが、、、
カカシ

ReplyEdit
Sachi11 years ago

Amerikan ラッシュ・リンボー(「フェミナチ」なる造語を作った人物)などに感化されちゃこうなりますがな、という分かりやすい事例 2009/12/31

ReplyEdit
Sachi11 years ago

koisuru_otouto “女性”で括られること, タグ考え中 ブログ主の言う”自衛”を強要されるのも、掟を守らないという理由で正当化されたリンチを受けるのも絶対に嫌だから 自衛(?)論の押しつけや一般化には改めてNOを突きつけておきますね。自衛にもなるし 2009/12/31

ReplyEdit
Sachi11 years ago

上記のkoisuru_otoutoのコメントが、この中でも一番馬鹿げていると思う。犯罪に合わないように自衛するしないは個人の自由。誰がそんなことを強制出来るというのだろう?
ただ、自分で「自衛はしません!」と言い切るなら、犯罪者の餌食になっても文句はいえないんじゃないかな?
ところで、掟とかリンチとかって、いったい何の話? まさか、カカシがシャリアを奨励してるとでもいいたいのかしらん?
カカシ

ReplyEdit
Sachi11 years ago

mujisoshina 社会, 性犯罪 「女学生の身を危険にさらすような制服を強制するのは感心しない」制服自体のスカートは常識的な長さであり、着こなしとして長さを調節しているということまでは、外国に居住されている方にはわからないのだろうな。 2009/12/31
だとしたら、余計に学校はスカートの丈の規制を厳しく施行すべきだ。私の頃は物差しもったおっかない生活指導のおなごせんせが丈を計っていた。
それにしても、膝上のスカート丈が「常識的な長さ」と思われるのは時代の変化なのかもしれない。ただ、時代は変わっても男の本能は変わっていない。膝下丈のスカートでも痴漢にはひどい目にあったカカシとしては、膝上スカートでの電車通学を強要される女学生には同情する。
カカシ

ReplyEdit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *